1/19/2009

競技ゴルフ-1 (リオ・ホンド)


今年から、競技形式のトーナメントを行っているグループに参加することになりました。(^^)

参加しているメンバーのうち1/3ぐらいはお知り合いの人たちですが、私を含めた数人以外は全員白人系の人ばかり50名ぐらいのグループです。

月に1回のペースで、いろいろなコースで開催されます。


マーカーとプレイヤーの名前がすでに印刷されたスコアカードが配布され、全てルールどおりのラウンドです。
ロストボールは、打った地点まで戻って打たなくてはなりません。誤球や誤所からのプレーにも要注意。(普段はたまに、意外とティーマーカーを見間違えて打っちゃったりしますのでね。(^^;)


今回は28人7組でのコンペ。
ものすごい桁違いの飛ばし屋さんが数名居りまして、ドラコンはどうみても蚊帳の外なんですが(笑)、ニアピンは是非とも狙いたいところ。


会場も(今月はたまたま)私がちょくちょくバック9を練習しているコースと言うこともありまして、地の利を活かしたいところです。(^^)

3番Holeティー横のWater Fall


私は2組目で、同伴プレイヤーは、初老の紳士といった風貌でかなり身長の高いクリスと、80近くてひざを少し痛めていると言うビル、私と同世代でハンディ18ぐらいのニックです。
クリスとニックは初対面。

スタートホールで、20人以上の人に見守られて打つティーショットの感触は久しぶりです。♡
50cmのパットにしびれるかも知んないですしね。(^^)


では、まずはスコアの方を。


コースレート/スロープは、70.5/122です。
パーは、36・35=71。

1 4 - 0 U9A
2 4 △ 1 DS5S
3 5 - 1 D14AL-②
4 5 - 0
5 4 △ 1 14AL-②
6 4 - 0 D9S
7 3 - / T(タップイン)
8 3 - / U③
9 4 □ 3 DS3B(池)

10 3 △ / 4BL-①
11 5 △ 0 U11S-②
12 4 - 1 D5B
13 4 △ 2 4A
14 3 - / U14AL-②
15 5 - 0 5
16 4 - 1 U15A-①
17 3 - / U8S
18 4 △ 0 2S

40(15)・39(18)= 79(33)


スタートホールのティーショットは無難にフェアウエーのセンターに。
振り切りましたが、楽目に振って打っていますので距離は少ーし落とし気味です。

2ホール目のティーショットはフェアウエー左サイドのバンカーに捉まりました。

フロント9は調子はひどく悪くはないものの、時折出るブレブレ気味のショットを繋ぎながら、粘り強くプレーしていく我慢我慢のゴルフでした。
パーオンも3ホールだけです。

8番Hole


9番に来て、ティーショットを左の池に入れてしまいました。
緩やかな左ドッグで、ティーインググラウンドに真っ直ぐ打つと右へ抜けてしまい、右へ持っていくとマウンドがあって次のショットのスタンスがつま先上がりになって厄介になるんです。
構えにくいティーですね。

少し先の左側の木を回ってドローに打つのが理想なんですが、今日のはちょっと打ち出し自体が左に行ってしまい転がり込んで捉まってしまいました。
おまけに3歩(約2m)のボギーパットも外れちゃって、ダボ。

ここまでは粘って+2で来ていたのにダボ打っちゃうと、苦しいですね。
後半は、なんとかバーディーが欲しいところ。


しかし9番でリズムが少し狂いましたでしょうか。
10番から13番はホールの難しさとか関係なく、ショットのブレが拡大しまして、トップボールが出たり、木の裏に行って木越えになったり、わざわざ水越えのセカンドを残しちゃったり、ちょっとドタバタ気味でした。

でも、14番の長い池越えのパー3のユーティリティーでのティーショットから、また感じが戻ってくれました。(^^)


15番のバーディーパットは5歩(3.5m)でごくわずかなフックライン。
決めたと思ったのですが、カップに沈みかけたボールがクルっと出てきてしまいました。(T_T)


17番のパー3は、ピンに向かってすごくいいショット打ったんですけど、ピンが奥で受け傾斜が強くなっている場所で、するする戻ってきて8歩(5m半)も残ってしまいました。
このパットもラインに乗ってたんですけどわずかにショート。



18番のセカンドは、この日のベストショットでした。

18番Hole


約140yを残していて、受けグリーンでピンはものすごく手前です。
ほんのわずか登りのほぼフラット、ライは軽く左足上がり。

グリーンの手前側が短かったので、ボールを少しだけ(1個分ぐらい)右に置き、“easy 7(若干軽く打つ7I)”でなるべくスピンを多くかけるようにパンチ気味に攻めてみました。

打ってすぐに、(私はルックアップしますので)ピンに真っ直ぐ向かっていく弾道が見えていましたから内心「これはくっ付いたぞ。(^^)」とか思っていたんですよ。
正直を告白しますと、14番から上がり調子だったのもあって、「最後の正直でバーディー取れるか?」ぐらいまで思ったんですよね。(^^;

・・・で、何が起きたかといいますと、ボールがピンの70cmぐらいの高さの所にまともに当たりまして。
ガシャっと音を立てて、ボールは本当に真っ直ぐ私の方に20yも跳ね返って来てしまいました。(T_T)


残りは花道にあるとは言え、グリーンまで15yでピンまではエッジから5yのあまり嬉しくないアプローチが残りました。
D-Chopで2歩(1.3mぐらい)に寄せたものの、パー・パットは無情にもカップを覗き込むようにして手前に止まってしまいました。

でも、このセカンドショットはものすごくいいショットでした。
不運でしたね。


7番のアプローチも、今日のベストショットのひとつでした。

5Iでのティーショットを大きく左へ曲げてしまい、木のさらに左、隣のホールのティーインググラウンの方向に行ってしまいました。
そこからの寄せは約35yで、張り出した木の枝の下を抜かなくてはなりません。(でも枝が胸の高さより上の方に張り出していましたので、下に抜ける穴があったのは幸いでした。)

PWで、ボールは右足の前よりさらに右。
コックを入れずにカツンと打ち出したボールは珍しくイメージしたとおりの低い弾道で飛んで行きグリーン手前の(というか左からですから実はグリーンの横なんですが)土手にバンプしてグリーンへ上がり、ピンにガシャっと当たってカップから10cmに止まってくれました。

これはとてもラッキーでした。

ラッキーですけど、思い通りに打てたという意味ではとてもいいショットだったと思います。



このトーナメントでは、私はハンディ7で出場しておりましたので、+8オーバーの79は、+1オーバーということになります。
久々の競技形式のラウンドということで、バーディーもありませんでしたし、ニアピンもチャンス無しだったわけですが、暫定球を打つ必要もありませんでしたし、まずまず、いいラウンドが出来たと思います。(^^)


集計前にお先に帰って来てしまったので、順位とかまるで判らないのですが、結果の連絡が来次第、追記しようと思います。



ところで、一緒に回った初老の紳士といった感じのクリスさんには少々驚かされました。
高い身長から縦に振って、弾道の高いいいボールを打っていたのですが、ラウンド中この日は時折ボカっとミスショットが出ていたんですよね。

18番ホールのティーショットも左に曲げたしまったその直後、ものすごく大きな声で、「God, (damn it!)」・・・といいたいところを「God ・・bless!(神のご加護を!)」と言い換えて叫びまして。(この言い方は初めて聞きました。(笑))

言葉の方は悪い言葉を避けているものの、叫び声を上げてドライバーぶん投げてましたからね。(笑)


いやー、ちょっとびっくりしました。(^^;



***

追記:

結果的には、ネットが5位タイ、グロスが2位でした。(^^)
でも、ともに景品も何も無し。(笑)
ニアピン・ドラコンは、第2組目だったにもかかわらず、旗に書き込むことすら出来ず惨敗。(T_T)

今回は暫定球を打たなくて済むラウンドでしたし、ハンディは基本的に良い方のスコアから半分選抜のさらに4%引きな訳ですから、+1 ならまぁまぁだったと思います。(^^)



2 comments:

Anonymous said...

こんばんは。

ゴルフは時に紳士を「貧士」にしてしまう魔力???を持っているんですね。

Posted by:cobra at 2009年01月19日(月) 20:38

yspz said...

cobraさん、どうもです。
タオル素振りとかの練習、順調でしょうか?(^^)

「貧士」って私は不勉強で聞いたこと無いですけど、東京の下町(や横浜の一部)では「しんし」って発音しますね。(笑)
亡くなった私のおじいちゃんも、この字を読んでもらったらそうなります。


私はゴルフしている最中にあんなに感情が出ることが全く無いんです。
(打った後に、あんまり上手くいきすぎたりあるいは思ってもみない結果になって大笑いしちゃうこととかはあるんですが。)

そりゃぁ自分のヘボショットにがっくり来ることはいくらでもありますが、あのぐらいのテンションを感じることがありません。
ゲームに向かう真剣さ度合いがちがうんでしょうかね?(私なりに、至極真面目に真剣に取り組んでいるとは思っているのですけど。)

そういう点では、ある意味感心してしまうのです。
熱いなぁ、と。

そのくらいのconcentration(集中力)とか、intensity(強烈さ)を持ってプレーするってことはある程度は必要なことだとは思うんです。
まぁ、あんまり人に迷惑かけちゃいけない、っていうのは前提ですけど。

私の友人の(日本人も含めまして)中にも、クラブを地面に刺さるほど叩きつけてしまったりする人は居ます。もちろんいつもいつもって訳ではありませんが。


もういかにも“ロマンスグレー”みたいなみたいな感じの人がああいうことすると、ちょっと可笑しいですねー。笑っちゃ悪いんですけど。
私はニックとカートに乗ってから、“Did he just say “God bless!”? -“bless”? Oh, my god…”


まぁクリスのやったようなのは、ゴルフ場の中で、ゴルフ仲間との間だけでなら、いいんじゃ無いでしょうかね?みんな気持ちは分かりますし。
不必要に芝を痛めるとしたら強くNGだと思いますが。

もっとひどい俗に言う“F-word”の類を連発するプレイヤーだって居ますからね。
クリスは頑張ったと思います。(笑)


日本語には、ああいういわゆる「罵り言葉」って、英語と比べると極端に表現が少ないんですよね。
美しい慎ましい言語なんだなー、っていつも思います。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年01月20日(火) 15:50