1/26/2011

すごいぞ、ジェイソン・デイ!


PGAツアーのトップ・プロでも、ミス・ショットをする場面を見ないことはありませんが・・・、

ドライバーでダフってチョロを打つなんていう場面を見ることは滅多にありませんですね。 ・・・っていうか、あるにはあるんでしょうけど、私は記憶にありません。



土煙と、なんでまだそこにいるの?なボールが写ってますね。(笑)


ライが悪いとか、足場が悪いとか、そういうファクターが全くないはずのティーアップしたドライバー・ショット。
一体全体、何がどうなってこうなったのでしょうか?



今月初めのPGA開幕戦、ハワイのカパルアで行われたヒュンダイ・オープン。
2日目のダイジェストをPGATour.comから。



カパルアの13番ホール、407y のパー4だそうです。
飛距離はたったの106yだったとのこと。 まぁそりゃあそうでしょう。

あまりの出来事に、本人も爆笑しちゃってますね。


で、すごいのは、この後ここからの2打目をいわゆる直ドラ、ドライバーを打っていったんだそうです。
そこからアプローチを寄せてパットを決め、このホールをパーで切り抜けたそうでして。
この2日目のラウンドのスコアは66でした。 (@_@)!

ここら辺が、さすがPGAのツアープロですね。


まぁでも、ご本人が爆笑なさってますから、我々も笑いながら見ても良いのではないでしょうか。(^^)


8 comments:

yamacchi said...

プロもチョロするんだから私がやるのも当然ですね(^^

yspz said...

yamacchiさん、こんにちは。

どういうメカニズムかちょっと興味ありますね。


ツアープロは4日間72ホールで戦っている中で、気が抜けてなんとなく打っちゃうホールって言うのもあるのかも?なんて想像してます。

割合に真っ直ぐでハザードが無いホールで起きちゃったのかなー、とか。


谷越えとか池越のプレッシャーでミスが出てしまうミスは、どっちかというとイップスに近いのかな?なんて思ってしまいます。


せめて18ホール、1打1打もうちょっと集中できたらなー、と思ったりしてます。(^^;

trimetal said...

私も時々チョロする事がありますし、目一杯へんな方向に打ったりする事もあります。

どんな時に大ミスするのかなと思って考えてみました。何の変哲もないホールが多いかなと感じます。

気持ちの上で、何かを試して見たくなるんですね。少し飛ばしてみようとか、ドローボールを打ってみようとか。それまでのホールと違う事をしようとした時に失敗しているような気がします。

プロは又違う原因でミスをするのでしょうが、このケースのように、特に変わったホールで無いところでミスする所などは、もしかしたら同じような原因なのかも知れません。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

やっぱり上手い方はそんな感じですか。

アベレージのゴルファーで、ハザードとかレイアウトとかに萎縮してしまっていわゆるイップス気味にミスショットしてしまうケースとは発生メカニズムが違うように思ったんです。


今回の場合、すごいリカバリーだなー、とは思いましたが、2打目は3Wで行くべきのような気がします。
風や木の枝が理由で低く打ちたいときは良いかとは思いますが、フェアウエーですし3Wでビシッと打つ方が安定して距離出して思うところに運べるんじゃないかと思います。 たとえツアープロでも。
(まぁ、パー取れてるんですから余計なお世話ですが。(^^;)

Shu said...

こんにちは
やっちまってますね(笑)
でも、その後パーセーブはすごいですね

yspz said...

Shuさん、こんにちは。

ロケーション的に観客の少なさそうな、しかもホール的にも気が抜けちゃう易し目のホールだったりするところがミソじゃないかと思ったりしてます。(^^)


そうそう、この間初めていらっしゃっただんべぇさんという方、バス・フィッシングのブログを書いていらっしゃるので、Shuさんのブログをご紹介しておきました。(^^)

スノーマン said...

チョロしてもパーが取れればいいですよね~。

私がチョロした時はいくつだったかなぁ?普通でボギーですから

きっとダブル、トリプルまたはスノーマンだったかも?

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

ほんと、そこが肝心なんですよね。
1打損したら、そこからじゃぁ、

チョロで例えば60yしか飛ばなかったけど、ここからU4で180打ってティーショットがうまくいったのと同じ位置にしてボギーで上がろう、ってしないといけないのに、

なんか無理してダボ、トリってなんないように気を付けないと。

必要以上に「チョロが出てしまったこと」に対して慌てるべきではないですね。