5/17/2011

ウエスターン・ヒルズCC の2


またまたいつもの友人と、チャリティー・トーナメントに行って来ました。

取引先の社長さんに招待されたチャリティー・コンペで、ライオンズ・クラブの主催です。
(集まったお金は有効に使われることと思います。)

半分仕事みたいなセッティングですが、フォーマットはスクランブル(4人のベストボールを繋いでいきます)ですし取引先の社長さんと同組でただ単純にゴルフを楽しむだけですから、非常にありがたいお話です。(^^)


コースは以前一度ご紹介しております、ウエスターン・ヒルズCCです。


Western Hills Country Club
http://www.golfwhcc.com/golf/proto/golfwhcc/index.htm



あのときは霧の中、前半7番ホールまでほとんど先が見えなくてたくさん写真を撮っても仕方ない状態でしたので、後半のホールばかりをご紹介いたしました。
ですから今回は前半のホールをご紹介してみようかと思いまして、その2としてゴルフコース・カテゴリーにしました。


ここはパー3とパー5が3つづつしかないんですよね。
パー4が多いのって、難しく感じませんか?(笑)

Chino Hillsというところにあって、けっこうhillyな(アップダウンのある)コースです。


パー3のうちひとつにはホールインワンに$500の商品券、もう一つには$5,000の商品券のようなものがスポンサーされていまして、やけに景気のいい(っぽい)イベントでした。

私は6番ホールでニアピン賞近くにくっつけたんですが、約1.5フィート差で敗れました。(^^;


ドラコン勝った人は凄かったですねー。

我々は最後からひとつ前のホールとかでの挑戦だったんですが、立ててある旗が見えない。
それもそのはず、フラットなホールなのに316yも先にあったのでした。(笑)


メンバーは私と、いつもの友人(HDCP15ぐらい。 ですけど現在膝を痛めていて絶不調。)と、取引先社長のリチャードさん(HDCP40ぐらいですねぇ?)と、その取引先のピーターさん(HDCP24ぐらいのスライサー)でした。

(目標スコアは勝手に「イーブン・パー以下」に設定しました。(笑))



それではいつものようにいくつかのホールの写真でをご紹介しますね。

まずは前回急いでいて写真も撮れなかったし、むしろ霧で全く見えなかった1番ホール、399yのパー4です。



写っているのはご一緒したピーターさんです。

ご覧のように、フェアウエーは登っているばかりでなく右から左へ大きく傾いていまして、私のドロー系のボールですと右の端へ打って行ってもフェアウエー上を転がって左端まで来てしまいます。
(ここのティーショットは私としてはものすごく良く飛びました。 よく転がりましたし。)

道理で前回、全く見えない中で真ん中らしきところへ向かって打ったら、左の木の中にボールが在ってDAPスコア<2>になった訳なんですわ。 今頃になって謎が解けました。(笑)


で、フェアウエー左サイドから残りはもうあと150yぐらいですがつま先上がりの難しいライからで(それでもフェアウエー左端はまだ傾斜がマシな方なんですが)、傾斜なりにフック気味に打った2打目はグリーンを奥にこぼしました。

グリーンに打ち上げてグリーン面は下がっているアプローチも全員失敗して6歩も残し、このホールはボギーにしました。

難しいホールだと思います。



3番ホールは、397yのパー4、ピーターのミラクル・ショットが飛び出しました。

画像をクリックで拡大します。


まず写真のピーターはいつもは大きくスライスなのに、このティーショットは真っ直ぐに左の木の中へ。

私は、目の前の右側に張り出している木が非常に気になり(っていうか、間違いなく近くを通りますから)、右からのプレッシャーに押されるように真ん中へ出て左へ曲がっていくボールを打ってしまい、フェアウエーにバウンドはしたものの左の木の中へ転がって行ってしまいます。


で、結局4人のベストのボールがこちら。
誰かフェアウエーに打っといてくれよー。 って感じでしょうか。(笑)

画像をクリックで拡大します。


残りは約165yぐらい。

こちらの写真に映っているのはリチャードですが、ピーターがやってくれました。
5番ウッドで左側の木の隙間を抜け、なんとカップの左3歩(約2m)の位置に2オンしてバーディー・チャンス。

ピーターの前に私が逆に右側から大フックで回して打ってグリーン手前15yぐらいにレイアップできていたので(こんな状況でも右からしかいけない私。(^^;)、スライサーに思い切った攻めをしてもらったのが功を奏しました。(^^)



次の写真は7番ホール、510yのパー5の3打目地点です。

画像をクリックで拡大します。


ここからはちょうど100y残しですが、ご覧のとおりもんのすごく登ってます。

結局4人ともグリーンを外しまして、1クラブ大きくて奥にこぼした私のボールをチップショットで寄せてパーを取りました。



そして最後にご紹介しますのは、9番ホール、374yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


写っているのはいつもの友人、ケンです。

膝の故障で調子が悪いのでチームプレーに徹し、3Wでティーショットしてくれています。

ちょっと狭い感じに見えるホールですが、そうでもありません。
私のティーショットは右の低い木々の上からフェアウエー・センターへ行ってくれました。

セカンドはカップから手前に6歩(約4m)の位置につけたのですが、残念ながら4人とも入らずでバーディーならず。



これでスクランブル・フォーマットのトーナメントは4回目の経験になりますが、毎回非常に楽しいですね。

チームワークって言いますか、誰かがパットを決めてくれたり、すごくいいショットを打ったりしたときに利益を共有しますし、どのボール選ぼうか? なんてときにも相談して作戦練ったり、ホント普段と違うプレーが楽しめます。

ちなみにトーナメント成績としては、イーブン・パーでは大したことなかろうと思います。

表彰式を待たずに帰ってきてしまいましたので分からないのですが、後日判明したら追記しようかと思います。(^^)






いつもとは違う、チーム戦のラウンド記録です。(^^)


青ティーからのコースレート/スロープは 72.8/132、パーは36・36の72です。

12 4 - U⑥
13 4 - ①
14 3 - D13A
15 5 ◯ ④
16 4 - ⑨     (DAP 2)
17 5 - 3A
18 4 - ① (24)     (DAP 2)

1 4 △ 6A  (20)     (DAP 2)
2 4 △ 3A  (20)


3 4 ◯ D③    (DAP 1.8 (笑))
4 4 - ②  (23)     (DAP 2)
5 4 △ US6B
6 3 ◯ U③
7 5 - ①  (20)
8 3 - D11A
9 4 - US6

10 4 - 11A
11 4 - ①  (12)


37(13)・35(13)= 72(26)


(ちなみにパットの外し方データは、参考程度の意味だけで、ほとんどは私の外し方で代表しています。)


一応、目標達成できて満足です。(^^)


10番のパットは、グリーンに2つボールがあって、どっちを選ぶか非常に迷ったんです。

片方が11歩のやや横のラインで右に曲がるパット。
もう一方は、12歩ぐらいでどっちに切れるか読みにくいパット。

短い方を選びましたが、一人目が打ってみたら意外に切れるんでびっくりなラインでした。 2フィート半か3フィートぐらいでした。
ラインを見ながらも以下全員外し(x_x;、パー。

試しにもう一方のラインを打ってみたらほぼ真っ直ぐの軽い登りで、こっちの方がカップインのチャンスが断然高かったようです。


ここのグリーンのスピードは少し速め、おそらく10ftぐらいだったと思います。

下りはものすごくスーッと流れていってしまうのですが、横のラインはそれに見合うほどは曲がらない、ちょっと感覚に合わない感じになっていたのですが、3-4週間ぐらい前のエアレーションの影響が残っていたのでしょうか。

エアレーションの形跡はまだかすかにうかがえるけれど、非常にスムーズに仕上がったグリーンでした。


4人で寄ってたかって外した3歩(約2m)が2つもあるくらいですから、非常に難しいグリーンだったのが分かります。

でも、他に3人打つのもありますけど、とても楽しくパットできましたね。(^^)



今月もう一つ、取引先関係でスクランブル・フォーマットのチャリティー・トーナメントがあります。

また楽しみです。(^^)


4 comments:

サンディエガン said...

フェアウエイの傾斜が凄いですね。
この分だとグリーンも凄そう。。。

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

ここは、以前記事にしたときはちょっと遅いけどよく切れるグリーンだと書いていたのですが、今回はスピードはまぁ少しだけ速いほうで、けど(エアレーションの後遺症で)あまり曲がらないグリーンでしたので、違うグリーンに感じました。

おっしゃるとおり、ところによってすごく傾斜しているグリーンもありましたです。


このコースは、以前G-Checkという記事(http://yspz.blogspot.com/2010/09/g-check-chip-shot-with-check-at-end.html)で書いた友人がよく行くらしいのですが、私はあまり楽しいコースには感じませんでしたので、もうトーナメントでもない限り行かないかも知れませんです。(^^;

その友人は、ここのメンバーの友人が居るらしいのです。


けっこうタフなコースではあると思います。

trimetal said...

確かにヒリーだし、FWの傾斜が凄いですね。東海岸ではあまり見ないコースですが、ロス近郊には多いみたいですね。私の日本のホームはもっと凄いので、慣れていますが、好きなわけじゃありません。やはりフラットなコースが良いですね。

4人でスクランブルをやると、やはり目標は高く持ちたいですよね。ところで、ティショットのボールを採用するのは、誰のボールでも良いのでしょうか。我々がやる時は、最低でも3回は採用するルールがあるので、HDCP 40の人が入ると大変ですよ。でも、全員が必ず貢献するという意味で公平感があって好きです。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。


今回もティーショット採用の縛りはなかったです。

一応、誰のティーショットを採用したかメモしながら行きまして、途中で別の組に聞いてみましたが、特にルール設定なかったようです。


たぶん、「大の大人なんだからいいだろ?」って感じだったかと思います。(笑)

お子さんとか、女性もこの日はいらっしゃらなかったようでしたし。


ってか、そもそも何位に入ったかとかも全然判ってなかったりします。(^^;



東海岸にはこういう感じのコースあんまりないんですか。

ここはhillyですけど、実は高低差的にはこの周辺では大したことない部類のコースだったりします。(^^)