3/22/2016

オデッセイ Toe Up パターと、ニュートン・プロライン・パター


今週はいよいよWGCマッチプレーですねー。

マッチプレーの放送、普段のストロークプレーと違った攻め方とかも見られますし、格闘技めいている部分もあって、観るの好きです。


---


ここのところ、トルクバランスのイーデル・パターっていうのが巷で話題になっていましたので、

Edel Putter (イーデル・パター) と Axis1 Putter (パターヘッドのトルクってなんだろう?)」というエントリーを書きまして、その後パターの芯とか重心とか、軸周りのトルクとかいろいろ考えていたのですが...、


お友達のしょぼさんから、コメントをいただけまして、
ニュートン・プロラインパターというのが、国産で、トウが上を向くバランスの設計ですね。これはよさそう!と思って昨年入手しましたが。アイアンのようなフィーリングが出ず、距離感がめちゃくちゃになり放棄しました。端っこに乗せてLPで勝負するタイプの私?には不向きでしたね。 
#マニア受けするのか、買った時よりずっと高く売れました(爆)

マジか? 日本にはなんでもあるなー。 と思ってとりあえず検索したんですよ。

クリックで、トップゴルフ工房さんのサイトにリンクしてます。


おおー、これかー。

確かに起き上がりこぼしみたいにトゥが上を向くわけで、しかもシャフトの中心線がパターの重心を向くというシンプルな設計です。

左右に振った時に、ルール上ライ角が付いている関係でシャフトは若干自分に向かって斜めになりますから、パターヘッドが勝手に真っ直ぐ向きたがるっていうわけですね。

ショートパットには本当に良さそう。
直進性が高そうです。

イーデルパターも、Axis 1 も、基本的にはこれと同じ設計思想ですよね。

・ シャフト周りのトルクをゼロに近くする。
・ トゥが上を向く位置でバランスさせる。


でも、しょぼさんが使った感想を書かれているように、アイアン感覚でロングパットをトルクを掛けて打つっていうことが出来ませんから、確かに距離感は出しにくそうです。
出ないことはないのでしょうけど、違った感覚と練習が必要になろうかと思います。


---


で、そんなこと言っている矢先に、オデッセイから出ましたよ、おんなじの!

www.odysseygolf.com/families/toe-up/
( オデッセイのウエブサイトのリンク ↑ です。)


4月15日以降に、こちらの2モデルから店頭に並ぶ予定だそうです。

クリックで画像のリンク元へ。


こちらの写真に写っているのは、#9 と #1 っていうモデルです。 ソールに番号がありますね。

装飾こそ違いますが、基本的なコンセプトは全く同じですね。
ソールの方から見て、どこがトルクの中心になっているかひと目で分かるデザインになっていますですね。


オデッセイのサイトの説明図がこちらです。 ↓


画像をクリックでオデッセイの該当ページへ。


なんか安定しそうな起き上がりこぼし的な感じ。

実際にこんな感じでバランスするようです。 ↓

クリックで画像のリンク元へ。


なにやらトルクバランスはひとつの方向性として業界のムーブメントになりつつあるような感じがします。


が!

これは多分に私見であって、まだいずれの4種類のメーカーのパターも試してないのにこういうこと言うのはナンですが、

例えばキャッシュインとか、IMG5とか、PING アンサーとか、・・・みたいな感じの、ロングランで銘器として生き残る感じがどのパターにも感じられないのは私の気のせいでしょうか?


---


追記 (4/24/016) : ショップに行って試し打ちをしてきました。

->  「オデッセイ Toe Up パターを試し打ち




---

ふと思いましたのは、こういったトゥアップ形式のトルクバランスのパターが本当に相当な度合いでショートパットを打つ時に真っ直ぐ出す助けになってくれるとすれば、ショートパット専用にバッグに入れても良いような気がしています。

以前記事にしましたように、→ 「パット数 40%!の法則

だいたいですが、
100でラウンドする人のパット数が 40パットぐらい、
 90でラウンドする人のパット数が 36パットぐらい、
 80でラウンドする人のパット数が 32パットぐらい、
 70でラウンドする人のパット数が 28パットぐらい、

どのレベルのプレイヤーでもスコアの大体 40%はパット数なわけですから、ストローク数で言えばその半分くらいのショートパットのみをトルクバランスのパターでこなすために、パター2本体制で臨むというのは悪いアイディアではないかもしれません。

そのために、ラウンドで1回くらいしか使わない4番アイアンを抜いちゃってもいいかもなー、と妄想いたします。

トルクバランスのパター、どれも軽く $300以上してお高いのですけど、今度来月出るオデッセイのトゥアップは小売価格 $200 くらいになるらしいですので、検討するとしたらこれでしょうかね。
お店でストロークしてみることできるでしょうし。 (^^)

楽しみにしたいと思います。



14 comments:

gear66 said...

オデッセイのノンポリな感じが凄いですね。。(笑)
いろんなメーカのが出るとお安くなっていいんじゃないでしょうか?
意匠登録してないのかな??

また試してみよう。。
ライ角66度のパターないかな??(笑)

syoball said...

ブーム?の内に売却できてラッキーでした~(笑)

私は、パターもアイアン的であってほしいので・・・合いませんでしたね。

D said...

おっおっ、オデッセイも出したんですか?

自分のアンサー5のヒール側におきな鉛をくっつけて、ストロークしてみました。

巣通のストロークのテンポでは、syoball さんの言うとおり、ラグがまったく感じられません。フェースバランスよりフェースが返りやすいので、当然だと思います。

凄いなと思ったことは、トウが上を向くということは、アドレスしてシャフトを目標に直角にアドレスすると自然にフェースも直角になるということです。上を向くから当たり前なんですが。

ということは、非常にゆっくりなテンポであればショートパットのフェースの向きの狂いはありません。フソトタッチでもフェースの向きをヒールの重みがキープしてくれます。おおきくゆっきりが私の場合良かったです。

テンポで言うと3以上でしょうか?

私のテンポは1.7なので、このテンポ打つと難しいです。

ロングパットを打つ場合はフェースの管理が必要です。ですので通常のパターと反対です。しっかりグリップしないといけません。

ということなので、ショットと正反対のコントロールをしなければならないので、ブームになるかは、パットが非常に入るという結果が出ればということで、プロの大活躍が必要だと思います。

syoball said...

Dさんの予言のとおりだと思います。もしプロが飛びついて、ポツポツ優勝したりすると、爆発的に売れるのかも??しれないですね。

しかあし!!

ロングパットの気持ち悪さ・距離感の出しにくさは、ずば抜けていると思います(笑)。

私は、Gのはじっこに乗るかわずかに外れてパターのままテキサスか、超LPが多いせいか、アイアン的な距離感や操作性がないと気持ち悪くてギブアップです。

パットが全部、短いパットなら、こういうのでもいいかもしれませんけど・・・
現実はそうじゃないので。

#プロはショートパットの出来が命かもしれないけど、私は遊びでエエカゲンだから、OKくれやすい友人のほうが確実だと思いますね。何、たまに10歩を放り込めばチャラです(笑)

yspz said...

道具屋さん、さすがに貪欲ですね!(及びませんが、僕も興味はたくさんあります。)

4/15に$200で出て、1ヶ月くらいしたら$150程度で買えるかなぁ・・・?

yspz said...

Syoballさん、教えていただいた途端にオデッセイが発売、って言うんでびっくりしました。

けっこう高いものだったんですね!
ドライバーは古いのに!(笑)

yspz said...

Dさん、今年の1月のゴルフショーには出品していたみたいです。

これに合わせて練習する気は全くございませんが(^^;、2m以内のショートパット専用にしてパター2本体制で行ってみたいと目論んでおります。

キャディーさん付く場合は迷惑だろうなぁ。

yspz said...

Syoballさん、

2m以下の短いパットだけで平均で16回以上くらいあるでしょうから、ドライバーより使用頻度高そうです。

パター2本体制、マジで考慮の価値有りと思い始めました!

syoball said...

なるほどパター2本体制・・・・いいかもしれない(笑)

yspz said...

私、大マジで考えてますよ! (^^)

できれば$100程度しか払わないで取り入れられると良いのですけどねー。

syoball said...

どれを外すかで頭痛くなりそう(笑)

yspz said...

しょぼさんのスタメン見渡すと難しいですねー。

...HB4Uかなー? (^^)

syoball said...

HBUTSは1本も外せないですね~。1Wかな(笑)

yspz said...

DRは抜きたくないですねー。

しょぼさんは、せっかく高値で売り抜けたんですから(笑)、パター1本でお願いします。