4/10/2009

ニック・エイデンハート投手


私、今日は非常に強いショックを受けております。



昨夜の我が愛するエンジェルズのゲームの先発は、チーム期待の星、ナンバー1プロスペクトだった若手投手のニック・エイデンハートが勤めまして、今季チーム3ゲーム目の先発投手として、6回を無失点で切り抜ける素晴らしい好投を見せてくれたのですが・・・

その彼がゲーム後の深夜、家に帰る途中、信号無視の車に突っ込まれるという交通事故でなんと亡くなってしまいました。

つい昨日、約2時間の間、彼の素晴らしい投球を見ていたばかりだと言うのに。

LAタイムズの事故に関する記事

まだ22歳です。






事故現場は、私の友人の一人が居る事務所から1ブロックも離れていないくらいの場所で、ごく普通の住宅地の小さなモールのある角の交差点です。

今日の昼頃までこの事故現場は現場検証のために封鎖されたようです。

記事に拠りますと、目撃者証言があって、写真の銀色の三菱エクリプスにニックを含めて4人乗っていたところへ、赤信号を無視して突っ込んできた赤いミニバンが横から突っ込んだのだそうです。
昨晩も飲酒運転で、しかも以前の飲酒運転で免許停止中だった模様。

4人のうち2人は即死、ニックともう一人はUCアーバイン大学病院のメディカルセンターへ運ばれましたが、ニックは病院で手当て中に息を引き取りました。



私は1986年以来の熱烈なエンジェルズ・ファンでして(野茂がメジャーに挑戦する9年前ですね)、こちらに2001年に赴任してきて以降は、車で40分ぐらいのところに球場を構えている傘下のマイナー、シングルAのチームも含めてよく観に行きます。

ニックは、マイナーではすでに、それはもう飛び抜けていいピッチャーでした。
将来はサイ・ヤング賞を獲得するくらいのエース・ピッチャーに成長するかも知れない、と思うくらいの逸材でした。

高校生の時には、全米のピッチャーの中で最高クラスの評価を受けていましたが、3年生の時に肘を故障。
いわゆるトミー・ジョン手術と言う、肘に腱を移植する手術を受けまして、2004年のドラフトで本来は1巡目の指名を受けるはずの才能でしたが、エンジェルズに14巡目で指名を受け、入団します。
14巡目ですが契約金は、当時高校生ピッチャーとしてはドラフト1巡目扱いの約1億円を受けています。チームからの評価の程が覗えましょう。

エンジェルズに入団して、1年半はリハビリでした。大手術の後ですからね。
非常に練習熱心な真面目な子で、懸命のリハビリを順調に終え、ルーキーリーグを経て、2006年の後半にシングルA+のカリフォルニアリーグに上がって来たところで、私も生で応援する機会を得ました。



惚れ惚れする投球を見せる子でした。
まだ若いこともあって細い体ながら、ストレートはよく切れますし、スライダーも鋭く曲がります。特に大きなカーブは既にメジャー級でした。
昨日のゲームでは、あのジェイソン・ジアンビを相手に最後はチェンジアップの3連投を見せて三振に切って取ってみせました。

昨年、メジャーチームのピッチャーに故障が相次いだ時に、メジャーでの登板を3ゲーム経験しましたが、メジャーの洗礼を受け、ちょっと苦しみました。
それまで負けなしで来ていたAAAに戻された後も、メジャーで打ち込まれた後遺症か、昨年はAAAでも調子が上がりませんでした。

しかし秋季リーグでピッチングコーチと修正に取り組み、今年のスプリング・キャンプでは非常に良い投球を見せて、エンジェルズの先発ローテーション・ピッチャー3人が故障に見舞われたためもあって、開幕ローテーションに食い込むことが出来ました。

そして迎えた開幕第3戦目。

我々ファンがルーキー・オブ・ザ・イヤーの期待をかける中、6イニングズをシャットアウトする好投、能力の高さを証明して見せました。


浮き沈みと成長振りを、6月のドラフトから約5年間見てきた私としては、あまりのショックに言葉もありません。

我がエンジェルズのローテーションをこの先5年は確実に守ってくれる逸材、将来のエース・ピッチャーでした。

今晩のゲームは、飛び切りいい席を手に入れて居ましたが、中止になりました。

私などは5年間見てきただけのファンですが、ご両親のお気持ちとか考えますと、本当にやり切れません。


ニック・エイデンハートの存在は、幻のエースピッチャーとして我々エンジェルズ・ファンの胸にいつまでも刻まれることでしょう。


R.I.P.



***

追記:

ニックは、昨日のゲームに向かうにあたっては自信を持っていて、両親に「このゲームは僕にとっては特別の夜だから観に来てよね。きっと格別の出来事が起きるよ。」と言って、両親を球場まで呼んでいたそうです。

今夜の中止になったゲームの代わりに放送された追悼番組を観ながら私は思わず涙線にこみ上げてしまいました。


7 comments:

Anonymous said...

ESPNのニュース見てびっくりしました。
先月Cubsとのオープン戦で投げたピッチャーですよね。
相手の運転手は2006年から飲酒運転で免停中、
しかもその後マリファナで逮捕歴もあるとか
あと数秒違ったら・・・・と思うと本当にやり切れません。

Posted by:ひゃっぽ at 2009年04月10日(金) 23:37

Anonymous said...

Zさんの落胆ぶりが伝わってきます。
お慰めしようにも言葉が浮かんできません。
増して親御さんの心中いかばかりかと・・・。

Posted by:ノリさんの at 2009年04月11日(土) 04:36

yspz said...

第1報は、交通事故(accident)でしたが、犯人の素行が判明してからは殺人(killed)で報道されています。

3人が死亡、1名がまだ危篤状態です。
この一人も、Cal State Fullertonの野球部のOBの子です。

裁判所からは、保釈の禁止が言い渡されています。
いかに悪質か、って言うことですね。




どうやったら飲んで車運転するやつをこの世から駆逐出来るんだろう・・・・・?

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月11日(土) 14:22

Anonymous said...

こんばんは
事件や事故のニュースの時にいつも思うことですが、なぜ被害に遭う人は将来有望だったり、家族想いの良い人だったり、幸せな人生を送っている最中だったりして、悪党や罪人ではない事が多い気がします。命に区別は付けられませんし、するべきではナイかもしれませんが、理不尽で不条理な気がします

Posted by:Shu at 2009年04月11日(土) 19:47

yspz said...

Shuさん、こんにちは。

ホント、私もそう思います。


車は、正面からの衝突には上手く出来ていて、余程のことでないと、死なないように安全設計されているんですよね。

散々DUI(酒気帯び運転)して、何処かに突っ込んでも大抵無事です。

でも突っ込まれちゃう方は無事で居られないんですよね。

今回の事故は一瞬タイミングがずれればぶつかり方が逆になったかと言うとそうではありません。

まともな方の人は、気が付いてブレーキ踏んだりステアリング切ったりして避けようとしますから。



社会のクズなやつがのさばって、真面目な人が被害に遭う構図は、いつも一緒で、やるせなくなって来ます。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月12日(日) 00:46

Anonymous said...

思い入れのあるチームの選手が不慮の事故で亡くなってしまうというのは、とても大きなショックです。
不慮の事故とは言っても飲酒運転というのは未然に防げた訳で、それも常習犯だったというのが非常にもどかしい。

投球フォームの写真は、カーブを投げるところなのでしょうか?
ストレート・カーブ・スライダーと、まさに本格派のピッチャーを死に追いやった飲酒運転というのは、殺人以外の何者でもありませんね。

Posted by:ロボ蔵 at 2009年04月12日(日) 23:43

yspz said...

そうです。大きなカーブを投げるところですね。

ひじのところに8インチぐらいの大きな縫い跡が残っているのが写っていますでしょう?
トミー・ジョン手術の跡です。


犯人のAndrew Thomas Galloアンドリュー・トーマス・ガヨ (22)は、3人の殺人に問われる予定で、55年以上の懲役が求刑されます。

どんなに罰則を厳しくしても飲んで運転する人は居なくならないんでしょうか。


日本でも、もっと罰を厳しくした方がいいと思います。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月13日(月) 01:59