3/20/2011

W I D E Open トーナメント


東日本大震災は非常にショッキングでした。

海のこちらからはわずかながらRed Crossに募金するくらいしか出来ませんが、日本は強く、順調に復興すると思っています。

福島の原子力発電所も最大の山場は越えたようです。



ゴルフ・ブログらしく行きたいと思います。


---

あと、ヘンリエッタ・ズエルちゃんが、LETの下部組織の大会で優勝したそうです。
やったね!(^^)

ヘニちゃんの記事 (←クリック)に追記しておきました。



---


先週の記事ですけど、なかなかに面白い試みだなって思いましたのでご紹介してみますね。


Players on the W I D E Open: "Absolute fun!"


グリックでゴルフ・ダイジェスト誌の元記事にリンクしてます。


ゴルフ・ダイジェスト誌の記事なんですが、15インチのでっかいホールを作ってトーナメントをやってみた。 ってお話なんですね。

通常のカップの径は4インチ1/4(約10.8cm)なので、径だけで3.5倍ですね。
面積比にすると約12.5倍です。


なんでまた15インチになったのかは記事を読んでみても不明ですが、テーラーメイドのCEO、マーク・キング氏の『ホールがもうちょっと大きかったらゲームがもっと面白くなるだろうに。』という発言にインスパイアされて、ゴルフ・ダイジェスト誌のチーフ・エディター、ジェリー・ターディ氏が「うーん、やってみたい。」ってことで、トーナメントをやってみたって言うことのようです。

行われたのは、ノースカロライナのパイン・ニードルズ・ロッジ&ゴルフクラブで、総勢60名ほどのトーナメントだったそうです。

ここはドナルド・ロス氏設計の由緒あるコースっぽいですが、1920年代の道具を使って行うヒッコリー・オープンなんていう催しも開催されるコースなので、とても理解があるコースなのでしょうね。



記事には、トーナメントの様子が書かれています。

優勝したのはスティーブン・ハーン氏で、スコアは65の-6アンダー・パー。
“Absolute fun! (すげー楽しい!)”っておっしゃったそうです。

35フィート(約10.6m)が2つと、30フィート(約9.1m)と20フィート(約6m)のバーディー・パットが決まったそうです。 さすが15インチ。(笑)

優勝の景品はテーラーメイドから贈呈されました。


一番良かったスコアーは、パイン・ニードルズのプロショップで勤務しているHDCPがプラス+1のタイソン・ペダッチオさんの58でしたが、トーナメント順位からは除外だったそうです。

この日決まった一番長いパットは60フィート(約18.2m)で、このパットに対してもテーラーメイドから景品が送られたそうです。


この記事をお書きになったゴルフ・ダイジェストのピーター・フィンチ記者は、普段のスコアより8打程度良い77でホールアウトしたそうです。
みなさん、概ねそのくらいスコアが良かったようだ、と書かれています。

ラウンド時間はさすがに早くて大体3時間15分ぐらいで18ホールを終えるようですね。
ホールが大きいのでピンを抜かずにパットした組も多かったようです。


記事に写っている、カップを切る道具がすごいですね。 ↓

グリックでゴルフ・ダイジェスト誌の元記事にリンクしてます。


なんだこの怪物。(笑)

最小パット数はナタニエル・ジェームズさんの15パットだった、って書いてありますが、3つチップインして後は全部1パットってことでしょうかね?
最多チップインが、ボブ・ローガンさんの4つだって書いてありますから。

ジェームズさん、ことごとく20-30フィート内外にオンしたんでしょうか?
15インチのカップとは言え、全部1パットは偉いですね。



変わり種ゴルフ・イベントに参加してみたい派の私としては、参加してみたい気持ちはありますが、・・・パッティング好きの私としては、ちょっと微妙です。

同じく変わり種ゴルフ・イベント好きのhallyさんはいかがですかね?

(ちなみに私の友人たちは、それほどやりたいとは思わない人の方が多いみたいでした。)


かねてから、カップの大きさを8インチぐらいにしたら、もうちょっと(いわゆる)ショット・メーカーのプレイヤーに対してreward(ご褒美)っていいますか、いいショットを打つことがスコアに反映しやすいんじゃないかと思ったりはしていましたが、15インチはちょっと大き過ぎるような感じがしますね。

8インチですと、ちょうどカップのぐるりをボール10個で取り囲んだぐらいの大きさになります。

セルジオ・ガルシアなんか、べらぼうに強くなっちゃうんじゃないかと思いますよね。
(か、どうか、確信はありません。)


まぁ、どっちにしても今のゴルフとは別物になってしまうわけですが。


1回ぐらいやってみたいですね。



18 comments:

trimetal said...

今日もゴルフに行ってきました。日差しも強くなり、未だ寒さは残りますが、いよいよゴルフシーズンって感じがしました。

さて、15インチのカップは、私には少々興ざめですね。やはり、もう少し小さめで、ある程度のショットとアプローチの正確性が意味を為す程度の大きさが良いと思う次第です。

Zさんの言われる8インチ(今の2倍弱)だと丁度良いかも。そんなカップでアンダーパーで回れたら気持ち良いでしょうね。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

こっちは今週末暴風雨です。
特に今日は風が強いです。

でも先週末の土日出突っ張りでしたので、金曜日に子供たちをLEGOランドに連れていきました。で、バック9だけはやって来ました。(^^)


15インチは大きすぎますよね、やっぱり。
8インチでも大きすぎるんでしょうけど、もうちょっとよいショットに対するrewardがあってもいいかなー、っては思ってたんですよねー。

まぁ、一般人にはなかなか試すことすら出来ないわけですけれど。

TODOS said...

原発事故はまだまだ山を越えてはいないと思います。東電は隠蔽体質ですし、政府は東電に対抗する情報を持っていないので東電便りになっています。事態を把握してコントロールしているとは言えない報道ばかりですからねぇ・・・

当面、心配は続きます。

hally said...

変わり種ゴルフ大好きなhallyです!(笑)

ラウンド中にあと2cmカップが大きければ。。と思うことは、多々あります(笑)が、私もこのサイズのカップは逆に興醒めしてしまいますね。

ゴルフの面白さって、困難なことを克服する面白さの要素が大きいと私は思っています。

なので、逆に直径がボール2個分の極小カップとかの大会のほうが興味あります。
ってそれだけ小さかったらカップインしてもボール取るの大変でしょうね(笑)

yspz said...

TODOSさん、こんにちは。


東電からの内部情報によりますと、もう峠は越えてるそうです。
でも、注意は怠らないでください。不測の事態もありえます。

報道を見ていれば、さほど外れていない情報を得られると思います。

yspz said...

hallyさん、こんにちは。

ボールがやっとこさっとこ並んで2個はいるか入らないかぐらいのカップは、けっこう練習グリーンで見かけます。

記憶している限りでは、

このコースとか
http://yspz.blogspot.com/2009/02/blog-post_03.html

このコースとか
http://yspz.blogspot.com/2009/01/blog-post_14.html

にありました。


これがね、ちっとも入らなくてとても面白くないんです。(笑)



PGAのデータで、6フィート(約1.8m)が約50%前後のカップイン率ですから、もうちょっとこの辺りへのショットにご褒美が在ってもいいんじゃないかな?と思ったりしている次第です。(^^;

スノーマン said...

15"の大きな穴を開ける道具があったんですね! 
ビックリ。。。

今日、プレーしたんですが、あと1”大きかったら入ったパット、沢山あったなぁ~。

でも、今のホールのサイズってよく出来てると思いますね。

じ~っとホールを見続けると大きく見えてくるんじゃないかと思って、試してみるんですけど、大きく見えたことないですねぇ~。
反対に、あんな小さなホールに入るのかなぁ~なんて、ネガティブになったりして。。。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。


そうなんですねー。
私も道具にびっくりしました。

作ったんでしょうねー。

サンディエガン said...

実は私もこのカップで「練習」したことありますが、カップが大きいと打ち出すターゲットもぼんやり大きくなってしまい、以外と「超簡単!」とはいかないものでした。

hyappo+ said...

大雨付きのサンダーストームが通ってグリーン水没しちゃったとか
地面が凍結する時期に一部のグリーンを使用禁止にしているコースで
花道に白く書かれた15インチの○と旗が刺してあって
「この中に入ればカップイン扱い」ってのは時々ありますけど
実際に開けるとなると作業は道路工事みたい!!

ここまでカップ大きかったらせっせとパット練習してる人と
してない人の差が付きにくそうで個人的には嫌です(苦笑)

・・・ってかそこでセルジオの名前出しますかぁ?!(^^;
(思わず吹き出しちゃいましたけど)

hally said...

練習グリーンで小さなカップってあるんですね。知らなかった!!

日本では見たことないか、気付いてないのかも。

一度、そのカップでパターしてみたいです。
入らなくてイライラするんでしょうね(笑)

モンキーパンチⅢ世 said...

この話は聞いてはいましたが!実際に見るとデカイですね~
出場者のスコアからみても、スコアメーキングでのパットの重要性を改めて感じました

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

すごいです! このカップのご経験をお持ちとは!


なるほど、それでトーナメントでもピンを立てたままパットした組が多かったのですね。

(面倒くさかったってのがホントの理由かも知れませんが。(笑))

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。

私は、そういう臨時グリーン代わり、みたいなのを経験したことないですー。


セルヒオはパッティング悪すぎますねー。

なんでなんでしょうかねー。
やっぱし、カップにつば吐いたりしてるとバチが当たるんでしょうか?!

yspz said...

hallyさん、入らないこたぁ無いんですけど、いらいらしますよ。(笑)
何しろ2mからで1/4も入んないんじゃないかなぁ。 (私が下手なのもありますけど。)

yspz said...

モンキーパンチⅢ世さん、こんにちは。

ちょっとデカ過ぎますよね。


歴史が長いゲームですから、このくらいの大きさが面白いっていう結論なんでしょうけど、ちょっと大きめでやってみたい気はします。(^^;

HIRO said...

これは楽しいですね。コンペとかでやったら盛り上がること間違いナシ!やはりスコアが良いのが一番楽しいですからね。バーディーが5個も来ちゃったらやっぱり素直にうれしいですもん。穴の大きさは今の大きさの倍ぐらいでちょうどいいかも。

yspz said...

HIROさん、こんにちは。


やっぱり径で倍ぐらいに興味沸きますですか。(^^)


100y以上先から10フィート(3m)以内に付けたら、もうちょっと良い確率でご褒美欲しいんですよね、私としては。(笑)