11/08/2008

3W 購入 (グレート・ビッグバーサII, 3+)


近頃の人には、スプーンって言っても通じないことがあって、ちょっとだけですがびっくりします。

3番ウッドを買いました。

96年以来ですから、12年ぶりですねー、フェアウエイウッド買うの。
使うのも、8年振りぐらいです。

私はどういう訳かというか下手なだけなんですがフェアウエイウッドが苦手でして、バッグに入れていても使用頻度はものすごく低いし、この8年ぐらいはバッグにさえ入って居なかったりします。
ここ3年ぐらいは、ハイブリッドがものすごく打ちやすいことを知りまして、
もっぱらユーティリティーの2番と4番をバッグに入れておりました。

この2本とも、スチールシャフト(ダイナミック・ゴールドのS300)を挿して使用しております。

最後に持っていたスプーンは、キャロウエイのスチールヘッド+の3番でした。これも米国仕様のスチールシャフトです。9年ぐらい前にラスベガスでレンタルクラブを借りた時に気に入りまして、購入しました。でもこれは日本に置いて来てしまって手元にはありません。


今回購入したのは、またまたキャロウエイの、グレート・ビッグバーサIIってクラブの3+です。
いまさら、な旧モデルですが。(^^;



もちろん中古ですね。

ゴルフショップでウエッジのロフト角・ライ角を調整してもらっている間、暇つぶしに店内のユーズド・クラブを鳥かごで試打してみて、「あれ?これ、もしかしたら意外にいけるかも?!」って感じまして、買ってきました。
ちょうどFT-5を返した時のストアクレジットがあったので、買いやすかったんです。



アルディラ・シャフトのNV85 stiff-X tip-350がシャフトカットして刺さっていました。
おそらくバット側でカットだと思われます。
たぶん大体43.5インチ合わせぐらいです。


アルディラのシャフトは、一時期(ってか結構しばらくの間)FT-3にNV65のstiff-Sを入れて使っていましたので、好きな部類のシャフトでした。

Aldila NV shafts (アルディラのHPのNVのページ)



ちょっとハードスペック過ぎるかなー、っても思ったんですが、今でもホンマExtra90のパーシモン・ドライバー(スチールシャフト)なら今で言う直ドラで打てないこともありませんので、まぁFWならこんくらいがいいかも?とか思いまして。

(時に余談ですが、はにかみ王子くんの影響かなにか直ドラを打つ若い人が結構いらっしゃるようですが、みなさん上手いんですねぇ。感心します。
私も、昔ホンマExtra90の頃は結構コースでもトライしましたがあのクラブは高重心ですからねー。フェースの下の方で打っても上がってくれますが、近頃の460ccはみんな低重心でしょう?
私はエースドライバーのFT-3でも直ドラ、とてもじゃないけど打てません。ラフに少し浮いてるとかなら別かもしれないですけど、それとて460ccには芝の抵抗強そう。)


B9のラウンドで7ホールほど使ってみましたけど、けっこういいですね。
内ティーアップして打ったのが5つなので、まだまだ練習してみないとコンペとか競技に投入できるかどうか、まだちょっと分かりませんが、とりあえずいつもバッグに入れといて練習の時は積極的に使おうかと思ってます。
ティーアップは、ユーティリティーやアイアン同様、すごい低くティーアップして打っています。

3Wがまともに使えれば、結構220-230yぐらいを果敢に打っていけますし、DRだとちょっと長過ぎるかなーっていうところへティーショットを打ちたい時にティーアップして使えますし、なかなかいい武器になりそうで楽しみなんですが、何しろFW打つの下手ですからねー。(^^;


問題は、どれ抜いて14本にするかだなぁ。(笑)
順当なら、ユーティリティーの2番(16度)が一番被ってますけどね。これ、使い勝手がいいからなぁ。低い球が打てるし。
ロフトは大差ないですけど、長さが全然違うんですよね。

偶数番手好きの私としては7番アイアンとかの方が断然使用頻度が少ないんですけれども。7番を抜いちゃうものなぁ。(笑)


まぁとりあえず使い勝手いいなぁってまで思えるように、練習することにします。(^^;
多分スペック的には他のクラブとばっちりだと思うんですが、・・・どうでしょう?


5 comments:

Anonymous said...

おはようございます。

スプーンもバッフィーもクリークも聞かれなく言葉になってしまいました。 私はFW7とハイブリッド3(19度)を入れ、 11-12本構成です。

パター・・・cash in typeはオリジナルですが
大型でシャフトはaldila NV 75-Rを挿してます。 手持ちを挿しただけです。



Posted by:c at 2008年11月08日(土) 11:15

yspz said...

cobraさんですかね?
違ってたらごめんなさい。

キャッシュインですか!
最近はなかなか見かけませんねー、そう言えば。


あれ?あ、cobraさんはタッド・ムーアのパターをお使いだったかなぁ。
もしかして別の方でしょうか。


cさん、こんにちは。

さすがに私もニブリックとかマッシーとかの名称は使っていない世代ですけど(笑)、ホントにバッフィーもクリークも使われないみたいですね。

私は遠い昔、ブラッシー(2w)も持っていました。あんまり使いませんでしたけど。
友人に、3と4の間の番手を持ってるのがいて、バップーンって呼んでましたね。クラブソールには、「3 1/2」って入ってました。どこのクラブだったかなぁ?

この人は、マルマンの開発部に入ってその後独立してマレーシアかどこかでゴルフショップ出した筈で、スクラッチ・プレイヤーでした。

彼、元気にやってるかなぁ。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年11月08日(土) 15:42

Anonymous said...

自慢しちょうかな~、
3Wは飾り?です。1Wだけだと寂しすぎて・・
それも、過去形になったようです。
カッピング~頬杖~槍投げ・・・・に取り組んで馴染んできたら、あらっ不思議3Wが打てる様になりました。
フェアウェーウッドは易しいと良く言われますが、自分には難しいと思っていました。
今の取り組みも功を奏していると思いますが、アドレスを変えたのも良かったのかもしれません。
以前はロングアイアン風に構えていました。今はイメージとしてはヘッドファースト?ダウンではダフらせるイメージでソールを手前から滑らす?
これをやり出したら使えるようになってきました。今では2Iの出番がありません。
230ヤードが届くって快感ですよね。

Posted by:ノリさん at 2008年11月10日(月) 04:51

yspz said...

ノリさん、3Wが以前飾りだったって、ホントですか?!

私もFWが苦手で長年2I とか1Iとか使っていた口です。
それが3年ほど前にユーティリティーにであってからは、3Iすら使いません。(^^;
でも相変わらずFWは得意ではありません。

いま一所懸命3Wを練習しています(というか練習ラウンドでなるべく使うようにしている、という意味でして、レンジではほとんど打ちません)が、やはりまだ手ひどくダフッたりのミスがでます。
基本的には、UTと同じ感覚でけっこう使えるスペックになっていて、すごくいいショットも出ます。
おっしゃるとおり、220-230yが狙えると嬉しいですねぇ。
(空くのを待つのは面倒だしミスるとひんしゅくモノなのでレイアップしたりもしますけれども。)

ある程度、計算できるミスを含めて打てるようにしたいと思っています。
軽くダフって20-30y距離が落ちるくらいのミスだったら競技でも使えるんですけどねー。

ホント、基本的にはいい感じで打てるクラブですので、希望が出て来ました。

It’s all in the hips drillにも、引き続き励んでいます。(^^)

Posted by:やきそばパンZ at 2008年11月10日(月) 15:29

yspz said...

だいじょうぶですよ、cobraさん。
いつもコメントいただいてありがとうございます。

16cmはでかいですねー。

そういえば私も、86年に二クラスが46歳でマスターズを勝った時に使っていたでかいヘッドのパターを買って持っていました。
あれは、Response ZTっていう(大型ヘッドのピン型)パターだったんですが、その後優勝を記念してマグレガー・ブランドで二クラスのサインの刻印が入ったモデルが出まして、それを買いました。しばらくちょっと使ったっきり、全っ然使って居ないんですけどね。

このパター(クリック)です。

この時のハーフキャビティなアイアンも私は使っていました。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年11月10日(月) 15:31