10/18/2010

ニューシャフトのドライバー (Aldila RIP)


前記事、「アルディラ RIP シャフト」のフォローアップ記事です。(^^)


いやー、やっと手に入りました。♡ (^^;

いろいろと米国特有のトンチキなことなどもありつつ、まぁ私としてはプライマリのアルディラNV65のドライバーが2本もありますから余裕ののんびり構えで、出来上がりは月曜日でしたが週末になってようやく取りに行ってきました。


えーっと、今回の支払いは・・・(車にも出費しちゃったし(^^;) 現在強力な円のクレジットカードで日本に残してある口座から払っちゃおうかな。(笑)

なんか気分的に安く買ったような気になれるだけでも、気休めになりますもんね。(実質はドルで給料もらってる私には激しい円高は厳しい方向で変わんないんですが。(^^;)


じゃーん!

(写真をクリックで拡大します。)


っていうかまぁ、すでにG-Macが使って今年(2010)のUSオープンを勝った組み合わせってことに一応なってますから、オリジナリティーはないのですが、なかなかかっこよいです。 (^^)


ツアープロには、中身の違うものが支給されているケースが殆んどだと思いますが、一応この↓ドライバーってことになります、私の中では! (笑)

画像をクリックで拡大します。
(前回の記事にもある写真です。 クリックでG-Macのサイトに。)


2本も持ってるプライマリ・ドライバーのNV65Sとの比較では、シャフト重量が7g重くなるか、もしくは4g軽くなるかの選択だったのですが、7g重くなる方のRIP 70 WOOD (74g) を選択。
(ちなみにRIP 60 WOODは63gです。)





NV75は78gでして、打ってみて「いいなー」と思ったのですがその後46インチに挑戦したために1ランク軽くせざるを得ず、NV65 (67g)に落ち着いた経緯があります。

そこで、74gの方を選択しておいて46インチで仕上げ、もしちょっと振り切れないと感じたら45インチくらいの標準的な長さに調整しようか、そういう意図で選びました。

(正直、ドクロ柄の黒いシャフト・・・かっこいい!って衝動買いしただけですので(^^;、プライマリ・ドライバーを凌駕するとは思っていなかったりもします。でも、ちょっと期待はしてますけどね。(笑))


ヘッドは、5月から用意してあったお気に入りの FT-3 Tour 9.5度のヘッドです。 (^^)



で、私としましても気になるのはやっぱり、お前ちゃんと打てるのかよ、Zくん? ってことですわね。(笑)

行ってきましたよー、とりあえず打ってみるべく ドライビング・レンジに。


---


レンジの打席でとりあえず素振りはしたのですが、うちのお嬢ちゃんが邪魔してくれるので、結局ボールは打てず。(笑)



(よく見ますと、シャフトのヘッド寄りの方にも模様が入っているんですよね。 黒に黒なのでよく見えないのですが。(笑))

5-6球だけなら打てたと思いますけどねー。 ボールひとかごはどう見ても打てません。(^^;


で、結局、
今朝やむなくぶっつけで、早朝の9ホールのラウンドに持って行って打ってみました。

写真を見ていただいてもちょっと薄暗い感じかと思いますが、半袖のポロシャツが濡れない程度にミスト状の霧雨が降っていました。

(写真をクリックで拡大します。)

これは、17番ホール450yパー4のティーからの写真です。

こういう天候の時は空気が重く湿度たっぷりでボールが飛びませんですね。

その上に、フェアウエーもグリーンも、2週間半ほど前にエアレーション&オーバー・シードをしたところで、あまり転がりもしません。 ・・・ということで、このフラットでワイドなコース、「ハザードは距離」って言う感じでしょうか。


結論から言いまして、新しいAldilaのRIPシャフト、非常に感触が良いです。(^^)
7g重くなっておりますから、やや重いなと感じてしまう面はありましたですが。


天候のせいもありまして、非常に空いておりましたので、NV65のドライバーと交互にティーショットを打って比べたりもしてみました。

飛距離は、両方を同じホールで今日一の当たりで打つって事ができるほどの腕がなく、決定的には分りませんでしたが、間違いなく今までと遜色はありません。(^^)


(さすがに基本的には指折りの低弾道を誇るNV65 (^_-)) 今回のRIPシャフトの打球の方が少し弾道が高かったです。
振り抜きも、ボールの伸びる感じも、とても気持ちの良いクラブになりました。 (^^) ♡



上の写真の17番、450yもある上にほとんどフラットではありますがわずかに登っています。
長いです。

スイートスポットよりやや上に当たった打球は満足行く当たりでよく飛んでくれました。

それでもまだ205yぐらい残っていて、足元はかるーく上り坂を感じる程度のライになっています。

(写真をクリックで拡大します。)

ここから、3Wを振って行ったんですが、目標よりもかなり右に外れて出てから少し左へもどってくるボールが出まして、しかしグリーン右に2つあるバンカーのさらに右でした。

このホールは長いですわ。 (^^;


3打目の状況は、


(写真をクリックで拡大します。)

簡単そうでいて、なかなかOKに寄せるのは私には難しいですね。
案の定ボールを止めきれず、4歩オーバー。

カップを過ぎて転がったところを見ていましたから、返しを是非に入れたかったのですが、カップの山側右縁に外しました。

10 5 △ 0 U7B
11 4 - 0
12 4 △ 0 6BS
13 3 - /
14 4 - 0 5A
15 3 - / U18BL-②
16 4 - 0 13AS-①
17 4 △ 0 4A
18 5 - 0 U13AS

39(16)


ドライブのDAPスコアは良いスコアになっていますが、このコースは非常に広々としていますのでぬか喜びはできません。(笑) (^^;
でも、良いニュースには違いありませんです。(^^)


---


ちょっと、3Wとの繋がりとかを考えますと、気持ちもう少し軽く振り抜ける方がベターだと思いますので、まずは1/4インチ長さをカットしてみることにしました。

45インチ3/4ですね。

打って使いながら徐々に、45インチぐらいまでは短くしてもいいかな?と思っています。

追記: 最初の出来上がりがNV65Sよりも2-3mm短く、1/4切った量がちょびっと多かったみたいで、今比べますと、ほぼ1/2インチ程度短く仕上がってますですね。
作業は目の前で見ていたんですが。

そういう訳で、現在 45インチ1/2 くらいです。 ・・・たぶん。 (^^;

60度法とかその辺りの測定の方法論を頼んだショップの方がどうしているのか詳しく存じませんので、まぁそのくらいの長さ、ということでご参考お願いします。m(__)m;;





---

それから、どうやら黄色い目の γ(ガンマ)バージョンは、トルクが大きく作られているようです。  α (アルファ) にして結果的には正解でした。 (^^)


---


GDOブログからの移籍で、頂いて居たのに取り残されてしまったコメントは一つ前の記事として保存いたしました。m(__)m



13 comments:

trimetal said...

古い記事へのコメントで恐縮です。

実は、Zさんの新しいドライバ(シャフト)が好調のようなので、私もAldila RIPシャフトを買おうかなと思っています。

ただ、私には70では少し重いので、今使っているMotore 60と同じくらいの重さのRIP 60にしようと思います。

単品で買うとZさんと同じように黒いシャフトなんですが、Taylormadeにオプションで付くRIPは白なんですが、これがebayで比較的安く買えます($80前後)。ところで、白と黒で違いがあるのでしょうか。

また、Sではなくて、Rを買ってみようと思います。元々RIPはトルクの少ないハードなシャフトなので、柔な私にはRが良いかなと思ってますし、90年代に使ってたメタルドライバはRシャフトで非常に良かったので、元々柔らかいシャフトが好きなんです。

このシャフトで気が付いた事があれば教えて下さい。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

RIPのWood60をお求めでしたら、朗報があります。(^^)

テイラーのスーパーディープに付いているRIPはおっしゃるようにテイラーのカラーリングがしてあって3色塗りみたいになってますし、ほとんど全部70の方だったと思います。


一方、Adamsのドライバーに、RIPの60を入れたモデルがあります。

カラーリングも、Aldilaのオリジナルのままです。


しかも、骸骨が赤い目のαだけでなく、黄色い目のγも揃っていたりします上、今時点でpreownedならシャフト単体価格よりこちらのドライバーの方が安いのです。

中には、旧モデルにRIPを入れた中古品なんかもありまして、この間見たら$160台のものまでありました。

ドライバーごと買って、シャフト入れ替えた方が安く入手できますね。

黄色い目のγの方は、トルクが少し大きめになっています。
アルファが2.8で、ガンマが3.6だったかな?


AldilaのNVの方も、少し鉛テープで重くしてRIPにフィーリングを合わせたら、ものすごく安定しました。

ドライバー、両方とも非常に好調です。(^^)

yspz said...

アダムズのこのモデルです。

http://www.adamsgolf.com/products/drivers/speedline_9064ls.php

シャフト
http://www.adamsgolf.com/products/drivers/speedline_9064ls.php#


フレックスも R、S、X と揃ってますし、α、γ、それぞれ揃ってますね。

trimetal said...

Zさん、

情報ありがとうございます。

AdamsのクラブにはRIP60が付くんですね。そこで、ebayで実態を調べました。

しかし、安い中古品は少ないです。一方で、RIP60のシャフト単品だと沢山出ています。値段的にはリーズナブルです。$100以下で買えるレベルです。

一方で、SUPERDEEP付属のシャフトも沢山出回ってまして、RIP60のRも出ています。こちらは$80程度ですね。(R9のSleeve付き)

結局、シャフト単品で買うと、R9向けにSleeveの値段とシャフトを付ける手間賃を入れて、$35くらいは余計にお金が掛かるんです。であれば、SUPERDEEP付属品を$80以下で買えれば、そちらの方が確実に安くなります。

スペックを見ると、微妙に違う点が気になります。SUPERDEEPのRIP60-Rで、トルクが3.0位でした。単品のγだとトルクが3.6ですよね。何となく、αとγの中間みたいです。

それと、最近はβ(緑目)も出てますね。Tourと書いてますので、一般に市販されていないのかも知れませんが、ebayでは幾つか出てました。大体、$190位ですが。

yspz said...

trimetalさん、さらに詳しい情報をありがとうございます。m(__)m


私、あまりインターネットで買い物をしませんので、近所のゴルフ屋情報しかお伝えできませんでした。(^^;


私としては、RIPが安く出回ると今後色々試すのに安く上がって嬉しいなぁ、と思う次第です。


出たばかりの値段で買うっていうのは私にしては非常に珍しかったんですが(←しかもスペックの確認もせず)、結果的にNVの調整も出来ましたし、良かったと思っています。


2002年モデルのヘッドに付けてるのがなんではありますが、G-Mac仕様ってことで。(笑)


eBayやヤフオクで「proto」とか「tour」とか値段が高いのが出ていると、私なんぞは目が利きませんのでなかなか買えないです。


それにしても、SUPERDEEP付属のシャフトはトルク設定が違うんですか。

これにはちょっと驚きです。(@_@)!

trimetal said...

Zさん、

インターネットで調べたら、SUPERDEEPのRIPシャフトの仕様が出てました。これが信用できるのか不明ですが、単品とは明らかに違いますね。SUPERDEEP TP向けだからでしょうか、トルクが凄く少ないです。
こちらです。

trimetal said...

Zさん、

TaylormadeのHPを見るとちゃんと出てました。
こちらですが、Overviewには次のように書いています。もしかして、SUPERDEEP用に少し改良があるのかもです。

New Aldila R.I.P. shaft with improved tip-stiff design promotes mid launch angle.

yspz said...

trimetalさん、追加情報をありがとうございます。

SUPERDEEP用のカラーリングは手元が白でえんじ、黒、みたいになってますよね。ガイコツちっちゃいし。


もちろんショップの鳥かごで打ってみました。
ディープフェースのクラブが好きなので。

しかしこれが、今いっちょピンと来ませんでした。(^^;
(っていうか、使いこなせない。)



しかしAldila、すごいRIPのバリエーション出しまくってる印象ですね。

ワサビとか他のシャフト作ってる時間あるんだろうか?とか心配してしまいます。(笑)

trimetal said...

Zさん、

SUPERDEEP用のRIP60/Rをebayで入札したのですが、思った以上に落札価格高くて諦めました。$120、場合によっては$130なんて数字でした。それも送料別です。ところが、RIP70/Sだと$79でも買い手が無いんですね。どうもRIP60が高値の様です。

そこで、単品シャフトを調べたら、RIP60の落札価格は、送料込でも中古品だと$80以下でこちらで行こうかと思います。Sleeveは別購入で$30弱しますけどね、黒のオリジナルなので見た目も良いかもなんて思いました。

ところで、SUPERDEEPですが、色んな試打レポート見ると、まともに打てる人は居ないみたいで、素人には無理な仕様のようです。見た目は良いのですがね。

yspz said...

trimetalさん、値段情勢が非常に面白いですね。

私はWood70のα、スティッフSを買ったんですが(しかも45インチ半)まぁまぁスペックが合っていてラッキーだったんですね。
(他のクラブもぜんぶ重いのですが、パワーヒッターではありません。(^^;)


SUPERDEEPに70が標準で入っていて「一般には重くないのかなー?」なんて思っていたんですよね。

打ってみて、「うげ、これは飛ばないわ。」と感じました。


trimetalさんは、WOOD60のStiff-Sの方がいいと思いますけどねー。

ProLaunchの65Sとかがお好きでしたら赤目のアルファ、もうちょっとトルクがある方がお好きでしたら貴色目のガンマ、って言う選択でしょうか。

trimetal said...

Zさん、

今日、ebayで落札しました。

RIP60/Sを$79で落札できました。それも送料込みですので、非常にラッキーでした。どうも、このシャフトはADAMSのドライバーから抜いたものみたいですね。

当初はRを考えてましたが、弾道は低い方が良いかもと思ってSにしてみました。と言うか、Sの方が直ぐに落札できそうだったためです。先にも書きましたが、RIP60/Rが凄い競争が激しくて高値になってますので、Sがお安く買えたのだと思います。

勿論、R9用のSleeveは別途購入済みですので、届いたら組み立ててみます。

ところで、Titleist 910 driverにAldila RIPのオプションがあるんですね。Majorどころが、採用を始めた所を見ると、今後人気になるかも知れません。今のうちに入手したのが正解かも知れません。

trimetal said...

Zさん、

書き忘れましたが、赤目です。トルク2.9と言う事で少々ハードかも知れません。駄目ならebayで売っちゃいます。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

すごい人気出て来ていますね。
ゴルフ屋さんでも感じます。(^^)

トルクは小さいのですが、ハリソンのシャフトのようなカチカチ感はあんまりなくて気持よく打てますし、左右への散らばりが減ってくれました。

trimetalさんは絶対Stiff-Sで良いと思いますです。

でもシャフトって難しいんですよね。
ちょっとした差でぜんぜん違う感じになりますし。


ところで、Bloggerのスパムコメント対策システム、trimetalさんのコメントは覚えてくれた模様です。(^^)