2/08/2013

Titleist 710MB アイアンセット


例によって中古品の購入ですが、アイアンセットを購入してみました。(^^)

まだ 1 ラウンド半しか使ってみておりませんので記事にするにはちょっと早いのですが・・・。
このまま定着しますか、またキャラウエイに戻すのか、自分でも興味を持っています。って言うのはちと変な物言いですよね。


タイトリストとしては、すでに次世代の712MBを出してから 1年が過ぎ、さらに代々使用していたローリー・マキロイがナイキに移籍してしまったことも重なりまして、710MBには一気に値頃感がでて安価に手に入りやすくなった。

というのが入手した理由でして(^^;、ひと昔前のMBモデル と比べて格段に打ちやすくなった近年のMBモデルを使いたいなぁ、と、・・・まぁ安くなったから買ってみた。ってだけだったりします。


むしろ私は Titleistの690.MB も購入して持っておりまして、バックフェースなんかは690.MBの方が好きだったりするのですが・・・


画像をクリックで拡大します。


なかなかに機能美を感じさせてくれるアイアンです。
今回は、2番 3番アイアンは含まれていないセットです。


本当は、(Jawsウエッジとの繋がり的にも) お友達の hallyさんが愛用なさっているCallaway X-Prototypeアイアンがいいなぁ、って思っていたのですけれども、R&Aの新溝適合機種リストでは何時まで経っても ATR (追加テストを要する)のまま放置されていますし、値段も下がらないクラブで状態の良い物が見つかりにくくなって来ている、ってこともありまして。

ちなみにX-Prototypeは、RAZR X Muscleback として広く市販されています。



インプレッションを語れる程の腕前ではないのですけれども、一応使ってみた感想を。

ブログ開始当時から使用しております、CallawayのX-Tour と比べましてもクラブ・ヘッド&フェースの大きさはほとんど変わりません。


スペック表を比較してみます。

・ 710MB
・ X-Tour

ロフト角は各番手すべて全く同じ、バンス角はX-Tourの方は数字が抜けていますがほとんど同じ、長さとライ角はショートアイアンでほんの少し差がありますがまぁ、ほとんど同じ。

フェースプログレッションも両者ほぼストレートと言って差し支えない範囲の数字です。

シャフトが両者全く同じDGのS300ですので、バランスも両者D2で揃っています。

まぁつまりスペック上は私がクラブにアジャストする必要は殆ど無いってことになりますですね。


しかし実際に打ってみますと、710MBの方を打つときには気持ちボールを1/2か1/4ぐらい右に入れた方が良いあたりが出るし、目標に向かって飛んで行くような気がいたしました。
X-Tourの方は深いポケットキャビティーなので重心が深いから、とかの理由なのでしょうか?
私には良くわかりません。(^^;


一方、打ってみた弾道としましては、綺麗に打てた時には 710MBの方が弾道が少し高いです。
クラブが打ち込むスイングを要求するからでしょうかね?

それとほぼいつもドロー気味に出る私のボールですが、710MBの方がボールの落ち際に左へズレる大きさがやや大き目かもしれません。
それほど精度の良いスイングをしておりませんので、アバウトな当 打ち手比の話でありまして、正確ではありませんが。

データが載っていませんので定かでは無いのですが、X-Tourよりも710MBの方が重心距離が長いのじゃなかろうかと想像します。 X-Tourの方がヘッドを返しやすいように感じますので。
(間違っていましたら、申し訳ありません。)


私としましては一番気になるところの、どちらがより forgiving (ミスに優しい)か、という点に関しましては、もう少し使ってみないとなんとも言えません。
ボール位置も含めまして、私自身のクラブへの慣れの問題もありますし、まだまだラフの種類とか傾斜地とか濡れた地面とか いろいろな場面でのショットを試しつつ使ってみてからのジャッジにしたいと思っています。


比較に意味があるかどうか分かりませんが、昔使っておりましたミュアフィールドなんかと比べますと、かなり打ちやすくなっているアイアンだと実感されます。



追記: 選ばれし物さんにコメント頂けましたので、バッグの写真もアップしておきます。


画像をクリックで拡大します。


多機能でなかなか良い感じですが、足が付いていないバッグは久しぶりなので倒しそうでハラハラしちゃいます。


***


ラウンドの方は、勝手知ったるリオ・ホンドCCでお試ししまして、スコア的には 43・36=79 (パー 36・35=71) でした。

9番ホールの2打目にOBを打ってクアドループル・ボギーにしたのが痛かったんですが、これはユーティリティーの2番でのミスでアイアンには関係なし。


そもそもスコアなんてのは、アイアンセットはほとんど関係無いんですよね。 (^^;

まずはパット、そしてグリーン周りの出来と、ドライバーで大怪我しないこと、が全てになりますので。


今回のアイアン全体での出来は、可もなし不可もなしといったところでした。

もうちょっとこう、すごい切れが良かった!とかだと良かったのですが、世の中そんなに甘く無いです。 ダフリとかも打ちましたしね。(^^;


今週末も、これで行ってみます!!



画像をクリックで拡大します。


写真は16番ホールの2打目地点です。

右サイドのカート道で跳ねて、ここまで来ましたが、何度もラウンドしていて初めてです。
ここからは80yしかありませんが、グリーンは左も奥も全部池に囲まれています。 

こっちからだと池越えになりませんので攻めやすいんですよね。
ですから、毎回わざと右のカート道付近を狙って打ってます。 ここに来ちゃったのは意外でしたが。



6 comments:

選ばれし物 said...

こんばんは(=^・・^=)

 710を入手しましたか
 ゴルフとは そうだなければいけません。
 このまま 元妻に戻らず
 新妻で 今年はベスト更新して下さい。

 私は タイトなら 660が欲しいですが
 価格も高い(汗) メイドイン JAPANに
 拘りたいと 思ったり 思わなかったり(笑)

 キャディーバックも変更されましたか?

yspz said...


選ばれし物さん、こんにちは。

さすがお気づきに。(^^;
バッグはこのところずっと足付きを愛用していましたが、歩きの時もプッシュカートを使いますので、1本1本セパレート型のパター・ポケット付きのものを購入してみました。
ボールと同じMGのものです。


私は特にマッスルを好んでいる訳ではないんですよね。(^^;
元妻(?)のX-Tour Forgedに近いスペックのクラブがそうなっちゃうんですよね・・・。

例えば710でも712でもAP1がforgivingかな〜って思って打ってみると全然うまく打てないんです。
まぁ、月単位で時間かければ慣れるのかも知れないのですけど。

で、私としては出来れば 690.MBに移行して行く方向性で考えています。(^^)


660は状態の良いものを見つけるのが難しいですから、見かけたらゲットなさるのが吉かと思いますです。(^^)

trimetal said...

MBは綺麗ですよね。私も使ってみたいアイアンの一つです。

スペックは私の使っているx-forgedと同じですね。シャフトは違いますけども。クラシック風のアイアンは、このようなスペックになるんですね。

さて、キャビティと比べた結果がありますが、やはり重心の高さが影響しているかも知れませんね。私も以前使っていた重心の低いアイアンだと、打ち込むよりも払う打ち方の方が良いショットが出ましたし、私のように昔ながらのスイングしか出来ない人間には、重心が高い方が良いみたいですね。その点で、私のMBが良いかもなんて思っております。

もう一つコメントさせていただくと、アイアンによってスコアに差は出ないとの事ですが、ウェッジ、P、9、8くらいのアイアンが正確に打てている日はスコアに貢献するように思います。短いPar4やPar5でバーディが出やすいです。長いアイアンは影響を全く感じませんが。

yspz said...


trimetalさん、こんにちは。

>ウェッジ、P、9、8くらいのアイアンが正確に打てている日はスコアに貢献する
>短いPar4やPar5でバーディが出やすい

これはありますね、確かに。

・・・と思いましたけど、悲しいかな私のバーディー数はラウンド平均で1個・・・。 (笑)


私の愛用のX-Tourアイアンは、trimetalさんのX-Forgedアイアンの前の機種になりますので、スペックはほとんど同じです。
(で、710MBもほとんど同じです。)

X-Tourはディープ・ポケットキャビティですので、重心深度は深いと思うんですけど、重心高は実はけっこう高いんです。 ホーゼルも長いですし。
ですから、打ち方も同じです。


で、大した精度の無い腕のやつが言うことなので割引でお願いしますが、上手くストロークしたな、っていう感触の時に左にずれる量が710MBだと多いような感じなんです。

X-Tourに戻してプレーしてみて、やっぱり思った方に行きやすいと感じました。


私個人的にはもっと美しいと思っている690.MBもありますから、710MBは手放すかお蔵入りにすることになりそうです。

HIRO said...

やはり男は黙ってマッスルですね(*^_^*) ミート率とパワーさえあればへっちゃらですよ。

yspz said...


HIROさん、こんにちは。

パワーもミート率も無いんですが(^_^; 、打ちにくいと感じたことはありませんです。
一方、初期型のTitleist DCIとか、McGrerorのJNP Personnelとか、今のCallaway X-Tourとか、PGAのプロが使っていた(もちろんシャフトとか違いますが)キャビティーバックも使ってきていまして、どっちでもOKです。

ただ、どうしても打ちにくいのがグースネックなんです。(^_^;