6/24/2010

ジャイナ教信者のゴルファー


お友達のXさんの、「コガネムシ」という小説風記事で思い出したことがあります。
(読んでない方、ご覧になってみてくださいね。 この→「意思の上にも3年」っていうのとか、面白いです。)

ただし、私の話はノン・フィクションです。(笑) (^^;


私の友人に、ジャイナ教の信者の人が二人ほど居るんですね。 もちろんインド人です。
ひとりは仕事上のお付き合いでインド在住ですが、もう一人はご近所さんです。


非常に由緒正しい、歴史の古い宗教でして、インドではそれなりにリスペクトされますし、社会的にもちゃんとした(成功した?)信者さんが多いように思います。

ロサンゼルスやアナハイムにも、大きな寺院を構えていたりします。

(Google Streetviewの画像)


独特の建築様式も有名です。
こちらのサイト(日本語)なども、ご参考までに。


知らない人に分かりやすいように、本人たちは「ベジタリアン」だと表現しますが、私から見るとベジタリアンとは程遠いです。

なにしろ敬虔な信者さんは、小さな蟻んこはもちろん、微生物すら殺さないように、小さな箒を持っていて、掃きながら歩くような人たちです。

微生物を犠牲にしてしまうので、根野菜は一切ダメ。
じゃがいも、にんにく、玉ねぎ、人参、大根、全部ダメです。
食べられない野菜多すぎ。
(果物類は、全部自然の恵みですからOKみたいです。)

卵は無精卵でもダメ。
乳製品は殺生にならないのでOK。

とにかく一緒に出張行ったりすると、食事で難儀します。
どのレストラン行っても、食べる前に入念な打ち合わせとチェック。
基本的にインド料理のレストランを探しますが、普通のインド・レストランじゃダメですしね。

ジャイナに理解あるシェフが居ないと。
シンシナチで探したときはけっこう大変でした。



で、どうやったらジャイナ教信者がゴルファーになれるのかよく判りませんが(笑)、私の友人は、(例の片道6時間ドライブのペブルビーチ行きに同行したぐらい)ゴルフ好きな、ゴルファーなんです。

週2回以上はプレーしてるようですし。
(ハンディはたぶん、25ぐらいかなぁ。)
例の、暗闇で蛍光(発光)ボールをプレーするGlowball Tournamentにも、私のパートナーで出てくれたくらいゴルフ好きです。(笑)


芝は再生するから殺生じゃないかなぁ。
でも、微生物なんて、絶対、打ってるって。(笑)

そういえば彼、なるべくディボット取らない打ち方してるのかな?

木の中入ると、50-50とか言って、必ず無茶ルートでピン向かって打つんですけど(笑)、まぁほとんどの木はお前さんのボールより強いわな。


もう、なにしろけったいな友人です。
(てか、殺生しないと言う、ある意味正しい教義を守ろうとしてるだけなんですよね。)



よく、こちらのゴルフ場ですと、特にショットガン・トーナメントとかイベントの時とかにも多いんですが、外でバーベキューやって、ハンバーガーとか用意されていますのですけれどね、
彼の場合は、ビーフのパティ抜き、玉ねぎ抜き、マヨネーズ抜きの、バンズにレタスとトマトとチーズとケチャップを挟んだ、けったいなハンバーガー
(ってか、サンドイッチ?)食べてます。

敬虔な信者さんの場合は、パンにも卵が使われていないかどうか厳重にチェックするのですけどね。(まぁ、まずゴルフしないでしょう。)



こちらで早朝バック9のラウンドとかやってますとね、コースのスーパー・インテンダントさんたちが、バンカー均しやグリーンの芝カット、カップ位置切り直しなど、まだ作業なさってる場面が多いんですが、大抵、「(お前らのボールなんかに当たんねぇから) 打ってきな!」って合図されたりするんですよ。

全然退く様子もなく。
「どうせ来ないし、来ても俺っち避けられっから。」 みたいな感じで。(笑)

日本と違いますからね。


こういう場面に来ますと、この友人、からっきしダメなんです。

待ってみるんですけど、どいてくれない。

で、「打つよー!」って合図して、「あいよー!」って感じで(Come on!)って手で合図されますね。

・・・もうそうなると、おしりがむずむずしているような、ひやあせたらたらみたいな、そんなそぶりになって来て、ただでさえ頻繁にはグリーンオンしないんですけど、もうチョロとか、どスライスとか、どダフリとか、間違いなく必ず酷いことになるんです。(x_x)


人間に向かってボールを打つって言うことが、ものすごくプレッシャー(と言うか罪悪感の極み?)になるのでしょう。
本当に善良な方達です。


そんなジャイナな彼のご愛用もキャロウエイのクラブです。(^^)
ユーティリティーがテイラーメードで、「お、同じじゃん!」みたいな感じで、その昔に友達になりました。

パターは、なんかフェース(というよりネック?)が曲がっているオデッセイを使っていたので、私の2ボールパター(アニカが使っていた機種です。)をあげたんですけど、それを気に入って使ってくれています。

先日亡くなってしまった友人とも彼は大の親友でした。



こんな結論、実は書く必要無いとは思うのですが、

生きてる昆虫や小動物は、ルースインペディメントの扱いやめるように
ルール改正出来ないもんでしょうか?
もちろん微生物を助けるために大幅な救済、とかやってたらゴルフになりませんけど、そんなに複雑になるとも思えませんし。

小さな花を助けるためにとか、虫を殺さないために、アンプレイアブルの処置を選択するって話、いい加減ルールで何とかしたらどうなの?って思ったりしてます。

例えばバンカー内でボールにアマガエルがぴとっとくっ付いていたら、40秒以内にそのまんま打てる人(特に女性の方なら)居ませんよね? 私も打てません。

どんなにゴルフに真剣でも!
ジャイナ教に入っていなくても!!



8 comments:

Anonymous said...

> 「(お前らのボールなんかに当たんねぇから) 打ってきな!」って合図されたりする
打つほうはプロじゃないんだからどこにどう飛ぶかわからなくてものすごく危険だと思うんですけど、メンテナンス隊のみなさんは度胸ありますよね度胸がないのは私のほうです

バンカー内でボールにアマガエルがついてたら・・・
虫だったら迷わず打ちに行きますけど、カエルだとアンプレにしようにもボールを触れないから二アレストポイントに新しいボール置いて打つ!(もしかしてルール上はボール紛失してないからダメ?)

Posted by:ひゃっぽ at 2010年06月25日(金) 13:41

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。

私も(こっちの)スーパーインテンダントだったら面倒くさいから打たせますね。
100y以上離れてるところから来るボール、まず避けられますし。


ホールをプレー途中でのボールの交換は、まともなプレー続行不可能とジャッジ出来る状態じゃないと認められませんですね。(x_x)


考えてみますと、大抵エクスプロージョンで打つガードバンカーなら、ボールを直接打つわけじゃないから、カエルくっ付いたごと打っちゃってもいいかな?って気がしてきました。(笑)

ボールと一緒に下の砂の爆発の勢いで飛んでいくでしょ。


要するに動物とか生きてるヘビ並に局外者に判断するルールを作って、ボールに触れないように取り除けるようにすればいいんですよね、虫とかも。

まぁ、女性の方(または苦手な方)は、普段のポスティングぐらいでしたら、ペナルティ無しで別のボールをドロップしてプレーなさったらいいと思いますよ。

yacky things特別ルールで。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年06月25日(金) 14:15

Anonymous said...

Zさん、こんにちは。
“リンク元”を見てまして、今日はやたらZさんのところ
から来てる方が多いなと思ったら、宣伝していただいて
たんですね、ありがとうございます。

カエルを打つのは厳しいですねぇ。
いくらエクスプロージョンと言っても、打った後、
ちょっとずれて、フェースにカエルがべチョッと
くっついててもあんまり気持ちが宜しくないですからね。
至近距離を金属の塊が時速140kmくらいで通過して
いくわけですよね、恐すぎます。
カエルだと飛べないから小説風にもならないし・・・。

やっぱりルールを改正していただくのが良いのかな。

Posted by:コルレオーネX at 2010年06月25日(金) 16:59

yspz said...

Xさん、こんにちは。

無断でリンクいたしまして。
事後承諾いただけてありがとうございます。

記事の性質上、リンクはOKかなと思ったんですが、先にご承諾伺いすればよかった、と今頃思いました。


まぁ私のところでリンクしても、ばたやんさんとこのようなことにはなりませんから、ご安心下さい。(笑)
(何度か100位以内に入っちゃってトップページのリストに出ちゃったこともあったりしますが、居心地悪いので更新頻度落としたりしてみたりします。(笑) )



けっこうファジーなところを重箱の隅じゃないですけど突付いてみました。(笑)
アマガエルみたいにちっちゃいと、ルースインペディメントっぽいです。
でかいウシガエルだったら局外者扱いでも良いのかな、と。

体長10cm以上・体重70gもあるWETAとかいう昆虫がボールに乗っていても、やはり昆虫である以上ルール上はルースインペディメントなのか?

とか、くだらないことを妄想するのが好きです。(爆)


とはいえ、本題はジャイナ教の友人だったのですが、
「食べるもの無いじゃん!?」って思いますでしょう?

餓死するのが一番格が高いって言うんですから、何をかいわんやであります。(x_x)!


Posted by:やきそばパンZ at 2010年06月26日(土) 00:18

Anonymous said...

小さな花を助けるためにとか、虫を殺さないために、アンプレイアブルの処置を選択するって話、いい加減ルールで何とかしたらどうなの?って思ったりしてます・・・・・
同感ですね!
先日自分も体験しました。幸い打面に虫がいなくなり、寄せだったもんですから罪悪間が殆どなくて済みましたが、一時アンプレも頭に浮かびましたね
R&Aに訴えて見てくださいよ
私、JGAに問い合わせてみようと思います。
小さな花だったら「気取るな!」って言われそうだけど、ボールを埋め尽くした小さな虫はどうもね~、って・・・・
血しぶきを浴びそうですよ

Posted by:ノリさん at 2010年06月26日(土) 07:53

yspz said...

いやー、私なんぞがすでに決まっているルールに意見しても無駄ですよ。

裁定集で判断できない事例に会ったら、問い合わせて載せてもらいたいとは常々思っていますが。


くだらなくて聞けませんが、カエルはどの大きさまでがルースインペディメントでどの大きさからが局外者か、線引きがどの辺にあるか知りたかったりしますね。(笑)



まぁルールはともかく、ジャイナの友人に関しては謎が多いです。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年06月26日(土) 15:02

Anonymous said...

お久しぶりです。
 楽しく読ませて頂きました。特定の宗教の信者さんでなくても、ゴルフに関しては特異なこだわりを感じさせる人って多いですよね。
 まぁ、我々も世間様からみれば、ゴルフ教(狂)でしょうから

Posted by:golfreak銀 at 2010年07月07日(水) 14:49

yspz said...

golfreak銀さん、こんにちは。

ジャイナ教はすごく変わっていますが(餓死するのが一番イケていて、位が高くないと餓死できない。とか)、現人神が居る胡散臭い新興宗教とは違って由緒正しいので安心です。(笑)


パッティングの方、だいぶん良くなってきました。
元はと言えば、golfreak銀さんのお陰です。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年07月08日(木) 00:46