3/21/2009

今週の「The Hayney Project」


The Hayney Projectの記事の続きです。



しばらくハンク・ヘイニーの元を離れ、ボクシングトレーニングで体を絞りつつ、電話によるアドバイスだけで自主スイング練習をして来たチャールズ・バークリーが、ヘイニーのホームコース(トム・ファジオ設計)へ戻ってくるところから始まりました。
以下、ネタばれしますので、ご注意下さい。




体が絞れているだけでなく、ストレッチもやっていたし、戻ってきて最初に見せた(自分で練習していた)スイングが、随分良くなっていることにヘイニーは驚いて感心します。

バークリーによると、ヘイニーのスタイルは、後ろから怒鳴るんだそうです。(笑)
「もっと平らに!平らに!平ら!」って。

少しプレッシャーをかけてみるためもあって、ヘイニーはバークリーのゴルフ友達二人を呼んできます。
友人の前でもいいショットを放つバークリー。
一人が、「すげー。ハンクなら直せると思ってたよ。」とつぶやくともう一人が、
「タイガー教えるのは誰でも出来るだろ?!(笑)」

加えて、セレブのゴルフ友達、デビッド・フェハティーとジョージ・ロペスも見にやってきます。
二人も、「すげっ!」「こんなによくなってるなんて!」と目を丸くして見ています。
フェハティーは、「俺帰る。俺帰る。」「俺こんなの見てらんねー。」って。
ロペスは、「ハンクはすげぇわ。」「チャックのスイングが直るより前にさ、黒人大統領を見る方が先だろうとずっと思ってたんだけどねぇ。」
(※収録はずいぶん前に終わっていたんでしょうね。)


では、コースに出て練習しよう。ってことで、バークリーとヘイニーはコースへ。
コースで、ショットの結果を気にすると、また元の“hitch(スイング途中のひっかかり)”が戻ってしまいます。
そこで、ティーイング・グラウンドで、2打め地点で、例の「もっと平らに!平らに!平ら!」っていう練習を繰り広げます。
面白いですねー。これが、徐々に直ってきて、いいショットがいくつか出ると、すっかりまた自信を取り戻し、直ってしまいます。
ドライバーも300y飛びますし、セカンドショットもすごくいいボールを打ちますね。さすがトップアスリート。

夕方からは大雨になり、二人はヘイニーの豪邸でビリヤードを始めますが、二人とも凄腕ですね。
9ボールをブレイクから突き切ってしまうほどです。


ハンク・ヘイニーの解説によると、グリップを顔の前に上げてから水平に回してトップを作りそのまま振り下ろしていく「ループ打法」は、スイングのルートを変えるために考案したのだそうです。
「バークリーは、ダウンスイングに入ると、いつも自分でストップをかけてしまう。今度のスイングは、もうまったく別の道、フリーウエイなんだ。フリーウエイだから、信号やストップサインなんか無いんだ。」ってことでした。

バークリーの方は、凄いショットが十数年ぶりに戻って軽口(trash talk)も絶好調。
直ったらぶっ飛ばしてやるリストの11位にランクされているゴルフ友達に練習振りを見せながら、「お?!お前ひざがくがく震えてない?(笑)」「ぶっ飛ばしてやるからな。(笑)」

バスケットボールの仲間にも電話を入れて、「お前はもう2度と俺には勝てないからな!(笑)」

番組の最後は、ナイキの“The Oven”と呼ばれるR&Dセンターにクラブ・フィッティングに行きました。
どんなクラブに仕上がるのでしょうか?




***

消えちゃうかもしれませんが、先週までのエピソード1と、エピソード2は4分割でYouTubeにupされていますので、ご覧になれます。



4 comments:

Anonymous said...

おはようございます
最高!!!
面白かった。
これだけの類い希なる素材を時間もお金も気にせずレッスンプログラムを作って・・・・・
それに答えられる体力、気力を持った生徒が・・・
カメラの前で料理される・・・。
今後の展開が楽しみ、楽しみです。

Posted by:ノリさん at 2009年03月22日(日) 05:53

Anonymous said...

すごいですねぇ
でもいったい何がスイングイップスの原因だったのでしょう?
メンタルとはいえトップアスリートは並の精神力ではない筈なのに...

Posted by:Shu at 2009年03月22日(日) 13:29

yspz said...

ノリさん、この番組は、本当に面白いです。
私チャールズ・バークリーが好きですしね。

フィッティングされたクラブにも興味津々です。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年03月22日(日) 13:40

yspz said...

Shuさん、

プロアマやなんかに出場していて、引っ掛けて低いチーピンを打ち観客に当ててしまったのがきっかけとか言われていますが、私はそれはきっと単なるきっかけに過ぎないと思っています。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年03月22日(日) 13:42