2/11/2011

ドバイの Al Ruwaya ゴルフコース


現在、(ペブルビーチ・プロアマを蹴飛ばして?) ヨーロピアン・ツアーのドバイ・デザート・クラッシックに出場しているタイガー。

2日目を終わり、トップのローリー・マクロイに4打差の-7アンダーで5位タイ、先週のトーリー・パインズように決勝二日で失速すること無く、強いタイガーの復活を見せてもらいたいところです。


追記:

結局、3日目をトップとわずかに1打差の4位タイのグループで終了したんですが、最終日に75とまたもや失速してしまいました。

グリーン上で唾吐いてヨーロピアン・ツアーから罰金喰らったそうですし、復活にはまだまだですかね。


~~~


そんな中、やっかんだのか足を引っ張ろうとしたのかそのへんの事情はよく判りませんが・・・、

アラビアン・ビジネス誌が昨日、タイガーが関わっていたけど開発が凍結されたリゾート建設で、すでに契約金として$55.4MM(5,540万ドル、約45億円)を手にしている。

と言う話を暴露して、ちょっとした話題になっています。↓

Revealed:  Tiger Woods paid $55.4m for failed Dubai golf resort
http://www.arabianbusiness.com/revealed-tiger-woods-paid-55-4m-for-failed-dubai-golf-resort-379679.html



先月、ドバイの開発グループの資金繰り悪化に拠る計画凍結が発表されていた、Al Ruwaya ゴルフコースはこちらです。
タイガーのドバイ・クラッシック出場に際して、タイガーからも凍結の話はアナウンスされました。




写真で見られますとおり、現時点では砂漠の真ん中に青々と6ホールが完成しています。
なんというシュールな光景。

(因みにわたし、このまんまでいいから「今のうちにこの6ホールをプレーしておきたい。」と思ってしまいました。維持費も相当でしょうから、このまま枯れて砂漠化していくのかなー、と。)


約1000億円をかけて建設される予定だったこのコースは2006年に計画が立てられ、100件のヴィラ(大邸宅)と、75件のマンション(大豪邸)と、22件のパレス(宮殿)と、バンケット(結婚式とかのできる)ホテルの中に造成され、

ここのリゾート全体しては大型ショッピングモールや、ユニバーサル・スタジオ、(うちの息子も大好きな)レゴ・ランド、それにローラーコースターがすごくて有名なシックス・フラッグズ遊園地なども建てられて、大規模な総合リゾート地になる予定だったそうなんですよね。

クリックでアラビアン・ビジネス誌の暴露記事にリンクしてます。


2006年の6月20日に、タイガー・ウッズ・ドバイ・リゾートを建設するという契約がサインされ、$26,250,000ドル(約21億円)が、10日以内にタイガーに振り込まれ、


さらに2008年の8月22日には、ゴルフコース・デザイン(設計)とライセンス合意の新たな契約がかわされて、

サインしてから10日以内には $26,166,177ドル(約21億円)が 支払われる。
・正式のゴルフ場のオープニングにタイガーが現れればさらに、14,583,333ドル(約12億円)、
・さらにもうひとつのリゾート建設にタイガーが合意した時点で、別口の契約ボーナスとして、$28,800,000ドル(約24億円)が支払われる。

と言う内容になっていた、と書かれています。


ここでとても面白いのは、2回目の約21億円が支払われたはずの契約の日付が、このリゾート計画棚上げの直接的な原因とも言えるリーマン・ブラザーズ・ショックのわずか24日前だった、というところです。

サインしてから10日以内の支払いですから、微妙なタイミングでタイガーは頓挫したリゾート計画にもかかわらず無事に大金を手にしていることになる、というわけです。



なんかね、どれとどれを足すと$5,540万ドルになるのか記事を読んでもよく判んないんですが、いろいろと細かい支払いもあったんでしょう。


この頃は、ドバイの金融バブルが弾けるとも、タイガーが不倫騒ぎでスランプに入るとも、全然想像できなかったんでしょうね。

(ってか、我々日本人としては経験者ですからバブルはどこかで弾けるぞ!っては思ってましたけど、タイガーのここまでの不調(ならびに不倫による評判悪化)は私も想像していませんでした。)



それにしてもアラビアン・ビジネス誌、Revieled:(暴露)て。
タイガーが不正したわけじゃないだろ? (ラッキーだったかも知んないケド。)


8 comments:

trimetal said...

この種のバブリーな話は20年前には馬の??程見てきました。やはり、実際にバブルを経験しないと分からないのでしょうね。中国だって、早晩破綻すると思うんですよね。10年後にはアメリカを抜くとか言ってますが、そんな順風満帆にいくわけがないのです。

で、アメリカに居て思うのですが、この国って本当に未だ余裕がありますよね。あらゆるインフラが非効率に出来ています。銀行のリテールインフラなんて、30年前の日本ですよ。こんなに無駄だらけの国なんで、まだまだ絞れます。でも、こんな余裕こいてる文化に浸ってる国民のメンタリティーで、日本のような超効率化に向かうと、日本以上に鬱病患者が急増するんじゃないか、一瞬思いましたが、絶対にないですね。そんなに真面目に突き詰めない国民性ですからね。じゃあ、どうなるのかな、アメリカの行く末は、非常に興味があります。でも、その頃は既に日本は破綻しているので、どこでそれを観測することになることやら。

trimetalのつぶやきでした。今から日本に行ってきます。 from trimetal@JFK

hiro said...

やきそばパンzさん、こんにちは。

細貝さんの記事について、わざわざ
教えていただいてありがとうございました。

いつも拝見させていただいております。
その文才と内容のスマートさ、緻密さに
自分の文章が恥ずかしくなってきます(笑)が、今後とも宜しくお願いいたします。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

ドバイは特に、弾けるぞ感満々でしたよね。
仮に完成していたとしてももはや十分には集客出来ないでしょうし。

他にも巨大ビルの建設計画とかありましたけど、砂漠の真ん中にお金持ちの人々が集まるのはいいですけど、なんとなくつまらなさそうですよね。(行ったことないですけど。) 暑いでしょうし。


またも日本へですか。
いいなぁ。(^^)

お忙しいですねー。(^^;

yspz said...

hiroさん、こんにちは。

私もHPの方を拝見させていただいています。

あのくらい可笑しい日記なら、大勢の方が読みに来てくださるでしょうねー。
妖怪シリーズの焼き直しも最高ですね。


私の方は、文才があるとは思えませんですが、読んでいただいてありがとうございます。
GDOの突然閉鎖には参りました。

こちらでもよろしくお願い致します。m(__)m

koba said...

ちょっと金銭感覚が桁違いで、笑うしかないですね。

出来上がっている6ホールのコースはタイガーが設計したんでしょうか?
ってのは話題にならないんだろうな・・・(爆)

yspz said...

kobaさん、こんにちは。

ホント、金銭感覚は桁違いですね。
計算が合わないハンパ分の約300万ドルだけでもあれば、私あたりはもう悠々自適なんですが・・・。(笑)


タイガーがデザイン(設計)は出来ないでしょうね。
設計の黒子に、「ああいうふうにして、こういうふうにして。」って言うだけでもいいんでしょうね。


しかしながらですね、こうやって6ホール見ますと、完成後にも砂嵐とかが来たらどうやって掃除すんのか?とか、よっぽど水を含む仕掛けを下に敷いているんだろうなぁとか、いろいろ気になります。

もしこのままなんにもしなかったら、10年後ぐらいには跡形もなくなることも出来るんでしょうねー、きっと。

このまま6ホールでも、維持費が凄そうです。
(suspendとかon holdって、保留っていうより凍結もしくは封印って意味と解釈しました。)

スノーマン said...

夏だと、我が家の芝生への水やりも水道代がかさみます。
でも、このコースの緑をキープする為には一体どれだけの水がいるのかなぁ~?

桁が違い過ぎますので、よく判りませんが
一度でいいので持ってみたい、50億!

何しようかなぁ~。。。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。


おっしゃることの主旨はもちろん判りますし同意しますが、「一度でいいから50億円手にしてみたい。」っていう表現はよく考えると微妙ですねぇ。

一度渡されてから取り上げられてもナンですし、一度渡されてずっと所有していいならそれはそれで、なんか一度手にしてみたいって思いとはずれちゃうような気もしますし・・・。


まぁ、私の場合は事業を起こすことも全く考えていませんし宝くじさえ買いもしない性質ですので、チャンスは0ですね。(笑)