9/06/2012

タスティン・ランチ (ゴルフクラブ)


誕生日にグリーンフィーもカートフィーも、レンジボールもランチも全部タダっていうキャンペーンをやっているコースが幾つかありまして、その中でも割合に家から近く、しかも普段週末はメンバーのみの予約となっていてなかなかプレーする機会のない、けれどもとても美しいデザインの整備の良い景色も綺麗な(近くて遠い存在だった) コースに行って来ました。

プレーするのは多分8年振りです。


友人と2サムで朝一番を予約しまして、コストは二人でシェアをして朝早くとっとこラウンドして10時にはオフィスに着こうという算段です。(笑)

会社の方には、「誕生日無料サービスゴルフに行ってきます。 のろい組の後ろに入ったりして時間かかったら半休取りますね。」と事前に申し出ておきました。(^^)


まぁ果たして、9時20分にはラウンドを終え、無事に朝10時には出社できたのでした。

我々の前には、シングルで来た人、その後ろに2サム、そして我々2サム、という並びでしたが、3ホール目で前の組みがパスさせてくれまして、後半にはバック9をプレーしている人にも追いついてあちらの方から申し出てくださってパスさせていただけました。(^^)


Tustin Ranch Golf Club 
http://www.tustinranchgolf.com/


設計はTed Ribinson Sr.で、粘っこいバミューダ芝がラフではかなり厄介な、大きな池と椰子の木が特徴的なリゾートっぽい雰囲気のコースです。

パームスプリングズにあるコースみたいな感じですね、全体にはフラットですし。

都会にドカンとこういうコースが存在しているところが素晴らしいですね。

以前8年前に来た時には90ぐらい打ったような記憶があるような無いような。(笑)



ではいくつか写真をご紹介していきますね。
今回は青ティーからのラウンドです。(一緒に行った友人は白ティー。)


まずはスタート・ホールの1番、388yのパー4です。
画像をクリックで拡大します。


ちょっとまだ朝焼けな感じで写真が少し暗いです。
早朝ラウンドは気持ち良いのですが、特に逆光のホールなんかは写真もうまく写りませんし、ティーショットも眩しくて難しいですね。 それだけは難点です。

スタートホールは無難に2オン。

ファーストパットを打ってみて、このグリーンはなめらかで綺麗だけど朝露(というかスプリンクラーで撒いた水) もありますし少し遅めのスピードだと判りました。

パー発進は良い滑り出しです。(^^)



次の写真は、5番ホールのグリーンです。 318yの短いパー4です。
画像をクリックで拡大します。


ドライバーを打たず、フェアウエー上に220Yぐらいに留めてティーショットを打ちます。
それでも残りは100Y前後ですから、カップに10フィート以内ぐらいにピシっと付けたいところ。

2打目地点からみて、2段グリーンに見えていたのですが、実は写真のようにうねっていて、シンプルな2段グリーンではありませんでした。

グリーンの斜面をヒットしまして、グリーンの右手前サイドに10歩(約7m) ほども残してしまいました。
なかなか思うようには問屋が卸してくれませんですね。



次の写真は、9番ホール519yのパー5です。 写真は3打目地点。池越えになっています。
画像をクリックで拡大します。


2オンするには、キャリーで200y打てなければいけませんし、2打目地点はファーストカットのラフでしたので、この辺りの池の手前にレイアップしました。

グリーンの後ろには椰子の木とクラブハウスが写っています。

ここも10フィート以内にピタっと行きたかったのですが、地面の下が濡れているせいか湿度が低いせいか分かりませんが、この日はどのショットもややショート気味で、このショットも2段グリーンの奥の上の段に持っていけずに12歩(約8m半) を残しました。

しかし細貝さん式の2段グリーンの読み方で、距離感の計算はバッチリでした。(^^)
(詳しくは、パット・エイミング教本 をご購入下さい。)



後半に入りまして、ここのシグニチャー・ホールはこの11番ホールの美しい池越えのパー3、160yです。
画像をクリックで拡大します。


いやー、何度見ても綺麗なホールですねー。
確か以前8年前に来たときは2発池に入れたような・・・。(笑)

私のティーショットは、やや右にプッシュしまして、グリーン右のマウンドのラフ、という感じだったのですが、行ってみますと切れ込んでいる部分があって、ぎりぎりで池に転がり込んでしまっていました。

ドロップしまして、チップショットもあんまり寄らなかったのですが、4歩(約3m半) のパットが入ってくれて、ボギーを拾えました。(^^)



続く12番ホールはやや長目の415yのパー4です。
画像をクリックで拡大します。


コース図を見ていただけますと、このホールで特徴的なのは、飛び石になっているアイランド・ティーイング・グラウンド群ですね。

まぁ、プレーにはほとんど影響ないんですが、なんとなく良い感じです。(^^)

写真が逆光で 綺麗に写らなくって、すみません。(^^;



こちらの写真は、グリーンから振り返って撮ってみました。
15番ホール、542yのパー5です。
画像をクリックで拡大します。


スクっと椰子の木が立っていて、遠方に山の頂が見えて、とても綺麗でしょう?

私にはわりと長めになるこのホールは、ティーショット、2打目の3Wとも良い具合に打てたのですが、3打目で左手前にグリーンをショートしてのアプローチ。

1個目のCT-30を失敗しまして、グリーンのエッジ近くからもう一度チップショット。
本当にこのコースではグリーン外からのパターが使えない場面が多いです。 (花道ならパター使えますけどね。)



最後にご紹介いたしますのは、フィニッシング・ホールの18番、362yのパー4です。
画像をクリックで拡大します。


こちらも2打目は、池越えにグリーンを狙うことになります。
距離を残すと難しくなりますね。 レイアップも考慮すべきでしょう。


青ティーからは、写真のような景色になります。

手前の右の木と左の椰子、そしてドライバーで打ったボールがちょうど行くくらいの位置のフェアウエーの左右に木があってゲートのようになっています。
ちょっと狭まって見えますね。

私のティーショットはやや左に出まして、左サイドの木の辺りへ行きました。

運良く、木の左側をすり抜けてくれて、ラフからですがグリーンを狙えます。
でもラフでランが稼げず、まだ180y残っていました。

木に近くて 芝が少し薄くなっている場所だったのを良いことに、U2で思い切って打って行きました。

このショットは、今日一番いいショットだったかも知れません。(^^)

ピンハイの、カップの左 3歩(約2m) の位置にナイスオン。


しかしこの日はパットがことごとく入らない日でした。(x_x)

ラストチャンスも外して、バースディ・バーディーはお預けとなりました。 がっくり。


しかし非常に気持ちのよいラウンドでした。
いつかご紹介しなくちゃ、と思っていたコースでしたから記事にできて良かったと思います。(^^)




では、ラウンド・スコア記録です。


青ティーのコースレート/スロープは72.0/129、パーは36・36=72です。

1 4 - 0 D16S-①
2 5 - 0 U2AL
3 3 △ / U9AL-① 
4 4 - 0 ①  (18) 
5 4 - 0 U10A-①
6 3 - / ①  (10)
7 4 - 0 UU12B
8 4 △ 0 2A  (30)
9 5 - 0 UU12A

10 5 - 0 D6B
11 3 △ 3 ④  (22)  (WH)
12 4 - 0 ②  (26) 
13 4 - 0 ①  (12)
14 4 △ 0 8AL-2B-    (3パット)
15 5 △ 2 ①  (7) (30)  
16 4 □ 0 5A  (10) (33) 
17 3 △ / ②  (10) (25)
18 4 - 0 3S

38(16)・42(14)= 80(30)


ちょっと、14番ホールはわずか8歩の距離ながら、ぐるぐる回って読み直しても登りか下りか判断がつかず、フラットの扱いにして打ってみたら下りだったんですよね。それで2歩オーバーしてしまって、返しは曲がる曲がらないの微妙なところで外してしまい3パットしました。

で、そこから15番~17番ホールにかけて、粘い芝のラフからのグリーン周りのCT-30がどうも上手く打てずにズルズルと3ホール続けてチップショットをミスしまして、
せっかく14番まで良い感じできていたのに、スコアを崩してしまいました。(^^;


やはり3パットは良いリズムを狂わせてしまいますね。


ショットは全体に好調で、11番の池ぽちゃも少し右に外したボールが運悪くマウンドを転がり降りてグリーン右側部分の池にギリギリで止まらず落ちちゃったんですよね。
そんなに悪くはないショットでした。(右にブレてはいたのですが。)


14番の3パット直後のドライバーが木の後ろに行ってしまったのも、偶然ではないような気がします。

15番の2打目のリカバリーはインテンショナル・スライスを上手く打って、3打目もグリーン付近まで持って行って、上手く寄せればパーを取れるところまでは行ったんですが、寄らず/乗らず。

やっぱりスコアを作るのはショートゲームですね。



バーディー・パットが、2番、10番、18番と、どれもカップに蹴られて入らなかったのがとても残念でした。
10番のパットは緩い下りのフックラインで、本当に惜しかったんですけどねー。

2番、18番は近かったんですけど、人類には決められない下りのスライス・ラインでしたからまぁ諦めは付くんですが、ラインが分かってから打つと入るのですから、もうちょっとシビアに読むことができて決められたらなぁ・・・って思ったりしています。


しかしまぁ、とても良い誕生日ラウンドでした。(^^)


---


こういうバッジ付けるんですよ。(笑)



付けてると、みなさんに「Happy Birthday!」って言ってもらえます。

スイングに邪魔なので、2番ホールで取ってしまいましたが。(^^;



2 comments:

trimetal said...

ビジターでも誕生日割引があるって太っ腹ですね。NYでも聞いたことないですね。でも、それ使えば、友人と一緒に行って半額になるわけで、美味しいイベントですね。

コースは椰子の木があって、如何にもLAって感じがします。

逆行の写真はちょっと暗いですね。私のブログでは、画像処理ツールでトーンカーブを変えて、明るくして掲載しています。通常のデジカメですと、品質的にイマイチなので、殆どの場合は画像処理して見た目に近づけているんですけどね。

9番のグリーン周辺の風景綺麗ですね。こんなコースでプレーしたいと思わせるレイアウトと背景です。11番も同じくです。でも、緊張感あるでしょうね。

レートを見ますと、中々に難易度が高そうですが、80は十分に良いスコアだと思いますね。でも、後半はパットが入ってる割には、スコアには結びついていない。ショットが噛み合わなかったのでしょうか。あ、アプローチのミスだったんですね。

yspz said...


trimetalさん、こんにちは。

週末だと$178もするコースなので、太っ腹ですね。
おまけにrange ballとriding cartとLunchと、全部付いてますからね。


写真はですねー、私は全然素人で、iPhoneでパチって撮るだけなんですよね。(^^;

15番ホールの写真が逆向きなのはそのせいだったりもします。(背景の山が綺麗ってのもあるんですが。)


でね、スコアはそうなんですよ。
ショットは終始調子良かったんです。

14番から17番まで、全部パットとチップショットで崩してますでしょ?
バミューダのラフに対応できてないってヤツですね。

難しいんですよ、ねばねばっとして! (^^;