9/15/2008

練習場用のゴムティー


これはねー、私つい最近まで存在を知らなかったんですが、マジでいいです。(^^)

Launcher Dura-Flex Practice System



こちらの練習場では、ゴムティーがテキトーに配備されています。てか、ほとんど数が無いことが多いです。
たぶんね、持ってっちゃう人も居るんでしょう、日本じゃありませんし。

でも、ゴムティーはディスカウントショップで大小3個入り$1.50とかで売られていますし、私はマイ・ゴムティーをゴルフ・バッグの中に持ち歩いています。


で、置き忘れてきちゃうこともしばしば。

また無くなっちゃったので、値段はちょっと高くなる(っても$3ぐらいです。(笑))けど、ゴルフショップで買おうかなと思ったら、上記商品が目に入りました。


真ん中の、台座の部分を普通のゴムティーと同じようにマットの下からセット。
ちょうどマットの厚さ分ぐらいの高さしかありません。
抜け防止ノッチが付いたプラスティック・ティーの長・短、2種類が付属していまして、それを刺して使います。

でもですね、普段使ってるティーを刺して使うことも出来ます。
これがとてもいい。
やはりゴムティーで打つより感触がいいです。(^^)


私は、普段コースでラウンドしてもティーはそのまま立ってることも多いので余計にそう思うのかも知れませんが、ものすごく便利です。
値段はたったの$4.99(約550円)。

もっと早く知ってればよかったなぁ。


私はパー3でアイアンを打つときは何番であろうと(ユーティリティーであろうと)、ティーの頭が地面の芝すれすれに低くティーアップするのですが、台座部分がマットの厚みから出ませんから折れたティー使ってそういった風情のティーアップも再現出来ます。


これね、日本にも売ってますかね?




***

軽く日本語検索してみたんですが、こんなの見つけました。

ライト T-90 練習場名人ティ


これはちょっと、本末転倒でしょう。:-p

ライト商会さんの商品、私はわりと好きなんですが、これはちょっと裏っ側を行くアイディアと言うか逆転の発想と言いますか・・・

ちょっと笑ってしまいました。(笑)


6 comments:

Anonymous said...

練習場名人ティーは見たことありますが、上記の舶来物は初めてみました
自分が行く練習場もゴムティーなので高さが合う物が無い時があります
マイ・ゴムティー気づきませんでした

Posted by:猿面TM at 2008年09月16日(火) 00:23

yspz said...

猿面TMさん、どうも。

マイ・ゴムティーを買う際には、高さをご注意なさって下さい。

私は、2と1/2インチのゴムティーを買います。
実際にコースで使う木のティーは、2と3/4インチ(最近の460ccドライバー用の標準的長さ)を使っております。

マットの厚さが、大抵約1インチぐらいです。
上記商品の台座部分の高さも約1インチ。

私の場合は、2と3/4インチのティーを地面に刺した状態で、地面の上に出ている部分の高さが大体1インチ半よりちょっと高いぐらいなんです。

ですから、2と1/2インチのゴムティーを買いますとちょうど、約1インチ厚のマットから出る高さが1インチ半ぐらいになるんです。


でも、ゴムティーだと自分で削ったりして数種類を用意したりしない限り、微調整ができませんよね。

上記商品は、付属のティーを使うよりも、自分の木のティーを刺した方が、微妙な調整も利いて、打感も木のティーですし、すんごくお奨めです。(^^)
日本で買えるところがあると良いのですけれど。
(以前、ネバダ・ボブズが日本進出していた頃には、この手のグッズが日本で適価で入手できて良かったんですけどねー。)

Posted by:やきそばパンZ at 2008年09月16日(火) 04:40

Anonymous said...

これって、発想できなかったです。
思い浮かばなかったのが悔しい!
自動ティーアップの練習場では気付きもしませんが、確かに便利ですよね。
知る限りでは出回っていないようです。
ライトさんのは、ピン部分にステンなどを使って分離しないようにしたら、半永久?的に使えそうですね。カラフルにしてネーミングなど施せれば高級ティーペグとして売れ筋商品になるかもしれませんね。カラフルだけでは足りませんね~、ゴムの形状を色々考案すれば、更に面白いかも、例えば考える人とか、親指を立てた形とか、・・
意匠登録でも出願してみますか!

Posted by:ノリさん at 2008年09月17日(水) 08:39

yspz said...

ノリさん、これはホントにいいです。
日本で出回って無いんですね。
どこかの商社が持ち込んでも良さそうなんですけどねー。

とはいえ、米国でもそんなには出回っていないみたいです。
すごくいいのになー。


練習場名人の方は、実は米国では、もっといいやつがすごい人気になってます。

Brush-T
http://www.brusht.com/

ライトさんのゴムの部分がブラシになっていて、その上にボールを乗せるんです。
ブラシなので、すごく小さい抵抗でボールが良く飛ぶって寸法です。
ドライバーはブラシを揺らすだけで、滅多に地面から抜けません。

多くの人がコースでラウンドに使ってます。

私も買いまして、もっぱら練習場が芝から打てる時に、刺しっぱなしで打てるティーとして使っています。

なんで私はラウンドで使わないかと言いますと、このティー、刺す時にちょっとコツが居るんですよね。ブラシの下の台座を持ってグッと刺す。

ボールでグイって押すわけに行かないんです。

でも、すごい人気なんですよ。
これは日本でも買えるんじゃないかなぁ?

Posted by:やきそばパンZ at 2008年09月17日(水) 14:19

Anonymous said...

再コメです。
ブラシではないけど、こういったティーペグを愛用しています。3本入りで、400~500円?かな。1本、ダフリがないと半年は持ちそうです。小道具での最近のヒット商品は、このブラシ型のティーペグとキャップに付ける磁石付ボールマークが2横綱?じゃ~ないでしょうか?

Posted by:ノリさん at 2008年09月21日(日) 05:22

yspz said...

ノリさん、再コメありがとうございます。

私は、記事にも以前書きましたが、帽子そのものにマグネットが仕込んであるキャップを持っていますが、マークは右ポケットに入れて居たりします。
ずーっとポケットでしたので。(^^;

Posted by:やきそばパンZ at 2008年09月21日(日) 14:18