2/19/2013

ラウンド記録 (ドーヴ・キャニオンの3)


このコースはすでに2回ほどご紹介しています。

どちらもSCGAのメンバー・トーナメントでしたのでショットガン・スタートでしたが、
今回はメンバーさんに招待していただいてのラウンドでした。

ジャック・ニクラス設計のとても素晴らしいコースでして、ジャックの設計フィロソフィーの一つである、スタートホールのティーショットは伸び伸びと打てるように広々とストレスの無いように。 というスタートを堪能するチャンスです。 (^^)

ここは長谷川滋利 元投手とかもメンバーだそうですね。



まずはスコアを。

結論的に言いますと、またもやジャックのグリーン周りにはやられてしまいました。
ジャックのコースには特有のピンの配置が6分割になっているアンジュレーションの大きいグリーン。

ピンの位置に合わせて狙って行かないと、とんでもない上り下りのパットが残ります。


画像をクリックで拡大します。


かと言って、ピンの位置に合わせてグリーンを狙いますと、そこは通常の1/4ぐらいのちいさな的になってしまい、しかもその的を外してグリーンの外に行ってしまいますと、わずか1-2フィート外であっても粘っこい芝にスポンと潜ってしまい、ウエッジでズバッと打たない限りなかなか寄ってくれない難しいチップショットになってしまうのです。

もしくは、ほんの 1フィートもグリーンを外しただけで、持ち上げられたグリーンからこぼれて20-30yも転がり落ちてしまって、そこから打ち上げのアプローチが残ってしまうという寸法です。



青ティーからのコースレートは71.7、スロープは132です。パーは36・35の71です。

1 5 - 2 U16A-①
2 4 △ 0 UD7AL-②
3 4 - 0 UD11A
4 3 □ /  D16S-2B-  (3パット) (Sx)
5 4 +3 0 U12A  (75y)  (2nd WH)
6 4 - 0 D③  (D7)
7 3 □  /  D16AL-②  (23)
8 4 △ 0 3-   (98y)
9 5 - 0 ①  (16)

10 3 △ /  D4A  (D24)
11 5 □ 0 D16B  (20)  (Sx)
12 4 - 0 ①  (14)
13 3 - 0 U9AL-②
14 5 △ 0 ①   (6) 
15 4 □ 1 7A  (24)
16 4 - 0 ①  (22)
17 3 - /  ①  (18)
18 4 □ 0 ①  (7)  (22)  (Sx,HR )

45(17)・43(13)= 88(30)


この日のグリーンは、私にとってはかなり速くて、いつもの標準の20%増しぐらいでした。
5歩のストロークが6歩転がる、7歩のストロークは8歩半ほど行ってしまうっていう感じです。

前回のスコアでもそうなんですが (前々回、前回はまだアプローチの距離をきちんと記録していない時期でしたが)、(D7) とか、(6) とか、一桁の距離のチップショットが発生してしまいます。

そしてむしろその距離からロブを打てないと寄らないケースも多いのですが。


ドライバーはむしろ調子悪くなかったですし、ボールもひとつしか無くしませんでしたし、3パットだって 1回だけでしたが、・・・スコアはやられてしまいました。


セカンドショットの正確性、コースを熟知した攻め方、それとグリーン周りの巧みさ、の3つが揃わないとなかなかきちんと攻略できないです・・・。


画像をクリックで拡大します。


すごく綺麗なコースですよね。

呼んでくれた友人、ジョンのティーショットですが、ハンチングがお洒落でしょ?



この日、呼んでくださったメンバーさんのマイクさんのお友達のお嬢ちゃん、ブリトニーちゃんが途中から我々のドローに加わりました。

画像をクリックで拡大します。


まだ13歳とかですが、4歳からゴルフをやっていて、ここのメンバーです。

美しいスイングで飛ばしますし、最初のホールでバンカーからガツンってバーディー決めたり、すごい上手でした。 (^^)

普段ここで白ティーから 70台の中ぐらいのスコアで回るんだそうです。


こんなおじさんのトップ目に入っちゃったアプローチとかにも「sit!」とかボールに声かけてくれてて、マイクさんのオヤジギャグにもよく笑うし、いい子でしたよ。(笑)




6 comments:

サンディエガン said...

コースレートもスロープもアンダーレーティングですね。本当はもっと難しいコースです。

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

そうですよね、ここはスロープ140ぐらいでもいいんじゃないかと思ってしまいます。

風が強い日もけっこうあるそうですし。
(この日は、中程度の風でした。)


17番なんか、あんな打ち下ろしで風が吹いたらどこに落ちるか分かんないし、グリーンは両側が深く削ぎ落とされたサドルバック(馬の鞍)の形で、ちょっと間違ったら強烈な上り下りのパットが待ってるというのに、ホールHDCP18ですからね。


まぁでも、88は打ち過ぎだと思います。(^^;
反省します。


モンキーパンチⅢ世 said...

かなりのポテトチップスグリーンなのでしょうか?その割にはコースレートが普通ですね・・・やはり日本のコースよりレーティングがシビアなのでしょうね

yspz said...


モンキーパンチⅢ世さん、こんにちは。

そうですね、けっこうなポテトチップです。

http://3.bp.blogspot.com/_P_2aTKUzltk/TOCIkdr3K_I/AAAAAAAAATM/JspLrPtKlAU/s1600/Dove_main_golf.jpg


一番すごいグリーンは、17番でしょうか。


日本でもスロープレートが導入されるとのことで、楽しみです。



購入したアイアンは、もう大体書けていますので、今晩ちょっと修正してアップします。(^^;

trimetal said...

こちらも亀コメで失礼します。

ジャックのコースは本当に戦略的に作られていますね。見た目も素晴らしいですが、それだけではないと感じるコースが多いです。

スコアを見ますと、後半は必死で寄せてパットを入れる繰り返しでちょっと苦労してるなと感じます。グリーン周りの難しいコースは、レート以上にスコアが出にくいですね。逆にレートが高くても、グリーン周りが易しいとそこそこスコアが良かったりします。やはり、ゴルフはアイアンの正確性とアプローチ、パットなんですね。


yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

Jackのコースは大好きなんですが、実力が足りなくっていつもやられます。(笑)

ポール・ゴイドスがここのプロをやっています。

そもそも私のグリーン周りのテクニックが通用しないので苦戦は当然だったりしますですね。

それでも、またやりたい、と思わせるコースです。(^^)

日によっては鹿とかも出るんですよ。