2/08/2011

ワニに噛まれたゴルファー


私のオフィスのPCが、WINDOWS7になりました。
日本語を読み書きできる設定にするのがあまりに簡単で驚きました。

一度VISTAになりかかったときに、「これは使いにくいねー。」と思ったのですが、WINDOWS7はXPとあまり変わりませんね。 いきなりでも使いやすくて助かりました。(^^)

---


まぁ、あの、NBCのこの記事をご紹介する記事になっちゃうんですが。

Man sues golf club for that time an alligator ate his arm
(ワニに腕を食べられた男、ゴルフコースを訴える)




洒落にならないので、変な可愛い模型の写真が使われていますが、読んでみますとかなりすごいお話です。


~~~


ノース・カロライナ、フリッピスランド・リゾートオーシャン・クリーク・コースで、息子さんとラウンドしていた76歳のJames Wiencekさん。



ワニだからフロリダかと思ったら、違うんですね。
綺麗なコースです。


記事の中に、裁判所の書類の文章がそのまま掲載されていますが、

On the 11th hole, Wiencek hit his ball near, but not into, a big deep pond, surrounded by a steep bank covered by long grass. The pond itself was dark and brackish, at no time allowing a hint of what lay beneath the surface.
“When the plaintiff reached his right arm towards the ball, without warning, a large, 10-foot long alligator spring from the brackish and dark water and attacked the plaintiff, biting and holding plaintiff’s right arm,” the complaint states.
“The alligator then pulled Plaintiff into the water and attempted to initiate a roll, pulling plaintiff underwater. Plaintiff struggled with the alligator, and the alligator tore plaintiff’s right arm off in a violent and vicious manner above the elbow.
“Plaintiff was helped to the shore by his son and attended to by other patrons of the course.

(11番ホールで、ウイエンセクさんは急な土手と背の高い草で囲まれた大きな深い池の近く、しかし中ではない、にボールを打った。 池そのものは暗く黒っぽい色で水面下に何が居るか伺うよしもなかった。
「原告がボールへと腕を伸ばしたとき、突然、巨大な3mもあるワニが黒っぽい暗い水から飛び出してきて、原告を襲い、右腕に噛み付いて離さなかった。」と告訴状にはあります。
「それからワニは原告を水の中に引きずり込み、原告を引っ張りながら回転を始めようとしました。原告はワニと懸命にもみ合い、ワニは原告の腕をとても凶暴で容赦ないやり方で、肘から上をもぎ取りました。」
「原告は、息子に助けられて岸へ上がり、コースの他のお客さんによって看護を受けました。」)


すごいですね。 生々しいです。

それで、コースの管理責任を問うて、裁判に訴えることになったらしいです。


ちなみに、こちらが裁判所からリリースされた文章です。
http://www.courthousenews.com/2011/01/20/33461.htm



目撃者の方の証言に拠りますと、原告のウイエンセクさん、ラウンドのもっと前の次点でこのワニを目撃し、その大きさについてコメントもしていた、って書いてあります。


で、ですね、「吐き気をもよおしてしまう人はクリックしないでください。」 と、注意書きが添えられていますが、ワニのお腹を裂いて救出した腕の写真があります。

すごいです。 ↓  (決断は自己責任でお願いします。)



こちら。


これ、救出して繋げる気だったんでしょうか?
きっとそうですよね?
たぶん繋がんなかったんだろうと思ったりしますけれども。

ワニくんもえらい目にあっちゃったなー、って気もしないでもありません。


うちの方のコースにはワニ居ないんですが、ガラガラヘビとかコヨーテは居ますので、気を付けなくちゃ、ですね。(^^;;



6 comments:

スノーマン said...

この方、すごく驚いたでしょうし怖かったでしょうね。
息子さんも、どんなに動揺された事でしょう。。。

何だか、ゴルフも場所によっては、命がけなスポーツなんですね。

TVでよくゴルフ場にいるワニが映りますが、
やっぱり、襲う事あるんだぁ~。
マア、当然と言えば当然ですが。。。

でも、この人命は助かってよかったです。


うちのコースにも、やせた犬と間違えそうな
コヨーテ君がいますが、
ヘビは居ませんので安心してプレーできますよ!

trimetal said...

ワニに腕を取られる人はアメリカじゃ結構いるそうで、そのうちの一つなんでしょうが、大昔の記憶が蘇りました。これ以上は言わない方が良いですね。

フロリダじゃゴルフするのも命がけですが、NCでも居るんですね。それに砂漠地帯ではガラガラ蛇ってのがあるとは、こちらも命がけです。ああ、北東部で良かったです。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。


コヨーテは安心かと思いきや、一昨年カナダの19歳の女性歌手が襲われて亡くなりました。

なんでも、コヨーテを見たときは逃げてはいけないそうです。 かえって襲われることがあるので。
大声とかで威嚇してやると弱いっぽいです。


まぁ、命がけのスポーツって言えば、打球事故の方がワニより事例が多いかも知れませんね。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

私、以前記事に写真アップしましたがガラガラヘビには遭遇してますから、気を付けないとですね。

ああ、ボールが全部フェアウエーに飛んでくれたらどんなにいいだろう。(笑)

HIRO said...

ぎょえ!恐ろしいですね。野生の動物に襲われるのはどうしようもないですよね。ペットとしてコースが買っていたのであれば話は別でしょうけど。おいたわしや・・・。

yspz said...

HIROさん、こんにちは。

さすがにワニに食べられちゃうと目立っちゃいますけど、実はガラガラヘビとかサソリとかの被害の方がやばいし多いんじゃないのかなー、と思ったりします。

日本にもマムシ居ますしね。


で、打球事故のことも↑のコメントで書きましたけど、
一番多くて怖いのが熱中症でしょうねー、やっぱり。

普段居もしないワニにはあんまり注意しなくてもいいような気がしますが、雷も含めて怖いものはいっぱいあるぞ、と、いうことで。(^^;