6/06/2008

サミュエル・L・ジャクソン


Golf Channelでは、いろいろなツアープロに4-5ホールのラウンドレッスンをしてもらう番組があります。

大抵は、プロ一人がカメラに向かってショットに向かう心構えとか注意点とか、いくつかのゴルフtipをしゃべりながらリラックスしたラウンドをするのですが、半ズボンとかでリラックスして、普通のゴルフコースをラウンドする時のトップ・ツアープロのゴルフは、それはもう素晴らしいものでして、ほとんどバーディ連発です。

ついこの間も、J.B.ホームズのレッスンがありましたが、もの凄い飛距離のドライブに、もの凄い切れのいいアイアンショット、スコスコ入るパットに呆気にとられはするものの(笑)、へぼの私には盗めるものがあまり多くないといいますか。(笑)
5連続バーディーとかでしたしね。


しかし先日、デイビッド・トムズが俳優のサミュエル・L・ジャクソンにラウンドレッスンする形式の番組を観まして、・・・これはすごく参考になりました。

ひとつにはサミュエル・L・ジャクソンが私と同じような欠点を持っていたからもあるのかも知れませんけど、「おっ、これは!」と思うことがいくつもありました。(^^)
その中で、特に「これはいいかも知んない!」と思ったアプローチショットをご紹介します。


番組の最初の方、サミュエル・L・ジャクソンは短いアプローチショットで右手を使いすぎてしまい、被せて返しすぎてひどいアプローチショットを披露していました。

レッスンを受けながらラウンドする後半、短い(300yを切る)池越えのパー4にやってきます。

ティーショットを池の手前にレイアップしての2打目。

デイビッド・トムズ「これね、5, 60ヤードぐらいかな。ちょっとクラブ貸してみて。」
と言って、ボールのところに立ちます。


D「あー、これ70ヤードくらいかなぁ。こうやってね、ロングパットを打つような気持ちで振るんですよ。」
と、サミュエル・L・ジャクソンにクラブを手渡します。

サミュエル・L・ジャクソン「ここからパターで?」

D「そう。ここからロングパットするとしたら、どんな感じで振ります?」
(私注:右側は地続きですけどね、基本的に池越えなんですよ。すごいアドバイスです。)

S「こんな感じですかね?」
と素振り。

D「そうそう。いいですね、いい、いい。」
確かにね、ヘッドを返さないですーっと抜く感じのいいスイングになってます。
右腕の利きまくっていたさっきのアプローチショットと全然違う。

D「でね、これパターじゃなくてAWですからね、パッティングよりはもう少ーし体のアクションを使います。こんな感じに。」
と、素振りを見せてくれます。

S「距離感はこんな感じで?」
ともう2, 3回素振り。

D「そうですね、いいですよ。」

そんなこんだで54度のウエッジで打ったボールは、いい感じに中弾道で飛んで、ピンの手前根元にとーんっと落ちて、斜面に沿って左に下り、カップから10フィート(約3m)の位置に。

なんというグッド・ショット。(^^)


スピンも掛かってませんけど、奥に転がるわけでもないし、非常に寄せやすい、距離感の出しやすいアプローチのようでした。


これはもう試してみるしかないですよね?(笑)

で、さっそく練習場で試して来ました。






・・・ ものすごくいいです。(^^)


まだ練習場のマットでしか打ってませんので、芝の上から試してみないといけませんけど、すごく距離感が出やすいです。

やや低めの弾道で飛んでいくボールが、終始視界に入っているのも(距離感を出すために)いい感じです。

私が一番多くグリーン回りに使うPW(48度)と、ついでに54度、58度と試してみましたが、どのクラブで打ってもそれぞれに距離感が出ます。

落ちてからの転がりも含めて、大方イメージ通りに行くような感じがしました。グリーンに向かって打っていませんので、まだはっきりとは断言できませんが。(58度はちょっとイメージ合わないかな。)


私は普段のショットは全部ベースボール・グリップで打っていますが、いろいろ試した結果、この場合、逆オーバーラップ・グリップで少しリストを殺した方がスムーズに打てるようです。

本当に、ロングパットを打つような感じで、いつもより目線を高く背を高く構えておいて、外か大外ぐらいにクラブヘッドを引くような気持ち(実際にはもっと上がってるでしょうけど)で、‘たーん’って振って打ち出す感じです。


余談ですが、ロングパットが今いっちょ苦手と言うか距離感鈍い私がこのアプローチを「すごくいい!」って感じるのには、やや躊躇するところではあるのですが(笑)、

逆の意味において、ロングパットの方もパターを逆オーバーラップで握って、7番アイアン持ってるようなイメージで打ってみたらどうかなぁ?とか思いました。

変な逆輸入の応用ですが。

これもちょっとやってみようと思います。


6 comments:

Anonymous said...

今週は忙しくてブログはお休み状態でした。
また来週でも遊びにきます

Posted by:golfreak銀 at 2008年06月06日(金) 17:02

yspz said...

お忙しいところ、ありがとうございます。

私も来週は休暇取ってのゴルフも予定しておりまして、いろいろ試してみるつもりです。(^^)

川端太一の「羅綾」じゃないですけどね、このアプローチを「サミュエルL.ジャクソン」って呼ぶことにしました。(笑)

「そうだな、ここはサミュエルLジャクソンで行くか・・・。」てな感じで。(爆)

わはは、バカ丸出し。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年06月06日(金) 23:2

Anonymous said...

「変な逆輸入の応用・・・」って

ショットに名前を付けるのってイメージが湧いていいと思いますよ
私も「Puma Shot」とか勝手な名前を付けて呼んでいるショットがありますが、実際のラウンドでは「飛べ!Puma!」なんてアニメお宅っぽく考えたりしてます
「羅綾」と一緒で、まさにゴルフお宅の世界です。「羅綾」と違うのは事前に踊らないことっすけどね

サミュエルLジャクソン・・・なんとなく分かるような分からないような感じです。
また実践後のご感想など教えてください。
(掲載手法はしりませんが・・・)動画なんかあればよいかも!



Posted by:golfreak銀 at 2008年06月10日(火) 11:04

yspz said...

サミュエルLジャクソン(笑)、TVでデビット・トムズが説明しているところ、ジャクソンが実際にロングパットのように振っているところをデジカメで動画にとってみましたが・・・、GDOのブログって動画アップできないんですよね?

YouTubeは著作権あるから難しいかなー。
(とか言って、↑には写真勝手に上げちゃいましたが。日本語だからチェックされないでしょ。(笑))


もうホントね、大外ぐらいのロングパットのように振るんですよ。
それから、ちょっと体のアクションを入れるんです。(クラブもそれに連れてもっと大きく触れますが、あくまでもイメージの中ではロングパットです。)

ちょっと長めのタフな芝があるところでは、逆オーバーラップグリップは駄目そうです。
練習場のマットみたいなところとか、短めのフェアウエイなら大丈夫そうです。
それ以外では、普通のグリップでやってみます。

やってみて、またご報告します。(^^)



Posted by:やきそばパンZ at 2008年06月10日(火) 15:29

syoball said...

アプローチ練習場でやってみました。すごくイイ!ような気がします。ありがとうございました。m(_s_)m

yspz said...

syoballさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。


他にも、D-ChopとかLH-7とか、CT-30とかもありますので、良かったら試してみてください。(^^)

(名前つけりゃいいってもんじゃありませんよね、すみません。(笑))