5/28/2017

ドライバーの打球音を比較。 パーシモンとケブラーとコンポジットのM1。


今回は、ドライバーの打球音、というテーマでいくつか動画をアップいたします。

ーーー


ポンコツ屋のブログ」というゴルフブログを書いていらっしゃる選ばれし物さん (PRO230-ekisa) という方とのコメントのやり取りで、Cobraが出したウルトラ・ミッドというドライバーの打球音の話題が出まして、ちょっと動画を撮ってみました。

ウルトラミッドはあのジョン・ディリーがニック・プライスの代役枠で出場し91年のPGAチャンピオンシップにいきなり優勝したときに打っていたドライバーです。
ヘッドが白いケブラー樹脂で出来ていて、打ったときの感触や音は、ほぼパーシモンのドライバーと同等で気持ちよく打てるクラブです。


画像をクリックで拡大します。


周りに練習している人があんまり居ない左端に陣取りまして、カメラを低くセット。
上手く音を拾ってくれると良いのですが。

白いヘッドが確認できますでしょうか? ケブラー樹脂です。(^^)



それでは動画ですが、まずはホンマのExtra 90から。


コースで打つときよりも、少ーし硬い目の音になっていますねー。
ワンピースの練習用レンジボールですからちょっと打感も硬いです。

とは言え、今時のドライバーの金属音はしません。
手にもとても良い感触が伝わります。(^^)

風が左から右に吹いています。
このコース (Navyコース) は海風が抜けてよく吹くんですよね。



続いて、ウルトラミッドです。


こうやって比べてみますと、ウルトラミッドの方が少しだけ音が低いでしょうか?
打った感じでは、パージモンを打ったときのスコーんとした感じが気持ち良いです。

このクラブはリシャフトしていませんので、スチールシャフトではなくて当時売られていたときのカーボンシャフトが入っています。 (cobraのAutoclave Series 30、T30 HM S-firm。)



それから音の比較のため、私が現在使っているドライバー、テイラーメードのM1 430ccです。


シャフトはアルディラRIPのNV ツアーX、Extra Stiffです。
トルクが小さいのですごく気に入っています。

このドライバーはコンポジット・ヘッドであまり金属音がせず静かな方の打球音を出しますので、比較するには向いていなかったかもしれません。

やっぱりこう見ても大きいですね。
460ccより小さいヘッドなのですが。

飛距離はやはり最新ドライバーの方が明らかに出ますね。
長い分、同じ位置にティーアップしていますがスタンスがボールから少し離れています。


音を聞くためですので、スイングがどうこうとかはこの際おいといてくださいね。(^^;


うーん、またこれを持っていってラウンドも したくなってきました。(^^)



5/01/2017

DST Compressor スイング・トレーナー


この練習器具は去年 (と思っていたら一昨年でした)MyGolfSpy.comのこの記事

REVIEW – DST COMPRESSOR TRAINING CLUB」(2015年5月)

を見てから気になっていたのですが、ようやく試し打ちが出来ましたのでリポートしてみます。


昨年の2月にも追加の記事がありまして、

DST COMPRESSOR – WE TOLD YOU SO」 (2016年2月)

実にPGAのツアープロとヨーロピアン・ツアーのプロの間でもすでに240人のプロが練習に使用していて、市場投入された2015年1月以来、これを使用しているプロが 34回も優勝している、と書かれています。 今やそれからさらに 1年以上経っていますので、優勝回数もきっと 2倍以上の 70勝にはなっていることでしょう。


クリックで、DST Golfのウエブサイトにリンクしています。


上の写真は、DST Golfのウエブサイト にあります、この練習器の写真です。

さっきあらためてサイトを見ましたら、2016年メジャー大会のグランドスラムを達成、5人のメジャー・チャンピオンを排出している、となってますね。


DST COMPRESSOR – WE TOLD YOU SO」の記事にローリーやステンセンの練習風景の写真が載っています。

クリックで記事にリンクしています。


クリックで記事にリンクしています。


そしてこちらがこの練習器具の理論背景とアイディアの元になっているベン・ホーガンのフォームです。

クリックでDST Golfのサイトにリンクしています。


掬い打ちをせず、インパクトでキチッとハンドファーストの姿勢でボールをヒットするための練習器具というわけです。

このポジションが自然に取れるように、クラブシャフトが最初から湾曲しているんですよね。
グリップがフォワードプレスした形でインパクトを迎えます。

DSTっていうのは、「Delayed Strike Technology」の頭文字だそうです。


動画がこちらにあります。





ずっと気にはなっていたのですが、いきなり購入するのはためらいつつ居りました。
そして今回やっと ショップで体験する機会に恵まれました。

画像をクリックで拡大します。


こちらは、PGA Superstoreの店内です。

上のMy Golf Spyの記事、「REVIEW – DST COMPRESSOR TRAINING CLUB」によりますと、最初はシャンク、シャンク、シャンクの嵐で、ようやくこの練習器具の湾曲したクラブが打てるようになってきたら、グリップがフォワードプレスした形で正しいロフトでクラブを使って正しい飛距離が出せるようになる。っていうことの様なんですよね。


PGA Superstoreには、弾道シミュレーターが幾つかありまして、試し打ちをさせてもらえます。 (もちろん、各メーカーのクラブのフィッティングも行ってくれます。)

画像をクリックで拡大します。


こうやって見ても、けっこう湾曲していますね。
長さやグリップは特に特徴はありません。
ソールの座りでインパクト時のロフト角の感覚を掴ませるためかどうか、ソールはかなり厚くしてあります。

打つとどういう感じなのかずっと気になっていましたので、自分でもワクワクです。


まずは構えた感じを。 最初はウエッジの方。
こっちが入門編らしいので。

画像をクリックで拡大します。


普通の真っ直ぐのクラブと随分違いますね。
リーディングエッジとソールをボールに合わせてセットしています。

グリップの位置は、左足の太ももくらいの位置でしょうか。
写真から見ましても、私のスタンスはほんの若干オープン気味になっているようです。(無意識でした。)


8番アイアンの方はこうなります。

画像をクリックで拡大します。


ウエッジより少しだけ湾曲が弱いような感じですが、グリップの位置は大体同じ位置に来ます。
気持ちクラブフェースがクローズドでしょうか? (若干だけですが、ボールがやや左に飛んでたのが多めだったような気がしました。後から思えば、ですが。無意識が写真に現れますねー。)



それで打ってみた感想ですが、すごく気持ちよく打てまして正直拍子抜けしました。
曲がってるシャフトで構えているのですが、全く違和感ありません。

インパクトでボールを捉える感覚が実に気持ち良いです。


最初はシャンクの連続で、直していくと飛距離が伸びてきたりとかするんじゃないかと思ったりしていたのですが、シャンクは一回も出ませんでした。
飛距離の方もですね、フォーティーンの普通の 8番アイアンと打ち比べてみましたが、スリークォーター・スイング、フル・スイングともに、ほぼおなじ飛距離でした。


10球ぐらいづつ打ち比べてみまして思いましたのは、DST Compressorで打った方がインパクトがスムーズで気持ち良いんですよね。 普通のクラブの方が打った感じが硬く感じます。
普通のクラブで良い感じのインパクトでボールを捕まえた時には柔らかく感じますよね。それがいつも続く感じ。

距離が劇的に伸びそうな様子ではありませんが、ウエッジを予定した距離通りに予定した高さで予定したスピン量で安定して打ち出すには、私のスイングは程遠いですから、この練習機で練習すれば!と思いました。



4/20/2017

200ヤード・パットの動画


200フィートじゃなくって 200ヤードです。
ヨーロピアン・ツアーの企画イベントのようです。

まー、これは正確に言いますと 200ヤード・パットじゃなくて、200yのパター・ショットですねぇ。 もっと正確には、210yくらいあったみたいです。


まずはご覧いただきまして。(^^)




冒頭で、グラマエ・マクダウエルと彼のキャディーが、

『風強く吹いてるなー。』
『5番ウッド? 3番アイアン? どうする?』
『そうだな、もっと短いのがいいかな。』
『パターはどう?』『いいね。』

とか小芝居打っててすごい可笑しいです。


シェーン・ローリーなんか律儀に『フォーァ!』とか叫んでて可愛いですね。 観客ほとんどいないのに。

マーク・ウォーレンが 27フィート、
リッチー・ラムゼイが 12フィート、

そして、『おお、これはぶっ飛ばしたぜ。』って打った後につぶやいた
ラッセル・ノックスがなんと 9フィートに付けて優勝したようです。


---


これ、実は私も約30年前に7-8人でやったことあります。

150-160yぐらいのパー3のホールだったと思うのですけど、友人が『パターでニアピンやろうぜ!』って言い出しまして。
当時すでに時々パープレーするぐらいの上手な腕前の友人でした。

ボールを少しティーアップして、パターヘッドをほんの少し開く感じでセット、パターの芯で打つようにしますと、ぶっ飛んでいくんですよね。

元々のロフト角がだいたい 4度くらいのパターが多いですから、ちょっとだけ開いて10-12度くらいで打つ感じになるんでしょうか。

少し短いので慣れは必要かもしれませんけど、びっくりするくらい綺麗に飛ぶもんですよ!


大笑いしたんですが、その言い出した友人が見事なショットをパターで放ったあとにパターを見ると、すごいことが起きてました。

画像はイメージです。


彼はピン・アンサーを愛用していたのですが、ちょうど真ん中の位置のスリットが潰れて「く」の字にくっ付いてしまっていました。

「すげーな、お前さすが真芯で打ってるじゃん!!」ってみんなで慰めたんですが、当人はパター同様にちょっとだけ凹んでました。


---


昔の話ついでで恐縮ですが、パンカーでボールが見えないほど完全に埋まった状態でなかなか普通のエクスプロージョンでは脱出できない状況でパターを使う方法が使われたりしていました。

なにぶん昔の手法でしたのでビデオが見つかりませんでしたが、こちらのサイトに記述がありました。

GOLF TIPS: Greenside Magic 

トピックの 8番に書かれています。

ブレード型のパターのトゥをバンカーのボールの後ろに打ち込むんです。
砂に弾かれずに確実にボールの後ろに入っていってくれて、見事に砂ごと外まで出てくれます。

もちろんボールにスピンはかかりませんし、出てくれれば御の字の状況です。



こちらの動画は、J. B. ホームズがグリーンサイドの深いラフで見せたテクニックです。




芝の抵抗を縦方向の小さい面積と後方の大きな体積でかわし、ボールをパターのトゥ部分で打つテクニックです。

近頃のデカヘッドのパターでは使えない技ですけど、頭に入れておいても良いんじゃないかと思ったりします。(^^)




4/06/2017

ANAインスピレーションでのレキシー・トンプソンの4打罰ペナルティーの件


しばらくぶりの更新です。

先週のLPGAでレキシー・トンプソンに降り掛かったルール問題ですが、今週のマスターズでもひとしきり話題になっています。

女子のメジャー大会に数えられているANAで起きました。


ご承知の方も多いかとは思いますが、一応ことの次第を簡単にまとめておきますと、

最終日の日曜日、12番を終え13番に向かっていたレキシー・トンプソンのグループのところにオフィシャルが近づきまして、レキシーに4打罰が加わることを伝えました。

この時点でレキシーはソ・ユン・リュウに2打の差をつけてトップを走っていましたが、突然のペナルティー措置により、逆に2打を追う展開に激変してしまいました。

この後の6ホール、レキシーはキャディの協力もあって立て直し、18番で追いついてプレーオフに持ち込みましたが、最終的にはソ・ユン・リュウに破れ、メジャータイトルを逃してしまいました。


ペナルティーの内容は、1日前の土曜日の17番ホールの2フィートくらいのショートパットにおいて、ボールをマークして置き直してパットした際にボールをプレースする位置がほんの半インチくらい横にズレていたため、誤所からのプレーで2打罰、そしてさらに間違ったスコアカードを提出したためにもう2打の罰、という裁定でした。

間違ったっスコアカードについては以前は即刻失格でしたが、2012年のルール改正でプレイヤー自身が気付かず故意でなかった場合は2打罰、という風に改定されました。


オフィシャルがレキシーに近づいて4打罰の内容を告げたととき、最初の彼女のリアクションは「なにこれ? 冗談でしょ?」で、内容をよく聞いた後のリアクションも「こんなの馬鹿げてる・・・」でした。
そこからよく立て直して追いついたんですけどねー。


ビデオがありますので、御覧ください。





ボールをマークして’ピックアップし、ボールに書き込んだ線をラインを合わせるように向きを変えて置き直していますが、ボールを拭いたりすることもなく腰を折ってボールをピックしたそのままの姿勢で置いていまして、ボールの後方から見てしゃがんで置き直したりしていないんですよね。

そういう訳で、画面上でも微妙な位置の差、ズレが見て取れてしまいます。

これ、通常のプレーで拭き直したボールをカップとの延長線上の後方からマークのところに置き直していたらおそらく画面では位置の違いがわからないですよね。 カメラの位置も切り替わっているでしょうし。



で、まぁルールとしては4打罰で間違いはありませんのですが、大きな疑問が残ります。

まずは、タイガーやフィル、リッキーはじめ、殆どのツアー・プレイヤーたちがレキシーを支持していまして、フィル・ミケルソンなんかは取り消してタイトルをあげるべきだ、まで言っています。

これはですね、すべてのツアー上でのプレーに関するルール問題は PGA、LPGAのルール・オフィシャルとプレイヤーの中で完結するべきで、家でTV見ている視聴者(観客)が関与するべき事柄ではない、っていう考えに基づいているものです。 私もそう思います。


今回の問題でも私がものすごく納得行かないのは、視聴者が関わっていることもさておき、タイミングで2打、4打、0打と罰打の数字が変わってくる点です。
これは確か以前、『これがバンカーってのは、無いよなー。』という記事のコメント欄でも同じことを書きました。(...7年前ですね。)

件の誤所からのプレーは前日土曜日の17番で起きているわけです。
土曜日の17番がプレーされた時点ですぐに視聴者からの連絡があって、ルール・オフィシャルが確認した場合、その日のラウンド後のスコアカードを提出する前にオフィシャルがレキシーに通達したとしたら、誤所からのプレーの2打の罰だけで済むことになります。

しかし17番で起きるとその日のうちには間に合わない場合が多いかもしれません。
もし10番だったら間に合うかもしれません。
で、同じ行為に対してただ単に指摘されるタイミングによって罰打の数字が違ってきちゃって良いんでしょうか??

気がついた視聴者がいなかったら、誤所からのプレーの2打罰さえ付かないわけです。

また、指摘が日曜日にトーナメントを終えた後だったら、というケースもありえます。


もっとすごいのは、フィルが言うにはツアーではボールの置き直しはもっとテキトーにやってるプロもいて、1インチ半 (つまり4cm弱) もカップ寄りの前方に置いちゃってるやつも居るけど罰に問われてないよ、って話です。
(まぁ、この件は今回の本題とは別の問題ですが、ツアープロの間ではそういう認識なんだな、っていうことは頭に入れておいても良いと思います。)


ゴルフ中継には、TVに写っていない場面もたくさんありますしね。


私が思うには、モニター画面で中継画像を監視するオフィシャルを置いて、こうした画面で確認できるルール上のバイオレーションはそのオフィシャルたちがジャッジをして、即時に (自分ではルールを犯したことに気づいていない)プレイヤーに通達する。そしてそうでない限り不問に付す、って言う措置で十分だと思います。

そうすれば、通知のタイミングによって罰打の数が違っちゃう問題も解消できますし、ツアーと関係ない単なる一視聴者の勝敗への関与も排除できます。

PGAあるいはUSGAが、なんでこんな簡単な解決策に持っていけないのか、理解に苦しみます。






2/10/2017

なにかと巷で話題のコストコ・ボール (Kirkland Signature balls) 顛末


2/10/2017 追記: 

元々は12/21/2016に投稿した記事だったのですが、追記します。


こちらの、My Golf Spy.com の記事によりますと、K-Sigことコストコのシグニチャー・ボールは当面の間 販売が停止される見込みと発表されたそうです。

Costco Suspends Production of the Kirkland Signature Golf Ball


上記リンクの記事によりますと、こちらの「続きを読む>>」の方で書きましたように、Nassau Golf の Quattro というモデルのオーバーランをコストコが買い取り売りに出したもので始まったようで、今後は見通しが立たない様子です。

(こちらは私見ですが、なんかね、出来上がったボールに更に塗装かけたような感じしてたんですよ、記事にも書きましたが。)


コストコの方は、こちらの記事にありますように、“コストコ・シグニチャー・ボールは戻ってくる。”って言ってるそうですが、

Costco says golf balls will return

My Golf Spy.com の記事にありますように、Nassau Golf がやる気なさそうですので復活したとしても中身は別のボールになりそうです。

そして My Golf Spy.com が予想しているように、2ダースで$29.99という低価格での提供が前提ですと、どこまで良いボールが入手できるか? という点から見れば、この話は終ったも同然、という読みは正しいように思います。
(K-Sigに「RIP (安らかに眠れ)」マークまで付けちゃって、洒落が利いてますね。)


製造元の場所的にはこんなこっちゃないかな、とは思ってましたが・・・


一応続報が出たらまたレポートしようかと思います。


------------------------------------------------------------------------------------


タイガーの久々の復帰にゴルフ界が沸いていますねー。しかしながらナイキがゴルフ用具ビジネスからの撤退を発表したということで、タイガーが何を使うのかひとしきり話題になっていまして、今回ドライバーがテーラーメードのM2、ウッド類はM1、アイアンはまだナイキ、そしてタイガーが使うボールはなんとブリヂストンのB330Sということが判明しました。

ブライソン・ディシャンボウの使用球もこちらだそうです。

タイガーがなんかすると一気に話題になるっていうのは、やっぱりすごいですね。


---


さて、そんな中 私の友人たちの界隈では以前から特定のゴルフボールは売っていたコストコから、コストコ自社ブランドのボールが出て、しかもこれがものすごく評判がいい、ってことでちょっとした騒ぎになっていました。

登場して間もなく11月中頃には在庫切れ、手に入りませんでした。
11/21に再入荷、Costoco.comで入手できますってことだったのですが、12/09 現在 未だに在庫切れを起こしている様子です。 Costco店舗にもまだありません。
ちょっとすごい旋風ですね。


どんなボールでどんな風に評判が良いのか、どんな性能なのか、って言いますと、ブログお友達でロンドンにお住まいのYutakaさんのブログに日本語で分かりやすく紹介されています。

コストコのKirkland Signatureボールは Titleist Pro V1 に勝るとも劣らない // MyGolfSpy


リンクを貼ってご紹介なさっていますけれども、MyGolfSpy.comの記事をご紹介くださったものです。


Kirkland Signature (vs) Titleist Pro V1 // MyGolfSpy


MyGolfSpy.comの記事の結論としましては、ゴルフ界で最も人気が高く評価も高いタイトリストのPro V1と比較して複数人のテスターが打ったデータを比較したところ、

ドライバーではほんの少し300rpmほどスピンが少なく、9yほど飛ぶ
6番アイアンでは、スピン量、飛距離とも同等
ウエッジのショットでは、200rpmほどスピン量が多く飛距離は同等

と、いうことで、ほぼ同じ性能が出ている、ということでした。


違いは、Pro V1が3ピース構造に対して、Signatureは4ピース構造、

そして最大の違いは、Pro V1が1ダース $48に対して、Signatureは $15、っていう値段の差ですね。
いつものコストコならではの高性能・低価格の戦略商品です。


~~~


ここまでが前置きで、このボールを超個人的な感想でもってレビューをしてみたいと思います。

・・・私が打ってみた感触とかを書いてもあんまり参考にはなんないかも、とは思いますが (笑) ...それはさておいて。


こちらが入手したスリーブです。

画像をクリックで拡大します。


1ダース $15 っていうのは、「相当」ってことで、正確には 2ダースで $29.99なんですよね。
試してみるのに 2ダースは要りませんので、すでに購入していたお友達にSrixonのボールと物々交換で 2スリーブ分けてもらいました。(笑)


ちなみにですが、KirklandっていうのはCostco最初の倉庫店舗がシアトルで、シアトルから湾の向かいっ側の街がKirklandです。

ウレタンカバーらしいんですが、ボール表面的には Pro V1 とかよりもやや硬く感じます。
種類の違うウレタンなのでしょうか。

そのせいかどうか、耐久性も申し分ないってレビューを書いている人が多い印象です。


私が 1.5ラウンド使ったボールがありますので、写真を載せてみます。
木にぶつけたり、カート道に跳ねたり、まぁそういうゴルファーが使ったものとご承知ください。

画像をクリックで拡大します。

こっちの傷はパー5の2打目で跳ねたカート道かな?
(ラウンド終わってからボール洗ったんですけどね。)


画像をクリックで拡大します。

こちらは両方とも、木にぶつけた時の傷じゃなかろうかと思います。
小さい方が、枝をカスって抜けていったショットの時の方じゃないかと思います。

いつも赤マジックでマーキング入れているのですが、そのマーキングが擦れて消えやすいボールの表面でした。ラウンド中に 2度ほど塗り直し。

2スリーブ 6球持って行ったんですけど、結局ラウンドではこのボールしか打ちませんでした。 3つでローテーションとかせず、1個を使い倒し。

写真を今になってよく見ると、白い色が微妙に剥げているのがわかります。
最表面は塗料が塗られている「かも」しれませんね、4ピース構造の上に。


チップショットやアプローチショットなどでのウエッジで打った時のスピン量ですが、今回はあまりピンと来ませんでした。

私はMG ゴルフの Tour C4っていうボールを愛用しています。
今のところTour C4の方が柔らかくてスピンが効くような印象を受けてますが、スピン量を測って打った訳ではありませんので、不確かかもしれません。

行ったゴルフ場が苦手のKIKUYU芝で、気の利いたスピンのショットをあまり打てなかった私の技量の問題も大いに影響していたかと思います。

ですからこの点は、次回以降に持ち越しいたします。(機会がありましたらあとでこの記事に追記いたします。)


ドライバーの飛距離および弾道につきましては、私の実力ではとても 1ラウンドで違いが感じられるような感性を持ち合わせておりませんので、これも持ち越し。 (すみません。)

パッティングした時の、パターにカツンと当たる時の感触は悪くありませんでした。
結構ソフトな感じだったと思います。



(ちょっとこの続きは、「続きを読む>>」の方で。)

2/08/2017

ブライソン・ディシャンボウのサイドサドルとUSGAの裏工作


ゴルフ・サイエンティストこと、ブライソン・ディシャンボウについては以前、同じ年にNCAAディビジョンのチャンピオンシップとUSアマチュアの両方を制した5人目のプレイヤーとしてご紹介しましたが、その後のツアーでの活躍を見るのは楽しいですね。

昨年の10月には来日もしてブリジストン・オープンに出場しましたが、残念ながら背中の故障で1日目の途中で棄権してしまいましたね。

写真元のサイトのページにリンクしています。


そのディシャンボウですが、そのブリジストン・オープンの頃から何年も前から試していたというサイド・サドル式のパッティング法をトーナメントの実践に投入し始めています。

サム・スニードが60年台に始めたサイド・サドル打法は、2010年にKJチョイがしばらく使っていたこともありましたよね。

でも、ディシャンボウのサイド・サドルはいわゆるポピュラーなサイドサドル式とはひと味もふた味も違います。

YouTubeに上がっている動画を見ていただきましょう。



左手で右腕をパターのグリップごと掴み、一体化させています。
左右の手が離れて使われるスタイルの多い一般的なサイド・サドル打法ではありませんね。

しかしながら、カップとボールに正対して構える利点は活かされています。


今回取り上げました騒動で問題になっているのが、ちょうどブリジストン・オープンのときに使っていたパターです。

こんなやつ。 ↓

クリックで画像元のサイト・ページにリンクしてます。



ところがですね、1月にカリフォルニアのLa Quintaで行われたCareerBuilder Challengeというトーナメントでディシャンボウにこっそり近づき、「そのパターはルール不適合にするから使うのやめないとDQ (競技失格)にするよ。」と通達してきたそうなんですね。

この記事 ↓ に、そう書かれています。
Bryson DeChambeau's desired putter ruled non-conforming by USGA, and he’s not happy


結局この時にディシャンボウが使ったパターは別のもので、パターヘッドのセンターではなくヘッドの後方の位置にシャフトが付いている別バージョンのものでした。

記事に乗っている写真のパターですね。 シャフトがパターヘッドの後方に付いています。

クリックで記事にリンクしてます。



・・・ここが分かりません。

USGA (とR&A) のルールにはそんなこと書いていないんですよね。


こちらにクラブのデザインに関してのルールが書かれています。

Appendix II  - Design of Clubs
http://www.usga.org/rules/rules-and-decisions.html#!rule-14323

このページの、2. Shaft の c. Attachment to Clubhead の項目に、

Exception for Putters: The shaft or neck or socket of a putter may be fixed at any point in the head.
パターについての例外:パターのシャフト、ネック、ソケットはクラブヘッドのどの部分に取り付けてもよい。

パターは例外だ、とはっきり書かれているんですよね。


件の記事には、USGAがディシャンボウに対して「君のパッティング方法自体も好ましくない。」と通達してきたというディシャンボウのコメントも書かれています。

つまりUSGAは、なんとかしてディシャンボウの取り組みを阻害したいって言うことのようです。
しかも裏でコソコソやるところがズルいですねー。


ディシャンボウの長年のインストラクターの Mike Schyは、
ディシャンボウはこうしたUSGAのやり方に失望しているとともに、決して屈することなくむしろ反骨精神は強まるだろう。という見解を述べているそうです。


今季のディシャンボウはハワイのソニー・オープンで49位タイに入ったあと、CareerBuilder ChallengeとサンディエゴのTorrey Pinesで行われた Farmers Insurance Openと予選落ちが続いています。

さすがに揉めている状態では集中もできませんよね。


応援して行きたいと思います。




1/03/2017

2016年の成績と、2017年の数値目標


今年の打ち初めは1月2日。 (^^)
あけましておめでとうございます!



18番ホールのグリーン後ろから。


かなり叩いて波乱の幕開けですが、まー良いでしょう。(^^;


---


毎年恒例の、2016年の成績の振り返りと、2017年の目標を更新します。

昨年の記事はこちらです。 → 「2015年の成績と、2016年の数値目標

2016年は個人的に諸々の事情に時間を取られまして、ゴルフに対するモチベーションを高く維持するのが難しい年でした。
しかしながら、13年14年のスランプからはかろうじて脱した2015年と同様に痛みもなく楽しくゴルフ出来ました。


昨年の記事に沿って、数字を並べてみます。
青字が加わった昨年のデータです。

2008年 (5月-12月)
Score Average:   +9.2
Putts per Round:  33.53
Putts per GIR:     2.029
(パーオン率は9.1/18ホールくらいで、平均18.4パットぐらいでした。)

2009年
Score Average:   +9.4
Putts per Round:  32.23
Putts per GIR:     1.967
(パーオン率はぴったり8.00/18ホールで、平均15.738パットでした。)

2010年
Score Average:    +9.1
Putts per Round:  32.18
Putts per GIR:     1.947
(パーオン率は8.11/18ホールで、平均15.786パットでした。)

2011年
Score Average:    +8.7
Putts per Round:  31.83
Putts per GIR:     1.947
(パーオン率は7.81/18ホールで、平均15.195パットでした。)

2012年
Score Average:    +8.5
Putts per Round:  31.08
Putts per GIR:     1.990
(パーオン率は7.83/18ホールで、平均15.575パットでした。)

2013年
Score Average:    +12.9
Putts per Round:  31.65
Putts per GIR:     2.016
(パーオン率は6.00/18ホールで、平均12.097パットでした。)

2014年
Score Average:    +11.7
Putts per Round:  30.44
Putts per GIR:     2.027
(パーオン率は4.80/18ホールで、平均9.730パットでした。)



2015年
Score Average:    +9.9
Putts per Round:  31.57
Putts per GIR:     2.051
(パーオン率は7.03/18ホールで、平均14.42パットでした。)



2016年
Score Average:    +10.4
Putts per Round:  31.98
Putts per GIR:     2.047
(パーオン率は6.98/18ホールで、平均14.31パットでした。)



2016年は正直に言って2015年とほぼ同等のデータでした。
練習不足の感ありありですが、それにしては上出来と思っています。
パット数の分だけ若干悪化していますが、誤差範囲でしょう。

GIR(パーオン率)と言い、平均パット数と言い、ほぼ同等で、顕著に違ったのはラウンド総数くらいでしょうか。


2015年にクラブを約1年かけて全とっかえ、球筋もこれまでのドロー・フック系のボールはほとんど出せなくなりまして、真っ直ぐ目のフェードかドロー、どちらかというと芯で打つと真っ直ぐかフェード気味が持ち球に変わりましたスイング改造を定着させるのが2016年の課題でした。

まだまだ、自然な動きが新スイングに慣れたとは言いがたい状態ですので、2017年はスイングを定着し、ショットを安定させてスコアの向上に繋げたいです。

平均スコアが少々ですがふた桁台に乗ってしまいましたので、ひと桁台に復帰させたいと思います。


スコアの方は、こんな風になってます。

2007:    +5.1 +4.7 = +9.7
2008:    +4.6 +4.6 = +9.2
2009:    +5.3 +4.1 = +9.4
2010:    +4.6 +4.5 = +9.1
2011:    +4.1 +4.7 = +8.7
2012:    +4.5 +4.0 = +8.5
2013:    +7.3 +5.6 = +12.9
2014:    +6.5 +5.2 = +11.7
2015:    +5.3 +4.7 = +9.9
2016:    +5.5 +4.9 = +10.4

2007年のデータは、11コースだけ。 プレーは近所の市民コースばかりです。
2008年の5月にブログをスタート、08年は延約39ラウンドしました。
2009年は、約40ラウンドでした。
2010年は約30ラウンドです。 (諸事情でラウンド数やや減少)
2011年は約41ラウンドです。
2012年は約40ラウンドです。
2013年は約30ラウンドです。 (肘痛発生)
2014年は約39ラウンドです。 (スランプ継続)
2015年は約72ラウンドです。 (以前バック9だった多くを18ホールでプレー)
2016年は約42ラウンドです。 (特に取り組みなし)


昨年は夏休み恒例の、家族が日本に帰っていて居なかった期間のプレーが少なかったこともあり、スコアがぐっと良くなる夏のラウンド数が稼げず、トータルで2015年より若干良くない結果になりましたが、年間通してのゴルフ内容としてはほぼ同等だったと思います。


2017年も2012年レベルまで復帰することが目標になります。


80を切るラウンドが少し減ってしまいましたので、2017年は頑張って80を切るラウンドを増やしたいと思います。


---


バーディー数も集計してみました。

2007:  23個 (22ラウンド)
2008:  42個 (39ラウンド)
2009:  42個 (40ラウンド)
2010:  34個 (30ラウンド)
2011:  44個 (41ラウンド)
2012:  37個 (40ラウンド)
2013:  22個 (30ラウンド)
2014:  21個 (39ラウンド)
2015:  60個 (72ラウンド)
2016:  34個 (42ラウンド)

バーディー数も率としては昨年とほぼ同等です。
視力の老化も影響していると思われますが、大きな改善は難しいとしても2打目の精度を安定させて2017年は少し増やしたいところです。
やはりいつかはラウンドあたり1個以上のペースに持って行きたいと思っています。


一昨年の後半からデーブ・ペルツの3x4システムを精査しなおして練習していました。
その成果は確実に現れ始めていますが、スコアに大きく貢献するところまではまだ達していません。


難しいんですよね。

30-90yぐらいのところから上手く打てて、3-5歩に付けるショットは増えていると思うんです。
しかしこれをワンパットで沈めないことにはスコアに繋がってきません。

昨年も感触が良くなってきて、『コースの攻め方も少し変わってきた』と書いているのですが、と同時に、『スコアに直結するところまで持っていくのは簡単ではありませんが』そして『ゴルフに幅が出てより楽しくなって来ました。』とも書いていました。


ここの部分の方法論を、2017年の取り組みにしてみたいと思います。

感じとしては、ピンハイの距離に打てているのにややカップの左にズレて乗るケースが多いように思いましたので、その部分の修正に取り組んでみます。


---


さて昨年も一昨年も一番に力を入れようと目論んでいた、Z版「がんばり率」の結果です。

(データのピックアップをシンプルにするためにダブルボギー以上にしてしまったホールは除きまして、ボギー・オンしたホールで 2パット以上なら失敗、1パットでパーなら成功としてデータを抽出したデータです。)


2016年も特に目標は掲げませんでしたが、基本的には「Z版がんばり率 50%達成」を掲げて目指しております。

2008:  2/6 = 33% (1ラウンド)
2009:  95/291 = 32.6% (40ラウンド)
2010:  68/205 = 33.2% (30ラウンド)
2011:  129/328 = 39.3% (41ラウンド)
2012:  142/303 = 46.9% (40ラウンド)
2013:  94/237 = 39.7% (30ラウンド)
2014:  160/360 = 44.4% (39ラウンド)
2015:  237/560 = 42.3% (73ラウンド)
2016:  208/493 = 42.2% (42ラウンド)


ここでも、2015年と2016年のデータはほぼ同等でした。

ボギー・オン数も2015年と2016年のデータはほぼ同等でした。
アベレージで10年7.36回から、11年は8.00回、12年は7.58回、13年は7.64回、14年は9.27回、15年は7.78回、16年7.70回になっています。 (14年が多いのはひとえにパーオンが極端に少ないためです。)


2017年は昨年同様に、Z版「がんばり率」とボギーオン率の組み合わせで、拾うゴルフをひとつ上のレベルに乗せたいところです。

そしてその方法論のひとつとしましては、左へのズレの修正です。