6/12/2009

コンダクタープロ 302E


お友達のUスケさんの新しい相棒、コンダクタープロ 302Eについて、知らないくせに記事書いてみます。(^^;

願わくば、さらなる追加情報や訂正情報がコメントに入ることを願ってみたりしてます。m(__)m


追記: 写真はUスケさんのクラブです。(^^)


ほかにそうは無いと思いますので、Uスケさんのまさにクラブかもしれませんね。そしたら、写真撮って提供していただけますでしょうか?
差し替えますので。(^^;



マルマンのクラブは私がゴルフ始めた’85年頃に猛威を振るって(というか流行って)いたので、少しは覚えています。

SPSS理論という、芯の位置を全部のアイアンで6:4にしてアベレージゴルファーでも打ちやすくなっているというクラブ設計で、ガスライター屋さんがゴルフ用具業界に台頭してきたんです。

当時のクラブは(今でもヘッドターンを想定している種類のプロモデルなんかはそうだと思いますが)、ロングアイアンほど重心がネック寄りの位置にあって、番手によって打点がフローしていたんですよね。


ダンガンってクラブ(確かFW?)の後、ギネスっていう低重心のアイアンがバカ売れしました。
ギネスIIってアイアンはものすごく売れて、すごい人数のゴルファーが使ってましたね。

低重心故に、ロフトを立ててもボールが上がるってことで、ロフトを立ててありまして、今のストロングロフトの走りになりました。
8番で6番の距離が打てるんですが、ほとんど6番のロフトだったんです。

3番4番はさすがにあんまり立っていなくて、3-5番あたりのロフト間隔が2-3度とかやけに詰まっているセットでしたが(ショートアイアンがぶっ飛んでくれる訳です)、それは良く売れたんです。
(私は、所有したことは無いんですけど、貸してもらって打ってみると確かに2番手くらい違った記憶があります。)

それから、マルマンソールっていう、ソールが4方向に丸くなっているソールを開発。
これは抜けが良いソールでしたので、当時の日本の高麗芝が多かったゴルフ場のラフにマッチしまして、ますます良く売れました。


日本ゴルフ用具界でシェアをぐーっと拡げた後、勢いに乗ってコンダクターというプロ向けモデルのシリーズも出し始め、有名契約プロも作りました。
芹沢信夫とか、イアン・ウーズナム、カーティス・ストレンジとかです。

ただ、もともとSPSSがプロ向けのデザインではありませんでしたから、そんなに人気にはならなかったような印象を持ってます。

中でもウーズナムは、コンダクターのアイアンを使って、なんとマスターズに優勝してしまいました。
これが、’91年です。
モデルは、コンダクタープロ SXってモデルのクラブだと思いますけど、定かではありません。
(トッププロっていつもプロトタイプ使ってますしね。)

カーティス・ストレンジがマルマンと契約したのも、2度目のUSオープンを勝った89年より後だったかなー、と思います。

コンダクターのプロ使用モデルの市販は、ですから’89-90年前後くらいではないでしょうかね?
プロトタイプはもっと早い時期かもしれませんけど。


ですから、ミズノのMP-11と同時期ではないと思います。
MP-11は’80年以前かそのあたりの頃にもう出ていますよね?

これは全くの余談ですが、私はミズノのクラブは、
同級生の女の子の親御さんが広島の方で関係者でしたので当時の新商品のPWを安く調達してもらった経験があるのですが、(初心者向けのモデルだったと思うんですが)これが全く私には合わなくって使いこなせませんで、実はそれ以来1本も使ったことがありません。


ミズノでは、トミー中島のTM-87(これも名器ですよね。)が87年ですから、このあたりが同世代機になるんじゃないかなー、と思ったりします。


コンダクタープロ 302Eっていうモデル自体の記憶が無くって申し訳ないんですが、画像を拝見しますと、マグレガーのマッスルバックとかTM-87とかと、よく似てますよね。

その後のコンダクター・シリーズには、ハーフキャビティとかのモデルが多くて、純マッスルバックなデザインはそう沢山は無いと思いますので、302Eっていうのは、SXの後ぐらいに出たんじゃないかなぁ?とか思ったりします。(単なるあてずっぽうの推測です。(^^;)


ウーズナムが使っていたらしいコンダクタープロ SXも含めて、この頃のプロ用アイアン・シリーズは、結構どこのクラブも中身は(詳しくは存じ上げませんけど)三浦技研さんが作っていたのではないかと思います。
マルマンの場合は特に、プロ仕様のノウハウがあまり無かったはずですから、「三浦技研にまる投げ」って感じだったんじゃないでしょうか、きっと。


***

さらに余談ですが、私の大学の工学科の元同級生に1人、マルマンの開発部に入った人物がいます。
当時そんな制度は持っていなかったマルマンに直談判に行き、社長さんから直接承諾をいただいて、奨学金を出してもらって大学院に進み、卒業後にマルマン入りしました。

その後退社してゴルフ屋のおやじさんをやってた頃に、晴海のゴルフショーで再会しました。
(あちらはお仕事、こちらは遊びで見に行ってただけでした。(^^;)

彼はゴルフが好きでしかもとても上手だったんですけど、そんなこと言ってもなかなか出来ないすごい話だった、と今でも思っています。(^^)



***

追記:

選ばれし物さんから貴重な情報をいただけまして、

>発売は1992年秋頃では
>(当時)価格22万円 10本セットでの販売

だそうです。(^^)


ありがとうございました!m(__)m




Uスケさん、写真差し替えました。(^^)

24 comments:

Anonymous said...

懐かしいアイアンですね~
当サロンの横倉プロは福嶋晃子と共に、マルマン専属でした。日立製シャフトや、オレンジシャフトが流行りましたね~

Posted by:kazu at 2009年06月12日(金) 15:14

Anonymous said...

こんにちわ (=^・・^=)

 詳しい情報が有りませんが・・ 
 平成4年の冬の雑誌に載っていましたので
 発売は1992年秋頃ではと思います。
 価格22万円 10本セットでの販売の様です。

 古い道具のサルベージュを皆さんが
 してくれ ブログにアップして貰えると
 楽しいですから これからもお願いします。


 

Posted by:選ばれし物 at 2009年06月12日(金) 21:24

yspz said...

Kazuさん、こんにちは。

ブログを(今のところ)少しだけ拝見しました。
「サ・ナ・ギ・マンから~、イナ~ズマン!」でちょっと笑ってしまいました。(よく画像がありましたですね。)


オレンジシャフトってありましたっけねー。
コンダクター・シリーズは今でもオレンジ色を特徴にしているんですね。最近のマルマンのクラブはお目にかかっていなかったので、検索して知りました。


2箇所でクラチャン、仕事が趣味、趣味が仕事って感じですか?
ゴルファーの憧れ、って感じですね。すごいなぁ。


ところで、e-PUTT Ballって良いですか?
私の周りでは売っていないのですが。


ブログの方、ゆっくりとよく拝見させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月13日(土) 04:21

yspz said...

選ばれし物さん、こんにちは!

うわー、貴重な情報をありがとうございます。


コンダクタープロ SXが89-90年前後くらいで、302Eはその後ぐらいの発売とあてずっぽうしてみたんですが、92年秋だとちょうど計算にも合いますね。

22万円ですか! どしぇー!

Uスケさん!!
いい買い物なさいましたね。
うん、これはいい。


バックフェースのコンダクターの文字に、オレンジ色の塗装を入れ直したりすると良いかも知んないですね。
個人的には、「色なし」かまたは黒が好みですが。

オールドアイアンに精通されている選ばれし物さんから見まして、いかがでしょうか?


選ばれし物さんのブログもボリュームがありそうですので、少しずつ拝見させていただきます。
(時代遅れのコメントを入れさせていただくかもしれませんけど、ご容赦を!)


Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月13日(土) 04:26

yspz said...

ちなみに私が“唯一”持ってるマッスルバックはこちらです。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月13日(土) 09:31

Anonymous said...

やきそばパンZさん

貴重なご意見を頂き、有り難うございます。
GDOのサーバーが調子が悪くて、コメントが思うように
書き込みが出来ませんので、こちらで、ご挨拶させて
頂いています。

これからも、貴重なコメントをお寄せ下さい。
有り難うございました。


Posted by:ゴルフマスター at 2009年06月13日(土) 16:21

Anonymous said...

こんにちわ。

このアイアン、昔アッコチャンと打ってた時に

彼女が使っていたような・・・!?

私もコンダクター41CXというマッスルを持ってますが

ソールが丸くてラフからの抜けは良いのですが

アドレスで落ち着きが無く、、、、

でも綺麗な仕上げが三浦技研だったという謎が

解けてよかったです


Posted by:Non at 2009年06月13日(土) 18:09

Anonymous said...

これはまたカッコイイアイアンですね~。
打てないくせに欲しくなってしまいます。

Posted by:hidedon at 2009年06月13日(土) 20:27

Anonymous said...

こんばんわ (=^・・^=)

 私のブログに雑誌の画像 少し見難いですが
 を 載せておきましたので覗いて見て下さい。
 
 
Posted by:選ばれし物 at 2009年06月14日(日) 21:28

Anonymous said...

わぁ~いわぁ~い。
みなさんありがとうございます。
謎だった302Eのことが解ってすっきりしました。

やきそばパンZさんありがとうございます。
驚かれる前に言っておきますと、その写真まさに私の持っている物です(所有権が移る前の)。後ほど私のブログに写真を載せますので、お使いください。

ちなみに、私が購入した数日後にヤフオクで302Eの4-Pが3000円で入札無しってのがありました。

Posted by:Uすけ at 2009年06月14日(日) 23:20

Anonymous said...

たなみに・・・・
現在、私はマルマンのクラブ使用してます
14本中、12本はマルマンです
丁寧な作りで打ちやすいですよ
コンダクターシリーズです

Posted by:ぱぱ at 2009年06月15日(月) 07:47

yspz said...

ゴルフマスターさん、リコメをありがとうございます。
(不貞の輩には、競技のときにはゴルファー全員でびしっと対処しないと、って思いますです。)
誰かに任せるのではなく。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:35

yspz said...

Nonさん、コメントありがとうございます。

アッコチャンって、あの、大洋の福嶋捕手の娘さんのことですか?
すごいなぁ。

Nonさん、只者ではないんですね。 (っていう言い方もどうかとは思います、すみません。)

>三浦技研だったという謎が解けて

たぶん合ってるとは思いますけど、あくまでも推測です。
もうひとつすみません。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:36

yspz said...

hidedonさんも、マッスルバックがお好きなんですね。

私は20年位前までは、こういったアイアンを『コンベンショナル・アイアン』って呼んでいたと思うのですが、最近はあんまり聞かなくなっちゃったフレーズですよね?


Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:36

yspz said...

選ばれし物さん、拝見しました。

こういう資料ってなかなか持っていないものですよね。
仮に持っていたとしても、どこにどれが載っていたか検索(ってか捜索?)するの大変ですもんねー。

ホントにありがとうございます。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:36

yspz said...

Uスケさん、少しはお役に立てて光栄です。


> Uスケさんのまさにクラブかもしれませんね。

ってちっちゃい字で書いていたんですが、やっぱりまさにそのものでしたか。

Googleでコンダクタープロ 302Eで検索しますと、ヒットする一番最初のリンクのURLがヤフオクのもので、その画像だったんですが、
落札者がysk*****ってなってて、ひょっとしてそうかなー、と思っていたんですよ。
(別にストーカーするつもりとかではなかったんですが。(笑))

今日現在は、Googleでコンダクタープロ 302Eで検索しますと、ヤフオクの次の2番目のリンクが私のブログになってました。
なんだそれ!!(笑)

でも、よかったです。


選ばれし物さんに大感謝ですよね。


いいアイアン、大切に研鑽してくださいです。(^^)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:36

yspz said...

ぱぱさん、コメントありがとうございます。

米国では、マルマンのクラブは滅多にお目にかかりません。
今はどこの工房が作っているのでしょうか?

日本の工房さんには決めの細かい作業ができるところが多くて、素晴らしいことだと思います。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年06月15日(月) 09:37

Anonymous said...

はじめまして。日本人です(笑)。もうオソネタですかね。マルマンのコンダクターSX、今、持っています。Conductor SX FOR PROFESSIONAL 40CXってヘッドに書いてあります。2番アイアンから、PWまでの9本セットで、DGのS400が挿してあります。実は、私、レイト・ビギナーでして、40歳からゴルフを始めました。そのときに、レッスンをしていた先生に、「あなたのパワーなら、ダイナミックゴールドというシャフトの付いたアイアンセットが合っています。」の一言で買ったものです。「だいなみっくごーるど って何?」と言う状態でしたのに、こんなに難しいアイアンでラウンドしていました。確か、青山にあった中古ショップで四千円で買った記憶があります。今は、2番アイアンを練習で使っているぐらいですけど、ほかの番手もグリップこそだめになっていますが、きちんと保管しています。
これ、当時22万円もしたんですか?へーーーです。

Posted by:Richard at 2009年08月31日(月) 21:05

yspz said...

Richardさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。


コンダクターSXをお持ちですか!
もう使っていらっしゃらないのですね。

ウーズナムがマスターズに勝った頃に出たセットでしょうかねー?

DGのS400が挿さっているということは、日本で出たモデルですね。
もちろん日本のマルマンさんなんですけど、米国ではDGはほとんどS300かR300ですからね。
R400とかS400、R200、S200なんかは、日本向け専門みたいな感じになってます。

だから何を言いたいかと申しますと、22万円ぐらいしたでしょう。って思います。(笑)
並行輸入の米国モデルはもっと安いですけど。


不定期更新のブログですが、逆に記事の新旧はあまり関係ない内容のブログですので、今後ともよろしくお願いいたします。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月01日(火) 13:57

Anonymous said...

お返事ありがとうございます。イアンがマスターズにってのは、レイトビギナーには歴史書を紐解く感覚なのです。コンダクターSXって欲しい人いるのでしょうかね?スクープ・ソールの、5ミリダフッたら、飛距離1ヤードよ、ってクラブですが。
今はTitlist 990B w/DG S300がエースです。この子は確かに輸入モデルなのでS300ですよね。しかもバウンス・ソールだし。ステンレスの、鋳造ヘッドだし。ずぼらなので、ステンレスヘッドじゃないと手入れが行き届かないもので。すみません(笑)
私もGDO会員ですので、いろいろお話させていただく機会があると思います。よろしくお願いいたします。

Posted by:Richard at 2009年09月02日(水) 00:36

yspz said...

Richardさん、こんにちは。

ブログはやっていらっしゃらないのですね?


コンダクターSX、欲しい人いっぱい居ますよ。
私のお友達登録していただいている方のうち、10名さんぐらいは、コンベンショナルのアイアン愛好家で、実際にまだ使用していらっしゃる方も何人かいらっしゃいます。
(でも22万円出す方は居ないと思われますが。(笑))

私もいまだにマグレガー・ミュアフィールド20th (1I~PT)を使ってみたりしますし。

990Bをお使いですか。
いいクラブですね。

今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月02日(水) 14:21

Anonymous said...

こんにちは。
コンダクターSX42、本当に欲しい方いらっしゃるのですか?ちょっと信じられないですけど、千葉県の幕張まで取りに来てくださるなら、3IからPWまでの8本、現状渡しで「無料」で差し上げます。もう、実戦で使う気はありませんから。

ただ、2番は練習用に使っていますので、勘弁してください。第一、ラウンドでは、あまり役に立たないと思いますし。グリップは、要交換です。シャフトは、それほどヘタリは出ていません。CRC556を吹いて保管してあるので、(多分)錆は出ていないと思います。メールくだされば、タイムリーとは言いませんが、きちんと対応します。必要なら、使い古しのアディダスの、練習用ケースに入れて差し上げます。(8本入るかな?) 

Posted by:Richard at 2009年09月09日(水) 23:07

yspz said...

Richardさん、こんにちは。

そういうわけで、コメント丸々、記事にアップさせていただきました。

もし譲り受けたいと言うお申し出がありましたら、よろしくお願いします。

きっとグリップもなんらかの方法で適切に手入れされて大切にコレクションされるか再生されてラウンドに使用されるものと思いますです。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月10日(木) 14:59

Anonymous said...

やきそばパンZさん、ありがとうございます。

一応、思い出の品(?)ですので、価値がわかって大事にしてくださる方にお譲りします。フリーですがメアドを添付いたしましたので、ご連絡いただければ応答いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by:Richard at 2009年09月10日(木) 21:19