3/22/2011

リバーウォーク・ゴルフクラブ (フライアーズ・コース)


スーパー・ムーンが綺麗だった週末、子供たちの大好きなLEGOランドへ前日泊で連れていきました関係で、早朝の9ホールをサンディエゴのリバーウォーク・ゴルフクラブでプレーしてきました。(^^)

あのテッド・ロビンソンとJr.の設計によるコースですから難しいことは予想されましたが、海際の街中にあるコースで一見易しそうな印象でした。

プレーしてみた感想は、「易しそうでいて一筋縄では行かないコース」 でした。


Riverwalk Golf Club
http://www.riverwalkgc.com/home.cfm


このコース、Presidioコース、Missionコース、Frairsコースと、それぞれサンディエゴらしい名前が付いていまして、3つの9ホールのコースに分かれています。
コースレート/スロープは、Presidio/Mission、Mission/Frairs、Frairs/Presidioという風に18ホールに組み合わされて、用意されています。

人気あるコースなんでしょうね。 混み合っていました。
朝の9ホールはFrairsコースで、ってことになっているらしいです。



海に近く、吹くときは強い風が吹きそうな印象でしたが、この日の早朝は若干の風でした。
計算には入れないといけない程度。

総じてフラット目ではあるのですが、グリーンやホール間はかなり土が盛られています。


ちょっと曇天で気温は低めでしたけれど、翌日の雨と暴風を考えれば天国のようなコンディションでした。

この日はそれぞれシングルで来た2名の方と組んでのラウンドになりました。



まずは1番ホール、384yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


広々した感じで気持ちがいいですね。

 練習グリーンのスピードも合っていましたし、距離も長くはありませんからまぁ+4ぐらいで行けるかなー、なんて甘く見ていましたが・・・。


写っているのは、一緒にラウンドした内のお一人、ベンさんです。
この人のドライバーが飛ぶの何の。

ものすごくゆっくりとした静かなテークバックから、トップで一旦静止するようなタイミングの取り方で、そこからのダウンスイングはもの凄い勢いです。
4ホールですごいのを見せていただきましたが、30-50yは置いて行かれましたですかねー。(^^;

ただ、ドカーンとダックフックがでたり、ド天ぷらが2つも出たりして、ドライバーの安定感はもう一つな感じでした。
でも、100y前後からのアプローチなんかは正確ですし、さすがコースの従業員にも知り合いが多くってレギュラーにプレーなさっているらしく、パターもよく決まっていてとても上手いプレイヤーでした。


私は、2打目をグリーンの左手前に外しまして、アップ&ダウンのパーを拾うには絶好のボール位置でしたが、狙ったところに打てたチップショットは思いの外右にキックして流れて行ってしまい、6歩(約4m)も残してのボギースタートでした。


このコース、グリーン周りとグリーンの読みが結構難しいのです。

何ホールか進んだ後で、「なんか、intimidation(威嚇) は感じ無いけど、スコア作るの難しいコースですね。」って話したら、ベンさん嬉しそうに同意していました。
「ここはねー、スロープの数字より難しいんだよ。」って。



そして、こちらがまんまとウォーター・ハザードに捕まってしまった4番ホールのパー3、171yです。

画像をクリックで拡大します。


このホール、写真には写っていませんけど実はグリーンの後ろ側も池になっていて、しかもこの日のピン位置は池に接している左のガードバンカーの上、つまりグリーンの一番左寄りの方です。

ただ、花道が右手前からグリーンへ向かうレイアウトなので、ドローで攻めるにはうってつけですので、自信を持って打って行きました。

グリーンのセンターからやや右寄りに出たボールは、頂点あたりから綺麗にドローがかかり、そのまま左へ落ちていって、なんと左のバンカーのわずかに左まで曲がってぎりぎりで池にポチャリ。(x_x;

軽いhead wind(向かい風)で曲がりが大きくなってしまった感じでした。
悪くないボールだと思ったんですけどねー。

前のホールに続いて、同じ池に2回も入れてしまいました。(^^;

池の手前、約100y地点にドロップして3打目を打ちましたがショートしてしまい、3歩(約2m)のパットも外してトリプルボギーにしてしまいました。



最後にご紹介します写真は、非常に難しい8番ホール、403yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


一緒にラウンドした内の一人、ダニエルさんが急用で6番終えて帰ってしまったんですが、その前の5番ホールの時からベンさんが「ここの8番は難しいんだよ。」って教えてくれていたホールで、非常に楽しみにしていました。

ティーからの写真ですとちょっと判りにくいんですけど、280yぐらい行った先から右にぐいっとドッグレッグしていまして、グリーンは遠い方に平たく写っているバンカーの上に、幅が狭目に横たわるように砲台になっています。

ティーからは右のフェアウエーバンカーが二つ見えますが、この辺りも上り坂になっています。
しかも、グリーンの後ろはかなり急な坂でグリーン後方のカート道&木の方へ下っていまして、少しでもグリーンオーバーしますと、下まで転がり落ちてしまいトラブルになります。

という説明をベンさんから受けていましたので、下のレイアウト写真のように、グリーン左手前の花道の黄色い☓印のところへ狙って行きました。(ピンは右奥寄りだったんですけど。)

画像をクリックで拡大します。


私のティーショットはフェード気味で距離が出ていませんでしたから、2打目には170y程度残っていて風もhead wind (アゲンスト)、グリーンへ打っていくには手前のバンカーも深くえぐれていますし、危険度が高すぎるショットなんです。

思ったとおりに運べて、アップ&ダウンに賭けましたが、カップ奥に残してしまった下りの2歩(約1m半)を外してボギーに。
・・・惜しい。
因みにベンさんは、モンスタードライブで残りは118y。(おいおい、登りで285yかよ?!)
絶好の位置ですが、それでも手前にバンカーがかかりショートしてしまってサンドトラップに。

確かにものすごく難しいホールでした。



写真でも判りますけど、ちょっと肌寒い曇天でしたね。

しかし、よく飛ぶ上手いプレイヤーとラウンドするとすごく楽しいです。

私のショットもすごく良かったので楽しく攻略しながらプレーしたんですけど、グリーンの読みがことごとく外れまして、2発の池ぽちゃも効いてしまって、スコア的には叩いてしまいましたけどね。

でも楽しいです。(^^)





では、スコア記録も。

このスコアは朝の9ホールではありますが、ポストしました。
(・・・あ、いけね、4番のアジャスト忘れた。 ま、いいか。)


青ティーのコースレート/スロープは35.1/131、パーは36です。

1 4 △ 0 D6A (14)
2 5 △ 0 UU25AL-DS1BL-① (3パット)
3 4 □ 3 DS2AL-①

4 3 +3 3 3A
5 4 - 0 UU25BL-①
6 3 △ / U3A (12)
7 5 - 0 U4A

8 4 △ 0 DS2A (30)
9 4 - 0 U18S-②

45(19)


グリーンは実はいくつか、グリーン半分がエアレーションされて、されていない方にカップが切られていました。

出だしのアップ&ダウン失敗に始まって、2番では長い長い2段グリーン並みに高低差のある登りの25歩を34歩換算で打って1歩につけましたが、これがALで下り(のフックラインでしたけど)に付けてしまい決められずに3パット。


3番ホールは右ドッグレッグで右側に大きな池が続く典型的なレイアウトで、正面に並ぶ3つのバンカーの一番右を狙っていつものドローボールで打って行ったつもりがなぜかフェードしまして、池ポチャに。

それでも2歩を決めていればボギーで済んだんですが、ダウンヒルスライダー。 上手く打ったんですが読み過ぎで外れてしまいました。


4番ホールは本文中に書きました通りで、5番ホールも2番と同じような感じの長いパット。
25歩を32歩程度で打つ感覚でしたが、かろうじて2パットで収めてこの日の初パー。


パッティングは距離感含めて悪くは無かったんですが、ことごとく読みが外れていました。

その証拠に、ホールアウト後に打ちなおした練習パットはほぼみんな入りましたのです。


結局、6歩、1歩、2歩、3歩、3歩、4歩、2歩を外しまくってスコア沈没、って感じでしたですね。

全体に、曲がりを読み過ぎた感ありです。
データでも、ズラッとA側に外しています。

エアレーションしていない半分側のグリーンも、砂とオーバーシードのせいかどうか?曲がりが減っていたのかも知れません。


いやー、難しいですねー。

ショットが調子よくても、スコアを崩す方法はいくらでもあるじゃん?って感じします。(笑)



8 comments:

サンディエガン said...

次回来られる際は声をかけてくださいね。
9ホールでもお供しますよ。

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

わー、ホントですか。ありがとうございます!

こんな45とか打ってる私ですが、よろしくお願いします。m(__)m



実は、(LEGOランドですし)Crossingsがback9をオファーし始めましたので、行こうかなと思ったんですが、
(少しお高めですけどね。)


ホテルがミッションベイのCatamaran Resortでしたので、近いところでここにしました。



早朝バック9にお付き合いいただけるなんて光栄です。(^^)

trimetal said...

USGAのDBで確認しましたが、Ratingが微妙に違いますね。DBでは、35.2/131でしたし、他のコースと組み合わせて、Back9とした場合は、違うRatingになってます(35.3/130)。不思議ですね。それからHPに掲載されている数字は全く違いますね。

それはそうと、この距離で、このSlopeですから、相当な難易度と見ましました。難易度が上がると、急激にスコアを崩す事は良くある事でしょう。それも初めてのコースでは、その傾向が顕著になるのは私も経験で理解しています。

グリーンの読みが外れたのは、少々遅かったからでしょうかね。自分のイメージと読みが合うって、結局は自分の想定するスピードと合っているって事ですからね。遅いグリーンだと必然的に曲がりが少なくなってAに外すと思うんですよね。

スノーマン said...

池ポチャは、痛かったですね。
でも、初めてのコースですからそんな事も有りますよね。

おとといの私のプレーも、ショットは殆ど良かったのですが、
pin placementが、今週末にあるトーナメント用に、
かなり難しい所に切ってあったので、苦労しました。(涙)

その上、雨が続いていたのでコースはすごいwet、
でも、グリーンはかなり速くて、下りのパットでは、ほんのチョッとボールに当てただけで、コロコロ~。。。(怒)(涙)

とにかく、パッティングで泣きました。

ただ、ショットはまとまってきているので楽観してますけど。

次回のゲーム(←明日の予定)が、楽しみです!

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

2ホール連続はいただけませんでしたねー。(^^;

でもまぁ、ドライバーの逆球と、パー3のショットなので、内容は違うんですが。

・・・でもよく考えると両方とも風に少し後押しされてますね。
まぁドライバーの方は風関係なくアウトでしたが。


ウエットなのに速いグリーンってすごいですね。


スノーマンさんはシーズンに入ってからのギアアップがすごく速いですね。(^^)


先週今週はLAもシアトル並に雨降ってます。

yspz said...

ホントですね!
HPの数字は軒並み低いけど、古いんでしょうか?

普通は印刷物と比べてHPの情報の更新は早いもんだろうと思うんですけど、

見た目、なぜかHPの出来の方が古くさい感じで、印刷されてる現地で受け取ったスコアカードの方がデザイン的にも新しく見えます。(裏の右肩んとこに09/2010って印刷されてますけど。)


私が書いた数字は、おっしゃるとおりGHINで9ホールの数字を見て書いたんですけど、組み合わせでFront9の時とBack9の時とで違うとは! 全然気が付きませんでした。
P+M、M+F、F+Pの組み合わせでrating/slopeが18ホール3組で出てますけど、それを連立方程式で解いて出した数字(35.25/132)がまた微妙に合わないんですよね。 摩訶不思議です。


OBなんかほとんど無いし、距離もないですし、ティーに立って難しく感じないコースなんですけど、けっこうタフでした。
仮に水に落とさなかったとしても、42-43打ってる計算ですもんね。


なるほど、グリーンは若干遅めだったかも知れませんね。
半分エアレーションしてあるグリーンが多かったので、2番5番はパットの前半パンチされたとこを通過してます。
9番はほんの1.5フィート程度だけです。

私の場合は読みがまだまだダメダメなので、スピードはアジャストしていたのに読みは外れてました。(^^;
でも、こうやってAばっかりだったとか、Sはどの程度だったか、記録して振り返っているので、フィードバックできるようになってくると信じてます。(笑)

ゴルフマスター said...

焼きそばパンZさん

こんにちわ!
キャディー研修を受けたことがありますか!
ゴルファーの違う側面を見ることが出来て良かったですね!

私みたいに「むかしは・・・昔は・・・」と愚痴ってプレーする
客は、一番厭な客と解っていますが、愚痴は留まりません。

yspz said...

塾長殿、こんにちは。

そうなんです。
確かにいろいろ勉強になりました。
(ただのバイトで、研修生とかだったわけではないのですが。)

ルールとかも勉強しましたし。


元日大ゴルフ部のスクラッチ・プレイヤーのお二人に付かせていただいたときはそのドライバーの飛びっぷりとアイアンの切れっぷりを大いに楽しませてもらったのが一番良い思い出です。(^^)