2/10/2011

タイガーの新スイングは改悪?(somax sportsの解説)


朝のバック9、霧で全然見えませんでした。
かすかに見えるって感じで、コース覚えていればなんとか、っていう濃度でした。

画像をクリックで拡大します。


このホールは実はすごい打ち上げになってます。


一方、こちらは打ち下ろしです。
なんとなく雰囲気的には判りますよね。 プレーできないことはないけど、グリーンの位置やピンフラッグは全く見えませんです。

画像をクリックで拡大します。


でもねー、楽しいんですよねー。(笑)

朝のバック9は、スコア付けてませんしね。


---


私、スイングの分析はよく判んないのですが(^^;、この動画はなかなか面白いなぁと思いました。

ハンク・ヘイニーと取り組んでいたスイングが良かったとは思いませんので、このビデオの言うことに100%賛成なわけではありませんが、本当にそんなに今の取り組んでいるスイングが改悪かどうか、興味が沸きます。

巷では、「今度のスイングの方が良くて復活しつつある」って感じの評価でしたから、ここで真っ向から「ずいぶん酷くなってる」と言い切るのはなかなかの自信ですよね。


っつか、まぁご覧になってみてください。



これは、somax sportsってところの分析なんですけど、確かコーチのショーン・フォーリーはスタック&ティルトの一派だったかと思いますが、ヒップのシフトは推奨してないですよね?

http://www.somaxsports.com/


やけにグリップ位置が高くてスイングプレーンに乗ってるスイングは、かのモー・ノーマンのスーパー・ナチュラル・スイングの一派なのかなー、って思ったりします。
完璧にプレーンが1枚で打っているのって、モー・ノーマンだけなんですよね。

とりあえず私には無理ですが。(^^;



首の故障が原因でパットがイップス気味になってしまうって言うのは、アライメントが狂って短いパットを外すうちにメンタルにイップスに掛かりがちだって言うことなんでしょうね。

パッティング中にヒップが動くのは確かに全く良くありません。
(と、デーブ・ペルツのバイブルにも書いてありました。)


ところで、比較対象(っていうか洒落)で出てきているシャキーラのお尻はいいですよねー。(笑)


8 comments:

trimetal said...

先日の今シーズン初の試合結果からすれば、最低の出来でしたので、ここで言われている欠点が現実のものとなったていると言う論理は破綻していません。

でも、結局は今年一年、来年の結果を見ないと何が良くて、何が悪いかわからないでしょうね。今、このような事を言うと言うことは、目立つと言う点では広告効果抜群なんでしょう。外れていれば、違う動画が作られるかも知れません。その時は、ここが改善されたなんていう記事になったりするんじゃないでしょうか。

個人的には、2000年頃のスイングが一番好きですし、安定していたように思います。今は、少々頑張らないと飛距離が出ないので、無理しているかもと思います。デビュー当時は、43.75インチのスティールシャフトドライバでもブッチギリの飛距離だった記憶があるのですが。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

パッティングの時にヒップが動くのは全く良くないと私も思うんですよね。

で、タイガーの不調はひとえにパッティングのような気もしてます。
ドライバーは以前から曲がる方だったような。
確かにあのころは桁違いでしたよねー。

あと、新溝規制でちょっとspin controlに、struggleしてるって感じさせるのは、目立つところではタイガーくらいですね。

サンディエガン said...

シャキーラ笑いました。

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

4回戦も勝利、おめでとうございます。
さすがです。


シャキーラのお尻、いいですよねー。

スノーマン said...

ゴルフスイングに、あんなに沢山の角度。。。

修正するには、分度器がいるのかなぁ~。。。

これから先、何十年もきっと、No.1にタイガーが君臨すると思っていたのに。。。

やっぱりゴルフっていろんな意味で難しいスポーツなのね!


さぁ、私は、今年もSimple is best!で、
スキャンダルもなしでいきま~す!

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。


ス、スキャンダルて。(^^;



キャプテン、頑張ってください!



マジで。

HIRO said...

僕もタイガーの不調はパターから来てると思うんですよね。ショットの精度が全盛期よりも下がっているのは確かだろうけど、明らかにパターが酷い。数年前からこの兆候はあったので事故による頸椎損傷は別の話かと思います。とにかくショートパットを外しまくる姿は見ている方としてもイライラしちゃいます。

yspz said...

HIROさん、こんにちは。

タイガーを良くご覧になっている方からのご意見、ありがとうございます。


以前のタイガーは、特にショートパットが人間離れして正確無比だったんですけど、

デーブ・ペレツの分析通りメカニズムがシンプルではなかったのでスランプに入るとなかなか戻らないという仮説が正しかったように感じています。

事故より前から傾向あったんですね。



ドライバーも苦しんでますけど、私的にはスイングの問題よりも、むしろ進化した道具がタイガーに合っていなくてアジャストに苦労している気がしてます。