2/20/2010

4 Yards More Golf Tee


コルレオーネXさんがブログでご紹介なさっていたティーを、近所のゴルフショップで見かけましたので、早速購入してみました。

4 Yards More™ Golf Tee
http://www.4yardsmore.com/




+4ヤード飛ぶ、っていうのは如何にもデータを採って実証した数字と言う感じで、非常に好感を持たせるネーミングですね。(笑)
実際に効果が在ったとしてもそのくらいしか無いだろう。 しかも私にとっては誤差範囲で分かりませんわ。ってところですけれども。


しかしパワーヒッターのコルレオーネXさんが数年間も愛用なさっていて、折れない、無くならない、っておっしゃってますから、試してみる価値はあります(^^)
コルレオーネXさんは、青い 3 1/4インチの“Driver Tee”ですが、私は黄色い 2 3/4インチの、“Standard Tee”を購入しました。


私自身は現在は、Zero Friction Teesっていうのを愛用しているのですが、こちらも滅多に折れません。
でもたまに、ティーイング・グラウンドが硬かったりしてポキっと行くこともありますし、ドライバーがfatに入ってすっ飛んで無くなることもしばしば。
気持ちよく打ったときには、ティーがその場にたったままになっていることも多くって、無くならないのですけれどね。

それなりに本数が入って売っていますので用は足りているのですが、土に還る素材ではありませんからちょっとした考慮はしようかな、って気持ちも無くはありません。


なかなか無くならないですしなかなか折れませんので、木のティーよりも回収率が高くゴルフ場に優しいと見て、気に入っていたのですが、4 yards more golf teeの方は、ボールを支える六つ叉の羽の部分が柔らかくなっていて、ティーがそのまま立っている確率が高そうです。
抵抗も小さいから飛ぶのでしょう。

HPを見ますと、ロボットが10球ずつ打って、平均で+3.90ヤード、木のティーよりも飛んでいます。
データ数が如何にも少ないですけれど、ある程度信頼を置いてもいいデータでしょう。



やや問題になるのが、冒頭の写真のようにボールと一緒に持って、ティーアップしようとした時です。

六つ叉部分の柔らかさ故に、写真のように持ってボールでティーをグッと押して地面に差し込む、っていう技が使えません。(笑)


コンセプトは同じ、打つときに非常に抵抗の小さいというBRUSH-Tを持っていながらラウンドで使わないのは、やはりティーを刺すときに田植えをするかのような感じになってしまってカッコよくないからでして(^^;、
こちらはマットではなく芝から打てるドライビング・レンジでドライバーをかなりの回数打つときのみ、という、私としては滅多に無いシチュエーションでのみの使用になっています。
ティーを挿し直さないでボール乗っけて打てますから、便利なんですよね。



で、もってラウンドに使ってみました。
夕暮れTwilightのラウンドで、13ホールしか終われませんでしたので、スコアをポストしませんが、使用感としては上々です。(^^)


下に記入されていますDAPスコアのポイントを見ていただけますと、わずかに1ポイントで済んでいます。(^^)
いつもは1ラウンドで8ポイントほど稼ぐ(笑)のが私のスタンダードですから、非常に良い結果になっています。

これはさすがにティーの影響ばかりじゃなくって、ドライバーが調子良かったのだろうと思いますし、そうそうタイトなコースではありませんし(2番ホールはすごいタイトですが)、そもそも1回のラウンド(にも満たない13ホールではなおさら)ですから、まだ正しい評価はできませんが、非常に良い結果だったし、使用感はとても良かったと言って差し支えないと思います。

同じコースでベストスコア(ベスト・ディファレンシャルと言う意味です)出した時のDAPが9ポイントでしたから、昨日はドライブだけは桁外れに良かったと言うことに。(^^)


最初の3ホールまでは、上の写真のように持ち、人差し指と中指の背で必死に押して(笑) 刺しましたが、4ホール目からは諦め、ボールを手のひらのまま人差し指と親指で持ってグリーンフォークを刺すような要領で刺しました。
ちょと刺しにくいですけど、高さは一定していいかも。


羽部分がかなり柔らかいので、ティーも飛びにくいようです。
1回だけ地面から抜けてましたが、それ以外はその場に刺さっていましたので、確かに無くなりにくそうです。

これはいいものを教えていただきました。
コルレオーネXさん、どうもありがとうございます。




青ティーのコースレート/スロープは72.8/129、パーは37・35=72です。

1 4 △ 0 2BL
2 4 - 0 UU14B-①
3 5 △ 0
4 4 - 0
5 4 - 0 T (14)
6 5 △ 0 ① (D7)
7 4 △ 0 US3AL
8 4 - 0
9 3 △ / DD25BL-U3A- (3パット)

10 4 △ 1 DS4A
11 3 - /
12 4 - 0 D19AL-①
13 5 - 0 UU14S-②
14 4
15 3
16 4
17 4
18 5

42(15)・17(7)= 59(22)/13ホール


シアトル郊外から親戚の結婚式のために来ていたジョンってひとと一緒にラウンドしたんですが、感じのいい人でしたね。
パワーフェードを打つ人です。

知らずに来たらしいんですが、タイガーが幼少の頃よくラウンドしたコースだって聞いて、「いいこと聞いたなぁ。思いも寄らなかったよ、サンキュー。」


それで、この間スノーマンさんから聞いた、スノコルミーの滝が見えるホールが在るニクラス・グループ・デザインのコースのこと聞いたら、すぐにプロやってるとか言う友人に電話してどこか聞いてくれて、教えてくれました。

「聞いたらさ、『お前馬鹿じゃね?俺んとこだろが。』だってよ。(笑) シアトル来るとき声かけてくれたらセットアップするよ。」って言ってくれて、電話番号教えてくれました。
(コース名、失念しました。(x_x;)


例によって、スーパースロー動画を撮ってあげまして、送ってあげることになってます。(^^)
ちょうどね、570yの6番ホールで見せたフェアウエーでの見事なドライバーショットをたまたま撮っていましたから、喜んでましたです。


シアトルのジョンも、もうひとり一緒に回った地元のクリスって人も、打つのがもんのすごく速いんです。
構えたかと思ったらもう打ってる。

ジョンが、「日曜日にもう一回ラウンドしたいんだけど、お薦め知らない?」「っつか、君たちのプレースタイルが好きだから時間あったら一緒にやんない?」って我々に聞きまして、それでいろいろ候補を挙げて教えてあげたんですが、

コヨーテ・ヒルズとか、ペリカン・ヒルとか、すでにラウンド経験ありでしたので、「じゃぁ、ブラック・ゴールドはどぉ?」って言ったら、

クリスが「あ、それ俺んちのすぐ横。」ってことで、一緒に行く話になってました。
私は残念ながら今度の日曜日はダメなんですが。

3人とも素振りもしないので、時間余りまくりだったんですが、前が詰まってて快調に進めませんでした。(笑)


ゴルフ友達っていいですよね。
知らない人とでも、フィーリングさえ合えばすぐに意気投合できますから。(^^)

8番ホールのグリーンから9番ホールの軍艦を望む



14 comments:

Anonymous said...

このティー本当に良さそうですね。
私はティーにはゼンゼンこだわらないと言うか
クラブに用意してあるティーを、使ってます。
Free~

Zさん、シアトルに来るんですか?
必ず、知らせてくださいよ!
ジョンさんとゴルフするんですよね!
このゴルフコース通称、TPCと呼んでます。
正式名では、殆ど呼びませんね。

でも、Zさんに会えたらうれしいなあ~
ぜひ、うちのホームコースにもおいで下さい!
この辺りでも、屈指のいいグリーンですよ!
TPCのグリーンとは比べ物にならないくらい
goodです!


Posted by:スノーマン at 2010年02月20日(土) 16:43

yspz said...

スノーマンさん、ありがとうございます。

実のところ、シアトルに行く機会はなかなかありません。

確か95年に日本から訪問。
高かったけどサリッシュ・ロッジに1泊しました。
大雪に見舞われまして、ノースベンドで足止め。

そのあとは2003年の奥さんと今6歳の息子がまだ6ヶ月ぐらいのとき?
・・と、3歳ぐらいのときに、遊びに。

その後出張で、シアトルとワラワラと2回に分けて。

で、必ず滝には足を運ぶ、と。(笑)


ジョン曰く、「シアトル周辺のコースは今時期はグリーンとかフェアウエーとか湿ってて柔らかすぎるよ。」って言ってました。

行くチャンスがあったら必ずご連絡します!


上の写真がジョンです。
もしゴルフ場で在ったら、よろしく言っといて下さい。

30分ぐらい北の方の郊外に住んでるって言ってました。


このティーは真面目にいいですよ。
木のペンキ塗ったティーと違ってドライバーのソールに色付いたりしませんし。
ペンキ塗ってなくても、なんか跡付きますよね、ソールに。

Zero Friction Teesと違ってボール乗せやすいですし。

ただ、刺すときはちょっと不便かなー。

(HNの由来は書いて無いですー。 ・・てか、大した由来が無いですし。)

Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月20日(土) 17:55

Anonymous said...

Zさん、

この種の商品は、少々胡散臭いとtrimetalは思っております。

単に、ティーが無くなり難いと言うなら納得できるのですが、飛距離が4yds延びると言われると信じられません。

そこで、物理的に単純化して考えて見ました。

理論的には、ボールに与えられる力積(Inpulse)が、ボール初速を決定します。勿論、ボールの反発がありますが、それらを混みで考えて、単純化すると、ボールの質量mと、ボール初速v、力積Iの関係は、

I = mv

です。

仮に、ティーが抵抗となり、ボールの質量が増えたと等価と考えると(そう考えてよいか自信はありませんが)、ティーの抵抗を質量に換算した量m'と、初速v'の関係は、

I = (m+m')v'

となり、Iが一定すれば、vはm'の為に若干速度が下がってv'となります。所謂、運動量保存の法則ですね。

理論的には、m'の大きさが、vに影響を与える筈ですね。少々苦しいのは、ティーが必ずしも同じ速度vで飛んでいくわけでは無いことです。ただ、一応飛ぶと仮定しています。

ボールの重さは規格で決まっていて、1.620oz=45.93g以下ですね。m'をどう見るかですが、仮に普通のティーが4gで、抵抗の少ないティーが3gだったと考えると、Iを一定として、

(45.93+4)v = (45.93+3)v'
v' = 1.02v

となります。即ち、1g程度の抵抗差があれば、初速で2%違いがあると言う事です。

実際には、初速差ほどは、飛距離に差が出ないでしょうが、初速差の70%程度の影響があると過程すると、1.4%の飛距離差となります。vがどの程度かで違ってきますが、250ydsとすると、3.5ydsの差になります。

なるほど、1gの抵抗差が3.5ydsの差になるのですね。仮説が一杯あって、絶対的な数字はイマイチ信頼できませんが、1g程度の抵抗差が、数ヤードの差になり得るとなれば、4yds飛ぶと言うのも、少々信憑性が出てきますね。ティーを変えてみようかな。

Posted by:trimetal@CT at 2010年02月21日(日) 05:03

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

衝突による力積で近似すると言うのはなかなかに良い方法かも知れませんね。


私はもっと単純に、刺したティーをなぎ倒す分のエネルギーを損なわない方が飛びそうだな、(って言っても大差ないに違いないな。(笑))と思いました。

少なくとも私には、4yの伸びは確認が難しいと思われます。安定して芯で打てたりしていませんですから。

普通のティーを使うときも、グッと刺して少し抜いて緩く刺し直したりするときもありますしね。

固い土にがっちり刺したティーなら確かに1g相当ぐらいの抵抗は在ってもおかしくないですね。



いいと思ったのは、

a)ドライバーのソールにティーの跡がつかないこと。

b)抵抗が少ないらしく、打った後にもティーがその場に立っていることが圧倒的に多いこと。
(つまりは無くなりません。)

c)折れなくて長持ちする(らしい)こと。

d)確かに高さもある程度一定させることが出来そうだ、ということ。

の4点ぐらいでしょうかね。


刺しにくい、ボールで押せない、という欠点を上回った利便性があるように感じました。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月21日(日) 10:40

Anonymous said...

多少でもお役に立てたようで嬉しいです。
長らく使ってる私としては、4ヤードアップしてるかどうか
ってのは正直分かりませんけど、長持ちはすると
思います。普通のリフトティーだと、ティーも凄い
飛距離を飛んで行っちゃう時がありますが、
これはそういうことがないですね。私の経験上ですけど・・・
アレっ?!って思っても、元々ティーアップしてた
近くに落ちてたり、軽く刺さってたりしますので。

Posted by:コルレオーネX at 2010年02月22日(月) 22:40

yspz said...

Xさん、ありがとうございます。

しばらくゼロ・フリクション・ティーと併用してみようと思います。

今のところ、かなり気に入りました。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月23日(火) 01:45

Anonymous said...

Zさん、こんにちは。
いつも楽しく拝読させていただいてます。
ゴルフを始めて3年目になりますが、だんだんゴルフの面白さがわかってきました 
自分の思い通りに球が打てた時はとても気持ちが良いです!
これからもよろしくお願い致します。

Posted by:AT at 2010年02月23日(火) 04:33

Anonymous said...

タイヘンご無沙汰しております
関係のドタバタ劇もやっと終演を迎えることができそうです

昨年のデータをまとめて見たらびっくりバーディ率が明らかに上がってました
これもZさんに教えて頂いたABSL取り組みの成果です。間違いありません。その他のことはやってませんので、確実にABSLは効果があることが証明されたと思っています

ありがとうございます!
私の地域でも春の気配がして参りました
卒業式を終えれば、お役ご免です
やっと普通の生活に戻れそうです


Posted by:golfreak銀 at 2010年02月23日(火) 12:06

yspz said...

ATさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

いつも見て下さっていたのですか。
お恥ずかしいです。(笑)


スノーマンさんのところで、ATさんは元クーガーズだって認識して覚えて居りましたです。


こちらからもブログを拝見させていただきました。
ラウンド8って記事から始まってるのがちょとユニークですね。

ペブルビーチには昨年ラウンドに行く機会に恵まれました。
すごくいい思い出です。


今後とも、よろしくお願いいたします。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月23日(火) 15:34

yspz said...

golfreak銀さん、お久しぶりです!


結果の集計に効果が出たとのこと、素晴らしいです。
どれもこれも、golfreak銀さんのヒントを拝見してから始めたことですので、我がことのように嬉しいですし、励みにしたいと思います。

ありがとうございます!


お時間ができましたら、この記事をはじめとしますパッティング・カテゴリーの記事をご覧いただけますと、大変に嬉しいです。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月23日(火) 15:42

Anonymous said...

Zさん
 その記事は、ドタバタ劇の気分転換にと思って先日読ませていただきました。また後日あらためて拝読させていただきます(^^)/

Posted by:golfreak銀 at 2010年02月24日(水) 10:20

yspz said...

いやー、押し付けがましくって申し訳ありません。
私のブログはgolfreak銀さんとノリさんあってのブログなものですから。

Posted by:やきそばパンZ at 2010年02月24日(水) 15:48

Anonymous said...

Zさん

こんばんわ。
ここにもコメント書かせていただきます!

頭が??だらけになりましたが、物理的に約4ヤード近くモット飛び、そして経済的にも重宝するティーなんだ、と納得しました。来週使うのが楽しみです

私は4本セットになっているのを購入しました。もうお友達にお土産として「ばらまく」のは止め高く売りつけることにしまぁす

Posted by:mayumi at 2010年07月16日(金) 23:38

yspz said...

mayumiさん、こんにちは。

私、実はこの記事以降、(・・・ってことは約5ヶ月)ずっとこのティーを使っています。


ドライバーの方向性がぐっと良くなりました。

ティーの抵抗で飛距離がそれほど変わるとは思えないんですけれども、方向性が良くなった分、カップには少なくとも4ヤード平均ぐらいは近づいていると思います。


(でも、ティーの抵抗が軽減するのは間違いなく事実ですから、女性の場合ですと飛距離へのご利益がもうちょっと大きいかも知れませんね。)


このティー、私はコルレオーネXさんに教えていただいたんです。
ですから、日本で買える商品のような気がいたしますです・・・。


良い効果が出ますように!

Posted by:やきそばパンZ at 2010年07月17日(土) 00:01