8/29/2010

Axis 1 パター


今朝も早朝バック9を練習ラウンドしまして、非常に調子よかったです。♡
すごい易しいダッド・ミラーですが。

パー8つと、ダボ1つ。
( 0, 0, 2, 0, 0, 0, 0, 0, 0 )

GIR 7/9 holesで、パットの距離はそれぞれ、4, 6, -, 10, 3, 5, 14, -, 9 (数字はいずれも歩数)

どれひとつカップインしてくれませんでしたのがちょっと不満ですが、いずれも悪いパットではありませんでしたので、まぁ私的にはOKです。(^^;


しかし、依然として気にしなくてはいけないのは、12番ホールでのミスです。

クリーク前にU2でレイアップ、そこからのアプローチは約175y、U4で打ったものがフックしてしまい、グリーン左のバンカーのさらに左に。

こういうところから、アップ&ダウンでパーを取る、最低でもボギーを拾わないとダメですね。(2打目のミスは無くなりはしません。)

3打目は頭よりちょっと高いぐらいの高さの木の枝の下を35yぐらいのバンカー越えのチップショットで、低く出て木の枝にさわらずバンカーを越えること優先で打ってグリーンをオーバー。そこからは比較的イージーなチップショットでしたが寄せきれず4歩を残し、2パット。


やはり、この辺が弱点であり改善の必要な課題です。(^_-;


---


いつもながら前置きが長くなりましたが、本題です。(^^;


いつぞや、MyGolfSpyというサイトをご紹介しました (左のサイドバーにもウィジェットがあります)が、

そこで、Axis 1 パターがまたまた賞を受賞したという話題が取り上げられていました。↓


Axis1 Putter – Collects More Awards!

Awards:
Most Innovative Putter 2009 – MyGolfSpy.com
Best in Show – Sports Illustrated Golf Edition
Best New Golf Product – Golf.com
Most Innovative Club – PGA Show
Bronze Medal Winner – IDEA® Most Innovative Products of 2010



Axis 1 のサイトもリンクしておきましょう。↓

http://www.axis1golf.com/


(画像をクリックしますとAxis 1 のサイトに飛びます。)


私は、TONさんのブログでこのパターの存在を知りましたのが最初でした( 4/01/2009のこの記事)のですが、それからずっと関心は持ち続けていました。

(このパターのデビュー自体は、2008年の12月だったそうです。)



このパターのすごいところは、シャフト回りの左右・上下方向に均一にウエイトが配分されているところです。

重心アングルを取るような形でシャフトを支えてぐるぐる回すと、回り続けるぐらいバランスしています。


その上で、重心アングルを取るとトゥが真上を向く位置で止まるようにほんのわずかに偏芯してあるのです。

ちょうど、L字パターの真反対ですね。
フェースバランスのパターとは90度違うことになります。

実はこちらが主目的で、アドレスの位置でグリップとを両手の掌の上でゆらゆらさせると、パター自身がスクエアに構えてくれることになります。

開発した人は、既存のピンパターなどを構えようとしたときにパター自身はフェースを開く傾向にあることを感じたところから、このパターを設計することになったそうです。

そして、既存のピンパターなどではストロークしたときにフェースが開いて押し出したり、逆にフェースがクローズして引っかけたり、と言うことが起きがちですが、このパターはシャフト軸回りにバランスしているため、そういう動きをパター自体が作ってしまうことはない。というコンセプトです。



エンジニアリング的には猛烈に興味が沸くわけなのですが、造形美的にはあまり美しく感じないんですよね。
(まぁ、ピン型パターも出たての初期には「なんて奇抜な形状なんだ!?」っていう評価だったらしいですから、この部分は今後判りませんが。)


気になるのは、その形状ゆえに目標に構えやすいかどうかです。
アドレスした目線からカップを見てどうか? ということなんかが、私から見ました関心事になります。



それから、subconsciousがどう感じるか。
例えばフックラインでは本人自身が気付かずに意識せずにフェースをやや右にセットし、さらにややインサイドアウトにストロークする、

・・・などといった調整を無意識にやっているわけですが、パター・フェースのバランスが全然違う道具を認識してそれに合わせた動きをしてくれるのだろうか・・・?



例えばショップに置いてあって、手にして体験してみることが出来るのであれば買うかも知れないし逆に全く手を出さないことに決めるかも知れないんですが・・・

そんなこんだで、・・・まだ買ってもいなくて、興味だけは持ち続けているのです。(^^;


お店で手に持ってみてから買って、もし気に入らなければ返せるのであれば、そく買ってるところですけれどねー。

ちなみにお値段は1本 $299です。


MyGolfSpy.comの記事には、「ゴルフクラブの売上げを上げるためのマーケッティングの最重要項目」として、「PGAのツアープロが使って成績を残す。」 ということが挙げられているのですが・・・、

ようやくパトリック・シーハンが使い始めたみたいです。



メジャー・トーナメント出場からはしばらく遠ざかってしまっている現在、このパターを使って急にまた成績を上げて来て活躍し始めたりしたら、いい宣伝になるかも知れませんね。





追記します。

書き忘れましたが、このパターはある意味、センターシャフトになっています。
シャフトの延長線上にスイート・スポット(および重心)があるという意味で。

おそらく、センターシャフトのパターをお使いのプレイヤーには比較的スイッチしやすいのではないでしょうか?(←たんなる勘です。(^^;)



8 comments:

Anonymous said...

おはようございます
東京は連日の熱帯夜です
このパター・・・、Zさんのところで見るとは思わなかったな~
実は、先月ホームの練習グリーンでO原君がこのパター使っていまして、現物を見ました。実際打ってみるという気持ちの前に「変な形!!」の方が強烈で触って見ただけでした。
トウヒールバランスとか、要するにヘッドがスクウェアーに動くように設計されたんだろうな~、という印象は持ちましたが、どうしてこの形になるの?というのが率直な疑問?でした。O君が言うには3万いくらかしたそうですが、気に入ってしまい衝動買いをしたそうです。
で、「良く入るの?」と聞いてみました。
「そんな感じはしないですね~」って笑ってました。
打たしてもらっておくべきだった、ですね。

Posted by:ノリさん at 2010年08月30日(月) 05:57

Anonymous said...

そうそう、書き忘れました。
24日にサークルの暑気払いで、一時帰国中のジャックさんとビールを飲みましたよ。早くジャックさんとZさんが会えると良いですね~。

Posted by:ノリさん at 2010年08月30日(月) 06:00

yspz said...

ノリさん、こんにちは。(^^)


そうなんですよね。
デビュー自体は08年の12月ですからね。

それと、こういう先端技術の製品、みたいなものは、日本マーケットの方が受け入れられやすいのだそうです。
Axis1のサイトにも、日本ではまぁまぁの成功をおさめたって書いてありました。

私、一度じっくり打ってみたいです。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月30日(月) 08:04

yspz said...

ジャックさんもですけど、ぜひノリさんにもお会いしなくては。 





Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月30日(月) 08:22

Anonymous said...

やきそばパンZさん、、、
こんばんは、ほんと、、、まずはお会いして、
次にで、、、ノリさんに、、、
しかし、このパタ派手派手しいですね、、、
ボクも興味はあります...

もうちょっと、満喫して帰ります...

SEE YA SOON...

Posted by:♪jack~(^^)~♪ at 2010年08月31日(火) 05:28

yspz said...

ジャックさん、

日本満喫、いいですねー。

私はいつも帰っても、子供を連れての移動も大変ですし出張がてらであまり休日無いですし、日数が短めで(大体いつも7-9日間)、なかなか満喫できないです。

LA近辺に立ち寄られるときは、ぜひぜひご連絡くださいです。


このパター、派手といいますか、機能優先ですから形には意味があるんですよね。
でも、馴染むにはなかなか時間がかかるんじゃないかと思ったりしています。

試してみたいけど、欲しくない! ・・・でも、よく入るなら欲しい!
(正直そんな感じです。)


間違いなく、引っ掛けたり押し出したりは、し難い筈です。(←理屈では。)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月31日(火) 12:14

Anonymous said...

Zさん、こんにちわ。今、日本はお昼休みです。

さてこのパター、私も一度試してみたいですね。
私はあまりパターに関しては形にこだわらないほう
なので、結果が良ければそれで十分なのですね。
もう少し安ければ試してみたい気持ちも強くなって
買っちゃったりするかもしれないんですがねぇ。

ところでところで、Zさんはノリさん・ジャックさんに
直接会ったことがないのですね、なんだかちょっと
意外な感じがしますねぇ。私もノリさんとは一緒の
組で周らせていただいたことがあるんですが、
ジャックさんとはお話させていただいたことがある程度
なんですがね。お二人とも恐いですよぉ~・・・

・・・なぁ~んてウソです。お二人とも優しくて楽しくて
紳士って感じですよ。私はハナタレ小僧ですが、年齢
的にはZさんはジャックさんと私の間くらいでしょうか。
日本にお戻りの際には是非とも4人でラウンドしたいです。

Posted by:コルレオーネX at 2010年08月31日(火) 12:56

yspz said...

Xさん、こんにちは。

Xさんも、割合に良いものは良いということで、いろいろなこだわりにとらわれること無く取り入れてみる姿勢をお持ちですよね。

デジタルパットを素直に試してみるとか、そういう。


是非ほんと、ご一緒させていただきたいです。

戻るときはおそらく関東圏に戻ると思いますしね。


そうだなー、私のホームコースは美味しいものが周辺にたくさんありますし、どうでしょう? ・・・でも、久しぶりだとホームなのに私が一番叩いたりしそうです。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年08月31日(火) 14:21