8/16/2011

ブラック・ゴールド (ゴルフクラブ) の2



日曜日、いつもの友人たちと18ホールのラウンドに行ってきました。
やはり友人たちと行くゴルフは良いですね。(^^)

ここは約2年前にラウンドをして記事に書いています。

このコースは、リチャード・ニクソン元大統領の生家があるYorba Linda市にあります。
けっこうタフなチャンピオン・コースです。
Arther Hill氏の設計で、まだ2000年に出来たばかりのコースです。 
元シェルの原油採掘場所だったアップダウンのきつい立地に造られていまして、、アンジュレーションがきつくてうねったグリーンと、フェアウエーやグリーン周りもまたあちこちがうねっています。
傾斜からの打ち方をやらなければならないショットを多数要求されます。 
また、コースの整地されていない部分は自然保護区域になっていて、
rattle snake(がらがら蛇)注意の看板があちこちに設置されています。

などと書いておりましたですね。


Black Gold Golf Club
http://www.blackgoldgolf.com/


難しいんですよ、このコース。
特に傾斜がキツめなところが、普段しないショットを要求される部分です。

私は青ティーの、71.6/130 (6,439y) からプレーしました。
黒ティーからですと、6,756yですがコースレート/スロープは73.1/133です。


OBは無いのですが、ブッシュは全部ウォーター・ハザード扱いです。
(前回も書きましたけど、そこはスコア的には助かりますね。)



今回は、前回写真をご紹介しませんでしたホールをいくつかご紹介しようと思います。


まずは1番ホール。 421yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


写っているのは、この日シングルで我々の組みに合流したスティーブさんです。
このコミュニティー内に家を買って持っている、つまりこのコースに住んでいらっしゃるそうですが、普段のゴルフはもっぱらエリカちゃんのイーグル・グレンでプレーしているそうです。メンズクラブに入っているんですね。

理由は、「ここは俺には合わないのよ。」だそうで。(笑)

ハンディキャップは8前後で、アマチュアのトーナメントに数々出場しているっていうお話でした。

この人の打ち方は、テークバックを低く取っておいて、インパクトから先は真っ直ぐ上に高く打ち抜くドロー系ヒッターで、私のショットとけっこう似た感じでしたです。
彼の方がもっと極端寄りだったと思いますけれど。


パーオンしまして軽い登りのフックラインの13歩(約9m)、割と速めのグリーンですので14歩の強さで打ったんですが、2歩もオーバーしてしまいました。

返しは下りのスライスラインになりますね。
これが命取りでのっけから3パットしました。 でも、ボギー発進は悪くありません。



こちらは4番ホールのティーです。
496yの短いパー5ですが、ずーっと登っています。

画像をクリックで拡大します。


山に向かう景色が良いでしょう?(^^)
ちょっとまだ早朝で曇っていますけどね。

3打目をグリーン手前に外しましたが、なんとかアップ&ダウンを決めてパーを拾えました。



7番ホールのパー3は、149yの打ち上げです。

画像をクリックで拡大します。


右上の建設中の建物はダムだそうです。 山の上にダム。
3年前も建設中でしたが、あんまり進んでないような・・・?

ショートして右手前のバンカーに入れてしまう人が多いっぽいです。
(スティーブさんも入れまして、みごとにサンドセーブを決めていました。)

私は長目の番手で打ちまして、ちょっと左に引っ張ってグリーン左奥にこぼしました。
この寄せはちょっと長くて4歩(約3m)を残し、パットを外してボギーに。



次の写真の11番ホールは、左ドッグレッグのパー4、400yです。

画像をクリックで拡大します。


ドロー気味に打っていくと、右の3連フェアウエー・バンカーを避けられて良い感じですね。

時にこの写真、ちょっと拡大してみて頂きますと、左上の方に丸いUFOが写ってないですか?

ボールじゃないですね、これ。
鳥にも見えないしなぁ。



最後に16番ホールをご紹介します。
200yの谷越えのパー3です。 綺麗でしょう?

画像をクリックで拡大します。


私のティーショットは、ほんの少し右奥にこぼしました。
この寄せは、ほぼパッティングと変わらない13歩(約9m)で、上手く寄せてパーが取れました。(^^)



前の日に36ホールもウォームアップしたせいかどうか分かりませんが(笑)、このラウンドはティーショットでのトラブルはゼロでした。

3年前のラウンドでは、DAPが<11>とティーショットには苦労していたのですが、バーディーが二つあったため今回とスコアはあまり違いませんでしたね。

でも、今回の方がずっと安定してプレーできたと思います。


前回の記事で、Uスケさんに「確か『ボールがディズニーランドの方向に切れていく』コースって聞きました。 」ってコメントいただいたんですが、スティーブさんが同じことを言ってましたね。

きっと、プロショップの人がそういう風に言ってるんでしょうかね?

シンデレラ城とかここからでは見えませんし、全然方角の参考にならないんですけれども。(笑)





それでは、いつものようにラウンド記録です。


青ティーのコースレート/スロープは71.6/130、パーは36・36=72です。

1 4 △ 0 U13AL-D2B-  (3パット)
2 4 △ 0 U6S  (UD18)
3 4 - 0 13AL-①
4 5 - 0 ①  (20)
5 4 △ 0 4A  (100y)  (2打目ダフり)
6 5 - 0 ②  (U20)
7 3 △ /  4B  (16)
8 3 - /  ②  (15)
9 4 - 0 DS6A

10 3 - /  US23B-①
11 4 - 0 S14A
12 4 - 0 U8B
13 5 △ 0 3B  (13)
14 4 - 0 ①  (13)
15 4 - 0 ②  (11)
16 3 - /  ①  (13)
17 4 △ 0 D5A  (28)
18 5 - 0 D10AL-D④

40(16)・38(15)= 78(31)


こちらが前半の出だしちょっと噛み合わなくてボギーを重ねる中、スティーブさんは6番まで -1アンダーと流石にステディーなゴルフ振りだったんですが、 8番の203yのパー3ぐらいから段々ショットがブレ始めまして、残りホールでダボとかを4つぐらい打ってましたですかね、ペナルティー絡みで。他にボギーとかも。 でも確か15番で2個目のバーディーを決めていました。


私の方は、バーディーチャンスらしいチャンスがありませんで、寄せが寄らないとそしてパットが入らないとボギーっていうラウンドで、大きなミスがなかったドライバーを活かし切れませんでした。(^^;


ここはグリーンが速いのもさることながら、コンパクションが硬いのでボールが止めにくいことは覚えていたのですが、やはりチップ・ショットがオーバー目、オーバー目で行ってしまいましたです。

ここいら辺のアジャストメントを上手くこなすようになりたいですね。


8 comments:

koba said...

こんにちは~。相変わらず安定してますね、ウラヤマシイです。

スティーブさん、写真だけ見るとズーバックかと思うほどハイフィニッシュで豪快なスウィングで飛びそうですね。

サンディエガン said...

すてぃーぼーさん、ヘッドが全くローテーションしていないですね。腕力だけ!?

yspz said...

kobaさん、こんにちは。

このラウンドはティーショットのトラブルがゼロ(←とはいってもミスがなかったわけではなく、ちょっと芯外してて飛ばなかったとか、ちょっと左行ったとか右行ったとかはありました。)、バンカーに入った回数もゼロでした。(^^)

ですから安定しますね。


5番の2打目のダフりも、傾斜のきつい斜面で起きたのでまぁ仕方ないですし、そもそもくそ長い430yのホールなので元々3オン狙いですから、まぁOKでした。


このぐらい安定したプレーが続けられるといいのですけど、ゴルフはそううまく行かないですね。(^^;

yspz said...

サンディエガンさん、こんにちは。

相変わらず鋭くていらっしゃいます。


すてぃーぼーさん、ガタイの良さとスイングの豪快さの割には、ランを入れると私ぐらいしか飛ばないです。

私のしょぼい弾道を見ているからか、2打目地点に来て、「I thought I killed it...」って言ってたホールが3回ぐらいありましたです。(笑)


腕力ありそうでしたねー。

trimetal said...

昔、矢追純一のUFO番組に嵌っていたtrimetalも、UFOと思いたいし、拡大して見れば、アダムスキー型の円盤に見えなくもありませんが、これ以上深く突っ込むのは止めます。

このコースの距離とRatingからすれば、黒ティでも大丈夫かなと思いましたが、これだけアップダウンがあると難易度は高いかもと思っちゃいました。ですので、青ティが私にも丁度良いかも。

プレー内容を見ますと、DAPも全然問題ありませんし、2歩以内がちゃんと入っているので、非常に安定感を感じる良いラウンドと思いました。但し、13番の寄せはイマイチみたいですね。ここはパーを取りたいホールじゃなかったですか。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。

UFO(Unidentified Flying Objects)ですので、まぁ未確認ってことで。(^^;


おっしゃるとおりでして、7番と13番、それと17番はもう少し寄せたかったです。
(2番はグリーンの先の方にあるマウンドを越えてカップ手前から下っていくチップショットで、まぁ寄らなくても仕方なかったです。)

全部、Jawsでも止めきれずにオーバーでした。

取り上げていただいた13番は特に、3打目でバーディーチャンスに付けたいところをグリーン左に外して、そこからの寄せですから、ホントにそうです。 パーを取りたいところでした。


このラウンドは、ドライバーがかなり上手く行っていて、本当に安定したラウンドになりました。
(まぁここんとこ週末はゴルフばっかりしてますから、その辺りの効果かなと思ったりします。(^^;)


ここのコースは、斜度がきついホールがけっこうありまして、斜面の打ち方をかなり身につけていないと難しくなりますし、距離の読みも慣れが必要です。
(trimetalさんは芦ノ湖カントリーのメンバーさんでいらっしゃいますからその辺りには強いとお察ししますが、NY周辺のゴルファーさんたちはきっと苦労なさると思います。)


今晩アップしますコースはすごいですよ!(^^)!
ご期待ください。m(__)m

ゴルフ塾長 said...

やきそばパンZさん

 こんばんわ!

 持久戦を頑張ります。

yspz said...

塾長殿、こんにちは。

そうですよね、お互いに持久戦ですが前を向いていきましょう!

祈りが通じると思います。