5/01/2016

ラムズ・ヒル (ゴルフクラブ) 


日本はゴールデン・ウィークに入りましたね!

私も週末に、片道 3時間半もかかる距離のコースに遠征してきました。
サンディエゴにいる友人と待ち合わせて、そこから乗り合いで山の中に入っていきます。


Rams Hill Golf Club というコースです。


非常に綺麗な、とてもよく整備されたコースでした。

しかもかのトム・ファジオ氏の設計です。

私の周りのコースですと、オーク・クリークとか、ペリカン・ヒルとかのラウンドリポートを過去に書いております。 プリム・バレーもそうですね。
私はラウンドしたことありませんが、ラスベガスのWinnのコースもトム・ファジオかな。

彼のコースはすごく好きです。



フェアウエーの芝が、絨毯みたい。
刈り跡で作るストライプ模様が綺麗です。

画像をクリックで拡大します。


この写真はパー5の 18番ホールです。右側がずーっと池になっていますね。

最近は、全部右から回していた以前とは違う、こういったフィニッシュ (いかにもローフェードのボールを打ったような感じ) の打ち方も出ます。
良し悪しは別にして、以前にはなかったので自分では新鮮です。


こちらが一緒に行った友人のドライバーショットです。7番ホールだったでしょうか。

画像をクリックで拡大します。


ところで、この Borrego Springs というところはサンディエゴからほんとに何もない低い山々の方へ 2 時間ぐらい入っていったところの砂漠地帯にあるのですが、湧き水が豊富だそうなんですね。

ですから、ゴルフ場の管理に一番コストの掛かる水が比較的簡単に手に入るため、湧き水をふんだんに使って綺麗な芝を維持することが出来るのだそうです。



2サムでトップにスタートしましたので、3時間20分でラウンドを終え、クラブハウスのレストランでブランチ。

画像をクリックで拡大します。


ここはこの季節には本当に良いですねー。
日陰は涼しいですし、空気が格段に綺麗ですし、見渡す限り家とか建物がありません。

ここで 2時間ほどもゴルフ談義しながらリラックスしてしまいました。


素晴らしいコースです。

友人の話ではサンディエゴでも 1番のコースだと思う。ということでした。
Aviara Golf Resort や Torrey Pines GC を凌駕するほど良いコースって言うことですからね。

私も本当に良いコースだと思いました。(^^)





---


同じ日の午後にもうひとつ行ったのが、

Borrego Springs Resort ゴルフコースです。


1時半からグリーンフィーが下がるので、上のレストランで 2時間ほど待ってから訪問しました。


Rams Hill ほど整備が丁寧ではありませんが、やはりミスが豊富で綺麗なコースです。

画像をクリックで拡大します。


1番ティーの横が綺麗でしたので、記念写真を撮ってもらいました。
プレー的には、この池は 9番にしか影響しません。


全体によりフラットで広いフェアウエーが多く、スロープレートもずっと易しい方向にランク付けされています。

画像をクリックで拡大します。


しかしながら、3ホール目以降ぐらいから吹いていた風が次第に強風に変わっていきまして、途中で飛ばされないように帽子を脱いだり締め直したりするぐらいになりまして、ゴルフ的にはこちらの方が大変でした。

いったん吹き始めますと、遮るものがあまりありませんからねー。



帰る途中に、Julian という小さな町があります。

画像をクリックで拡大します。


アップルパイで有名だということで、カフェのひとつに立ち寄って、アップルパイを食べました。

この街は、いつも周りの他のところよりも華氏で20-30度Fほども気温が低いのです。
特に高い山の上ということでもないのにちょっと不思議な感じ。

多少標高は高めの位置にあると思いますが、Borrego Springs とそれほど離れていませんし標高も同じくらいかと思われるのですが、この日も25度Fは低くて寒いぐらい涼しかったです。

涼しいからリンゴで有名なのでしょうか?


こじんまりしたノスタルジックな小さな町で、不便ですけど、こういうことろって良いなぁ、と思いました。(^^)



No comments: