6/26/2008

ダッド・ミラー (ゴルフコース)


うちの近所に、ダッド・ミラーというゴルフコースがあります。
短くて、パブリックの、カジュアルな感じで利用できるコースで、私もよく早朝ゴルフに行きます。

なんでもない住宅地の中にひょっこり埋もれて在るのですが、63年に作られていますので、その頃は周りにまだ何もなかったんでしょう。Savanna高校が道路を挟んでクラブハウスのすぐ向かい側です。

素朴なパブリックコースですが、タイガー・ウッズが中高生の頃のクラブチームのホームコースで、今でも高校生達が平日の放課後にラウンドしています。


Dad Miller Golf Course
http://www.playanaheimgolf.com/golf/proto/playanaheimgolf/dadmiller_course/dadmiller_course.htm




このコースには色々な木があります。

(マスターズで有名な)マグノリア、パーム(ヤシの木)、ジャカランダ、パイン(松の一種)、ユーカリ、胡椒の木、などなど。
私が名前を知らない木もあって、本当にとりどりです。

写真の、青紫の花を咲かせているのがジャカランダです。日本の桜を思い出させてくれる感じの所謂blossomという咲き方で、時期は5月頃に咲きます。きれいですよ。(^^)


Dad Millerというのは、かつての地元で有名だった老ゴルファーで、エージシュートを何度もやってのけていた方だそうです。(^^)


タイガーは、2004年にこのコースのすぐ横に学校を作りました。

Tiger Woods Learning Center
http://www.twlc.org/


正確にいいますと、コースの練習場を削り元のコース内に移してコース改造したあと建てられました。


全体に短めのやさしい目のコースで、青色のバックティーからプレーしてもコースレートは67.8です。
パーは35・36の71です。 
(いつもちょいちょいここで練習しているのですが、いまのところここのベストスコアは前後半とも 1オーバー・パーの73です。)

1   4   ◯  U④
2   4   -  D9B
3   4     S2BL-2BL-②
4   4   -  U5AL
5   4   -  U7A
6   4   -  D⑧
7   3   -  U8AL
8   5     U5AL
9   3   -   ①

10  5   -   U4A
11  3   -   D8A
12  4   △   D28S-7BL-
13  3   ◯   ①
14  4   -   ①
15  5   -   D11BL
16  3   △   ◎
17  4   -   ①
18  5   -   U1B 

38(16)・37(15)= 75(31)

今週は調子良かったです。
3パットを2回もやっていて言うのも何ですが。(^^;

18番ホールとか、特に3番ホールとか、ショートパットにちょっと課題が残りました。(x_x)
あんまり慎重になっても良くないんですよねー。でも、軽率に行って外すくらいなら、慎重過ぎて外す方が納得いきます。

それにしても2歩を2回続けて外してパーをダボにするのは痛い。(笑)
慎重に行って、なおかつリラックスしたストロークを作らないといけませんね。

「nice and smooth」って心の中で唱えるのを忘れていたのを今になって思い出しました。(^^)


8番は3打目がディボット跡にはまっていたんですよね。約90ヤード。

ちょっと大き目の9番アイアンを持ち、ボールを右の方に置いて潰すように打ったんですが、トップ目に入って大きくオーバーしてしまいました。返しのアプローチも芝が逆目でショートしました。

12番はクラブ選択ミスですね。いいショットでしたけど、ピンは手前なのにすごい奥に。


とはいえ、全体的にドライバーも良かったし、アイアンショットもミスしたショットも含めてけっこうまぁまぁ思ったとおりに打てました。バンカーからのショットも木の裏からのショットも。(^^)

例によって今週のこのスコアは、同じコースの前半と後半を別の日にラウンドしましたので、あくまでも参考記録です。(^^;



7 comments:

Anonymous said...

16番の◎はどういう意味ですか?
ゴルフ英語の勉強で出てきた昔懐かしいところの、いわゆる ノーズロ(^^; ?


Posted by:golfreak銀 at 2008年06月26日(木) 23:55

yspz said...

すみません。(^^;
0歩の距離を入れたという意味です。

209ヤードの長いパー3のホールで、左手前に外し、奥だったピンに向かってアプローチするもオーバーして外し、3打目のアプローチがカップの淵3cmくらいでした。

①って書けばよかったんですが、丸ゼロって書きたかったんですよね。(^^;


あと、3番の、
S2BL-2BL-②
も、ちょっと書き方に不備があるかもです。

最初の2歩はサイドヒルで、少しだけアップヒルをパー取ろうと思って強めに行って外しました。BLです。
返しはさっきより長いかもってぐらいの2歩でサイドヒルですが今度はちょっとダウンヒル。
変に合わせに行っちゃって、またBに外しましたが、下りでトロトロ離れていって、またまた2歩残しました。BLというよりBSに近いパットです。

そういう訳で、3パット目の2歩はアップヒルのパットになり、やっと入りました。


でもまぁこの辺りの距離はデジタルパット以前の問題なので、多少正確じゃなくてもしょうがないかな、と思います。(^^)

Posted by:やきそばパンZ at 2008年06月27日(金) 01:04

yspz said...

そういえば、おっしゃるとおりチップインの表記を決めていませんでしたね!?

Posted by:やきそばパンZ at 2008年06月27日(金) 01:05

Anonymous said...

なるほど・・・
私はタップインの時も一歩以内ってことで①としてましたが、同じ①でもタップインやワングリップ圏内は◎ってことにしましょう!

チップインの場合はパッティング数ゼロでよいのではないでしょうか。

Posted by:golfreak銀 at 2008年07月02日(水) 00:14

yspz said...

そうですよね、チップインの場合はパット数0ですよね。
私はパット数をわざわざ書いていませんので、何も書かない、ってことになります、・・・と、ちょっと寂しいので(笑)、「!」か「♪」でも入れようかと思います。(笑)

ところで、golfreak銀さん、もし記録とるのが集中力の足を引っ張ってしまうようでしたら、理事長杯や月例会ではゴルフに集中して、練習ラウンドのみ記録ということになさって下さいね。(^^)


ところで右サイドバーのマイナーチェンジに気付いていただけましたでしょうか?
問題ございませんでしたら、この様なスタンスで行きたいと思います!(^^)!

Posted by:やきそばパンZ at 2008年07月02日(水) 04:56

Anonymous said...

右サイドバーは・・・
少し、大げさですかね

できれば、、、ですが、
私はデジタルパットの提唱者ではなくって
歩測と標準ストロークによるパッティングの距離感の出し方は連綿と先輩諸氏より受け継いできたものであって、私はそれを論理的に既述しデジタルパットと命名したに過ぎませんので、「命名者」とか「伝道師」とかのほうが実情にあっていて心地良いと感じます

Posted by:golfreak銀 at 2008年07月04日(金) 00:31

yspz said...

了解いたしました! (^^)

Posted by:やきそばパンZ at 2008年07月04日(金) 01:07