9/15/2009

競技ゴルフ-3 (オーク・クエリーの2)


ここは以前ラウンドして、コース紹介をしているコースです。

オーク・クエリー・ゴルフクラブ (以前の記事)


このときが初めてで、景色の壮大さに非常に魅せられまして、大好きなコースです。


画像をクリックで拡大します。


シグニチャーホールの14番ですね。
この写真はたぶん9番ホールから撮っています。

前回は青のバックティーからプレーして81 (35パット)、コース全体の傾斜を常に頭に入れて置けば、前回多々在った読み違いも是正できて、しかも今回は白ティーからのトーナメント、自分としてはかなり入れ込んだラウンドとなりました。


毎月トーナメントをやっているグループに入れてもらっているのですが、このトーナメントでプレーするのは今年3回目。
ハンディキャップは7で出場していまして、別のコースで、79(40,39)、84(44,40)の成績でしたので、今回は78でネットアンダーを目指せ!なんて思っていたわけなんです。

画像をクリックで拡大します。


これは、1番ホールのティーから振り返って撮った写真で、真ん中に写っているのはドライビングレンジです。背後には石切り場の山。

右端には断崖の岩の上に4番のグリーンが見えますし、左端の遠くの方には17番ホールのバンカー群が見えます。

ちょっと空が霞んでいますが、絶景ですね。


本当にこのコース、好きです。

が、しかし。(笑)



***


初めての人とラウンドするのは何も抵抗が無いのですが、結果的には大惨敗を喫しました。(T_T)
しかも白ティーなのに。

トーナメントでよくある、5フィート(1.5m)以下のショートパットを幾つも外してしまったわけでもなく、ドライバーでチーピン打ちまくってしまったわけでもなく、素ダボを連発してしまった感じ。

セカンドショットもグリーン周りもなんか締りが無くて駄目、ラテラルハザードにも3回打ち込みました。
ユーティリティーで2回、パー3の5番を6Iで噛んで(というかダフって)ぎりぎり届かなくて1回です。


白ティーのコースレート/スロープは69.0/126、パーは36・36=72です。

1 4 - 0 4A
2 5 □ 0 3-
3 3 △ / D8A
4 4 △ 3 7S (WH)
5 3 □ 4 D18AL-② (WH)
6 4 - 0
7 4 - 0 U21BS-①
8 5 △ 0 D13S-3-(3パット)
9 4 △ 0 D18S-4S-(3パット)

10 3 □ / ① (バンカー2回)
11 4 - 0 D14B-④
12 5 □ 0 D14S-2-(3パット) (WH)
13 4 △ 1 5-
14 3 □ / D14S-5-(3パット)
15 4 ◯ 0
16 5 □ 2 U14S-①
17 4 △ 0 D17S-4AL-① (3パット)
18 4 - 0

44(19)・45(18)= 89(37)


3パットと記録してある5ホールのうちの4ホールは、実はカラーからのパットですので、トーナメントでは33パットということになっています。
いつものように私自身の記録としては、GIR、パット共に数に入れて統計しています。


出だしの短いパー4は、4歩(約3m)をバーディー外しのパーと、静かな滑り出しだったのですが、続く2番の3打めを奥のバンカーに入れ、砂が思った以上に薄かったために出すのに2回かかり3歩(約2m)のパットも外してダボに。

どうもこの辺からすでにショットがどれも怪しいラウンドでした。(x_x;


続くパー3も軽くダフリ気味に入ってグリーン手前に外し、比較的易しいはずのチップショットを勢い余って奥に行ってしまい寄らなくてボギー。
4番の短いパー4は、200y地点に刻むべくユーティリティーで打ってフックしてしまってハザードに。
1打罰でドロップして3打めを7歩(約5m)に付けるもこのパットは3cm届かなくてボギー。


7番のパー4で、21歩(約15m)を2パットでパーをとった辺りまではパットの距離感も合っていたのですが、8番以降、(記録を見ていただくと判るのですが)ずーっとショートしてしまって中長距離のパットの距離感が全然合わなくなりました。

これは、優勝した同伴のプレイヤーも、「やけに遅いなぁ。」と言っていましたので、どうもこの日は練習グリーンよりも遅かったようです。
前回ラウンドしたときには、内内で8歩でしたので、やや速いと感じるグリーンだったんですよね。
ちょっと感じが違ってました。

外し方のアルファベットの書かれていない外したパットは、くるっと回ってカップに蹴られて入らなかったりしたパットです。


でもまぁ、パッティングで今回スコアを3つ4つ余分に落としたにしても、さらに6-7打余分にスコアを落としてしまっていますから、今回のラウンドはとにかく全部駄目でした。
特にパー3のティーショットが悪かったです。

なんか最近パー3のティーショットが良くないような気がします。
2クラブぐらい大きめのクラブでノックダウンしてみるとか、ちょっとなにかしらの工夫をする必要がありそうです。(←そんな付け焼刃な対策でいいのか?!)


最終ホール、左からの風を計算して打った9Iでの2打めが思うように流れてくれず、わずかにグリーン左に外し、ここからのチップショットは長すぎてしまって3歩(約2m)残しましたが、これをなんとか入れて、89。

最後がパーだとなんか気分的には救われますが、残念無念の不甲斐なく終わったラウンドでした。(^^;


10 comments:

Anonymous said...

おはようございます
消化不良?な感じのラウンドでしたね~
こういう時って、3パットも出ちゃうようですし・・。
最近パットの記録で例えば、10歩の下りを7歩で打ったなんて時に、D10=7とつけるようにしてるんですけど、予想以上にショートするケースが増えています。だけど、下りの掛け率を上げるのってちょっと勇気が必要です。これもパットの読みの面白さなんですが。

Posted by:ノリさん at 2009年09月16日(水) 06:01

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

もうおっしゃるとおりです。


D17=14なんて感じで打ったんですけど、あれ?4歩も残ってるじゃん?!
ってか、下りじゃないの?!どう見ても下ってるよね??

みたいな感じでした。


と、いいますか、7回もショートしてないで2回ぐらいで明らかにグリーンが遅くなってることに気付けよ!? って感じで、
自分でもふがいないく思ったりしますが、実際ラウンドしている最中は、セカンドショットが思うように打てないことや、チップショットが寄せきれないこと、こういうコースではドライバーを曲げないこと、とかに精一杯になっちゃって、グリーンに来たら落ち着くはずのゴルフが、「あれ?」「あれ?」って感じで機能しなくなって行ったことに、考えが及びませんでした。


「え゛ー、18歩で打てってこと?!」って、冷静に分析して、「まてよ、おかしいぞ?」と思うことが出来ていたら、もう少し違った結果も出せそうな気がしてきました。(笑)



恥ずかしいスコアながらも、こうして記事をアップしてみて、このように良いアドバイスをいただけますと、「ああ、次はああしよう、こうしよう。」ってまたファイトが沸いて来ますね。

ありがとうございます。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月16日(水) 13:37

Anonymous said...

景色と眺めは抜群ですが、難しそうなコースですねぇ~
こういうロケーションは日本には無いだろうなぁ

Posted by:Shu at 2009年09月16日(水) 21:12

yspz said...

Shuさん、こんにちは。


上の写真なんか、プロゴルファー猿のコースみたいでしょ?(笑)


私、このゴルフ場、ものすごく好きです。

トップ画像もここなんですよ。
(写真の場所は少し変わってしまいましたけど。)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月16日(水) 22:30

Anonymous said...

なんだかスケールが違いますね
あまり起伏がない中西部ではお目にかかれない景色なので
ゴルフ忘れて見とれてしまいそうです

最近乗らない寄らない入らない、の素ダボが
ちょこちょこ出るようになって
今まではセカンド以降のミスショット連鎖で+3とか+4がほとんど。少しは上達したかな?
どうやったら減るんだろうなぁと悩んでるんですけど
トーナメントにHDCP7で出場されている方でも出る事あるんだ
というのを知ってなんだか勇気付けられちゃいました

Posted by:ひゃっぽ at 2009年09月16日(水) 23:02

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。


私ね、日本に一時帰国して人のクラブでラウンドした後、どうやら今スランプってます。

私、9ホールのラウンドは練習として割り切ってポストしないんですけど(USGAは9ホールでも12ホールでもポストするように奨励しているらしいですけれどね)、スランプの内容はこんな感じです。


ドライバーは、思いがけずいつもと違うフェードになったりして、右の木の枝に少し邪魔される程度のラフに行ったり、思うように行ったりする。

2打めはひどく曲がりはしないんだけど、微妙に距離が間違っていたり、軽くダフったりしてグリーンをちょっと外す。

グリーン周りからのチップショットは、ひどくはミスしないけど状況が難しいとフロップ・ショットが出来ないだけに、5歩(3.5m)以内に寄ってくれない。

グリーン近くからのほとんど転がしのチップショットは3フィート以内に入れたいところなんですが、これが微妙に寄せ切れなくて2歩(1.5m)前後残してしまう。


ロングパットも悪くは無いんだけど、1歩以内にコントロールできるはずなのに微妙に2-3歩(1.5-2mぐらい)残す。

ショートパットもひどくは無いんだけど、カップに蹴られたりする。


って感じで、どれもこれも今ひとつの詰めが足りないというか、ほんのちょっとブレていると言いますか。


そんなに調子悪いってほどでもないのに、スコアは随分悪い。みたいな感じでして。


ちょっと今、最大のピンチかも。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月17日(木) 14:17

Anonymous said...

スランプというか↓のコメント内容を読んで、激しくよくよく実感できますあるんですよね、そういう時期が!

悪いなら、もっとはっきり、ドライバーでOB、セカンドのチーピン、アプはトップでグリーンオーバー、パッティングの距離は魔のホールで5パット・・・ってなことで、誰しも納得の悪いスコア
そんなんだったら自分でも明々白々で悪いなりにすっきりするんでしょうけどね。

プロでも好不調の波があるんですから、我々アマチュアはそんな時期が多くて当たり前と思いながら、あがき続けるしかないんでしょう

今が底なら、これから調子は上がってきますよ


Posted by:golfreak銀 at 2009年09月18日(金) 11:00

yspz said...

golfreak銀さん、こんにちは。

このオーククエリーでプレーしたとき、「いつかgolfreak銀さんとここでやってみたいなー。」ってふと思ったんです。


なるほど、golfreak銀さんもこういうのご経験なさっているのですね。

ということは、ここをじっくりあせらず乗り越えて、ひとつまた進歩するんだ、と信じてやっていくべきなのですね。

励みになります。
ご助言、ありがとうございます!!


Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月18日(金) 11:59

Anonymous said...

Zさん
今年は全予選会で予選落ちの私ですから、Zさんの現在の状態ばかりで過ごしているのが私の実情です

最近になって、調子が良くなってきたのか良いスコアがポンポン出てますが、これが来月の倶楽部選手権予選となれば、メンタルが違ってきて、いつもの私になるんだろうなぁというのが分かっているだけに、今の好調さがかえって恐ろしい思いでもあります。

いつかご一緒したいですね。でもオーククエリーは難しそうですね打ちひしがれたいゴルファー魂?は騒ぎますが・・・


Posted by:golfreak銀 at 2009年09月18日(金) 15:20

yspz said...

golfreak銀さん、ありがとうございます。

良い調子は続くものですし、なによりいつもホームでやっていらっしゃいますから、今回は大丈夫かと思います。 気負わずに丁寧にプレーなさってくださいです。


オーククエリーは、ダイナミックな造りですけど、距離が長くありませんし、ごらんのとおりあまり大きな木がありませんので、空中ハザードも無く、基本的には難しいコースではありませんです。


ちょっと曲げると、ボールがとても回収できない谷底におちたり、赤杭の無いブッシュに打ち込むとガラガラヘビに注意しなければなりませんけれども。(笑)

・・・今回叩いてて言うのもナンですが。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月19日(土) 00:14