7/20/2009

8-footerだったなぁ。


私は、普段あんまりトーナメントのTV観戦の感想とか書かないんですが、今日のTV観戦はなんか感動しました。

録画しておいて、朝普通の時間に起きてから昼までかけて丁寧に見ていたんですけどね。

一流プロの、パターの距離感のすごさに舌を巻き続けてました。


もちろん、トム・ワトソンを猛烈熱烈に応援する気持ちで見てました。
4日間、終始トップに居る素晴らしいゴルフで、ホントに勝つ展開だったと思ったのですが、これも運命なのでしょうか。


最後の18番、観客のみなさんも文字通り祈りながら見ている方が何人も居ましたが、私も祈るような気持ちで見ていました。

見事なドライブでフェアウエーを捉えて一安心。
2打めは完璧だと思いました。

グリーンに落ちてから、「止まれ!bite! bite! bite! bite!」ってマジで叫んじゃいましたが、なんか思ったよりずっと転がりましたね。 風が押したのかな。

チップショットで行くかな?と思っていたら、パターでした。

今回のワトソンは、オデッセイかなんかの後ろに角が生えたパター使っていて、(長い間魔の差したように悪かった)ショートパットは、極端にインサイドに引いて打つ変な打ち方で、でもほとんど全部決めていました。
(放送中にも、「Oh, boy!」なんて、打ち方のこと言われてましたね。)

で、強気に行けたパターは、今大会やってきたとおりだったと思うんですよ。
パーパットは、4フィートぐらい残ってましたよね。8フィートだったらしいです。)

「あ゛ー、やばい!」「この距離苦手なのよね。」なんて、うちの奥さんに言ったりしたんですけど、ほんと、この最後のパットは、全然腕が動いていませんでしたね。
惜しいところにさえ行かない、(全英オープンを5回も勝ってる覇者としては)それはひどいパッティングでした。(T_T)

もう、ゴルフファンみんなが、「入れてくれ!」って思っていたパットだったと思うのですが。


最終日一緒にラウンドしたゴーガンが、18番で観客と一緒にスタンディング・オベーションしていたのが印象的でした。


勝ったスチュワート・シンクでさえ、「入れてくれ!」って思っていたパットでした。
(スチュワート・シンクって、ものすごくナイスガイなんですよね。)

インタビューでも、「なんか申し訳なく思う。」って気持ちがすごく出てました。そんなこと思うこと無いのに。

「自分のゴルフ人生にとっても、ものすごく大きなことなんだけど、そんなことより今大会は4日間通じてトムの大会だった。」みたいなことを言っていました。


なんか、涙でました。
悔しい訳じゃなくて、感動したって言うか。


プレーオフは実はまだ録画したやつを見てないんですが、・・・見る必要ないような気がしたんです。

あの4-footer 8-footerの外し方は、精神力が無常にもあそこで切れてしまった感じでしたので。


***

追記:

TVで見たとき、もっと短く見えたので4-footerと書いたんですが、今朝活字になったものを見ると、8 feetってなってましたので、訂正しました。m(__)m



8 comments:

Anonymous said...

僕も何故か、録画予約しているにもかかわらず、明け方までLIVEで見てしまいました。ちょうどプレーオフに入るところで放送延長だったので、録画ボタンを押し直し、見ました。あの厳しい条件、精神状態、残り体力の中でも、淡々とプレイしている姿に感動しました。願わくば、72ホール目のアプローチを打ち終わるまで、コントロールができていれば、良かったと思います。

プレイオフの2ホール目のParは、トムがゴルフの神様に対話しているようでした。

Posted by:Uすけ at 2009年07月20日(月) 17:07

Anonymous said...

最終日に皆が我慢のゴルフをする中、攻めのゴルフを展開しプレイオフでもそれを貫き通したシンクに優勝トロフィーが巡って来たのも、何か感慨深いものでした

彼、本当にナイスガイでしたね

Posted by:Shu at 2009年07月20日(月) 18:47

yspz said...

Uスケさん、こんにちは。

72ホールめのアプローチショットは、ワトソン自身はとても上手くコントロールして打ったそうですよ。
8番アイアンだったそうです。

弾道を見ながら、「I like it.」って思ったそうなので。


ちょっとした風の変化でしょうかね。
その後の、グリーンを奥にこぼれたところからのパターがも長かったので、ひょっとしたら、それまで淡々とプレーしていたトムにも、アドレナリンが沸いたのかもしれませんね。

とは言え、最後の8-footerは、返しのパットですし、普段なら難なく入れているパットだろうと思うんですけど、アキレス腱って言うのは克服したようでも極限状態では顔を出しちゃうもんなんですね。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月20日(月) 23:37

yspz said...

Shuさん、こんにちは。

こちらの放送では、スチュワート・シンクのプレー振りは、最終日ほとんど写らなかったんです。


奥さんの出産が間近で、電話が入ったらどんな状況であろうとも途中で棄権して駆けつける予定にしていたというフィッシャーが2打差のトップに立ったものの、4番ホールで+4を叩いて沈み(写らなくなり)、そのあとは、ワトソンと最終組だったゴーガンとウエストウッドのトップ争いを追わなくてはなりませんでしたからね。

スチュワート・シンクのスタートしたあたりのホールは写ってたんですけど、17番18番のバーディーが出るまでは、彼、スコアがマイナスで無かったので、ほっとんど全然写りませんでした。


全英の放送って、こういうミスが多いんですよね。
ボールもカメラが追いきれなくて写んなかったり。

いつぞやグレッグ・ノーマンが優勝したときも、実は大分早い組でプレーしていて、終盤の組でのトップ争いを見(せられ)ていたら、終わり間際にいきなり「ノーマンがトップでした」みたいな放送やられて、ずっこけたのを思い出しました。(笑)


Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月20日(月) 23:45

Anonymous said...

72ホール目の18番。
1打リードでグリーンに上がってきたとき。
大観客のスタンディングオベーション。
TOMもレジェンドの一人、大歓声を受けるのは珍しくないはず。
でお、この歓声は今までに受けたことがなかった歓声だったはず。
The Openで5勝した時も大歓声を受けた。
でも、この歓声とは別物だったと思います。

どんなに頑張っても、毎年だんだん体が思い通り動かなくなるもどかしさ。
過去できたことが、できなくなる。
毎年、観客から受ける歓声も少なくなる様な気がする。
日の当る場所にいた彼がだんだん忘れられる寂しさ。

そんな気持ちがきっとあったと思う。

TOMは18番での大歓声をどんな気持ちで受けていたのだろう。
うれしいの一言ではきっと表せない、いろいろな感情が彼の心を満たしていたと思います。

気がつけばTONの頬を涙が伝っていました。

老兵は死なず。

素晴らしい大会だったと思います。





Posted by:TON at 2009年07月21日(火) 01:36

yspz said...

TONさん、こんにちは。

TONさんも涙ぐみましたですか。


年齢的な衰えもさることながら、ここ10年以上、ショートパットをアキレス腱にして来ましたからね。(それでもシニアでは勝てちゃったりしていたようですが。)

今回使っていたパターに活路があったのでしょうか?なんて思ってみていました。
ショートパットの打ち方、確かにユニークです。
(軽いイップスの一種かも?)


あの72ホール目の2打めが本人が思ったより距離が伸びてしまったのは何だったのだろう?
ゴルフの神様の意思なんだろうか?


そんな風に思ったりしました。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月21日(火) 04:57

Anonymous said...

おはようございます
Zさんの感想に全く同じ思いでした。
「どうして勝たしてあげないんだろう」
入れていれば優勝でしょ!入らないパッティングじゃないし、ワトソンほどのプロでも、これ以上の経験は望むべくもないほどのワトソンでさえも・・・・ですか。
ホント、勝って欲しかったですね、残念。

Posted by:ノリさん at 2009年07月21日(火) 06:23

yspz said...

ノリさん、おはようございます。

いまだに、あのグリーン奥からはパターじゃなくて、ウエッジでチップしたらどうだったんだろう?
とか、
返しの2mちょっとのパットなのに、なんであんなにひどいパッティングだったのだろう?
今回ショートパットで特徴的だった、ヘッドをこねくるような、極端にインサイドに引いてヘッドを左に戻しながらカツンと叩くようなパットを、開き直って出来なかったのだろうか?
とか、
繰り返し考えてしまいます。

まぁ、私なんぞがなに考えても、ワトソンの経験に勝るわけなし、意味無いんですが。(笑)

Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月21日(火) 11:53