10/28/2010

JAWS の歯 (笑)


子供たちとディズニーのハロウィン・パーティーに行ってきました。

毎年カリフォルニア・アドベンチャー(東京で言うディズニー・シーですね)の方で開催されてて、子供は楽しみにしていたのですが、今年はディズニー・ランドの方への入場でした。

写真などのアップは続きを見るの方にしておきます。



---


さて、本題です。

ウエッジを購入したこと自体は、前の「G-Check」という記事で報告していますのですが、JAWSウエッジをご使用になったことの無い方にも見ていただこうかな、という主旨で、写真を撮ってみました。


まずは、ゴルフショップの鳥かごで打ってみたボールの写真です。

(画像をクリックで拡大します。・・・必要ないか。(笑))


すごいですねー。(笑)
2箇所、カバーがヒロヒロってなってますが、私が2回打ちました。

ここのショップのボールは、TitleistのPractice用NXT-Tourのボールです。
素性はよく分かんないですけど、多分ワンピースの耐久性ボールかな、とおもいます。(よく判りません。(^^;)


ボールの皮がむけちゃう感じですね。

もちろん、旧溝ルール仕様です。
私のは54度ですが、56度、58度、60度、64度となるに連れ、アグレッシブさは増します。


クラブの溝の方には、白い物質が残ったりします。

Pro V1とかPENTAとかのウレタンカバーのボールですと、こういう風にヒロヒロが出ることはなく、見事にディンプルの角が削り取られて溝に入り、ボールの方はよく見ると角が取れているような部分が見つかる、という感じです。


キャロウエイのJAWSウエッジを使っていらっしゃる方ってけっこういらっしゃるはずなんですけど、みなさんこんな感じなんですよね、たぶん。


ボールが何個在っても、これじゃぁ堪んないよ! って気もしないでもありませんが、今まで使っていた溝ヘロヘロの古いウエッジと比べますと、打ったときに気持ちイイのなんの。

Titleistの「NXT」とか、(私の使っている)「Tour Distance Soft」とかのボールだとJAWSで打っても大丈夫って触れ込みだったかと思うんですけど、私の知る限り削れます。(笑)


と、いうわけで、・・・じゃーん!

画像をクリックで拡大します。


すみません。(^^;
溝もヘッドもきれいに掃除してから写真撮りました。
(記事の主旨を忘れてました。(^^;)

あとちょっと、鉛の貼りっぷりがカッチョ悪いんですが・・・。 まぁいっか。



なんかですね、溝規制のトレンドと逆行しちゃっているのですが、楽しいものは楽しいので、まぁいいかなと思ったりしてます。

2014年までにはあと3年以上もあって、それまでに新溝でもかなりスピンが効く技術が出てきて新技術の新製品が出てきますでしょうし(すでに新溝を間隔細かく刻んだり、シャフトの方でスピンを増やすシャフトとかもでてますし)、2024年となっては、また違う技術が出てきて、また違う規制がかかっているかも知れませんし、ヘタのくせに新溝対応のクラブを揃えてプレーする必要はまだ無いように思いました。

私がたとえ競技志向だったとしても、2014年シーズンまでに対応すればいい、と。



すごく気に入りました結果、50度のウエッジも購入してしまいました。
こちらも54度ほどではありませんが、激スピンです。


で、ひとつ問題が起きまして。

ソール形状が、トゥ側とヒール側に大きく削り込まれていまして、バンカーショットがうまく打てません。
バンスは16度とかに大きく付けてあるのですが、大幅に狭いんですね。
開いて使うとバンスがなくなります。
(バンカー用じゃないよ、ってことなんでしょうか?)

しかも、砂でバンバン打つと激スピンしなくなってくるの早いと思いますし。

で、とりあえず、バンカー専用サンドウエッジを用意することにしました。


この先のことは、またあとで考えます。(^^;





というわけで、ディズニーのハロウィン・パーティーの写真を少々。



画像をクリックで拡大します。

こちらは、ちょっと風邪ひきのダース・ベイダー。


やっぱりディスニーに来る人はディズニー・キャラクターの仮装の人がほとんどですので、ベイダーは他には居りませんで、「Hey! How’s gone, Mr. Vader?」 とか声かけられて、うちの息子くん大人気でした。(笑)

画像をクリックで拡大します。

こちらは、ちっこいプリンセスと並んでメリーゴーラウンドの白馬に乗るダースベイダー。(笑)



他のご家族はもっと力入ってます。

画像をクリックで拡大します。


わー、デイビー・ジョーンズが居るぞ! なんて、うちの子も騒いでました。


子どもがいると楽しいですねー、こういうイベント。


私も、息子が常時被ってはいられませんので、マスクを脱いでいる時に借りて被りまして息子に向かって、「(heavy breathing) ・・・You, don’t know the power of darth side... (heavy breathing) ・・・I, am your father.」って声真似をし、

さらにマスクを脱いで、「...and actually, I AM your father!  Ta-da!」 とかやって、一緒にはしゃぎました。(^^)

14 comments:

Anonymous said...

私の使ってる56度のSpin Milledは旧溝仕様ですが、ここまでは削れません。練習場のボールを打つと確かに削れて、溝にもボールカバーのカスが残ります。しかし、普段ラウンドで使ってるボール(Srixon Z-StarやTitleist ProV1)では全然普通ですし、アプローチでも止まりすぎる感じはしません。結構自然なスピンなんですよ。(私は気に入ってます)

SWに関しては、以前使っていたTaylormadeのRAC wedge(新溝仕様と同じ)でも十分にスピンが掛かったので、Jaws程の激スピンウェッジは必要ないかなと思っています。スピンが掛かりすぎて残念な結果が終わったことも何度もあったので、程々というのが良いのかも知れません。でも、スピンが掛かるのは見ていて楽しいですが。

どちらにしても、旧溝仕様が使えなくなるのは先の話なので、新旧に拘らずに、自分が気に入ったウェッジを使うのが一番かなと思います。

Posted by:trimetal@CT at 2010年10月29日(金) 01:25

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

ウエッジの写真、パー5の3打目だったんですが、拡大してみますとグリーンにボールが写っていて、実はちょっとショートしています。(笑)

ぎりぎりフェアウエーから打ったんですけどね。


私は元々、スピンをコントロールして寄せるとか全然出来ないクチのゴルファーでして、そういう意味ではビタッと止まってくれたりそれこそちょろっと戻ってくれたりすると、なんか新感覚って感じで気持ちイイんですが、おっしゃるとおり、結果が良いとは限りませんですね。(笑)


まぁあの、楽しくゴルフすることが大目的ですので、いろいろ試して楽しんで行こうと思います。

(幸い私が使うボールはすごい安いので、ボールのダメージはそれほど気になりません。)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月29日(金) 04:43

Anonymous said...

ふふふ
ほほえましい一こまですね。
パパの「ずぉ~~~(heavy breathing)」聞こえそうです

Posted by:Miho at 2010年10月29日(金) 07:26

Anonymous said...

打点が一定にできるならスピンって武器になりますよね。
でも私の場合、打点が一定じゃないのと、元々スピンが
かかりやすい体質(?)なので、激スピンウェッジだと
綺麗に打てた時にバックスピンでグリーンから出ちゃっ
たりするんですよ。
・・・・・・っと言って新しいギアが買えない
言い訳を自分にしてるってのはありますが。
バックスピンが強烈にかかって同伴者はビックリして
賞賛してくれてるんだけど、私は戻りすぎたボールを
見て“溜息”みたいなこと時々あります。


ところでZさん、良いお父さんをされてますね。子供の
笑顔を見るってのは本当に嬉しいことですもんね。
我が家は今週末、長女の七五三なんですが、関東は
台風が接近、暴風雨の予報です。

Posted by:コルレオーネX at 2010年10月29日(金) 10:58

yspz said...

Mihoさん、こんにちは。

うちは結婚してから8年も子供がいなかったので、それまでは夫婦で旅行とか食事とか大人らしいレジャーを楽しんでいたのですが、子供が出て来てからは色んなことが変わりましたです。

うちはママはママなんですが、なぜか私は二人ともから「ちゃちゃ」と呼ばれています。 お父さん、って教えたはずだったのですが。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月29日(金) 14:05

yspz said...

Xさん、こんにちは。

私の場合は、殆どのボールがフック系ですので、アイアンもバックスピンがかかりにくいのですよね。まぁまぁ止まってはくれますが。

これはどちらかというとニュー・ギアというよりは、もう製造中止されるから買っとこう的なギアですね。


今週はハロウィン関連があとまだ3つ残ってます。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月29日(金) 14:15

Anonymous said...

このボール、まるでうちのKokoが噛んだボール
みたいですけど、ウエッジで打っただけですか?
ウヘェ~、Jawsっていう名前ぴったりですね。

はじめタイトル読んで、映画の話かな?なんて
思っちゃいました。

Zさんと、息子君がエンジョイしている
とっても微笑ましい光景が目に浮かびました!
家族で楽しい思い出、一杯作ってくださいね!

Posted by:スノーマン at 2010年10月29日(金) 14:22

yspz said...

お母さんはねー、四六時中一緒だから大変ですけどねー。(ふたりとも学校へは行ってますけどね。)


今週末はゴルフにも行かせてもらう予定です!
で、夜はハロウィン。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月29日(金) 14:28

Anonymous said...

僕もジョーズ、愛用しています。
特に60度がバンカーでは最高です。

基本ダフリマンの私は、バンカーだけは得意なのですけど、こいつはかなりコントロールできるウエッジです。
56度はバンカー用で買ったのですが、本当に出番がありません。

ちなみに僕はウエッジレベルでもクリーンヒットできないので、お写真の様にボールがひどいことにはなりません。

Posted by:masan72pt at 2010年10月29日(金) 20:50

yspz said...

masan72pt。さん、こんにちは。

60度がバンカーには最高なんですか!メモメモ
そしたら、ロブウエッジと共用できますね

だけど、私60とか下手なので心配ではあります。
54を多用していて、56持ってないくらいでして。
でも、また試してみよう!


以前、クリーブランドのTA588、ノーメッキの57度っていう、その昔PGAで使用率No。1だった名器を使っていた頃はバンカーがニガテではなかった記憶がありますので、とりあえずバンカー用に、
形が酷似しているXーTourウエッジの58度を57度に調整してもらってバッグに入れてみました。


アドバイスありがとうございます。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月29日(金) 21:37

Anonymous said...

東京は今、雷鳴が轟いてますよ異常気象ですね~。
ボール表面をえぐっちゃうウェッジで思い出すのが、フォーティーンのウェッジですね。今でも周りには使用者がいますけど、最近は気にならなくなりました。最近ライン出しの練習に勤しんでいます。トップが左腕が地面と水平、これって自分感覚なんですけど、54度で80Y、50度で90Y、PWで100Y、9Iで110Y、・・・
これが結構スピンが効いて止まってくれる。ピン筋に飛んでいくので、何たって気持ち良い・・・
何よりの効果が、切り返しの間の鍛錬?になるような気がしますね。
腕の太さ2本分大きなトップを作ればフルショットになります。不思議と打ち急ぎが減るような印象があります。相乗効果ってヤツですね。始めての取り組みなんですけど、良いみたいですよ~

Posted by:ノリさん at 2010年11月01日(月) 04:50

yspz said...

ノリさん、 こんにちは。

ご無沙汰してます。
お忙しいところ、コメントありがとうございます。

ホント、9時のテークバックで打つショットって、ラウンドのとき基本になりますよね。
頼の悪い時とか、足場の悪いときとか、あらゆる場面で使えますもんね。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年11月01日(月) 13:17

Anonymous said...

昨日は風が強く寒いなかをラウンドしました。NYは既に冬の様相を呈しています。

さて、昨日のラウンド中のこと、あるホールで面白い光景が見られました。35yds程度のアプローチが残り、ボールは若干沈んだライでした。同伴競技者もほぼ同じ位置からのアプローチで、彼はSWかAWか悩んだ末にAW(或いはPW)を選択し、10ydsくらいのランを伴って1mに寄せました。素晴らしいアプローチでした。

私はと言えば、最近は殆どの寄せを56度のSW(Spin Milled旧溝仕様)でこなしていますので、迷う事無くSWでした。高く上がり、ちょっと打ちすぎたかなと思ったボールは、ピン手前1mくらいに落ち、殆どランすることなく1.5m超えて止まりました。

流石に、旧溝仕様ですね。フェースには少し芝を噛んだ跡が残っていながら、ちゃんとスピンが効いて止まるんです。勿論、戻るほどのスピンはありませんけどね。

新溝仕様だとこれがなくて、ある程度のランを計算する必要があるのでしょう。ただ、このスピン量は、アマチュアの私にはコントロールできないので、初めからランを計算した方が寄せやすいかも知れません。

Posted by:trimetal@CT at 2010年11月02日(火) 04:23

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

35yからですと、プロでも戻るボールは難しいですよね。


私は元々バンプ&ランが中心ですので、旧溝の恩恵に預かる打ち方をしていないのですが、いろいろ試してみようというか、まぁそんな気持ちでウエッジを変えてみました。


バンカー専用ウエッジを用意しましたので、バンカーがちょっとマシになりましたです。
(その代わり、一番好きなはずの4番Iを抜かなくちゃならないんですが。)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年11月02日(火) 14:24