4/26/2009

競技ゴルフ-2 (ダッド・ミラーの4)


以前はよく練習しに行っていたDad Millerへ、久しぶりに行って来ました。

毎月1回場所を変えて24人規模でコンペを行うグループでのラウンドで、ルールに忠実にプレーします。
ロストボールも暫定球が無ければ戻って打ちますし、完全ホールアウト制です。
グリーン周りも乗っている乗っていないに関わらずピンから遠い人から打ちますし、前4 もありません。
(私は、月によって参加したりしなかったりします。)

地元ゴルファーばかり50人ぐらいのグループで、腕前も年齢も色々で、なかなか楽しいんです。

ハンディキャップでAフラッグとBフラッグに分け、ドラコンとニアピンは2本ずつ旗が立ちます。
パット数と、フェウエイヒット&GIR(パーオン数)もポイントが付けられます。
(私自身の記録には、カラーからのパットもパット数に入れていますが、グループ内での成績にはカラーからのパットは含まれません。)


今回のダッド・ミラーは、(タイガーが中学生時代の学校のホームコースとは言え)価格的にもレイアウト的にも距離的にもユーザーフレンドリーな、極めて癒し系のコースです。
(それが最近足が遠のいていた理由のひとつだったりもします。)

タイガーがプレーしていた頃は、650y超のパー6があったように聞いてます。
もっとも、改造してドライビングレンジの場所が変わりこのホールは無くなり、その後タイガーの学校が建った、って話ですが。





青ティーからでもコースレート/スロープは68.6/116、パーは35・36=71です。

1 4 - 0 6S
2 4 △ 2 D9-2-(3パット)
3 4 - 0 U9S
4 4 - 1 U17A
5 4 - 0 D17A
6 4 △ 1 3A
7 3 - / 7B
8 5 - 0 5A
9 3 ◯ / U⑬

10 5 □  0 2B
11 3 - /
12 4 - 0 12B
13 3 ◯ /
14 4 - 0 10S
15 5 - 0 7B
16 3 △ / 16BS
17 4 - 0 U17AL-①
18 5 - 0 3B

36(18)・38(16)= 74(34)


ここでの醍醐味は、各ホールが隣接している部分が多くセパレートしているのが林ではなくて1レイヤーの木々になっている部分が結構あり、隣のホールのラフとかフェアウエーから、変化球を使えば第2打のリカバリーショットを打てるところでしょうか。
下から上から右から左からと、様々な変化球を駆使してグリーンを攻めることが出来たり出来なかったり。(笑)

この日も2番ホールでは、木の間に低く抜け出てから80度ぐらい大きく曲がるフックを使って9歩(約6m半)に乗っけたんですが(^^;、「この棚ぼたボーナスはキャッシュインしなきゃいかん」と気張ってしまったために3パットしてしまいました。せっかくのリカバリーが・・・!(笑)

もちろんティーショットは曲げない方がいいスコアにつながることには違いありませんけど。

10番の素ダボがもったいなかったです。グリーンを外した後のアプローチ、グリーンからピンまでの距離が無くて下っていてグリーン面へは打ち上げでしたので、(出来ないのに)寄せようと思ってショートしまして。
ボギーオン(じゃ無くてダボオンでしたね)で2歩(1m半)につけたもののこれを外してしまいました。


混んでる週末にここでプレーしますと、あちこちから「FORE!」の声が飛んできまして、しかもどの方向から来るのか分からない、グリーン上に居ても油断できない、というスリルが味わえます。(笑)


ニアピンの旗は3回立てましたけど、一個も取れませんでした。(まぁ第1組でしたからね。)
到底残らないと思ったあまり飛んでいないドラコンは取れました。みんなラフへ行ったんですね、たぶん。

ベスグロとベストネットを獲得しました。(ベストネットだった場合のベスグロは、次点のひとに譲ることになってますけど。)
このコンペでは初めてです。(^^)


6 comments:

Anonymous said...

ウマいっす!!

Posted by:道具屋 at 2009年04月27日(月) 21:47

yspz said...

道具屋さん、コメントありがとうございます。


いやー、ここは本当に癒し系の簡単で距離が短いゴルフ場なんですよ。

たとえば写真に写っているのは1番ホール左側の木の並びなのですが、もし左の5番ホールへ打ち込んでも、ごらんの通り1レイヤーですので戻し打ってくることが出来ます。ここは木の左は斜面になってて、行きたくは無いですけどね。(笑)


でも、そんなやさしいここゴルフ場での私のベストスコアが73ですので、コンペでのこのスコアには大満足しています。
(90近く打っちゃうことも無きにしもあらずでお粗末なんですが。)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月28日(火) 00:16

Anonymous said...

おはようございます
ホントにZさん安定感あります、お見事です。


>・・価格的にもレイアウト的にも距離的にもユーザーフレンドリーな、極めて癒し系のコースです。<

そんなコース日本あるのかな~?

>タイガーが中学生時代の学校のホームコース<

えっ、ホームコース?!これまた信じられない話ですよ!

雑誌チョイスにトレバーイメルマンのジュニアー時代の事が書いてありましたが、
自宅から30分以内に35のゴルフコースがあり、プレーフィーは100円(約1ドル)って書いてありました。
知れば知るほど日本のゴルフ環境はお寒い感じがしてしまいます。

Posted by:ノリさん at 2009年04月28日(火) 08:32

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

ここは、平日の午後に行くと高校生が9ホールラウンドするので、とんでもないところからとんでもないボールが飛んできてちょっと危ないです。(笑)

彼ら、マナーとかめっちゃくちゃですからね。
飛距離だけはすんごいのとか居ますし。しかもコントロールなし。(笑)

短いパー4のグリーンに居ると、はるか頭上をボールが通過して行って、振り返ると高校生がティーグランドに、なんてのは呆れ返るといいますか、なんと言いますか。(笑)


今はゴルフの名門校ならこんな癒し系のコース使わないだろ?って感じになってまして、余計に始末に終えないのかどうかよく知りませんけど、道挟んで向かいっ側がサバンナ高校なので、きっとそこの生徒さん達でしょう。


私は実のところ安定感からは程遠いゴルフ(ついこの間も92も打っちゃいましたし)なんですが、今回のラウンドはGIRが14ホールと、たまたま私の非常に良い時のゴルフでした。
いくら簡単なコースでも、79打つのと74打つのは大分違いますもんね。

(正確なGIRは8ホールです。カラーが前半に4つ(も)、後半に2つありましたので。うち5つはどれもピンに近い側のカラーでしたし、自分の記録的にはGIRに入れて、パター使った数をパット数に記録してます。)


私としては今後は、パーオンできなかったホールでどれだけパーを拾えるか、をもうちょっとナントカしたいと思ってます。
道具屋さんに見習わなくては。
でも、オンさえすれば2パットでいける自信って言うのは(まだ3パットはしますが)、デジタルパットにであった賜物ですので、ノリさんとgolfreak銀さんには、いくら感謝しても足りません。
今回も、17、17、16、17歩が全部2パットで行けたのが大きかったと思います。13歩が一個入ってくれましたし。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月28日(火) 13:51

Anonymous said...

御無沙汰しております

素晴らしいスコアですね!

私は元気にしておりますが、PTAの大役を頂いたこととか新商品の開発とかで、ブログをさぼっております

また近況報告の記事でもUPしますが、調子は良くないです

Posted by:golfreak銀 at 2009年04月29日(水) 00:19

yspz said...

おお!
golfreak銀さん、ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます!

下のコメントに書きましたとおり、golfreak銀さんにはいくら感謝しても足りないです。
クラチャンとしての1年間、ホームコースの方でもいろいろかり出されてお忙しいでしょうか。
(新商品って、なんだろう? お仕事の関係ですね。)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年04月29日(水) 10:24