2/09/2010

2010グルーヴ適合ウエッジ


Titleist のVokey Designのウエッジ、Spin Milled C-C というヤツを購入してみました。

http://www.titleist.com/golfclubs/wedges/vokeyspinmilled.asp


私は中古品ですでに出ていたものを新品の25%offぐらいで購入してみたのですが、もうすでに買って使ってみて、しかも手放しちゃう人が居るんですねー。
早業ですね。
(もっとも私も90日以内に手放すことになる可能盛大ですが。(^^;)



なかなかカッコイイですね。
って言っても、見た目にはほとんど変わっていませんですが。

バックフェースのところのSpin Milledの赤い歯車模様が、金色の歯車になっているのと、ネック部分に「C-C」っていう刻印が入っているくらいの違いです。
従来のWedgeとその場で比較してみましたが、肝心のグルーブの違いは肉眼では確認しにくいです。

C-Cっていうのは、「Condition of Competition」の略らしいですね。
Conform with Cなんとか とか、Comply with Cなんとか かと思ってたんですが。


サテン仕上げは、あんまり私の趣味ではないんですが、新グルーヴの
C-Cウエッジにはまだ黒クローム仕上げとかオイルカン仕上げのバリエーションがありません。
(お店の人によると、Vokeyのオイルカン仕上げは薄い色が乗ってるだけであんまり良くないよ、ってお話でしたが、私はいまだかつてVokeyを使ったことが無いので全く判りません。)


目的は、「新グルーブ・ルール適合のウエッジってどんな感じか?」っていう興味だけで、近々公式競技に出ようとか、来年の競技に備えて自分の
ベストマッチを探しておこうとか、そういった高尚な考えではありませんのでちょっと恐縮です。(^^;



今までは、(以前にも書きましたが)、マグレガーのウエッジ(JNP、ミュア
フィールド)、クリーブランドのTour Action Reg. 588、そして現行のX-Tour と移行してきましたが、ほとんど違和感なく使ってきましたし、元々私はウエッジの上手い使い手では無かったりしますので、グルーブの違いをどの程度感じるかは、ちょと疑問です。


構えた感じは、いいですね。
文句ありません。



(・・・てか単に私がよく分かっていないのですが。)

今回は、比較的ローバウンス寄りのSWですね。
これはただ単に56°のウエッジの中古がこれだけだったからで、意図して選んだわけではありません。
このお店は実は、たとえ新品を購入しても90日以内なら買値で払戻してくれるのですが、私の良心がそこまで横柄では無いんじゃない?って言ってますので、中古品から選びました。
そうすれば、私が使って試してから返しても中古は中古なので、また同じ値段で店頭に出せますからね。

私が今使っているX-Tour ウエッジのバウンス角は13°ありますから、
本当は56・14という14°のモデルを買って比べた方が良いのですが。


冒頭にリンクしましたTitleistのサイトによれば、どうもこのモデルはスピンで止まらない分、弾道が高く出る設計になっているということらしいです。(単にスピンが減ってるだけ、って話の可能性も。)

まぁとりあえず、買ったままで打ってみようと思いますが、私のSWとの比較は難しいかも知れません。
バウンス角が結構違いますので。

またそのうちに、14°のモデルを見かけたら、交換してみたいと思っています。


まだ打ってみてもいませんので、インプレッションとかありません。(^^;

アイアン・セットも、TitleistのAP2とかちょっとショップのケージで試打してみたりしてみてますが、まぁ、キャロウエイから適合機種が出るのを待ってもいいですし(もっと言えばそれの中古が出回るまで待ってもいいですし。)、慌てることはないか、と思ってます。

ですけど、新グルーブのウエッジ、早くちょっと試してみたいなー。
慣れるのに時間かかるなら、今のうちから感触を体験しといてもいいよなー、ぐらいの考えです。


8 comments:

Anonymous said...

ためし打ちしたレポート楽しみに待ってます!
私の場合、ヘッドスピードありませんからスピン
自体が掛かりませんので、どのクラブでも一緒かな?
と思ってます。


Posted by:スノーマン at 2010年02月10日(水) 16:27

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

私も基本的にはスピンコントロールしてボール打ったりしてないですし、強烈なスピンとか打つ方ではありませんので、あんまり変わんないかな?

・・・って、まだ打っても無いのに思ったりしてます。(笑)


でもねー、どうしても、新グルーヴを経験してみたくて。

Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月10日(水) 17:06

Anonymous said...

おはようございます
道具に詳しくない自分ですが・・・・、
ホームのチャンピョンたちや、本物シングルさんは、ボーケイウェッジを使ってる方いますね~。
他は、ミズノ、フォーティーン、ツアーステージ・・一通りのメーカーを目にします。
人がどんなクラブを使っているのか皆さんあまり気にしていないようです。自分だけかも知れませんが
数年前、アイアンを憧れていたベンホーガンに取り替えた時、それまでのウェッジと形状や大きさが不揃い?な感じがしたんです。そこで、デイビッドトムズのファンなもんですから、クリーブランドのウェッジにしたんですね。その時50度がなかったのでこれだけミズノにしちゃったんです。いい加減でしょ、節操がないですね
で、その後こんな事があったんです。
月例かな?キャディーさんにミズノのウェッジって言って、もらったら違和感?・
同伴競技者の同じモデルの度数違いだったそれ以後、スタート前のクラブ確認の時には、ウェッジだけ他の方に紛らわしく同じ様なのがないかをチェックするようになったというわけです。
50度はそのままミズノですが、54度、56度、58度とクリーブランドを持っています。
58度はバンス角10度なんですが、使えなくて部屋に置いてあります。56度はバンス13度?にしたのかな?でも使わなくなって先日義理の息子にあげてしまいました、殆ど新品でした
やっぱり不器用なんだな、いろんなもの使えません
今は、50度のと54度のクリーブランドに固定?ですね。54度を開いて使ったり一応しています。
ボーケイはチャンスがあったら使ってみたいですね。やっぱりローバンスじゃない方からですかね~、試すなら。
長くなってしまいました。

Posted by:ノリさん at 2010年02月12日(金) 05:24

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

ものすごく奇遇なんですが、私もずーっとクリーブランドのウエッジを愛用していて、そのままロジャー・クリーブランドさん設計のキャロウエイX-Tourに移行しました。

あ、いえ、奇遇なのはそこではなくて、50度と54どのウエッジを主に使っているところです。

私のは、約51度と約55度にアジャストしてありますが、ウエッジにはそれぞれ50、54って刻印が入ってます。(^^)

58度(これも59度になってます)もバッグには入ってますが、滅多に使いません。(笑)


そして私もハイバウンス派です。(^^;
(ホントは上手い方は芝で使い分けたりなさいますが、私はそこまで腕が無くって。)


実は今回のローバウンスの56度、ずーっと使える気が全くしてませんです。(^^;


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月12日(金) 15:33

Anonymous said...

私も一時期クリーブランドのウェッジを友人から借りて使ってました。シャフトがDynamic Goldだったので、若干重いのが気になり、結局今使っているTaylormadeのRac Wedge(NS-950H)にしたんです。それの、52度(8度バンス)と56度(14度バンス)です。

でも、このクラブだと軽すぎて、引っ掛けが多すぎたので、鉛を張って重さを調節しています。今はそれに慣れてしまい、新しいウェッジに変えるのが怖いですね。でも、ボーケーは一度使って見たいと思っています。今年は春先から試して見ようかなと思っています。

Posted by:trimetal@CT at 2010年02月13日(土) 04:05

Anonymous said...

奇遇も奇遇でしょう
第一、数あるブログ内でこうやって交信するようになるだけでも不思議ですよ。
それに、Zさんのような腕前の方が、デジタルパットを実践してしまうこと自体、自分には奇跡的な現象と映ってますよ
周囲のシングルさん達でスリーパットに悩んでいる人は殆どいませんからね~。
いえいえ、Zさんがスリーパット・・・っていう分けじゃなくって、出来上がっている距離感に影響があるかも知れないのに、試してみるというその勇気が凄いと思うんですよ
こういうのやっぱりご縁って言うのでしょうね~
良いご縁は沢山頂きたいと常々思ってます。
私が、50度と54度・・にしたのは、使っていたウェッジのロフトを計測してもらって、新しいアイアンの特にPW(ベンホーガンはEW:extra wedgeとなってますけど)のロフトとの流れが良かったので必然的に決まったロフトなんです。だからそのEWが1度違ってたら次のロフトも違っていたでしょうね。やっぱり、奇遇だ

で、知らなかった、
・・・ロジャー・クリーブランドさん設計のキャロウエイX-Tourに移行しました。・・
今度見てみようという気になりました。
何時も刺激を?ありがとうございます。

Posted by:ノリさん at 2010年02月13日(土) 05:42

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

私は、trimetalさんのRacウエッジがすでに新ルールに適合していると伺って、かなり羨ましいです。
てか、競技に出てもすらいないのに何言ってんの?ってご意見もあろうとは思いますが。


私も重い方が好きで、ウエッジには鉛をぶりぶり貼ってます。

ハイバウンスの方が好きなんですよね。
たぶん返品して買い換えます。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月13日(土) 16:06

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

この奇遇、私はなんだかけっこう喜んでおりまして。


スタンダードの56度のSWがバッグに入ってない人って、そうそういらっしゃらないと思うんですよね。

中には56度の代わりに58度のハイバウンスのウエッジや、昔のクリーブランドの往年の名器ノーメッキのTA588、SWの57度をバンカーに使ってる方はいらっしゃるかも知れませんけど、50度と54度でほとんどこなすって方は、私以外ではノリさんしか知りませんです。


今回、56度のボーケイ・ウエッジ買ってみましたが、どうみてもそのうち返品します。(笑)

でも、今後ルール適合のウエッジで揃えることも視野に入れたりしています。


ロジャー・クリーブランドさんの件は、ちょっとウンチクをまた記事に書いてupすることにします。
コメント欄に入り切らなくなりますので。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月13日(土) 16:07