9/19/2011

ジェイミー・サドロウスキー、ネイションワイド・ツアーの予選を通過


韓国で行われたチャンピオンズ・ツアーのSongdo IBD Championshipで、髭のジェイ・ドン・ブレイクがジョン・クックを破って久々の優勝を果たしましたね。

いやー、実に懐かしい名前です。(^^)
髭が目立つので、今でも若い頃と同じイメージですわ。


---


今回の話題は、ご存知の方も多いかとは存じますが、なんか桁違いに曲がらなくて強い感のあるロング・ドライブ・チャンピオンのジェイミー・サドロウスキーが、ネイションワイド・ツアーのトーナメントに出場して、予選を通過しました。

XXXの特注シャフトとは思えませんねー。↑ 


この人は、ジェイソン・ズーバックをはじめとする典型的なマッチョ・イメージのロングドライブ・チャンピオン達とは雰囲気が違います。

もちろん筋力も強そうで体のバネがありそうなアスリートタイプではありますが、かなりオーソドックスなスイングでスラっとした体型ですよね。

いわゆるオーバースイングと言われるテークバックのスイングですが、体の柔らかさを感じます。



こちらにその記事があります。↓

Long drive champion Sadlowski makes cut in Nationwide Tour debut


記事によりますと、初日73の2オーバーとやや出遅れた後、2日目に2イーグル、5バーディー、4ボギーの66で、47位タイで予選を通過。
ネイションワイド・ツアーのデビュー戦です。


平均飛距離はなんと359.5ヤードだそうです。

トーナメント用に、随分抑えたティーショットをしたんじゃないかと想像しますが、それでも桁外れですねー。(^^)

アンダーで巻き返したセカンド・ラウンドでも、フェアウエーヒットは36%しかなかったそうですが、ティーショットを狙って打つ位置が他のプレイヤーの狙う位置とは全然違い、ブラインドになるホールも多々在った模様です。


「平均」で360yも飛ばしたら、例えば430yのパー4でも2打目は70yのチップショットしか残らない計算ですから、なにか別なゲームをプレーするようなゴルフになりますよね。


いままで、ロングドライブ・チャンピオンがまともなゴルフをプレーするっていうのを観戦する機会があまりありませんでしたけれども、この人がネイションワイド・ツアーで活躍して、さらにPGAのツアーで活躍する、って言うことになれば大勢のファンが熱を上げて応援することになるのは間違いありません。

私も間違い無くその内の一人になります。
ネイションワイド・ツアーのTV放送が時々ありますから、これからはこまめにチェックしなくては!(^^)


いやー、楽しみです。



ジェイミーの動画を貼っておきます。 ↓

420yドライブ


スイング分析


気になるドライバーは、アダムズ・ゴルフのスピードライン・ファストで、ロフト6.5度、シャフトはHouse of Forged社のジェイミー・スワロウスキー・シグニチャーという特注のシャフトでXXXの硬さ、チップを特別に強化したもので、LDAの最長の長さの48.25インチ、CPMは268、スイングウエイトはE3だとご本人の公式HPに書かれています。

トーナメントでは、長さとか違ったドライバーを使ったのでしょうね、きっと。


やっぱりねー、夢がありますよね!(^^)



14 comments:

trimetal said...

お待ちしておりました。

ドラコン選手権って面白いですよね。私も大好きです。

一度だけドラコン競技に出た事あります。未だ若い頃で、パーシモンヘッドにSmall Ballの時代でしたが、距離を巻尺で測定してくれました。もちろん、200mとか、250m地点からの測定ですけどね。(メートルって言うのが時代を感じさせますね)

その時の記録は、248mでした。ヤードに換算すると、271ydsですので、当時の道具で自分にしては頑張った方だと思います。オープンコンペの余興で、ずーとトップだったのに、最後の最後で2m抜かれました。

最初の写真で、シャフトが逆にしなっているのは、シャッターが上から下りるためと思われます。これだけヘッドスピードが速いと、僅かな時間差でヘッドが前に行っちゃうんですね。

hyappo+ said...

お帰りなさーい!

確かに今までのドラコンって言うとズーバックとかショーン・フィスターみたいな
”レスラー体型の人”がぶっ飛ばす競技ってイメージありましたね。
(性転換したあのドラコン女王もこの系統・・・)

Jamie、ネイションワイドの他の選手と並ぶと小さく見えてしまうくらいなのに
この試合で最も飛ばなかったティーショットですら300yを軽く超えてるとか
もはや別次元のプレーですよほんと。

こういう規格外の選手がプロの試合に出るって考えるとワクワクしちゃいます。

飛べばゴルフが楽になると飛ばない私は思ってますが
飛びすぎても実は難しいらしい事がわかったのは発見でした(^^;

koba said...

16歳のトンプソンが史上最年少でLPGAツアーに優勝したのをTVでちらっと見てましたが、ハンパなく飛ばしますね。
他の姉さん達がハイブリッドで2nd打ってるのにウェッジだもんね(笑)
ウィなんて問題になりません。人気でそうです。

ドラコンのチャンプがコースでドライバー以外のショットはどうなのか興味ありますね。
他のクラブも比例して飛ぶとは思ってませんけど(笑)
PGAで勝てたら間違いなくヒーローになりますね。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

スチールシャフトのパーシモンで271yはすごいですね!!


シャフトのしなりですが、写真の加減ってのもあるんでしょうねー。

ここからボールにヘッドが当たりつつ、今度は写真の逆にしなって行って、ボールがヘッドから離れる頃にはまたこの写真のようにしなって弾いていく、っていう3段階の動きをするというスロー動画を見たような気がします。(^^)

yspz said...

ひゃっぽさん、こんにちは。

ありがとうございます。


この人、カナダ人らしいですけど、ホントにワクワクしますね。

ネイションワイドツアーでさえ、なかなか挑戦できないのがロング・ドライバー達の現実でしたが、予選を通るんですから期待できるんじゃないでしょうか?


ホント、別次元のゴルフって感じですね。
(ダスティン・ジョンソンもちょっとそんな感じしますけど、それ以上に別物ですから。)

yspz said...

kobaさん、こんにちは。

トンプソン、ホントに人気出そうですね。(^^)


なんか、ルーク・ドナルドがワールドランキングで1位になるのもロマンですけど、ぶっ飛びの人が活躍するのはやっぱりロマンですよねー。

それでもってプラスものすごい強いと若い頃のタイガーになるんですけどねー。(^^;

trimetal said...

Zさん、

シャッタースピードが仮に1/400で、ヘッドスピードが60m/secだとすれば、シャッターが下りる間に、15cmもヘッドが前に進む事になります。ですので、シャッターが上から下りる間に、グリップの位置よりもヘッドの方が15cm動いてるので、写真のようにシャフトが逆にしなるように見えるのだと思います。

ただ、実際にはインパクトの後には、ヘッドが前に行ってシャフトが逆にしなる現象もありますね。

因みに、当時のスチールシャフトとパーシンモンでも当れば結構飛んだんです。但し、相当部分をランで稼いでいますので、キャリーは大した事ないですよ。何せ、Small Ballですからね。Small Ballって今のボールより飛ぶんですよ。

yspz said...

なるほど、カメラってのはそういう現象が起きてるんですね。

合点が行きます。


私も26年前に始めましたので、スモールボールはけっこう経験しています。(^^)

あと、一時期出たスポルディングのマグナっていうでかいボールも結構好きで使ってました。
若い頃は飛距離には不満ありませんでしたからねー、すごい曲がりましたけど。(笑)

コルレオーネX said...

日本のジェイミーこと、コルレオーネXです・・・・・・嘘です(笑)。

凄いですねぇ、もの凄くスイングのスピードが速いですよね。やれっていわれたって
やれませんけど、腰がヨレヨレの私が今マネしようとしたら恐らく腰が
捻じ切れますね(笑)。

この方、体が柔らかそうですよね。体型もスリムだしなぁ・・・・・・
そういう意味じゃ、ズーバックなんかのほうが親近感湧きます(笑)。
但し、私は体がバリ硬です(笑笑)。

yspz said...

Xさん、こんにちは。

この人、LDチャンピオンの中でも曲がらない方っぽいんですよね。
だから、ツアーに出ても結構な飛距離で打てるんだろうと思うんです。


ちょっと楽しみじゃないスか?(^^)

スノーマン said...

ジェイミーのスイング見ましたけど、
あんなにオーバースイングでも、しっかりボールにスクエアーに戻ってこられるんですね。 それも、すごいヘッドスピード。。。
オーバースイングでなければもっと、飛距離が伸びるのかなぁ?
よく、オーバースイングはディスタンスをルーズするって
言いますけど。。。
それは、私達のレベルでの事かな?

でも、420y!スゴイ~。あのスラッとした体で。。。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。


オーバースイングは間違い無く飛びますよ。

方向性は揃えにくいですけど、タイミングよくやればどうみてもよく飛びます。


私も20年前はすごいオーバースイングで振り回していましたから、体感してます。(笑)

trimetal said...

オーバースイングは確かに飛びますね。私も実感しています。

私の場合は、昨年までトップが浅くてクラブがフラットになる前にダウンスイングに入ってました。最近は、少し深く振るようにして、フラットか、微妙にオーバースイング(世間ではオーバースイングとは言わないレベル)まで振るようにしていますが、飛距離が伸びたと思います。でも、安定感は若干落ちますね。

yspz said...

ですよねー。

私は、シャフトの角度だけで言えばジェイミーぐらい振っていました。
あちこちが緩んでジェイミーのようには振れていなかったですけれども。

ドライバーも、スチールシャフトでしたよねー。