8/09/2012

フィルの新パターは日本経由


こちらのGolf.comの記事はとても面白い内容でした。

Phil Mickelson's new Odyssey putter has Japanese roots, complicated history 」


記事によりますと、フィル・ミケルソンが先週のオハイオ州アクロンでのWGC-Bridgestone Invitational の金曜日のラウンドから投入して使っているそうなんですが、オデッセイのパターです。


画像をクリックで記事にリンクしています。



内容をかいつまんでおきますと、

全英オープンのロイヤルリザムで予選落ちした後、余った時間にキャラウエイのクラフト・サービスをやるトラックの中を徘徊しているときにこのパターが目に入ったのだそうです。


Odyssey ProType 18ix というパターなのだそうですが、日本仕様で日本でしか扱っていないそうなんですね。
誰か全英OPに出場した日本のプロが使っているということなんですかね?


トゥの高くなっているデザインや、ホワイトホットの様なインサート、とにかくいきなり惚れ込んじゃったらしいです。

しかしさすが日本仕様モデル、・・・右用しか無い。


そこで、キャロウェイ・ゴルフの主任デザイナー、Austie Rollinson氏に頼んで造ってもらったということなのだそうでして。
2-3日で造ってしまったらしいですよ。


アジャスタブルのウエイトも色々と1時間程度も試行錯誤した結果、写真のように15gを両方に入れることに。

ネックの微調整も施して、以前のL字パターと同じ  ライ角 74度 / ロフト角 3度に調整されているそうです。


トーナメントの最中の金曜日からバッグに入ることになり、週末の決勝もこれでパットして気に入り、今もこのパターを使っているそうです。

あまりにあっという間に実践のバッグに入ることになって驚いた、とRollinson氏が話しています。



記事を丸々意訳しただけですが、すごく面白い記事ですよね。(^^)


※追記:  ちなみに、PGA Chanpionshipの最終日には既に違うL字パターを使ってましたね。


---



ちょっと気になったルールの記事。

マウスピース着用で失格…直道トホホ


↑ これって、本当に違反に裁定すべきなんでしょうか?

裁定集の規則14-3 を読んでも、明確に違反であると判断されているとは思えません。


本人が、飛距離が伸びたという自覚があるんなら まぁ違反とジャッジされてもいいですけど、

私としては・・・、


じゃぁ入れ歯は?とか、

いろんなプレイヤーがパフォーマンス向上を信じて身に着けている、ファイテンのネックレスは?とか、

さらにはゴルファー御用達のブレスレット、サボナ とか パワーバランス とか


・・・はどうなの? スコアアップを謳ってますし。


などと、かなり「???」な状態に陥らざるを得ません。



どう思います?


---


追記:  8/12/2012

パット・エイミング教本の細貝さんからメールで教えていただきました。

マウスピースについては直道が最初の事例なわけではなく、JGA独自で作っている裁定集にすでに載っているそうです。



一方、USGAの裁定集には載っていなかったのですが、調べてみました。

Pure Power Mouth Guard Endorsed by PGA

2010年の7月のarticleですが、"TMJ issues (アゴ関節の不具合)" があって歯医者さんの診断書をもらっていれば、Pure Power Mouthguard を使用してよろしい、ということになっているようです。

プレイヤーのロッカーに貼り出されたと書いてあります。

周知徹底していたので、プレイヤーが知らずに失格とかの事態が起きていなかったため、裁定集にも載っていなかったのですね。

PGAにも使用しているプロが居るようです。


アゴ関節に全く問題がない人なんて少数派でしょうから、実質は大半の人が使おうと思えば使える状況にある様子です。


細貝さん、教えていただいてありがとうございます。(^^)



ファイテンやパワーバランスについても今度調べてみます。



4 comments:

trimetal said...

パターって、精密に出来てるだとか、バランスがどうだとか、色んな観点で語られますが、結局は実際に見て、打ってみての感触が良ければそれでOKって事なんでしょうね。特に、プロは気に入ったパターは、直ぐに使って、直ぐに成果出しますよね。それは、自分のフィーリングと転がりが一致するかどうかなんでしょうね。

選ばれし物 said...

こんにちは (=^・・^=)

 直道プロの マウスピース問題は
 私も 同じ様に 違和感感じました。
 石川プロの右腕の サポーター見たいなのも
 気に掛かります。

 ゴルフのルールは不合理に感じる事も
 多い気がします。

 最近だと ロングパター問題についても
 スッキリしませんね。

 ネックレス・ブレス類は
 プラシーボ効果かと 思いますが
 私は その類は一度も 使った事ないので 効果は解りませんが(汗)

 更に言えば  機能性下着で
 体を サポートする様な機能をうたっている物も
 裁定次第では アウトでしょうね。

 ゴルフルールは 裁定が多すぎでしょう。

yspz said...

トゥ側が高くなっている、キャメロンのデルマーのようなイメージのパターですよね。

ちょっとマレットっぽい感じが良かったのでしょうか?

charさんが好んでいらっしゃるパターともちょっと近いイメージですよね。

yspz said...

選ばれし物さん、こんにちは。

私はこの裁定、ファンががやがや言って騒ぎになったのと、直道本人が「距離が出る」とか言っちゃったんで、JGAがジャッジを間違ってしまったんじゃないかと思ってます。

ブレスレットは、私もその昔、ゴルファーの間で流行った「ライマ」ってのをしてました。 20年以上前かな?

スペインでは医療器具に指定受けてるとかで、効き過ぎたら半日外して休んでくれとか説明書に書いてあって、腰痛にはすごく効いたように感じてました。


アンダーアーマーもアウトとか言い出したらホントにキリ無いですよね。


私が昔持ってて愛用していた、高分子吸収体入りのキャップ(水含ませておいて涼しくプレーできるんです。ちょっと頭重いけど。(笑)) なんかも失格になっちゃうのだろうか?