9/07/2008

ゴルフスイング-5


今回は、1、2、の動画の前に、5月に練習場で撮ったドライバーショットの動画です。

ドライビングレンジの2階席から打ってます。



お尻のアップからの動画で、すみません。(^^;
ボールの真後ろから目標を見てセットアップするルーティーンなので、こうなっちゃうんです。

やはり練習場でのショットっていうのは、コースでのティーショットとちょっと趣が違いますね。
どこと無くリラックスしているというか、アラインメントを決めるのに緊張感が無いとでも言いますか。

ここでも、ティーがゴムティーでちょっと音が違うんですが、やはり打球音が非常に静かで、そこはホント、気に入っています。(笑)


いつものように連続写真にもしてみました。



この動画ですと、けっこうオーバースイングなくらい力込めて振っているのがうかがえますね。(^^)

そうでもないすか?(笑)



***

ドライビングレンジで撮る動画と、コースでラウンド中に撮る動画は、やはり違います。

一緒にラウンドする友人の手をわずらわせなくちゃならないのがちょっと難点なんですが、たまにお願いしてみた方がいいですよね。

特に、ハザードを避けるように曲げちゃったショットとか、アドレスがズレていたショットとか、すごく参考になります。(^^)


***

ついでに、切り返しの部分だけを切り取って1コマずつ並べてみました。

まだまだですが、自分ではけっこう肩を開かずに腰が先行して回転移動し始め、下半身から踏み込んで行けているんじゃないかと思います。

(クリックで少し拡大します。)


気が付きましたのは、腰がグッと向きを変える1コマ目(トップ)から2コマ目(踏み込み)の間に、顔の向きも角度を変えて打ちに行っていますね。

この辺りは、一瞬の出来事なので自分でも意識してやっている訳ではないのですけど、意識としては切り返しているんだと思います。

でも、肩はなるべく閉じておく。(と、自分に言い聞かせる。)


2 comments:

Anonymous said...

おはようございます。
そうですよね、曲げたショットの動画はGoodショットよりも得るものがあると思います。
先日の自分の動画がそうでした。
とても良い教材?になったと思います。
良いショットの動画であっても、自分のイメージと実際の大きな違いも見せつけられるようで、これまた良い教材です。
自分の動画をもっと増やしたいと思うようになりました、自分の為にですけど。

Posted by:ノリさん at 2008年09月09日(火) 06:54

yspz said...

ノリさん、いつもコメントありがとうございます。


ノリさんがおっしゃっているように、腰をfireする意識で振ると、後戻りできないようです。
以前のように振ると、ばびゅーんと曲がってしまいます。

最近は「All in the hips」ドリルをちょいちょいやっておりまして、そのせいかアイアンがちょっと距離出ちゃいまして奥に付いちゃって。
これからアジャストしないといけません。


ノリさんのところにもコメントで書かせていただいたんですが、腰を、スエー方向じゃなくって左腰を後ろにグィって方向に回さないと駄目ですね。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年09月09日(火) 09:26