1/15/2010

マイル・スクエア (クラシック・コース)


このコースは、オレンジ・カウンティーの中でもグリーンが綺麗なコースとして有名です。

ムニシパル・コース的なコースですが、全部で36ホールあって、広々としたコースです。
1969年の会場で、David Rainville氏の設計。


Mile Square Golf Course
http://www.milesquaregolfcourse.com/


距離もけっこうしっかりありますね。

でも、ムニシパル・コースとしては、料金が少し高めの設定なんですよね。
一般的には安い方なのですが。

ですから、私のような朝にバック9だけ回ると言うような人達は、$5-10程度やや高いために敬遠するようです。

と、いうことは、空いていて短時間で回れますし、好都合。

画像をクリックで拡大します。

これは18番524yパー5の2打目地点です。


全体的に、36ホールともフラットな作りで、OBも殆んどありません。
ホール間が木でセパレートされていますが、さほど密集していないので上手く打てば脱出も出来ますし、大きく曲げれば隣のホールからも打てます。
・・・といいますか、そういうことを心配しなくていいほど広いフェアウエーで、ドライバーを思い切って打つにはこれ以上無いくらいいい作りです。(^^)


6,714yですが、殆んどフラットでティーイング・グラウンドも盛土されていないので、ドライバーが全然よく飛ばないような気持ちがします。
ただ、打ち下ろしていないから飛ばないだけなんですが。

普段あまり経験しませんが(日本では特に全く無いと思いますが)、ティーも含めてフラットだと案外飛ばないですね。
6,700yでも、かなり長く感じます。

17番の450yパー4なんか特に「ドライバーいいの打ってもまだ200yちょっと残ってんの?」って感じです。

画像をクリックで拡大します。

(↑写真は10番)


年始の始まったばかりの頃、昼からアポがひとつ抜けて時間が出来たので、友人を誘って午後からのラウンドに行ってきました。
友人が、ちょうどテイラーメードのスーパー・クワッドをリシャフトしたばかりでしたので、「どこへ飛んでも大丈夫だから、レンジ行かなくていいからそのまま持っていこうぜ。」って。(笑)


グリーンは、噂どおりですごく状態がいいですね。
速くは無くて、遅くも無くて、私の基準のスピードぐらいです。 でも、滑らか。

難を言うとすれば、各ホールにあまり変化が無く、いつもフラットから打つので傾斜の打ち方も必要なく、ただひたすらに距離を出すように打って行けば良いので、飽きが来るってところでしょうか。
土日の良い時間には5サムも結構入りますし、韓国人プレイヤーも多く来てものすごく混みますので、飽きるほど通えませんからまぁそれはそれでいいんですが。(^^;

グリーンは盛土がされていてアンジュレーションもありますよ。
ホント、グリーンには力が入ってます。


13番、14番は池がらみで、写真で見てもちょっと変化があります。

画像をクリックで拡大します。

13番パー3、153y。



画像をクリックで拡大します。

14番パー4、350y。


池が右から2回、大きくフェアウエーに入り込んできますが、フラット過ぎて、どれが池だか写真では判りにくいですね。





ラウンド記録です。
青ティーのコースレート/スロープは71.5/123、パーは36・36=72です。

1 4 - 0 8AL-①
2 4 △ 0 (30) D4AL-①
3 4 △ 2 D8BL-②
4 5 - 2
5 3 - / (18) ⑤
6 4 - 0 U11-①
7 4 - 0 U9B
8 3 △ / 3AL-①
9 5 - 0 D11A

10 5 △ 0 3-
11 4 △ 0 D8AL-①
12 4 △ 0 (18) 2-
13 3 ◯ /  S ③
14 4 - 0 U6AL-①
15 3 - /  ③
16 4 - 0 (30) ①
17 4 - 1 D ⑬
18 5 △ 0 U18AL-U6A- (3パット)

39(17)・39(15)= 78(32)


最後18番の3パットは、歩数を数え間違えました。(^^;

下りの18歩(約13m半)なのに、友人としゃべりながら21歩(約15m)と数え間違い、6歩(約4m)もオーバーしてしまいました。
こういう集中出来ていないケアレス・ミスは無くさないと。(^^;


17番は、ホントにただのラッキー・パンチのパーでした。
軽い登りで450yもありますから私には超難ホールです。ドライバーを力んで飛ばず左のラフに。

3打目勝負で行って、オーバー目。 下りの13歩が残っています。
これをラッキーにもカップインして、このホールとしては珍しいパーが取れました。♡


3番、4番のティーショットは木の中へ行きました。(^^;
こんなに広いってのに!


とにかく、ドライバーの練習と、ロングアイアン、ユーティリティーの練習には本当に持って来いですね。
グリーンも楽しいですし。


12 comments:

Anonymous said...

こういうフェアウェイがフラットでグリーンに力入れてます系のコース、中西部には多いかも
13番の写真をぽんとイリノイの人に見せたら絶対地元のコースだって言いそうですもん

同伴の人としゃべりながら歩測していて、せっかく数えた歩数を度忘れすること時々ありますけど、Zさんでも似たような事は起こってしまうのですね

週末ものすごく混むその小文字のところ、どんな状況か想像つくだけにご愁傷さまですというか彼らのお国柄(?)は全米じゅうどこでも同じなんだなと妙なところで感心してみたり・・・

Posted by:ひゃっぽ at 2010年01月16日(土) 07:36

Anonymous said...

GGです。 こんにちは!!

綺麗で尚且つ自然が生きていて、14本のクラブとテクを使いこなさなければならない、謂わば『超美人』のようなコースに見えました。 日本にはなかなかないですよね。
こんな『超美人』に会ってみたいものです。 
「もっとテク磨いてきて~ん!」
なんて言われそうですが・・・。

Posted by:GG at 2010年01月16日(土) 10:28

Anonymous said...

存在すら全く知りませんでした。

Posted by:サンディエガン at 2010年01月16日(土) 11:41

Anonymous said...

こんにちわ!
フラットすぎるコースで、毎回プレーするのは
ちょっと飽きがきますが、のよい日に
思いっきりフルスイングして、気の合う友達と
プレーするのは、楽しいですよね!
それも、Good scoreで!




Posted by:スノーマン at 2010年01月16日(土) 11:48

Anonymous said...

Zさん、

超フラットなコースだと距離感を間違いませんか。実際の距離よりも短く見えてショートする気がします。私の場合だけかも知れませんが。

Posted by:trimetal@CT at 2010年01月16日(土) 12:52

yspz said...

GGさん、こんにちは。

美人て言いますかねー、だだっ広くて真っ平らで、北海道の牧場のおっかさんみたいですよ。
(北海道をよく判ってないんですけどね。)

ハザードが少ないのでなかなかダボを打つことは無いけれども、私の飛距離だとバーディーチャンスもあまりやってこない、っていう感じのコースです。
思い切って毎ホールでドライバーを振り、距離に辛抱強く付き合ってユーティリティーやロングアイアンを丁寧に打っていき、グリーン周りをしっかり拾っていく、というプレーになりますね。

こういうのびのびしたゴルフもたまにはいいです。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年01月16日(土) 14:55

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

けっこう古いコースなのですけどね。
まるで街中にあります。

グリーンは確かにいい感じです。
(さほど速くはありませんが。)

土日はお避けになって下さい。
混んでいると言うより、5サムの後ろに入ると最悪です。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年01月16日(土) 14:56

yspz said...

スノーマンさん、おっしゃるとおりです。

リラックスしすぎてコンセントレーションが抜けてしまう部分もありますが、楽しいラウンドになります。
コースレートが71.5あるのにスロープが123しか無いと言うところにコース特性が現れてますよね。

友人がドライバーをリシャフトしたので、ちょうどいいと思って誘ったんです。
私が打つと気持ちよく打てて弾きもいいのになぜかフックしか出ないので約1ヶ月でお店に返却せざるを得なかったというスーパークワッドなんですけどね。
試しに3回ほど打たせてもらったら、見事に3つともよく捕まったフックでした。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年01月16日(土) 14:56

yspz said...

trimetalさん、こんにちは、

私の場合は短く見えるってことはないです。
むしろ木の高さとか間隔とかで遠かったり近かったりして見えるってことはありますが。

でも、ティーショットは打ってみると短く終わってますね。
ティーイング・グラウンドが高くなって無いからなんですが。
2打目以降は、そんなに距離の間違いは無いと思います。

とか言ってもあくまでも私の主観だけですが。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年01月16日(土) 14:56

Anonymous said...

緑が鮮やかですねぇ~。この時期の日本国内から
考えると月とスッポンくらいの差があります。
それでも関東はラウンドできるだけマシだと東北北陸の
ゴルファーには怒られてしまいそうですけどね。

『$5-10程度やや高い』、『ティーインググランドに土盛りが無い』『5サムも結構入る』・・・チョット日本のゴルフ場とは感覚が違いそうですね。



Posted by:コルレオーネX at 2010年01月18日(月) 10:10

yspz said...

Xさん、こんにちは。

確かに違いますねー。
でも、日本でも沖縄は芝が緑だったりしますでしょう?

米国でも、ひゃっぽさんのいらっしゃるシカゴなんかは、日本の東北北陸より寒かったりしますから、東京近辺の方が天候は恵まれていますよ。

私は箱根の南斜面(韮山の方)にあるコースの会員だったんですが、毎年1月2日の新年杯から始動してましたもん。(笑)


違いといえば、そういえば私はもう10年以上キャディさん付きでゴルフをしていません。

Posted by:やきそばパンZ at 2010年01月18日(月) 15:55

yspz said...

もう8ヶ月半も経ってしまっていますが今更ながら、ひゃっぽさんへのリコメが抜けていたことを発見!

ひゃっぽさん、いつも良いコメントをいただいているというのに、大変申し訳ご座居ませんでした。


歩測した歩数を間違えるぐらいで、そもそも私、けっこうそそっかしいのです。
どうかご容赦を!


ほんと、イリノイでも一度プレーしてみたいです。
オレンジボールとGlowballを駆使して、雪の中のトーナメントにも出てみたいなぁ、と思ったり。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年10月01日(金) 15:07