11/19/2009

ザ・キウイ・チャレンジ


先週末の日曜日にNBCで放送されていたのをTVで観たのですが、なにやらすごいコースで若手4人がプレーしていて、思わず見入りました。

日本でも放送ありましたでしょうか?


賞金も総額200万ドルで優勝賞金は100万ドルとかの高額賞金が掛かっていますし(同じ週にロレーナ・オチョア・インビテーショナルで初優勝したミシェル・ウィーの優勝賞金が22万ドルでしたからね)、

ゴルフ・チャンネルではなくてNBCで放送するあたりかなり力が入っていると思うのですが、この時期の土・日は、カレッジ・フットボールとNFLのフットボールに重なるため、全国ネットのNBCとは言え視聴率はそれほど取れていないんだろうと思います・・・。
(どうやら、昨年から開催されていたようです。)


かなりのゴルフ好きを自認している私でも去年は気が付かずに過ぎてました。(そう言えばハンター・メイハムが去年のこの時期なんか勝ったような記憶はあったような気が・・・。(^^;)


The Kiwi Challengehttp://www.thekiwichallenge.com/


でねー、すごいんですよこれが!

画像をクリックでリンクしてます。


ぺブルビーチや川奈のコースにときめいてしまう私としては、この写真1枚見ただけでもブルッと来ました。(^^)

上の写真は、日曜日のトーナメント会場となるニュージーランドのケープ・キッドナッパーズのサイトのものです。

Cape Kidnappers
http://www.capekidnappers.com/


土曜日は、同じ系列のカウリ・クリフスで行われ、プレイヤー4人はヘリコプターで移動して2日目を戦います。

Kauri Cliffs
http://www.kauricliffs.com/


私にはいまいちフォーマットとか位置づけとかがよく分かっていないのですが、30歳未満(20代)の最強プレイヤーを決定する、とかの2日間競技なんだそうです。

「チャレンジ」とか名前が付いていますが、PGAヨーロピアン・ツアーの下部組織、「チャレンジ・ツアー」とはまるで関係無いようです。


昨年はハンター・メイハム、アンソニー・キム、ブラント・スネデガー、オーストラリアのアダム・スコットの4人で競われ、ハンター・メイハムが優勝賞金150万ドルを手にしました。

2009年は、上位二人ハンター・メイハムとアンソニー・キムが再参加、残り二人は入れ替わりでショーン・オヘアーとコロンビアのカミロ・ビジェガスが招待されて、この4人で行われまして、ショーン・オヘアーを辛くも抑えてアンソニー・キムが優勝しました。


上の写真の辺りの2日目後半のホールの数々は、海風が吹くと今勢いのある若手4人にとってもさすがに難しくなるようで、次々にトラブルショットに見舞われていました。

4人でラウンドしているだけに、(どうしてもグリーンが中心になってしまう通常のトーナメントと異なり)中継を見ていてもコースの隅々、全部のショットがオンエアーされる感じで、TV観戦としてもエンターテイメント性の高いトーナメントだと思いました。

ケープ・キッドナッパーズは、この見た目にも美しいけど明らかに難しいパー71ですが、その上距離も長くて7,187yで設定され、相当の難コースと見ました。
でも、優勝する人はアンダーで回っちゃうんですよねー。



ケープ・キッドナッパーズのコース設計はフロリダのTom Doak氏で2004年に開場したコースだそうですが、ロンドンのデイリー・テレグラフ紙のランキングでは世界ナンバー1に選出され、我々にも馴染みの深いゴルフ・マガシン誌のランキングでもすでに36位に、ゴルフ・マガシン誌の過去50年に造成されたコースのランキングでは4位に選出されているそうです。


6 comments:

Anonymous said...

このコースを作るとき、重機もヘリで下ろしたんでしょうか
ってか断崖絶壁の山の表面削ってコース作ろう
と思った人えら過ぎ私はプレーするより上空ツアーでいいです~

そういえば先日のOchoa Invitationalで
ミリタリーハットかぶってた選手がいました(1・2)ね
でもお店ではまだ見かけない・・・

Posted by:ひゃっぽ at 2009年11月19日(木) 08:08

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。

私のブログ、異常に反応が遅いところ訪問くださいましてありがとうございます。
(今日ようやくメールで問い合わせをいれてみました。)


やっぱねー、つばが小さめで女性が被るようになりそうだなー、とは思ってたんですよ。
ひゃっぽさんはもうすでにミリタリー・スタイルの帽子を被ったりしていらっしゃるんでしたよね?


写真の中で左右のコースに造成されていない部分を見ますと、ほとんど削んないで、少し下回り作ってパイプ張り巡らせておいて、砂敷いて土敷いて、潮水に強い芝を植えただけって感じしません?(笑)
(実情はよく存じ上げませんが。)

私はこういうところでプレーして、打ちひしがれてみたいですー。
わはは。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年11月19日(木) 16:09

Anonymous said...

こんばんわ (=^・・^=)

 軽く なりましたね
 私も こんな コース好きです
 挑戦意欲を 掻き立てられます。
 しかし、挑戦できるだけの実力が・・・。
 
Posted by:選ばれし物 at 2009年11月19日(木) 20:49

yspz said...

選ばれし物さん、こんにちは。

いやー、ありがとうございました。
直してもらえました。


プロゴルファー猿で出てくるコースみたいですよね。(ってか、この漫画ほとんど読んだこと無いんですけど。)

ぺブルビーチの6-8番で間近でスケールに感動しましたので、ここも将来はぜひ行けるものなら行ってみたいとか思いましたが、そう簡単には行けませんよね、ニュージーランド。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年11月20日(金) 01:54

Anonymous said...

ケープ・キッドナッパーズ、上空写真を見ただけでわくわくしますね。

断崖絶壁の海に向かって前進していくホール。素敵だなぁ。
いつかラウンドしてみたい

Posted by:hally at 2009年11月21日(土) 15:56

yspz said...

hallyさん、こんにちは。

一番左の緑色がグリーンしかないのが11番のパー3、

次がフェアウエイが一番広く見える12番で、海に向かって行きます。

13番は海に沿って左から右に、グリーンの小さいパー3、

その次が海から内陸方向に戻ってくる14番で、

15番はまた海に向かっていって、16,17,18番で戻ってくるところまでが写真に写ってます。

ホントにこういうコース、ラウンドしてみたいですよね。


いつぞや記事に書いていらした、最北端のノルウエーのコースも規模は小さいけどこんな感じでしたよね。

(この間仕事関係で、ノルウエーとアイスランドから来客がありまして、ゴルフ場の話を少ししました。)
ぜひ来てね、って言われてもなかなか行けませんって!(笑)
(でもねー、NYからだとLAへは飛行機で5時間20分、アイスランドへは飛行機で5時間しかかからないって聞いて、ちょとショック受けました。(笑))

Posted by:やきそばパンZ at 2009年11月21日(土) 17:24