8/18/2012

ムーアパーク (カントリー・クラブ)の2


こちらのコースは一昨年の1月にご紹介しています。

今回は夏で季節が全然違いますし、あの時は27ホールのうちの18ホールのプレーでしたので、今回はまだラウンドしていなかったCayon Crest Course を真っ先に入れてもらい、間に合えば3つのコース全部 27ホールを回らせてもらうという予定でラウンドいたしました。(^^)


そういう訳で、Cayon Crest Course を中心に再度ご紹介いたします。


比較的新しいコースですが、ゴルフ雑誌の賞をいくつか受賞していまして我々一般ゴルファーからも非常に評判の良いコースです。

設計は、PGAプロのピーター・ジェイコブセンと、ティーチング・プロのジム・ハーディーの共同設計です。


Moorpark Country Club
http://www.moorparkgolf.com/


土日は$125ですが、今回はフラッシュ・マーケティングのクーポンを購入していましたので格安です。 またもや早朝の6:40スタートで、4時半起きで行きました。

今回は全27ホールを、Cayon Crest Course、Creekside Course、Ridgeline Course、の順で全部ラウンドすることが出来ました。 ラッキー!


前回に続き、ティーは青ティーをチョイス。

グリーンは前回みたいに硬くありませんでした。
暑いので大量に水を撒いているのでしょうか。

スピードも私の基準スピードに近かったです。2年半前の冬に行ったときはもっと速かったと思うんですけどね。



それではいつものようにいくつかのホールの写真をご紹介しますね。

まずはCayon Crest Courseです。


最初の写真は、 Cayon Crest の2番ホール(Get Shorty) 350yのパー4です。

画像をクリックで拡大します。


真ん中に写っている3連バンカーの上を越して、ドライバーを打っていきます。

私はボールが低いので、キャリーを出さなくてはいけないドライバーのティーショットは ちょっと緊張しますね。

このホール自体は短い方ですので、2打目は右にドッグレッグして少し打ち上げになっていますが、それほど難しいホールではありません。



次の写真は、 Cayon Crest の4番ホール(Mountain View) 562yのパー5です。

画像をクリックで拡大します。


すごい、なんか空から後光が差してないですか? (^^)
天使が降りてきそうな雰囲気です。

ホールとしては、ほぼ真ーっすぐに打っていくパー5です。

3打目は1クラブ以上選択ミスしまして、22歩(約15m半) ものパットが残ってしまいました。

カップを舐めるような良いパットができたのですが、ちょっと長すぎまして返しが2歩も残りましたが、無事にカップインしてパーでした。(^^)



前回の記事では確か他のコースの写真の内、どちらも9番ホールをご紹介していたかと思いますけど、Cayon Crest Courseも9番ホールがとても綺麗でした。

Cayon Crest の9番ホール(Duck Blind)501yのパー5です。
画像をクリックで拡大します。


風を計算し、右サイドの池に入れないように打っていきます。

私は2打目を(斜面なのに素振り忘れまして) ひどくトップしてミスしてしまいました。

おまけに、長くなってしまった3打目を(最近苦手な)バンカーに打ち込んでしまいました。

そしてこのバンカーショットを豪快にホームラン。
反対側からのダウンスロープの26歩(約18m)のアプローチを頑張って2歩(約1m半)に寄せてボギーを取れそうだったのですが、外してしまいダボに。(x_x)




さて、Creekside Courseに移りましてのハイライトホールはこちらです。

Creeksideの7番ホール(Big Jake)437y の実に難しいパー4です。
画像をクリックで拡大します。


右はウォーターハザード、左はブッシュがフェアウエー側に食い込んできていてティーショットの落とし所が非常にタイトです。

距離が距離だけに、私ですとドライバーを打たざるを得ません。


ホール図ではそういう感じがしないのですが、グリーン手前の部分にも右から谷が食い込んできていてものすごく狭まっています。

こんな感じ。

画像をクリックで拡大します。


私、フェアウエー左サイドに居るにもかかわらず、グリーン手前に右側からブッシュが食い込んでますでしょ?

軽めなアゲンストで残り195y在ったのですが、2Uで思い切ってスイングしていきました。

なんと4歩(約3m)のバーディー・チャンスに付いてくれたのですが、このパットはスピードが僅かに足りずショートしてしまってカップイン出来ませんでした。

バーディー・パットってショートして外したくないですよねー。(^^;




それからこちら、Ridgeside Courseのハイライトは、6番ホール(Round Up)のパー3をご紹介してみようかと思います。

201yのやや長い目のパー3です。
画像をクリックで拡大します。


なんかパー3に見えないレイアウトですよね。
しかもこの日はピンの位置が右のバンカーにかかる位置。

ここも軽いアゲインストでしたので、3Wでしっかり振って行きました。

・・・のつもりが、少しフック回転がいつもより強めに入ってしまい(少しトゥ寄りのヒットだったのでしょう)、風で曲がりが強調されて、左のバンカーに。


バンカー駄目なんですよねー、近頃。(x_x)

かろうじて出ただけで、18歩も残してダボ・ピンチ。
でもここはなんとか2パットでしのいでボギーで済みました。(^^)



最後に、Ridgeside の9番ホール(Ogo Pogo) 186yのパー3での私のティーショットの様子を友人に撮ってもらいましたので、その写真を。
画像をクリックで拡大します。


グリーンまで豪快に池越えで、見た目の景色が気持ちいいですよね。

ただし打ち損なう訳に行かないというプレッシャーはあります。


このティーショットは、4Uでしっかり目に振って行きました。

ピンの奥、7歩(約5m)に乗ってくれまして、このパットもバーディーが惜しかったのですが、あとひと転がり。(x_x;


まぁでも、パーで最終ホールを締めくくれるのは気持ちがいいですよね。


評判通りの、楽しい、良いコースだと思います。(^^)





それでは、ラウンドのスコア記録です。


青色のバックティーから、コースレート/スロープは(71.0/130、71.5/132、71.1/128 ということで計算して) 106.8/130 と しておきます。 パーは36・36・36の108です。

Canyon Crest
1 4 □ 3 U3B  (22)  (WH)
2 4 - 0 D6B
3 3 - / ②  (D40)
4 5  0 U22AL-②    
5 4 - 0 U8- 
6 4 - 0 ①  (UD12) 
7 4 △ 0 ①  (9)  (15)  (チップミス)
8 3  / U20A-① 
9 5 □ 0 2A  (26)  (Sx : HR)  

Creekside
1 5 - 0 ①  (50y)   (2nd miss) 
2 3 - / ①  (20)
3 4 △ 0 ②  (30y)  (2nd WH)
4 4  0 D5B  (2nd WH    
5 4  0 2B  (43) 
6 3 - / DS12BS-②
7 4  0 U4S
8 4  3 ③  (29)   (WH)
9 5 ◯ 0 U23A-①

Ridgeline
1 4 - 0 D24S-D⑤  
2 4 - 1 ②  (16)
3 5 - 0 3S
4 3 ◯ / U④    
5 5  2 ①  (60y) 
6 3 △ / U18AL-①  (Sx)
7 5  0 ②  (14)
8 4  0 D12B
9 3 - / D7S 

41(15)・39(14)・35(14)= 115(43)


出だしのホールは、朝一こんにちは。って感じで、右に30度逸れて真っ直ぐ出ていってしまいました。 最後に横切った地点でドロップです。(^^;

あれ、なんでああいうの出ちゃうんですかね?
暫定球は上手く打てたのですが、わずか1球で温まるわけじゃないですしね。(笑)


ショートパットがとにかく調子良かったです。

2歩、2歩、3歩と外しているパットもありますが、これは私の読み違えの部分が大きいので納得してます。


グリーンのスピードが私の中の基準スピードに近かったことが大きいと思いますが、長距離のラグ・パットもほとんどうまく行きました。

Ridgelineの1番ホールで、下りの24歩をなんと5歩もショートしています。

しかしこれも下りだと思い込んでいたのが実はそんなに下っていなかったという内容で、読み違いですね。(酷いっちゃ酷いのですが。(笑))

ここは真面目に3パットの危機でしたが、この5歩が入ってくれてパーが拾えました。(^^)


グリーン周りも、バンカー以外は1つのミス以外は、大体 1歩~3歩の距離に付けていましたし、50y、60yといった位置から 1歩に付けたりしていますので、グリーン周りは過去最高の出来だったように思いました。(^^)


特に3つ目の9ホールは、本当に珍しく -1アンダーを達成しまして、この先への期待に大いに繋がります。 すごく嬉しいです。


---


ちょっと余談ですが、この日のビバレッジ・カートの女の子はめちゃくちゃ可愛かったです。

友人たちの一人(←こいつは独身(笑)) なんか、$3.50のゲーダレード買って$20札を出して、「お釣りいいから!」とか言っちゃってるし。

女の子の方は、「これ$20ですよ?」とか言って笑いながらお釣りを返してくれて、やつは「あ、あれ?そぉ?」とか言いながら$10札を抜いて仕舞い込んでるし。 かなり笑いました。

いやでも、ちょっと居ないぐらい可愛かったですね。(^^)


4 comments:

選ばれし物 said...

こんちわ (=^・・^=)

 え・・と ゴルフ場の風景は 堪能しました

 が・・・・

 レディーの 風景は 無いのでしょうか
 2ショット写真を ちゃっかり撮っていて
 これは まずいかと 掲載を 見合わせましたか(笑)

yspz said...

選ばれし物さん、こんにちは。

残念ながら写真撮っていないですねー。

頼んで撮っとけばよかったですね。(^^;

trimetal said...

コースも素晴らしいですが、スコアも立派なものですね。

最初のハーフからパーの数が多いですね。ダボはあっても、パーの数が多い時って調子が良いと思います。それが、徐々にバーディが出て、パーがもっと取れていますので、最高の出来ですね。こんなゴルフが理想です。

実は余談が一番気になりました。時々、凄い可愛いカートの女の子が居ますね。チップをはずむ気持ちはわかります。

ビバレッジカートの時給は凄く安くて、チップが頼りだと聞きました。可愛い娘は絶対有利ですよね。世の中は不公平なものです。

yspz said...

trimetalさん、こんにちは。


そうなんですよね、ダボは打ったけどショットはけっこう調子いいぞ、って感じで進んで行きました。(^^)

やはり強化月間は調子上がりますね。

スコア的には、チップショットとラグパットの距離感が良いのと、クラブ選択が良いこと、それに3Wがある程度調子よく打てている、っていうのが大きいです。

ドライバーはそこそこなんですけど。


そして女の子ですが、次のドスラゴスでもすごく感じよくて可愛い子だったんですけど、ムーアパークの子は頭抜けてましたね。

・・・何を言っているんでしょうか?(笑)