3/03/2011

ブリガムヤング大(BYU)の事件



明日は久しぶりにSCGAのオープン・トーナメントに出ます。 (^^)
Journey at Pechanga resort。
たぶんショットガン・スタートじゃないかと思います。

初めてのコースでして、コース図がありませんので攻略を検討できないからその場でぶっつけ本番ですし難しそうなコースなのですが、ショットの調子は良いので86を切るぐらいのスコアでいきたいなぁとか思っています。
(新しいんですかね? Googleマップにもコースが写ってないんですよ。)

レポートは来週アップします。


---

3月に入りまして、この時期は全米がNCAA Hoops(大学バスケット)の決勝(で、表現あってますかね?)に沸く、いわゆるマーチ・マッドネス(3月の狂乱)と呼ばれる時期なんですが、その一番大事な時期の月曜日にこの事件は起きました。


BYU: Brandon Davies dismissed from team
http://www.sltrib.com/sltrib/cougars/51342026-88/davies-byu-team-code.html.csp


クリックで、記事にリンクしてます。


有力校の一つで、ちょうどその月曜日には全米のランキングで3位にランクアップしたところだったブリガムヤング大(BYU)・クーガーズのセンター、ブランドン・デービーズくんが出場停止処分になってしまいました。
今シーズンのマーチ・マドネスのゲーム全部に出場できません。


処分の理由が、「ガールフレンドとセックスしたため」なんです。

立教大学のレイプ事件じゃありませんよ?
ガールフレンドなんだから。



ユタ州の大学で、Church of Jesus Christ of Latter-day Saints (いわゆるモルモン教です)が建てた大学ですから、厳しい honor code(・・・校則じゃないけど、戒則って表現しますかね? 「道義心規定」みたいな感じ。ドレス・コードのコードです。)を持っていまして、これに違反してしまった、という訳です。

BYU’s Brandon Davies apologizes to teammates
http://www.sltrib.com/sltrib/cougars/51348870-88/davies-byu-team-wednesday.html.csp?page=1


クリックで、記事にリンクしてます。


premarital (婚前の) って単語が使われてますから、真面目な相手なのでしょう。

モルモン教ですから、アルコールやドラッグはおろかお茶もコーヒーも駄目。

やけに乱れている感のある米国の学生の性生活の中にあって、こういう学校もあるんですね。


ここの出身には、ゴルフ界だとマスターズ・チャンピオンのレフティー、マーク・ウィアーが居ます。


特にモルモン教徒でなくても入学できるそうですけどね、honor codeは守らねばなりません。

日本人でも、日本ゴルフツアー機構副会長の諸星裕さんとか、水泳の長崎宏子とか通ったみたいですね。wikipediaに書いてあります。


他には、野球のジャック・モリスやウォーリー・ジョイナー、フットボールのスティーブ・ヤングなんかも挙がっていますが、驚いたことに元49ersの名クォーターバック、スティーブ・ヤングはブリガム・ヤングさんの末裔だったんですね。

で、wikipediaでは挙がって居ないんですが、あのWWE(旧WWF)の悪のオーナー、ビンス・マクマホンもBYUに通っていたそうです。
有名な奥さんは卒業した東カロライナ大学で後輩だったらしいですけど、

BYUに居たときはガールフレンド居なかったんだろうか? 信じられません。(笑)



この大学のアスリートの80%はすでに結婚している、なんて話も伝わってきまして、すっかり話題になってます。


BYUは以前にも、NCAAのフットボール・チームにおいて同じ理由でランニング・バックをシーズン出場停止処分にしてますから、前代未聞ってことではないんですけどね。


19 comments:

gear66 said...

90年代に学生だった身分としては、、、

アメリカの学生は意外と身持ちが固いです。高校からの彼女や大学時代の彼女とは彼氏が大学卒業と同時に結婚なんてパターンが多くビックリです。フラターのブラザー達の結婚式に幾つも行きましたから。。

うちの弟もそうでしたし、僕もそれも悪くないなあなんて思っていましたしね。。彼女(ソロリティのシスター)を日本に連れて行きましたけど、彼女も日本では暮らせないし、うちの両親もお前だけは日本人と結婚してくれと言われ、諦めたことを思い出しました。3年も付き合った彼女だったんですが。。。

日本の女子大生の方が遥かに軽いと思います。特に海外に遊びに来ていた子はね。。(笑)

yspz said...

道具屋さん、こんにちは。

コメント、大丈夫でしたね。
ありがとうございます!

いやー、道具屋さんが通われたようなジョージアの学校で、フラタニティのようなクラブの方々は“ちゃんとしている”ってことでしょう。

私の友人の奥さんが、未成年(っていうか16歳以下)で子供産んじゃった娘たちのサポートをする施設にボランティア的に働いていますが、すんごい人数ですよ。


子供連れて公園に行っても、人影少ないとこだとマリファナ吸った形跡があるとこなんかもありますし。


そういうわけで、BYUの措置は最初ラジオとかでも「バカげてる!」って感じの反応だったんですが、「毅然として良い。」っていう声も上がり始めましたですね、記事とかで。(^^)


弟さん、国際結婚なさったんですね。(^^)


私はやっぱり日本の女性がいいなぁ。(^^)
言葉とかでなく。

trimetal said...

BYUと言えば、Johnny Millerが最も有名ですね。それにモルモン教と言えば、厳格な戒律が有名ですが、戒律って何のためにあるんでしょうね。Honor Codeも同じですが、ここまで厳格だと、厳格にする事自体が目的化してしまっているように見えます。

私の価値観では、自分で自分を律するのが良いですね。ですので、Codeの厳しいCommunityは絶対敬遠です。

とは言え、Honor Codeがあって、それに反したのですから、罰則を受けることは自然な事ですね。Honor Codeが嫌なら入らなきゃ良いんですからね。

gotoguy said...

おはようございます(日本時間)

まず最初にお断りですが,ちょうどこの話を弊ブログの記事にするのに,勝手にリンクさせてもらいました.

そのうちのブログにコメントをされてますが,honor code というのは日本人の感覚とはかなり違ってるようですね.
私自身は今回の感覚はよく理解できるですが,もし日本で同じようなことが起こってもたぶんうやむやにしちゃうでしょうね.
「その面」がアメリカ,というかアメリカの高等教育(機関)の凄さだと思います.

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

ジョニー・ミラーはBYUでしたか。

おっしゃる通りで、hornor codeあるの知ってて入ってるんですから、仕方ないですね。

まぁ、本人も素直に謝ってますけどね。

yspz said...

gotoguyさん、こんにちは。

どうして分かっちゃったんでしょうね、彼女とセック○したって。
(報道されてません。)

hornor codeの訳語がありませんからねー。
日本人の感覚とは違うでしょうね。


うちの会社にもモルモン教徒は何人か居ますが、うちの一人はダイエットコークはOKって自分で決めて飲んでますね。(笑)

確か昔、斎藤由貴がモルモンだとか言ってませんでしたっけね?
ケント・デリカット&ギルバートは周知ですけど。

ゴルフマスター said...

やきそばパンZさん

 こんばんわ!
 こんな大学に行っていたら、何度退学になったやら!
 
 そんな私が、クラブのフェローシップを任されるのだから、
 我が倶楽部の品位も失われる訳ですね!

Miho said...

何でわかっちゃったのか・・・が謎ですね(苦笑)
福岡の山笠にも、同じような掟がありますよ。
きゅうりを食べちゃいけない
(これは櫛田神社の紋章がきゅうりに似ているから)
のと
山の期間中2週間はエッチしちゃいけない
(昔は山を担ぐ人たちの集会所の入り口には「不浄の者立ち入るべからず」(ちなみに女性立ち入り禁止のことよ))という張り紙がありましたからねぇ。

10年ほど前、ソルトレイクシティのテンプル・スクエアに行った時、ごみひとつ落ちていない美しさと、意外と日本人のひと(信者さん?)が多かったなあってことを思い出しました。

yspz said...

塾長殿、こんにちは。

塾長のクラブの品位は失われておりません。
モルモン教徒じゃありませんですからね!(^_-)

それどころか、塾長で品位が保たれていることが容易に想像できます。(^^)

yspz said...

Mihoさん、こんにちは。

ねー、謎ですねー。



ソルトレイクシティはですね、意外に日本の人が多いんですよ。

(うちの会社のオフィスがソルトレイクシティにもあるんですけど、そこには日本人は居ません。)


生のわさびを出すお寿司屋さんなんて、ロサンゼルスにもほぼ無いのに、ソルトレイクシティにはあったりするんです。

スノーマン said...

本当に、どうして判ったのかなぁ~?彼女に弟が居て、対戦相手の学校のファンだったのでつい、告げ口をしてしまった?
そんな訳ないですよね。

日本に居た時にモルモンの青年が布教に来ていた事思い出しましたけど、本当に真面目な方でしたね。

モルモンの家庭は子沢山ですよね。ひょっとしたら、戒律に関係あるのかな?

そういえば、ハズの従兄弟の女性がユタ州に住んでいたんですが、モルモンの信者になりましたね。そして、モルモンの方と結婚しました。
戒律といえば、結婚式をモルモンの教会でしたのですが、彼女の両親はモルモンではないのでその教会に入ることは出来ず、結局娘の結婚式に参列できなかったんですよね。
これも戒律なのでしょうが、ちょっと。。。

宗教は、難しい。。。

スノーマン said...

P.S.
結婚するなら、奥さんはもちろん日本人がいいですよネェ~!

流石、私のトップ3に入ってるだけあります!エライ!エライ! トップ2に昇格!

yspz said...

まぁねー。

宗教で戦争になることはあっても、分かり合うのはまず不可能ですからね。

私は、それぞれの宗教を否定はしませんし尊重する姿勢で望みます。
(社内だけでもホントに色々居ますので。)

で、こちらも尊重してもらう、と。
そういうことにしてます。


学校にエッチしたのばれるっていう状況がよく理解できませんねー、ホントに。(笑)

yamacchi said...

エントリと関係ないコメですみません。
フェアウェイからアプするようにしたらかなり上手くいきました。ありがとうございました(^^)
フェアウェイからのアプミスは練習ですね。

yspz said...

Yamacchiさん、こんにちは。


いえいえ、わざわざありがとうございます。

1番と9番はアクシデント的でしたね。
このふたつがせめてダボで済んでいれば47ですもんね。


次回が楽しみですね!

hyappo+ said...

記事の中にWeirさんの文字があったので、ふと思ったんですが
モルモン教はアルコールがダメ。 ということは
自ブランドのワイン売ってるWeirさん、ご自身で試飲はしない・・・??

yspz said...

ひゃっぽさん、いろんなことご存じですねー。


ありうるとすれば、モルモン教徒ではないけどBYUへ通い、その間はhonor codeがあるから飲めませんが、卒業後は飲酒OKってところでしょうかね?

BYU、モルモン教徒以外も受け入れているそうですので。

gear66 said...

下種な話になりますが、避妊を知らないとか?知識・教育レベルが避妊のレベルに比例するのはご存知の通りです。貧しい黒人の子供達ほどそういうリスクは高いでしょう。アフリカや他の後進国でも同じことが言えますよね。。

日本人は、必ず避妊具着用しますが、アメリカ人は凄くアバウト。ピルを服用してるからという話は良く聞きましたが、日本は逆にピル使用者はホトンドいませんよね?また教育レベルで、妊娠の年齢が変化するのも周知の事実です。ヤンママは、不良の子供が多いと言う事実。。マリファナ・コカインも同じでしょう。これは同時進行している問題です。

僕がいた当時、エイズの流行りはじめで、エイズチェックをしたら、ある南部のメジャー大学の1割が感染していたらしいとの噂もありました。日本みたいなああいうホテル(避妊具が準備されてる)もないし、避妊してる様子もないし、出来ちゃった結婚が凄く若いのも判るような気がしましたけどね。。

この選手は、噂話が先生達に伝わったんでしょうね。モルモン教の人は、ある意味で、凄く真面目過ぎるのです。。

yspz said...

道具屋さん、こんにちは。

宗教で避妊自体が禁じられてる、ってところもありますしねー。

まぁいろいろだと思います。(^^;