3/31/2009

ゴルフスイング-11


すみません、ちょっとくどいんですが、新兵器(カメラ)を使いたくって、またまたスイング動画のupです。(^^;
今回は、ドライバー・ショット。

ロングビーチ空港に隣接して直ぐ北の、レイクウッド・ゴルフコースで13ホール(日没)プレーして来ました。
割合平坦で広々していて距離的には結構あるコースでして決して易しくは無いのですが、ドライバーを打つにはもってこいのコースなんです。
しかも、12-13ホールしか終われない時間に行きますと、ゴルフ場が割合に空いてきますので、ビデオ撮影したりが、比較的気兼ねなく行えます。(←これが目的。(笑))


このところ、ちょっと力なく右にスポーンと行って距離が出なかったり、ひょろひょろっとフェード(ってかスライス)したりする打球が出たりしていて、何が悪いのか見て、修正したかったのです。
シャフト・スタビライザーを入れてダグ・フックしなくなったのは良いのですが、やはり持ち球のドローできちんと距離が打てないと話になりません。
(そして、どうみてもスイングの調子が外れちゃっているせいで、スタビライザーが悪さしているせいではありません。)


傍から見ますと大して変わんないんですが(^^;、これが良くない方のスイングです。



実のところ、酷いショットはもっとずっと酷いです。

(余談ですが、正直自分でも呆れることがあるくらい、ウエッジのショットとほとんど変わらない感じですね。
ドライバーは、もうちょっと豪快に打ちたいんだけどなー。 (^_-;)

一番いけないのは、切り替えしで腰の動きが先行せず、上体と同調しちゃっているところだとスローを見て直ぐに分かりました。
ノリさんのおっしゃるところの、いわゆる上下同時症候群です。飛距離的には、220yぐらいでしょうか。3Wで打った方が飛ぶぐらいです。
さらに悪い時には、これをカバーしようと腕を使ってしまってトップでのシャフトクロスが大きくなってしまいます。これは明らかにスライス(かスタビライザーなしだとダグフック)を起こします。

ところでビデオを撮っていることを意識していると、割合としては比較的よいショットになってしまうのはなぜなのでしょう?
やっぱり、集中力が出るからでしょうか。



悪い部分が見えたところで、さてどう直すかって言うのが難しいところなんですが(基本的にはノリさんに教えていただいたドリルとかです)、なんとか数ホールで満足行く程度まで修正出来ました。
これがレイクウッドでの修正後のスイングです。



大して変わっていないように見えるへぼスイングかと思いますが(^^;、飛距離的にも球筋的にも大幅によくなりました。
さほど飛ばし屋ではありませんので、捻転差を十分には使えて居るとは言い難いのですが、それでも少なくとも切り替えしから腰が先に行って肩の回転は後から付いていく順序・タイミングになれば、飛距離にかなりの違いが出てきます。
現状出来る捻転差のなかで最大飛距離を引き出すタイミングに戻ってくれればOKです。

このホールは、コースの中では短い方から3番目のパー4で、見えなくなっている先でがくんと左にドッグレッグしたところにグリーンがあります。ご覧いただけるとおり、ほとんど全くのフラットです。飛距離は、距離表示が合っていれば約265yってところでした。風は右から左だったかな?



以前コメントに書いたことがあるのですが、私のイメージではこの二つのスイングの違いは、輪ゴムを切りまして1本のゴムにし、これを右手と左手の指先でつまんで持って前方に狙いを付けて引っ張り、片方を1瞬早く両方の手を離すことによってゴムを前に飛ばすという、ほんの微妙なタイミングの違いのお話です。

タイミングよく片方ずつ手を離せないと、その一瞬が例えば左右ほぼ同時に離してしまうとゴムは両手の間で縮んでしまい飛びません。後ろの手を離したあと前の手を離すと上手くいくのですが、前の手を離すのが遅いとゴムは前の手に当たるばかりで、やはり満足に前へ飛びません。

ゴムを最大限に引っ張りますと、パワーが増しもっと遠くに飛ばせますが、一方でゴムの縮むスピードが上がるために上手く飛ばすタイミングが難しくなります。
ゴムの引っ張り方を適度にして、タイミングを取ってやると、ビューンと前に飛ばすことが出来ます。
(↑これ、やってみるとけっこう難しいんですよ。(笑))

練習していけば、もっとゴムを強く引き、もっと飛ばせるようになってくると思うのですが、これは、ゴルフスイングで言うと捻転差を大きく取れるようにしていくことに通づるような気がしています。

体が細くてもあるいは小さくてもよく飛ぶ人と言うのは、この辺の体の使い方が上手なんだと思います。

ゴム自体を太くし強くするというのが、筋力を上げ体を鍛えるという風にも置き代えられるかと思います。



ついでですので、もう一個動画を貼ります。

11番371yパー4の左側がずっと池でフラットなホールのセカンドショットで、修正したドライバーがナイスショットの、残り約105yです。
50度のGWでも打てなくはない距離ですが、ウエッジの無茶振りは難しいので、普段ならPWで打ちます。しかしこのショットは、9Iを選びました。自分のイメージの中では9時のテークバックぐらいで打って方向性を重視し、トーン、トン、トンッてバウンドしてピンに向かっていくイメージです。グリーンが硬かったので。

ちなみにこの動画は、標準速の30fps(1秒30コマ)で撮ってスロー再生で保存したものです。再生スピードは6分の1です。この加工はカメラじゃなくてパソコン上で加工しました。



こういう動画をコースで撮ってもらう機会はそんなにありませんので、貴重な録画ができました。(^^)

こんな感じの、手前に何も無い花道があるアプローチは好きです。(ってか、ただ技が無いだけ?(笑))

100y内外の短いクラブのアプローチショットでも、下半身が先行していないと左に引っ掛けてしまいますね。



今回、いろいろ他にも撮影出来ましたので、447y軽い登りのホールのセカンドショットとか、木越えのアプローチとか、ちょっとラフの凹みに潜っていたアプローチとか、その辺をupしてみたいと思います。(^^;


結論としましては、「スーパースロー」はそれなりにわきまえて撮影すれば、非常に楽しい。ということでしょうか。(笑)


8 comments:

Anonymous said...

なんだか...カメラ欲しくなってきましたよ
自分のスイング見たいような、見たくないような...

Posted by:Shu at 2009年03月31日(火) 17:10

Anonymous said...

GGです。 こんにちは。

ゴム飛ばし、小さい頃よくやりました。ほんとにタイミングが難しいんですよね。

爺は最近テークバックでの最大値の捻転はしない方が良い球が出ます。やはり力みに通じて無駄な力が入っている証拠ですよね。最後の『グッ!』を止めています。
最大値まで捻転してぶれなければ、それがベストなのでしょうが、もう歳には勝てません。と言いつつ努力だけはしているのですが・・・(?)。

Posted by:GG at 2009年03月31日(火) 17:45

yspz said...

Shuさん、こんにちは。
ご自分のスイング、動画でご覧にならないのですか?

スーパースローを見てない、ってことなんでしょうかね。

楽しいですよ。

開き直ってしまえば、私なんぞは恥も外聞も無くタイガーの動画の直ぐ後に自分のスイングをupしてしまったり出来てしまいます。(笑)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月01日(水) 04:59

yspz said...

おおー、GGさん、ものすごく判りにくいやったことがある人の方が少ないかもしれない比喩を理解していただいてありがとうございます。

私は体が硬くて「最大値の捻転」を大きく出来ません。
オーバースイングをより極端にすることで捻転を大きくしても、まともに打てません。


柔軟性や筋力をトレーニングすることが飛距離アップに必要なことだろうとは理解しています。
しかし一方で、修正後のスイングのようなタイミングで下半身と上半身を使えるように再現性を高めることの方を優先しようと思います。


ところで、動画で被っているキャップは、ペブルビーチで買ってきたものです。
いろんなものにウキウキしてます。(笑)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月01日(水) 05:00

Anonymous said...

こんにちは
またダブらせてしまいました、すいません。
上下同時症候群という言葉は、私が作ったものでなくて、
ビッグマッスルを叩き起こせ・・ゴルフ新理論
「逆パワーメソッド」
の中に出てくる言葉です。
初めて読んだ時には「上手い表現するもんだ」と思いました。でも、自分の解釈ですからその辺は余り突っ込まれても困ってしまいますが、
スライサーの方の所謂アウトサイドインの振り方の特徴は、切り返しの直後、折角出来た捻転差を一旦解いた後、上と下が同時に回って行くと見ています。ボール投げの所謂女投げってやつです。
私は、切り返しで捻ったまま戻せれば上下同時症候群から脱却していると考えています。
この観点からすれば、Zさんは捻ったまま切り返しています、間違いありません。従って上下同時症候群ではないと思っています。
2つ目の動画は捻ったまま切り返して左サイドがクラブを引き込んでいます。ホンモノシングルさんの体使いと思います。
トップでの右肘の高さなどザックジョンソンを連想させるコンパクトで曲がりそうにないフォームだと思います。
日曜日にご一緒してBGを取られたIさんが同じ様なトップの形でしたね~。憎らしいほど曲げません、あの風の中なのに。
スローはホント良く分かりますね。
映像を見てもっと深く分析出来るようになりたいもいのです。
先日お知らせした、上と下だけの体操で、一旦左へ腰を回してからトップへ動きを反対もやって連続して左右の運動を続けてみると自分の捻転の浅さに気付くと思います。もっと捻っても良いし捻れるのに捻らない?余裕を持ったトップでも良いと思います。要は切り返しで上が先に行かなければ良いんですから。
より深い捻転差でスウィングが出来るというのが必ずしも良いとは限らないと思います。バランスの取れた体使いをキープしながらのスケールアップを図った方が良いと思っています。

Posted by:ノリさんの at 2009年04月01日(水) 17:31

yspz said...

ノリさん、コメントありがとうございます。

ダブっててもいいんですが、一応消しときました。


っていうか、ノリさんの教え、非常に感謝しております。
今回の突然の不調も、1回で修正出来ました。(また狂うかもしれませんけど。(笑))

動画をとっても、クラブシャフトの動きに目をとられちゃいがちになります。
ノリさんのアドバイスを思い起こしつつ注目点を絞って見て、とても為になりました。

この程度の差で、下手すると30-40yも距離が違ってしまうんですよね。


ちょっと今考えていますのは、自転車のタイヤチューブみたいなヤツを右肩の後方に吊っておいて、左手で持ち、腕を使わずに左腰の動きだけで引っ張る、という練習をやろうかと思っています。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月02日(木) 00:17

Anonymous said...

おはようございます
教えだなんて・・
よして下さいよ。自分が実験して感じただけなんですから。後は、Zさんが検証する選択肢に入れるかどうか判断して下さればそれで良いんです。
自分も取り入れるものと、自分には向かないなと思うものいろいろありますよ。全てを試すなんて到底不可能ですからね。
Zさんの仰る

腕を使わずに左腰の動きだけで引っ張る、という練習をやろうかと思っています。

これ作ろうと思っています、実は。自分よりかみさんの為に。かみさんがコンスタントにランをいれて200ヤードを味合わせて上げたいと思っているんです。
切り返しの初動動作の練習になるし、グリップを下に引き込む体感を得るのにはこの練習がベストだと考えています。出来れば、筒を垂直に固定してグリップのついた棒?の先端にバネやゴムを固定して兎に角「切り返しの一瞬は真下」にを体得させたいと・・んっ、自分にも良い練習になりそうですね。完成予想図を作ってみようと思います。
ホームにも200ヤード超えの女性が何人かいますが、例外なくクラブ対抗の選手です。いつも選手でない女性との飛距離の差に驚いているんです。

Posted by:ノリさんの at 2009年04月02日(木) 07:27

yspz said...

私のホームにも、女性で私より遥かに飛ぶ人を知っています。
(まぁそんな人いくら居てもおかしくないですけど。)

学生時代、サーフィンの全日本チャンピオンだった人です。
が、けっしてごつい人ではありません。


ノリさんにお墨付きを頂けましたから、是非この練習をやって捻転差を少しだけでもいいから大きくできたらな、と思います。

奥さんも共に頑張りましょう!力は要らないんです!

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月03日(金) 04:48