6/09/2010

トニー・ロモ、最終クオリファイアー完遂できず。


トニー・ロモが出場します、UPオープン地区予選のテキサス州ウッドランドの最終クオリファイアー。
非常に楽しみにしていました。

前回の記事にコメントいただいたサンディエガンさんの大胆予想では、「2日間148で25位タイで通過ならず。」ということでしたが・・・。



以前PGAで活躍したプレイヤー二人、ボブ・エステスとスティーブ・エルキントンを含む36人で、わずか二つの座を争う厳しい戦いは、悪天候に見舞われました。

1日目、ロモは4番ホールのパー5でドライバーをフックさせてしまいウォーターハザードに打ち込み、痛恨のトリプルボギーを打ってしまいます。
しかし続く5番ホールで3mにつけたパットを沈めバーディー。

ここで、雨のため2時間の中断に。


その後、↑の写真の出で立ちに着替え、残りのホールを3バーディー・ノーボギーの71で第1ラウンドを終え、首位に4打差の8位タイのまだチャンスのある位置に付けました。



変わった二日目もあいにくの悪天候。

雨の中、出だしの1番ホールでティーショットを曲げてしまいアンプレイアブル、このホールをクワドロプル・ボギーにしてしまいます。2番でもボギー。3番ホールでも痛恨のトリプルボギーを叩いたところで、またまた悪天候による中断。

結局、第2ラウンドは翌日に繰り越されることになりました。

ロモはこの時点で+7ですから、ほぼチャンスは無かったと言ってもいいとは思いますが、翌日はカウボーイズの練習日であったためもあり、Withdrawal (途中棄権)の形になってしまいました。

できれば、もう少し良い天候で、少なくとも力を出しきった上で結果を得たかったところですね。
上位二人に残るのは至難の業に違いはありませんが。


こちらに最終結果があります。

クリックで、USGAの該当ページにリンクしてます。


ボブ・エステスがさすがの貫禄を見せて、69・67=136の-8アンダーで2日間を終え、トップ通過。

地元ウッドランドのゴルファー二人が地の利を活かせたのでしょうか、2位、3位に-7アンダーで続いています。

さすがにUS Open出場は厳しい道程ですねー。


結局2日間を最後までプレーしたのは14名だけ、なんと半数以上がWD(Withdrawal)で終わるという、悪天候を物語る結果になっています。


悪天候のため、いささか水をさされてしまった格好ですが、私としては
サンディエガンさん大正解。」としておきたいと思います。(^^;




おまけ:


メモリアルでの、フィルのカートパス上からのショット




4 comments:

Anonymous said...

大胆予想に天候を加味するのを怠りました。
来年はもっと正確に予想したいと思います。

Posted by:サンディエガン at 2010年06月09日(水) 14:53

yspz said...

いえいえ、サンディエガンさん、大正解ですよ。

1日目トリプルボギーから持ち直して71は大いに評価出来ると思いますけど、
やはりボブ・エステスやスティーブ・エルキントンの上を行くのは並大抵ではありませんよね。

地元のゴルファー二人が2位3位に入っているのが印象的です。
(プレーオフしたのでしょうね。)


私、この手のニュースはいつも楽しみにしています。

競技の厳しさと言いますか。
(長男さんもこれからが大変ですね。)

遊びでいいスコア出してふんぞり返ってるゴルファーはダメですね。
(遊びなんだから駄目じゃないかも知れませんけど、競技ゴルファーとは違いますね。 私は遊びの方ですが。)



Posted by:やきそばパンZ at 2010年06月10日(木) 00:22

Anonymous said...

残念でしたね~、トニーロモ
アマチュアのメッチャ上手い人でもプロとの隔たりを感じちゃいますね
中年の星のようなアマが本戦出場果たさないかな~、なんて何時も思ってるんですけどね~、レベルが違うんだろうな~。

Posted by:ノリさん at 2010年06月12日(土) 11:21

yspz said...

そうですねー。

2位に入った人も、ネイションワイド・ツアーの若いプロですからねー。


あのボールストライカーのスティーブ・エルキントンが破れていますしね。


Posted by:やきそばパンZ at 2010年06月12日(土) 16:40