6/28/2008

ボールマーカー


以前はゴルフ場で配られている丸いプラスチックの地面に刺す足が付いた(画鋲型)ボールマーカーが主流でしたが、最近はコイン型のマーカーを使っていらっしゃる方も多いんじゃ無いでしょうか?

グリーンフォークや帽子のつばにくっ付けるクリップに、磁石でくっ付くタイプもだいぶ普及していますしね。
描かれる柄も千差万別で、とても楽しめます。



こちらでは、帽子にクリップでつけるタイプがずいぶん流行りましたので、こんな商品も出ました。

NYヤンキーズ・タイトリスト・マグネット・キャップ
http://www.discountgolfworld.com/products/titleist/ball-marking-cap.html?mx=15071.X


キャップのつばにマグネットが仕込まれていて、ボール・マーカーをクリップ無しで直接帽子に貼り付けられます。

おまけにこのキャップは、正面にタイトリストのロゴが入っていますが、サイドには例えばヤンキーズとか好きなチームのロゴが入ったものを入手できます。

そのまんま野球とかフットボールのチームロゴのキャップを被っても良いんですが、やはりタイトリストのキャップとかの方がゴルフらしくて良いです。でも、さりげなくサイドに贔屓のチームロゴが入ってサポートしている意思を表明。(笑)

私も大好きなエンジェルズのキャップを入手済みです。(ヤンキーズと違って真っ赤ですので、ゴルフ場ではあんまり被らないと思います。)


私はボールマーカーに、ここ10年ぐらいはもっぱら100円玉か、米国のクォーター(25セント)コインを使っておりました。

この3年ぐらいは、ジャマイカの10ドルコインを使っています。
こんなやつ。↓



形が波波ってなってて、変わってるでしょ?
けっこう気に入ってます。


ここからが本題なのですが、私はいつもコインの片側だけを白色に塗って使用しています。
マニキュアかクリアカラーのようなもので白く塗りつぶすんです。
(私は10年ぐらい前100円玉使ってた頃からそうしてました。)

そうすると、グリーン上で反対側からラインみたりする時に白はとてもよく見えますので。
上の写真の中にも、ボールマーカー部分の地の色が白いものが多いですよね。たぶんグリーン上で見えやすいからだと思います。
(オーガスタのやつは緑ですね。使いにくそう。)


これが意外に優れものなんです。

私は非常にうっかりな性格をしておりまして、特に緊張する競技会などで起こりがちですが、他の人のライン上を避けるためにボールマーカーをパターヘッド1つ分とか2つ分とか動かしていたのに、打つ段階になってすっかり忘れていた、なんて失敗が10年以上前は何回かあったんです。

競技ではとくに、「お先に」パットをあまりやりませんしね。

それに慎重な分、ライン上近くに在っても「いいよ、いいよ」ってそのまま打つ人も普段のラウンドより少ないですから、必然的にボールマーカーを動かす機会も増えてきます。

「ボールマーカー、戻してませんよ。」とか、ティーインググラウンドで「出べそしていますよ。」とか、アドバイスに当たるので厳密にはこれも罰打になるとか思って、なかなか言えない、言ってもらえない、ってことも競技ゴルフではありがちでしょう。


ところが、ボールマーカーの位置を動かした時は、このボールマーカーを裏返しにしておけば、パットする時にボールマーカーが裏返っているのを見て、「あ、いけね、位置を戻さなくちゃ。」ってすぐに気が付く事が出来ます。

ですから、片側だけ塗るんです。

こんなかんじですね。↓




上の最初の写真にありますような市販されているボールマーカーも、裏側はたんなる金属色の無塗装になっているケースが殆どです。磁石に付きやすいように、もあるでしょうけど、私は「ハッキリ裏だって認識できる」ようになってるんだろうと密かに思っています。(笑)

こんな簡単な工夫で、誤所からのプレーの2打罰(またはマッチプレーではそのホールの負け)を防ぐことが出来ます。(^^)


ちなみに「やってしまった」場合、もう一度、元在ったと思われる箇所にボールを置き直して打ち直さないと競技失格、2打罰では済まなくなってしまいますのでご注意を。

もっとも、競技会では誤所からのプレーを自分のマーカーの人に事後に指摘されて、2打罰で打ち直しせざるを得ないとは思いますから、そこまでの心配は必要無さそうですが。(笑)


2 comments:

Anonymous said...

今晩は。
かのTrue Temperの50周年記念のフォークセットをもっております。
日本へお帰りのときにはお見せできると思います(もちろんセットはバージンです)。デジカメで私の日記に載せることも出来ますが。

普段のプレーの時にはそのバージンとは別のものを使っており、いつ、どこで、誰にもらったのかは憶えておりませんが木製のタグに焼き鏝でPGAのマークが刻印されております。

Posted by:cobra at 2008年06月28日(土) 23:40

yspz said...

ををーっ!

それは貴重ですねー。(^^)
'91年ですか。

是非、ブログにアップなさってくださいませんか?
見たいです。私、ダイナミック・ゴールドのファンですので。(アイアンからユーティリティーまでDGです。)

タグが木製なんですか。(@@)!

Posted by:やきそばパンZ at 2008年06月29日(日) 15:30