5/24/2010

トニー・ロモ、USオープン最終地区予選に駒を進める


今年(2010年) ペブルビーチで行われるUS Openへの出場に向け、

NFLダラス・カウボーイズのスター・クォーターバック、トニー・ロモが、テキサス州のローカル・クオリファイアーに出場し、-2アンダーの69でまわって、4人によるプレーオフの末、最終地区予選へ駒を進めました。





ついこの間、殿堂入りワイド・レシーバーだったジェリー・ライスがネイションワイド・ツアーに挑戦したものの、ぼろんちょろんに崩れてしまったのをお伝えしましたよね。

上手いプレイヤーとトーナメントで強いプレイヤーは別物だ、っていうお話でした。

関連記事:「ジェリー・ライス、ツアーに挑戦」


しかし、トニー・ロモは少し違ったようです。

この時のコメント欄で、サンディエガンさんから、

>技量的にはトニー・ロモの方が予選通過のチャンスありそうです。

というコメントをいただいていたんですが、やはりサンディエガンさんの目は確かでしたね。


記事には、17番で11m半のバーディーパットを決めたのが大きかった、と本人がコメントしたこととかいろいろ書いてあります。
プレーオフ最後のホールは、もうあたりが真っ暗だったらしいんですが、残った3人で合意して強行したのですね。

それで、表題に ...with late comeback とされています。(^^)



最終予選会のテキサス地区は、6月7日から、Woodlands, TXの
The Club at Carlton Woodsで行われるそうです。


ペブルビーチに出場出来ることになったら、まさに夢の出場ですね。



関連記事2:「USオープン・チャレンジ (’08)」 ←トニー・ロモがプレーしています。




***

結果報告、アップいたしました。

こちら。

トニー・ロモ、最終クオリファイアー完遂できず。


2 comments:

Anonymous said...

予想が当たりましたね!
ではついでに最終予選の予想も。

148ストロークで25位タイ=落選


本当は通過して欲しいですけど。

Posted by:サンディエガン at 2010年05月24日(月) 13:07

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

さすがでしたね。(大マジ)


09年にベスペイジ・ブラックのUSオープン・チャレンジに出たベン・ロスリスバーガーは、トーリー・パインズに出たトニー・ロモよりもスコア良かったですが、

ロモの方が、ちゃんとティーチング・プロに付いて練習しているスイングでしたよね。

15位タイかー。
狭き門ですもんねー。
(遼くん、ラッキーですね。)


Posted by:やきそばパンZ at 2010年05月24日(月) 13:35