1/07/2011

G-Macの強さの秘密


どうやらPGAのスタッツのページが大幅にリニューアルされてすごいことになってます。

例えば、私の大好きなパッティングのデータ。
まぁ、見てください。

http://www.pgatour.com/r/stats/filter/?1


すごいですねー。

1パット、3パット、GIRとそれ以外、距離別に5フィート以下、5-10、10-15、15-20、20-25、25フィート以上から、とかばかりでなく、5フィートから、とか、3フィートからとか、7フィートから、9フィートからとか、もんのすごく細かい状況別にデータがリストされています。

しかし、なんでランダムに並んでるんでしょうか?
その辺がアメリカっぽいっちゅうかなんちゅうか。(笑)



このデータ、見方によってはすごく面白いことが分かります。

例えばですが、一般的な5-10フィート(約1.5m-3m)のパットのデータと、GIR(パー・オン)したときの5-10フィートのパットのデータを比べてみます。

一般的な5-10フィートのパットのデータ
GIR(パー・オン)したときの5-10フィートのパットのデータ


上のデータでダントツでトップのラティーフ・グーセン、63.26%も入れていますが、GIRでの5-10フィート(つまり高確率のバーディー・トライになります)では、56.99%の23位に落ちています。

5-15フィート(約1.5m-3m)に限っての話ですけどね。

ブラッド・ファクソンは逆で、57.44%の47位がGIRでは66.67%の1位になってます。
でも、ブラッド・ファクソンは例外的で、どのプレイヤーもGIRのときの方がカップイン率は下がりますね。

グーセンも、2009年のデータは逆でしたから絶対的な指標ではありませんが。


もっと統計的に見て面白いのは、全体的にこの距離は、ツアープロでも GIR(バーディー・チャンス)のときの方が入らないようです。

特に、150位-200位ぐらいではこの傾向がもっと顕著になります。
一般には47-48%ぐらいで40%台の高い方なのが、GIRだと40%前後(35-43%)にまで落ち込んでしまっています。

これがプロの中のトップのツアープロの、それもそのまたトップから200位以内ぐらいのお話ですから、バーディーチャンスの少ない我々アマチュアがバーディー・チャンスをなかなかモノに出来ないのは必然と言ってもいいかも知れませんね。



PGATour.comでは今ちょうど、「Top 100 Players to watch in 2011」という特集をやっていまして、100名各プレイヤーの紹介ページが用意され、その中に 2010 Skill Rating と称して各項目のスキルレベルが見やすい表にして掲げられています。

私が注目するパッティング部門の1位は、この人です。↓

クリックで特集のプレイヤー・ページへ。


総合で72位のブライアン・ゲイですね。8.5は、100人中で最高の数字です。
Powerとか、他のスタッツはともかくも。

ブライアン・ゲイは、ずーっとベルナルディと契約していてパターを全く変えないそうです。
なんか納得。(^^)


パッティング部門次点の2位数人の中に、ルーク・ドナルドがいます。↓   (総合では16位。)

クリックで特集のプレイヤー・ページへ。


この人のパッティングも定評があります。


それを念頭に、こんなデータ ↓ を見てみます。

2010 PGA TOUR SCRAMBLING

(スクランブリングっていうのは、GIR(パー・オン)を逃したとき、リカバーしてパー以上のスコアにする%のことをこう呼びます。)

2位と4位にいますね。
共に65%を越える高いリカバー率です。


続いてこちら。↓

2010 PGA TOUR SCRAMBLING from SAND

いわゆるサンド・セーブです。

こちらも7位と1位です。 ルーク・ドナルドはひとり70%越えでダントツの1位。

やはりリカバーが上手いというのは、パッティングに拠るところが非常に大きいことが判りますね。
もちろんイメージとしてもみんなが分かっているところではありますが、データでここまではっきり出ているのです。


惜しむらくは、この二人のPowerスキルのランキングはそれぞれ1.8、4.0と、パワーが足りないんですね。
ツアープロとしては、ドライバーの飛距離と、ラフからのショットには、絶対的にパワーが必要です。


一方、グリーン周りのショートゲームというよりはもうちょっと遠い、「30y以上離れたグリーン周りからのスクランブル」 というデータには、それなりな人が名を連ねてきます。

2010 PGA TOUR Scrambling from  > 30 yards

スティーブ・ストリッカーとジム・フューリックの二人は、頭ひとつ他のプレイヤーから図抜けていますね。
この二人がいつも崩れず、上位に顔を出す所以はここに現れているでしょう。


我々アマチュアは(というか、私は、ですね。(^^;)、ブライアン・ゲイやルーク・ドナルドの方向へ自分のゴルフゲームを改善していくことを考えたほうが良さそうです。


---


さて、ここから本題のG-Macです。(笑)

2010年のUS Openでの勝利は衝撃的でしたが、その後もすごい活躍ぶりで、昨年最後のトーナメントではトーナメント・ホストのタイガーをプレーオフで下すという、(タイガーが弱っていたとは言え)過去に誰も出来なかったことをやってのけました。

今年から、クリーブランド/スリクソンとの契約に変えたみたいですが、2010なのに2002年に出たキャロウエイのFT-3ドライバー(←私の愛器です。)を使っていて、私としてはファンにならざるを得ない、素朴な感じの北アイルランド人。

総合で5位にランクされています。↓

クリックで特集のプレイヤー・ページへ。


特集ではないPGATour.comのプレイヤー・ページのリンクはこちらです。

http://www.pgatour.com/players/02/55/72/

ここ ↑ に、プレイヤーのスタッツのページもあります。

クリックしていただきますと、こんな感じでデータが出てきます。

Driving Distance
58th
Driving Accuracy Percentage
48th
Greens in Regulation Percentage
97th
Putting Average
96th
Birdie Average
18th
Scoring Average
10th
Sand Save Percentage
154th
Total Driving
192nd
FedExCup Regular Season Points
198th
Money Leaders
50th 
Par Breakers
30th
Putts Per Round
90th
Scrambling
130th


あれ?
ちょっと待ってくださいよ。

Scoring Average(平均スコア)こそ10位ですが、総合5位にランクされるような数字が全く見受けられません・・・。

ドライバーも100位前後、いやいや、トータル・ドライビングは200位弱?
パーオン率も100位ぎりぎり、平均パット数も(パーオン時も、ラウンドあたりも両方) 100位ぎりぎり?

待てよ待てよ、じゃぁスクランブリングやサンドセーブは・・・、     130位と154位?


なにやら非常にミステリアスです。


なぜに2010年、彼はこんなに強かったのでしょう?




実はプレイヤー・スタッツのページをスクロールダウンして、よーく見ていただくと隠された真実が見えて来ます。 

こちら。↓
http://www.pgatour.com/players/r/?/02/55/72/stats


スクロールダウンすると・・・、
G-Macが1位のスタッツがずらずらずらっと並んでいます。


OTHER STATSRankAdditional Stats
Total Eagles0192nd- -
Total Birdies116193rd- -
Career Money Leaders$3,683,956244th- -
Top 10 Finishes286th1st - 12nd - 1
Ball Striking1,998192ndTot. Drv. - 999GIR Rank - 999
Longest Drives358534th- -
Scrambling56.42%130thPar or < - 101Missed GIR - 179
Bounce Back10.47%193rd- -
Par 3 Performance+326thPar 3 Avg. - 3.03-
Par 4 Performance+1456thPar 4 Avg. - 4.04-
Par 5 Performance-23191stPar 5 Avg. - 4.75-
World Money List$5,176,5863rd- -
Left Tendency$56.8179th- -
Right Tendency43.214th- -
Average Going for it Shot Distance (in Yards)238.71ste - 40,588,000-
DISTANCE STATSRankAdditional Stats
Approaches from > 200 yards41' 4"1st- -
Scrambling from > 30 yards26.32%119th- -
GIR Percentage - 100-125 yards82.98%14th-125 yards - 39-
GIR Percentage - 75-100 yards47.06%193rd100 yards - 8-
GIR Percentage - < 75 yards91.89%21styards - 34-
GIR Percentage - 200+ yards57.45%9th+ yards - 27-
GIR Percentage - 175-200 yards51.61%162nd-200 yards - 32-
GIR Percentage - 150-175 yards64.29%123rd-175 yards - 36-
GIR Percentage - 125-150 yards76.47%19th-150 yards - 39-
GIR Percentage - < 125 yards80.20%155th5 yards - 81-
GIR Percentage - < 100 yards77.78%192nd0 yards - 42-
Approaches from 100-125 yards16' 9"6th125 yards - 535.833-
Approaches from 75-100 yards28' 8"192nd00 yards - 257.750-
Approaches from 50-75 yards11' 11"14th5 yards - 131.000-
Approaches from 175-200 yards30' 3"8th200 yards - 1,421.083-
Approaches from 150-175 yards23' 1"1st175 yards - 922.333-
Approaches from 125-150 yards19' 8"1st150 yards - 785.667-
Approaches from 50-125 yards17' 9"61st25 yards - 924.583-
Approaches from 200-225 yards40' 0"66th225 yards - 1,440,917-
Approaches from 225-250 yards37' 3"1st250 yards - 670,667-
Approaches from > 275 yards49' 9"1styards - 49,750-
Approaches from 250-275 yards69' 10"127th275 yards - 279,250-
Putting from Inside 5'96.89%47thage - Insi - 257de 5' - 249
Putting from 5-10'54.41%107thage - 5-10 - 68' - 37
Putting from - 10-15'31.75%66th' - 63-
Putting from - 15-20'22.86%17th' - 35-
Putting from - 20-25'12.50%94th' - 24-
Putting from - > 25'2.74%187th- -
Putting from 5-15'43.51%129th- -
Putting from 15-25'18.64%26th' - 59-
Putting from 3-5'88.14%52nd- -
OTHER SHOTLINK STATSRankAdditional Stats
Left Rough Tendency14.40%133rd- -
Right Rough Tendency9.20%1st- -
Driving Pct. 300+ (All Drives)18.65%107th- -
GIR Percentage from Other than Fairway51.06%127th- -
Going for the Green47.46%100th- -
Proximity to Hole29' 11"1st- -
Fairway Proximity27' 3"1st- -
Rough Proximity37' 8"1st- -
Proximity to Hole from Sand8' 11"65th- -
Scrambling from the Rough46.94%184th- -
Average Distance of Putts made71' 1"121st- -
3-Putt Avoidance3.89%168th- -
Front 9 Scoring Average34.9339th- -
Back 9 Scoring Average36.20182nd- -
Lowest Round65152nd- -
GIR Percentage - 100+ yards65.78%41st+ yards - 173-
Average Distance to Hole After Tee Shot176.1106th- -
Average Distance after Going for it Shot26.1147th- -
Driving Pct. 300-320 (All Drives)14.68%107th- -
Driving Pct. 320+ (All Drives)3.97%112th- -
Rough Tendency23.60%20th- -




この人は、125yから275y以上まで、ありとあらゆる距離からのアプローチショット(日本語でいう 2打目)が、非常に正確なんですね。
必ずしもグリーンに乗せるわけではないが、ピンに近い距離に打ってくるのです。

ラフからもフェアウエーからも、どんなに遠くからでも。


US Openのようなみんなが緊張する大きなメジャー大会でも、この正確性があれば大崩れはしませんね。

すごく飛ぶわけでも、パットがボコボコ入るわけでもない G-Mac、彼が2010年非常に強かった秘密は、「2打目の正確性」にありました。(GIRに出てこないところがユニークですが。)


言われてみれば、2010年USオープンでの印象そのままです。

かっこいいー!!


・・・でも、今季新たに結んだクリーブランド/スリクソンとの契約が命取りになりかねませんねぇ・・・。
2打目の正確性が生命線ですよ?!


画像をクリックで拡大します。
(クリックでG-Macのサイトに。)



追記: (1/10/2011)

とりあえず開幕戦は、慣れないハワイにもかかわらずトップに1打差の3位フィニッシュ、ということで、クラブ変更の影響は出ていないと言ったところでしょうか。
使用アイアンは私には定かではありませんが。



6 comments:

スノーマン said...

また、またやってくれますねぇ~。
長編大河ドラマのようなブログだぁ~。。。
ナマケモノのスノーマンですが、一行目から最後の行まで
記事は読んだよぉ~。 
ヒィ~、ヒィ~、ハァ~、ハァ~。

2打目は私にとっても特に大事なショットです。
私の場合P5、長めのP4だと、3Woodですが。。。
練習でも力入れてますがイマイチ安定しないクラブでした。
ただ、うちのコースの18番ホールの右足下がりのショットでは90%位良いショットが出てるんですよね。
私なりの分析だと、まず体重が右足にちゃんと移動している、そして右肩がスイングの際に残せている。
インサイドにクラブが引けている。バックスイングがアップライトになりすぎていない。
。。。というような事が起きているのでは?と思ってるんでけどね。

とにかく、今シーズン3Wood、ピッチング、パッティング、これらに力入れる予定です!

目指せ! 目標達成! Zさんのブログ参考にしてますから、良い練習方法どんどんUPして下さいよ~!

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

長いの読んでいただけてありがとうございます。(^^;


でも、スタッツのページの数字の羅列を眺めるよりも楽しめますでしょ?


3Wがスパーンと当たって、グリーンに乗ったりすると気持ちいいですよねー。(^^)

yamacchi said...

読み応えのある記事、ありがとうございます。
なんでGIRが悪いんでしょ?不思議です。

yspz said...

yamacchiさん、こんにちは。

これはあくまで私の推測ですが、G-Macがアイルランド人だからだじゃないかと思います。

例えばタイガーは、あれだけスクランブルのリカバーが上手いというのに、グリーンオンを優先する組み立てをします。
09年以前はGIRが1位か2位でした。
(GIRが1位でスクランブルが1位じゃぁ強いわけですよね。)

ジャック・ニクラス設計の「必ず砲台ポテトチップグリーン」とか、ピート・ダイ設計のスタジアムコースとかでプレーしていると先ずはグリーンオンしておかないとわなに落ちますからね。

リンクス・コースで育ったG-Macは、バンカーだけ避けてピンへ打っていく組み立てが基本になっているんじゃないでしょうか?

今年はUSPGAに本格参戦するそうですから、その辺で変化があるかもしれませんね。
アイアンもスリクソンに変えますし、苦戦するかも知れません。

hally said...

先日は、ありがとうございました!

今度はぜひラウンドをご一緒させてください。

G-Macの強さ、今年はどうなるんでしょうか。楽しみですね。

yspz said...

hallyさん、こんにちは。

ご飯ごちそうになっちゃいまして、ありがとうございました。

次は私がご馳走しますね。(場所代が高くなくてすごく美味しいところへ行きましょう。(^^))