8/13/2012

ラウンド記録 (ジャーニー at パチャンガの2)


友人たちと8人で、ジャーニー・アト・パチャンガへ行って来ました。

昨年3月にSCGAのメンバー・アウティングのひとつとしてショットガンのトーナメントでプレーしています。 あの時は、池越えのパー3、15番からのスタートでした。

ルイゼーニョ族所有の、パチャンガ・カジノが経営しているリゾート・ゴルフ場です。


Journey at Pechanga resort
https://www.pechanga.com/golf/Default.aspx


しかしこの時期は、100度F(38度C)前後の気温ですから、午後のラウンドをするには少々しんどいですね。
しかもこのところのLA周辺は、湿度も高くて70%を超えていまして日本の夏を思い出すほど暑いです。

大量の飲み物を用意して望みました。



昨年に続き 2度目ですから、コースも落とし所とかいろいろまぁまぁ覚えていました。(^^)

今回はトーナメントではありませんのでティーは選べたのですが、白ティーでもスロープ132と十分に難しいですし、友人たちもみな白ティーでしたので私も白からにしました。


この日実は、途中の6番ホールで雷雨による警報の中断がありまして、全員一旦クラブハウスに引き上げました。
約1時間弱の中断でみんな元のホールへ戻って再開しました。

ですから途中から写真は曇っています。

これはしかし非常に助かりました。 なにせ猛暑を覚悟していましたからね。(^^)



前回ご紹介していないホールの写真をいくつかご紹介しまして、ラウンド記録をしておこうかと思います。


まずは とても美しい5番ホール。298yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


向こう岸は真ん中正面の川で分かれていて、側より左側は斜めになっていますので自分の飛距離に合わせて打つ場所を選べます。

川の右サイドのフェアウエーになっている部分は、2打目が川越えにならずに攻めることができますが、確実にキャリーで220y飛ばさないと危ないです。

写真のロバートは2度挑戦しましたが、2度とも惜しくも届かず池ぽちゃに。


・・・っていうかね、左のフェアウエーのバンカーに入らない辺りに打っとけば、そこからグリーンまでもう130yかそこらなのに勝負に行く必要ないしょ?(笑)

まぁでもこれだけ綺麗で広々した景観のホールですと、「行ってみるか!」って気持ちはよく分かります。(^^)



前回もご紹介しました、原住民の小屋を再現したものはコースのところどころにあります。
こちらは9番ホールの途中にあるものです。

画像をクリックで拡大します。


後方には、前回ショットガンで我々のスタートホールだった15番ホールのグリーンが見えています。

我々のゴルフは遊園地に遊びに行くようなものですので、こうしたアトラクションで写真とったりして楽しむのもいい感じと思います。
特に前の組がグリーンを終わるの待ってる間とか、いいですよね。



こちらも前回はご紹介していません素晴らしい景観のホールです。
17番パー3、180yです。

画像をクリックで拡大します。


この日のティーはティーインググラウンドの前の方に出ていて165yぐらいでしたでしょうか?

あのグリーンを、フルバックからですと 243yから狙わなくてはなりませんので、私だったらドライバーか3Wですかね。 ちょっと無理です。(^^;

白ティーからは奥の左目に乗りました。(^^)



最後に、友人に撮ってもらった私が打ってる写真を。
以前の記事でもご紹介している18番ホールの雄大な打ち下ろしです。366y。



いつも素振りはしませんから、今まさに打とうとしている写真です。

前回の経験がありますので、今回は打ち下ろしの難しい6番ホールでもそうだったんですが、大体どの辺の距離に落ちるかも落ちる辺りがどう開けているかも分かっていますので、その分は打ちやすかったです。

テークバックが上がっていく途中かダウンスイングが降りてくる最中かよく判りませんけれども (多分テークバックの途中ですかね?)、それにしても相変わらずまるでウエッジでも打つかのようなドライバーの振り方だな、・・・と再認識してしまいました。(^^;


このショットの時点で、時間は夜の7時ぐらいです。





では、ラウンド・スコア記録です。


白ティーのコースレート/スロープは71.0/132、パーは36・36=72です。

1 5 - 0 7AL-①
2 4 △ 0 D4AL-①  (Sx)
3 3 - / D11S
4 4 - 2 ③  (44y)  
5 4 △ 0 U5B  (2nd miss shot)
6 4 ◯ 0 D⑪  (雷中断: 残り135y地点)
7 4 □ 3 3-  (12)   (WH)
8 3 △ / 5S  (22)
9 5 - 0 D17A-②

10 4 - 0 ③  (D16)
11 5 - 0 U3A
12 4 - 0 U11AL-① 
13 5 ◯ 0 ①  (10)  (臨時で短かかったパー5)
14 4 △ 0 D11AL-U2B-  (3パット)
15 3 - / ②  (22)
16 4 □ 0 5A  (80y)  (FBでmiss)
17 3 - / D13A
18 4 - 0 U13AL-①

40(16)・38(16)= 78(32)



壮絶な暑さが途中で過ごしやすくなって、すごく快適なラウンドでした。

8人グループの中に女性が一人居たのですが、疲れてへばってお腹空いて、上がってきた時ものすごく機嫌悪かったです。(笑)

ダブルボギーが2つあってのこのスコアは、全体のショットの調子としてはすごく良かったっと思います。


長い402yの4番ホールでティーショットをミスして左サイドの木がスタイミー、2打目を刻まざるをえなかったところからパーを拾えたのは嬉しかったですね。

最近は拾うゴルフの楽しさみたいなのが少しずつ分かって来ました。
そうかと思うとまだ、なんでもないグリーンそばから酷いチップショットを打ったりもしますが。(^^;


13番はインチキバーディーですね。
ティーイング・グラウンドが修理中で、5つのティーマーカーが全部赤ティーのところに来ていました。 ちゃんと打てば2つでグリーン届いちゃいますからね。


18番は前回ティーショットもいまいちだった上にグリーンのカップじゃない側に乗って危うくダボ打つところだったのですが、今回はまともにパーが取れてこれも嬉しかったです。


今度もう少し涼しい時期に行けたら、ひとつ後ろの黒ティーにも挑戦してみようかと思います。
一番後ろの銅ティーはちょっと無理ですが。(なんでCupperなんだろう??)



4 comments:

trimetal said...

やっぱり、LA近辺は雄大なコースが多いですね。でも、湿度が70%って、まさに日本の夏ですよ。最近雨が多いんですかね。こちらNYも雨が多くて湿度が高くて厳しい夏でした。でも、先週末から急に秋の気配がして涼しくなりました。

さて、スコアを見ますと、短いパットも確実に決めていますので、安定感がありますね。このスロープですと、結構曲げると厳しいでしょうから、ショットもまずまずって感じがします。最近70台が増えているように思います。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

この日は1時間半ぐらい雷がなってピカピカ光っていたのですけれども、雨はほとんど来ませんでした。

向こうの方の黒い雲の下にどーっと雨が降っているのは見えましたが。

そして奇妙なことに高い湿度はもう10日以上続いているのですが一向に雨が降りません。

雨用グローブを買い足して、準備万端なのですけれども。
(夏の雨は寒くないからやる気出ますね。(笑))


スコアの方は、強化月間でやはりショットが調子良い上に、このラウンドは白ティーからでしたから。

でも、おっしゃるようにパットがしっかり打てている感はあります。


それと、グリーン周りが随分良くなって来ました。

例のZ版頑張り率で2012年は今のところ48%程度で来ています。(^^)
大叩きラウンドが減ってきたような気がします。




サンディエガン said...

カジノ所有のコースは金の掛かり方が違いますね。

しっかし毎日暑い。

yspz said...


サンディエガンさん、こんにちは。

ホール間のインターバルが長すぎて急すぎて、歩いてトーナメントとか無理ですよね、こういうコース。

私はローラーコースター気分でけっこう好きだったりしますけれども。(^^;


でも、その割には、凄い上手い人とかじゃないと無理なカッパー・ティーなんてのが用意されているんですよねー。