12/05/2010

(エリカ事件)トーマス・ヘス医師、有罪を認める答弁


エリカ事件の続報です。

***

ご参考過去ログ:

エリカ・ブラスバーグちゃんのメモリアル」(←クリック)
エリカが死んじゃった・・・
昔、ローラ・ボー・・・

エリカの死因特定のニュース


***





トーマス・ヘス医師が、有罪を認める答弁をしました。

Las Vegas doctor pleads guilty to obstruction in death of golfer Erica Blasberg
http://www.lasvegassun.com/news/2010/dec/01/las-vegas-doctor-pleads-guilty-obstruction-death-g/




まぁ、有罪を認めたと言っても、現場から遺書のメモを持ち去ったことについて、ですが。

衝動行動に関するカウンセリングを受けさせられ、48時間の社会奉仕労働を義務付けられ、観察下に置かれますが、1年間逮捕されるような行動がなければ無罪放免だそうです。


罰則がこの程度の軽度なのは理解できますが・・・、

遺書の内容をエリカのお父さんに見せる義務はないのでしょうか・・・?





第 1発見者で 911通報者であり、また最後にエリカに会い言葉を交わした人間でもあるこのトーマス・へス医師が口を開かないことには遺族すら何を知る由もない というのは、ちょっとどうかと思わざるをえません。





R.I.P.




---

いやー、今朝のバック9は非常に調子良かったです。

前に某国人の3サムが入っていてゆっくりでしたので、全ホールをボール2個でプレーしました。
用もないのに 3つの池でゆっくりボール探しなぞしまして、14個も拾ってしまいました。(笑)


(青ティーのコースレート/スロープは70.7/124、バック9は易し目で34.2/121) パーは35です。

10  3 -   D29A-② 
11  4 - 0  ② (バンカー)
12  5 - 0  U9A
13  4 △ 1  5B
14  4 - /   D5B
15  4 - 1  SS10AL-U④
16  3 - 0  4A
17  5 △ /   UDS11A
18  4 - 0  DS7BL-U③

10  3 -   8A
11  4 - 0  D10S
12  5 △ 2  US5-①
13  4 - 0  ②
14  4 △ /   D21L-U3S- (3パット)
15  4 - 0  U5B
16  3 ◯  U⑩
17  5 - /   DS7B
18  4 - 0  U10A

37(17)
36(17)


まぁ、同じホールで2個プレーする利点もありますし、こういうスコアはポストするわけではありませんが、とてもいい練習になります。


コース自体は、私がパッティングのグリーン・スピードの基準にしているコースで、攻め方も知っていますし、芝の種類もバンプ&ランの使いやすいコースで、いつもいい目のスコアが出せるコースなのですけれどね。

このコース

今いっちょバーディー・パットを決められて居りませんが、ショートパットもしっかり打てましたし、ダウンヒルスライダーの失敗も最小限に食い止めましたので、悪いパッティングではなかったと思います。


逆に言いますと、13/18ホールでGIRしていますから、なかなかワンパットの機会が無かったとも言えます。


それにしても、よく知っているコースであってもドライバーが安定していると非常にラウンドが楽になりますですね。

18番ホールはけっこうティーショットが難しくて苦手にしているホールだったのですが、今朝は2つとも難なくグリーンに乗せられました。
2打目はそれぞれ、U2とU4です。


ドライバーのあたりの差で20yほど残り距離に差がありましたが、フェアウエーのいい位置に居ましたので上手く行きました。(^^)

No comments: