7/02/2008

いやん、バンカー!


米国でもですね、ゴルフはオヤジのスポーツ的なところがありまして、
   ・・・というかオッサンのゴルフ好きっていうのは(私もその中に入りますが)けっこう多いわけでして、表題のような感じのいわゆるオヤジギャグがコース上で横行するわけです。


例えばバンカーに入りますと、

「Where did you go [またはhit]? (どこ行った?)」と聞かれて、
「I am in the sand.(バンカーだよ。)」と、返事をする代わりに
「I am on the beach!(ビーチに居んのよ!)」とか言う訳ですよ。

続けて、

「Where the bikini girls (are)? (ビキニのおねぇちゃんはどこ?)」とか必ず言うわけです。
あるいは、「Where all the G-string chicks go? (紐パン(G-string)ギャル(chicks, ひよこから来てます)は、みんなどこ行っちゃったの?)」とか言っちゃうわけです。

なんだよ、おっさんギャグのセンスなんて、日本語も英語も変わんないじゃん。(笑)


ちなみに、「Bunker」って単語はほとんど使いません。英国じゃどうか知りませんけど。
「a sand trap」または略して「sand」と表現する場合がほとんどです。
(ちなみにBankerは銀行マン。)



池に打ち込んだ時にはですね、
「I am wet. (濡れてます。)」とか、「It went into the water hazard. (ウォーターハザードに入りました。)」とか言います。

お気付きになったかもしれませんが、バンカーの時同様、ボールが、というより自分が入ったような言い方をする場合がけっこうあります。

なぜか、「pond(池)」とか、「Lake(湖)」っては、あんまり言いません。
「water」が使われます。
「creek(小川)」はそのまま言いますけどね。


そこでもですね、

「You would like skinny-dipping today, huh? (今日は水浴び好きだねぇ。)」とか言ったりします。

ここで使われている「skinny-dipping」っていうのは、素っ裸で泳ぐことなんです。
男女で、夜のプールでとか、野外の人気の無いところで川に飛び込んだりとか、そういう時に水着を着ないでやるやつ。(「skinny-dipping」は必ずしも男女である必要は無いんですけどね。)

温泉(hot springs)に入る時にも水着を着てる人達なんですけども。(笑)

これもオヤジギャグの一例ですね。(笑)


「穴に入れる、入る」に掛けた類のやつもいろいろあるのは、日本と全く同じセンスです。
19番ホールねたも共通です。例文はやめときます。(^^;




オヤジギャグ系では無いやつも少し紹介しておきますと、

「Golf is an easy game... it's just hard to play. (ゴルフは簡単なゲームだよ。 ・・・ただ、プレーするのは難しいんだ。)」

「When your shot has to carry over a water hazard, you can either hit one more club or two more balls.  (池を越そうと思ったらね、ワンクラブ増やすか、もしくはボールをあと2個打つかどっちかだよ。)」
(こっちは、hit one more clubとhit two more ballsの対比で可笑しいんですが、日本語にしづらいですね。)



あと、和製英語で気をつけていただきたいのは、「シングル・ゴルファー」です。

Single Golferで検索しますと、こんなのがぞろぞろ出てきます。

ゴルフ・シングル・オン・ザ・ネット
http://golf.singleonthenet.com/

シングル・ゴルファー・フォー・ユー
http://www.golfer4u.com/

そうです、ゴルフの出会い系ですね。

「シングル・ゴルファー(Single Golfer)」ってのは、「独身ゴルファー」って
意味ですので。(^^)


7 comments:

Anonymous said...

日本人というか私の周りにはwitやjokeが上手い人が少ないんですよね。私を代表にしてですが(^^;

英語・米語表現はそんなところが多くて大好きです。

日本では「チェッ!バンカーかよ」って感じですが、そこで、「夏だからビーチに行っちゃったよ」なんて感じで言えたら自分も周りの方々も和むような気がします。
そこですかさず、「ビキニの女の子はいないけどね!」って言えたら最高に楽しそうですね

以前からちょっと磨いてみたい分野でもあります

Posted by:golfreak銀 at 2008年07月03日(木) 00:02

yspz said...

golfreak銀さん、コメントありがとうございます。


ところで、ダッド・ミラーのところのコメント見ていただけましたか?右サイドバーの件。

プロフィールと、その下にgolfreak銀さんのブログをリンクし、デジタルパットを紹介するフォーマットに致しました。
もし問題でしたらおっしゃって下さい。m(__)m



お友達になっていただいた方々のRSSによる更新情報も下の方に入れてみました。(^^)



Posted by:やきそばパンZ at 2008年07月03日(木) 00:38

Anonymous said...

タッド・ミラーのコメントは今、拝見しました

なかなかリアルタイムっていうか、毎日ブログを訪問できなくって、気がつけば数日や一週間が過ぎたりしていますので、申し訳なく思います。

デジタルパットについては、私は命名者に過ぎませんので、そのような感じでお願いします

Posted by:golfreak銀 at 2008年07月04日(金) 00:34

yspz said...

golfreak銀さん、催促したみたいになっちゃって申しわけありません。m(__)m
こういう変更は了解得ないとなー。と思っていたものですから。(^^;

早速「命名者」に変更いたしました。
「伝承者」の方がカッコイイかな・・・?

ブログはテキトーにゆるゆる訪問なさってください。
・・・っていうか、訪問していただけてしかもいつもコメントしていただけてとてもありがたいと思っています。(^^)

デジタルパット、ホントすごくいいですね。私はすっかり信者さんです。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年07月04日(金) 00:57

yspz said...

「伝承者」じゃなくて「伝道師」でした。

師匠ですから命名師って造語にした方がいいかな・・・。

Posted by:やきそばパンZ at 2008年07月04日(金) 01:10

Anonymous said...

こちらの記事も面白かったです!
シングルゴルファーね~、これがOO系に繋がる・・・
既婚者のゴルファーっていう言い方あるんでしょうかね~。
日本では、独身のゴルファーっていう表現はしませんけれど・・・・。
英語って面白い!

Posted by:ノリさん at 2008年10月02日(木) 06:23

yspz said...

あはは。
ノリさんコメントありがとうございます。

既婚者ゴルファーっていう言い方はしませんねー。
ジュニア・ゴルファー(あるいはジュビナイル・ゴルファー)とかは言いますけど、既婚者ゴルファーって言うカテゴリー分け自体が必要ないからでしょうかね?(笑)

以前、カテゴリー1、カテゴリー2って言い方をご紹介しましたけど、「シングル」って言い方はこちらでは全然聞きません。
(そういえば、こちらでも韓国人が言ってますね。日本に踏襲しているんでしょう。)

英語シリーズ、なんとかちょいちょいネタみつけてやろうと思います。

(全面停止とかでコメントがしばらく入りませんでした。)

Posted by:やきそばパンZ at 2008年10月09日(木) 00:06