1/03/2017

2016年の成績と、2017年の数値目標


今年の打ち初めは1月2日。 (^^)
あけましておめでとうございます!



18番ホールのグリーン後ろから。


かなり叩いて波乱の幕開けですが、まー良いでしょう。(^^;


---


毎年恒例の、2016年の成績の振り返りと、2017年の目標を更新します。

昨年の記事はこちらです。 → 「2015年の成績と、2016年の数値目標

2016年は個人的に諸々の事情に時間を取られまして、ゴルフに対するモチベーションを高く維持するのが難しい年でした。
しかしながら、13年14年のスランプからはかろうじて脱した2015年と同様に痛みもなく楽しくゴルフ出来ました。


昨年の記事に沿って、数字を並べてみます。
青字が加わった昨年のデータです。

2008年 (5月-12月)
Score Average:   +9.2
Putts per Round:  33.53
Putts per GIR:     2.029
(パーオン率は9.1/18ホールくらいで、平均18.4パットぐらいでした。)

2009年
Score Average:   +9.4
Putts per Round:  32.23
Putts per GIR:     1.967
(パーオン率はぴったり8.00/18ホールで、平均15.738パットでした。)

2010年
Score Average:    +9.1
Putts per Round:  32.18
Putts per GIR:     1.947
(パーオン率は8.11/18ホールで、平均15.786パットでした。)

2011年
Score Average:    +8.7
Putts per Round:  31.83
Putts per GIR:     1.947
(パーオン率は7.81/18ホールで、平均15.195パットでした。)

2012年
Score Average:    +8.5
Putts per Round:  31.08
Putts per GIR:     1.990
(パーオン率は7.83/18ホールで、平均15.575パットでした。)

2013年
Score Average:    +12.9
Putts per Round:  31.65
Putts per GIR:     2.016
(パーオン率は6.00/18ホールで、平均12.097パットでした。)

2014年
Score Average:    +11.7
Putts per Round:  30.44
Putts per GIR:     2.027
(パーオン率は4.80/18ホールで、平均9.730パットでした。)



2015年
Score Average:    +9.9
Putts per Round:  31.57
Putts per GIR:     2.051
(パーオン率は7.03/18ホールで、平均14.42パットでした。)



2016年
Score Average:    +10.4
Putts per Round:  31.98
Putts per GIR:     2.047
(パーオン率は6.98/18ホールで、平均14.31パットでした。)



2016年は正直に言って2015年とほぼ同等のデータでした。
練習不足の感ありありですが、それにしては上出来と思っています。
パット数の分だけ若干悪化していますが、誤差範囲でしょう。

GIR(パーオン率)と言い、平均パット数と言い、ほぼ同等で、顕著に違ったのはラウンド総数くらいでしょうか。


2015年にクラブを約1年かけて全とっかえ、球筋もこれまでのドロー・フック系のボールはほとんど出せなくなりまして、真っ直ぐ目のフェードかドロー、どちらかというと芯で打つと真っ直ぐかフェード気味が持ち球に変わりましたスイング改造を定着させるのが2016年の課題でした。

まだまだ、自然な動きが新スイングに慣れたとは言いがたい状態ですので、2017年はスイングを定着し、ショットを安定させてスコアの向上に繋げたいです。

平均スコアが少々ですがふた桁台に乗ってしまいましたので、ひと桁台に復帰させたいと思います。


スコアの方は、こんな風になってます。

2007:    +5.1 +4.7 = +9.7
2008:    +4.6 +4.6 = +9.2
2009:    +5.3 +4.1 = +9.4
2010:    +4.6 +4.5 = +9.1
2011:    +4.1 +4.7 = +8.7
2012:    +4.5 +4.0 = +8.5
2013:    +7.3 +5.6 = +12.9
2014:    +6.5 +5.2 = +11.7
2015:    +5.3 +4.7 = +9.9
2016:    +5.5 +4.9 = +10.4

2007年のデータは、11コースだけ。 プレーは近所の市民コースばかりです。
2008年の5月にブログをスタート、08年は延約39ラウンドしました。
2009年は、約40ラウンドでした。
2010年は約30ラウンドです。 (諸事情でラウンド数やや減少)
2011年は約41ラウンドです。
2012年は約40ラウンドです。
2013年は約30ラウンドです。 (肘痛発生)
2014年は約39ラウンドです。 (スランプ継続)
2015年は約72ラウンドです。 (以前バック9だった多くを18ホールでプレー)
2016年は約42ラウンドです。 (特に取り組みなし)


昨年は夏休み恒例の、家族が日本に帰っていて居なかった期間のプレーが少なかったこともあり、スコアがぐっと良くなる夏のラウンド数が稼げず、トータルで2015年より若干良くない結果になりましたが、年間通してのゴルフ内容としてはほぼ同等だったと思います。


2017年も2012年レベルまで復帰することが目標になります。


80を切るラウンドが少し減ってしまいましたので、2017年は頑張って80を切るラウンドを増やしたいと思います。


---


バーディー数も集計してみました。

2007:  23個 (22ラウンド)
2008:  42個 (39ラウンド)
2009:  42個 (40ラウンド)
2010:  34個 (30ラウンド)
2011:  44個 (41ラウンド)
2012:  37個 (40ラウンド)
2013:  22個 (30ラウンド)
2014:  21個 (39ラウンド)
2015:  60個 (72ラウンド)
2016:  34個 (42ラウンド)

バーディー数も率としては昨年とほぼ同等です。
視力の老化も影響していると思われますが、大きな改善は難しいとしても2打目の精度を安定させて2017年は少し増やしたいところです。
やはりいつかはラウンドあたり1個以上のペースに持って行きたいと思っています。


一昨年の後半からデーブ・ペルツの3x4システムを精査しなおして練習していました。
その成果は確実に現れ始めていますが、スコアに大きく貢献するところまではまだ達していません。


難しいんですよね。

30-90yぐらいのところから上手く打てて、3-5歩に付けるショットは増えていると思うんです。
しかしこれをワンパットで沈めないことにはスコアに繋がってきません。

昨年も感触が良くなってきて、『コースの攻め方も少し変わってきた』と書いているのですが、と同時に、『スコアに直結するところまで持っていくのは簡単ではありませんが』そして『ゴルフに幅が出てより楽しくなって来ました。』とも書いていました。


ここの部分の方法論を、2017年の取り組みにしてみたいと思います。

感じとしては、ピンハイの距離に打てているのにややカップの左にズレて乗るケースが多いように思いましたので、その部分の修正に取り組んでみます。


---


さて昨年も一昨年も一番に力を入れようと目論んでいた、Z版「がんばり率」の結果です。

(データのピックアップをシンプルにするためにダブルボギー以上にしてしまったホールは除きまして、ボギー・オンしたホールで 2パット以上なら失敗、1パットでパーなら成功としてデータを抽出したデータです。)


2016年も特に目標は掲げませんでしたが、基本的には「Z版がんばり率 50%達成」を掲げて目指しております。

2008:  2/6 = 33% (1ラウンド)
2009:  95/291 = 32.6% (40ラウンド)
2010:  68/205 = 33.2% (30ラウンド)
2011:  129/328 = 39.3% (41ラウンド)
2012:  142/303 = 46.9% (40ラウンド)
2013:  94/237 = 39.7% (30ラウンド)
2014:  160/360 = 44.4% (39ラウンド)
2015:  237/560 = 42.3% (73ラウンド)
2016:  208/493 = 42.2% (42ラウンド)


ここでも、2015年と2016年のデータはほぼ同等でした。

ボギー・オン数も2015年と2016年のデータはほぼ同等でした。
アベレージで10年7.36回から、11年は8.00回、12年は7.58回、13年は7.64回、14年は9.27回、15年は7.78回、16年7.70回になっています。 (14年が多いのはひとえにパーオンが極端に少ないためです。)


2017年は昨年同様に、Z版「がんばり率」とボギーオン率の組み合わせで、拾うゴルフをひとつ上のレベルに乗せたいところです。

そしてその方法論のひとつとしましては、左へのズレの修正です。




6 comments:

PING芸人 said...

細かいデータまで出していますね。
がんばり率は重要ですね。その差が上級者との大きな差になっている気がします。

絶頂期の平均スコアは凄いですね。
半分近く70台という感じでしょうか?

yspz said...

PING芸人さん、

がんばり率は、スクランブルと違って、もちょっと低いレベルで我々くらいのゴルファーには重要な数値です。

もう一つ改善の伸び代が...という感じです。

お互いモチベーションを刺激し合いましょう!

今年は正月早々大台超えの大叩きで前途多難です。(^^;

わはは。

Green Keeper said...

細かいところまでデータを取っておられますね、感心しきりです!

マネジメントをシビアにしても、そうそう簡単にスコアに反映できませんよね。
私もそう感じています。

しかし、これは続けることで必ず結果につながる来る日が来ると信じて続けています。

ゴルフって不思議ですね。
何も考えずにやってた頃は素直にスコアに直結。
その後は生意気にもいろいろ考えるようになって、最後には考えすぎのイップス。
(私はアプローチ)
10年かかってようやく落ち着いてきたので、今年は迷わず(昔のように)AP出来るまでになることが目標です。

かわせみ! said...

こんにちは。かわせみ!と申します。

ちょくちょく拝見させて頂いております。

流石と言った感じでデータの取り方にも工夫があって参考になります。

私もスコアアップのためのデータ取りを見直してみたいと思ってます。

乱文失礼致しました。

yspz said...

Green Keeperさん、レスが遅くなりまして申し訳ございません。
ちょっと事情がありましたものですから。


データを取ってみますと、悪いところ良くなってるところ、見えてきますですね。
実のところ、年間平均で1打縮めるのは容易ではないと感じるばかりです。

あっちが良くなってくるとこっちが衰えてきて...みたいな感じですが、まー楽しみでやっていきたいと思います。

yspz said...

かわせみ!さん、こんにちは。

PING芸人さんのところではお世話になっております。
レスが大変遅くなりまして申し訳ありません。

ぜひ、データ採ってみて、分析なさってみてくださいね!(^^)/