11/14/2011

ジョン・デイリー、ボール手持ち切れでWD


このニュース、日本でも話題になっていますでしょうかね?


画像をクリックで記事にリンクしてます。


まぁ、ことの経緯を記事からかいつまみますと、先週末行われたオーストラリアン・オープンの大会中の木曜日の初日のプレー中、11番ホールでデイリーが勝手に棄権して帰っちゃったんですね。


そもそもは、10番でバンカーに入れそこで誤球のプレーをしてしまったことに始まります。
打ったのがこともあろうにレンジ・ボールだったという珍事が発端です。

誤球の2打罰に加えて3パット。 ここですでに半分切れてたわけですね。


怒り心頭のデイリー、次の11番ホールのセカンド・ショットで池に2発入れてしまったところで、気持ちが切れて訳わかんなくなったっぽいです。

結局、打ち直して、打ち直して、打ち直して、打ち直して、打ち直して、7発池に打ち込んだところで手持ちのボールが無くなり、

プレイング・パートナーだったハンター・メイヘンとクレイグ・パリーと握手、スコアカードにサインして競技委員に渡し、さっさとホテルに帰った、ということらしいです。


ゴルフ・オーストラリアのトーナメント理事でいらっしゃるトレバー・ハーデンさんはこのデイリーの行為に怒り心頭。

今後、オーストラリアン・オープンには2度とデイリーを参加させない他、2週間後に行われる予定でデイリーも出場予定だったオーストラリアンPGAへの招待も取り消し、出場させないことにした、というようなことが記事には書かれています。



---



で、私思うのですが、

『途中で投げ出すなど言語道断。けしからん。』とか捲し立てられましても、ボール無いのにどうすんのかい?と。

通常、プロは3個~6個程度のボールをバッグに入れてプレーしていると聞きます。

むしろ、7個も入っていたデイリーは多い方なんじゃないかと思ったり。(笑)


プロの場合は(JGAのアマチュアとは異なり)現在はワンボール条項の下にトーナメントをプレーしている訳なんですよね。

同伴のプレイヤーがたまたま同じメーカーの同じ銘柄のボールを使用していれば(例えばタイトリストのPro V1とか)、ボールを借りることができて、それでホールアウトしておいて、次のホールまでには間に合うようにスタッフに補充のボールを持ってきてもらうとかは出来るかもなぁと思うんですが、

じゃなけりゃ、まぁプレーを辞めるしか無いんじゃないのかなぁと思ったりします。



そういえばルールブック & 裁定集には、「ボールが全部なくなったとき。」っていう判例は書かれていなかったと思います。

ボールは借りられるか?っていう裁定例は書かれていましたけれども。



件のトレバー・ハーデンさんは、『If you run out of golf balls, and you are acting in a professional manner, you will call a rules official and we will get the type of ball he is playing with and replenish his stock,

(ボールがなくなったとしても、仮にもプロらしく振る舞うならばルール・オフィシャルを呼んで彼がプレーしているのと同じタイプのボールを補充できるし、(我々にはその用意が出来ている。))』とかおっしゃっていますけどね。


現実問題、

そこで実際には一体何分待つことになるのだろうか?と。

そして、全プレイヤーの使用ボールを把握して全種類を用意しているのだろうか?と。

私には、いささか疑問に感じます。



そしてその問題の11番ホールですが、右側がずーっと池になっている528yのパー5で、男子プロなら2オンを狙って打ちますからその意味では確かに2オンするには易しくないホールですね。

画像をクリックでコースのサイトにリンクしてます。


同伴のクレイグ・パリーによりますと、『デイリーは、ちゃんと届くクラブを使っていたと思うけど、彼が思ってたより向かい風が強かったんだよね。2つ池ぽちゃして切れちゃった感じだったかな。』ってことでした。



数々のコース上での悪行の実績があるデイリーの肩を持つ気持ちはさらさらありませんが、

それにしても、オーストラリアン・オープンたる大会の10番ホールのバンカーに、レンジボールが入っているとはいかにも雑なオーストラリア、という感がしてなりませんですね。


さらにデイリーを逆撫でした要因としては、08年までは罰打を問われなかったバンカー内での誤球がルール改正により09年からは2打罰になっていた、ということもあろうかと勝手に想像いたします。
(勝手な想像で恐縮ですが、デイリーはあまりルールを細かくチェックして注意しているタイプには思えませんので。)



まぁ、ジョン・デイリーについては「いつもの平常運転」、という感じが致しますが、

ルール的な興味から、記事に取り上げてみました。


8 comments:

trimetal said...

ボールが無くなったので棄権は致し方ない所だと思います。これはZさんの仰る通りです。

問題は二つあると思います。

・7球も池に入れてしまう事。いくらなんでも、それはやりすぎで、既にプロゴルファーとは言えませんね。池に入れただけじゃ勿論失格ではありませんが、プロとしてプレーする精神状態でないので、棄権が正しい選択かと思います。(ボールが無くなる前に棄権すべきですね)

・ボールが無くなって棄権した時にオフィシャルに何も相談しなかった事。これに対して、トーナメント側がお怒りになっているのかと思います。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

7発も池に入れるのはやり過ぎだ、は本当おっしゃるとおりですね。

しかし2発入れたところで棄権すれば丸く収まるかといえば、それも疑問符のような気がします。

大会側とすれば、2発池に入れた後はレイアップして9オンしてプレー続けろ、ってことなんでしょうけど、ねー。


「なんでレンジボールなんだよ?!なんで2打罰なんだよ?!」ってすでに前のホールで半分切れてたのだろうと思うんですよ。


ちゃんとスコアカードにサインしてオフィシャルに渡して帰ったみたいですよ。(笑)

『おれっちとしてはやるだけやりました。』って感じだったんでしょうか。

スノーマン said...

こんにちわ!

バンカーにレンジボールが入っていなければ誤球も無かった訳で、そのことで頭にきて、冷静になれず、まず3パット。
次に、池ポチャで益々怒り心頭、彼の性格からするともう、ヤケクソだったのだと思いますね。
7発も池に入れるなんて、映画じゃないんですから。。。
彼は、Spoiled!の一言に尽きると思います。
才能があるのに、もったいない事だと思います。

yspz said...

スノーマンさん、こんにちは。

デイリーは、ビールっ腹のダメ男が勝つ、みたいな感じでアメリカでは異常に人気ありますよね。
もう最近勝ってませんけど。


ただ、一方で私、スポーツアスリートに聖人君子みたいなの期待するのはどうか?って思ったりしてます。

やっぱり破天荒な人間離れしたところを見たいんですよね、エンターテイメントとしては。

浮気やめたけど全然勝てないタイガーとか見ても楽しくないですもんね。

7発池ポチャして帰っちゃうようなやつは今後一切呼んでやんない。なら、それはそれでいいんじゃないかと思ったり。(笑)

HIRO said...

頭から湯気出してるのが想像できますね(笑)誤球は本人の不注意、7発の池ぽ茶は本人のミステイクってことでしょうか。ボールが無ければプレーできませんからそこでゲームオーバー。結局トーナメント側は棄権するなら事前に伝えてほしかったってことなんでしょう。みんなが棄権連発したらトーナメント運営出来なくなりますしね。

デーリーのショートテンパーも面白いです。失礼でしょうけど、さすがデーリーってうか、またやっちまったのねというのが感想です。いまどきこんなやんちゃな選手も絶滅してしまいましたので、こういう選手も個人的には好きですね。クラスにも居たじゃないですか、昔。ちょっとアウトローな感じの人って。

翌週の試合もエントリーさせないと言うのは厳しいなあ~。昔ブライアンワッツが切れて、グリーン上のボールをウェッジでとなりコースまでフルショットしたのはさすがに歴史的な悪態だと思うけど、まあ今回の件は性善説的に前向きに考えれば水に流してしまってもいいのかなと。

yspz said...

HIROさん、こんにちは。

本当、おっしゃるとおりですね。(^^)
一つ上の私のコメント見ていただいてもお分かりになると思いますが、私もちょっと破天荒な感じが見たいです。


ただ1点、
>棄権するなら事前に伝えてほしかった

事前に7発池ぽちゃする予定はしていなかったでしょうから、これは無理かなぁ。


その場で同伴プレイヤーにちゃんと握手して、競技委員にサインしたスコアカード渡して帰ったそうですから、それ以上何か必要なの?って感じします。

このホール19叩いて前のホールでもダブルボギーで、それでも後もう1日プレーする意味も全然ありませんしねー。(笑)

koba said...

こんにちは。

ボールを使い果たす恐怖・・・

OBやら池ポチャやらでバッグの中のボールが残り2個までになった事があります。
しかも、競技で(汗)

あの時は、最後の1コも無くなったらどうしようか、なんて考えたらドキドキして楽しかったのを思い出しました(笑)

yspz said...

kobaさん、こんにちは。


それはスリルありますねー。(^^)

スコアよりもとにかくボールをなくさないゲームマネージメント、やってみるとなんかいいこと見つかるかも知んないですね。スコアも良かったりして。(笑)


まぁ、現実にはもし無くなっても、キャディさんか同伴競技者の方にボール貸してもらえば済むのですけれどね。


もう10年以上前の話で変わっているかもしれませんですが、私のホームコースでは月例でもワンボール条項が採用されていまして、ボールを借りることが出来ませんでした。

かくして私のバッグにはいつも少なくとも12個以上はボールが入っているという癖がいまだに抜けません。(^^;