7/28/2009

バーチ・ヒルズ(ゴルフコース)


「ゴルファーの悪夢」を回避するマネージメントという記事の、検証実験ラウンドをしました。
(個人的には、ちょっと必見かも知れないな、と手応えを感じました。(^^))


このゴルフ場はちょっとユニークです。
いわゆるパー3ばかりのショートコースみたいな感じのゴルフ場なのですが、パー59で、トータルが3,466yあります。

↓に貼ったスコアカード(サイトへのリンク付き)を見ていただくと判るのですが、125y、121y、147y、・・・・175y、337y、183y、・・・・184y、239y、147yといった感じでして、普通のコースの長短パー3が並べてあって、なかに短めのパー4が5つある、といった風情なのです。

日本でもそうだと思いますが、大抵のパー3のショートコースは、50y、80y、90yといったところがずらーっと並んでいるケースが多いですよね?

しかも、ここはちゃんと全部で18ホールあります。


Birch Hills Golf Course
http://www.birchhillsgolf.com/


ちょっと珍しくないですか?(^^)

コースレート/スロープは56.1/87、パーは29・30=59になっています。


土曜日で時間の制約がありましたので、6時間半コースになってしまう普通の値頃なコースでは途中で帰らなくてはなりませんでしたので、歩きでラウンドしにくい(最後帰るときに遠くなっちゃう)ってことで、ここをラウンドすることにしました。

最近、特に短めのパー3で、(短くてそれほど難しくない筈なのに)どうも変な風にミスショットするケースがあって練習しなくては、と思っていたところでしたし。
200y前後のパー3は、わりと上手く攻略できていました。(もちろん望んでいるところが高くないということもありますが。)

そういう訳で絶好の練習です。
スコアカード


いくつか撮った写真もご紹介します。

 1番のグリーン。バンカー越えです。



 5番ホール。数少ないパー4のひとつ。



6番の広いグリーン。



その他のホールも、コースのサイトに写真があります。
      ↓
フロント9の写真 (クリック)
バック9の写真 (クリック)

なかなか練習に良さそうでしょ?
それなりに池も配置されていますし、高低差もあります。


今回は、パー3のティーショットの練習と、もうひとつ、「ゴルファーの悪夢」を回避するマネージメントという記事で考えました攻略法の有効性を実体験してみようという意図を持ってラウンドに望みました。


具体的には、GIR(パーオン)を外したときに、チップショットをどこへ残すか。できればカップの右下へ残したい。
パーオンした場合でも、ロングパットをどこから打ってどこへ残すとどうなるか、という実験です。

さて、どうなりましたでしょうか。(笑)


***

今回は、パー3ばかりと言うことで、DAP(Driving Accracy Points)スコアの記述は無しです。
その代わり、最初にグリーンオンしたボールのポジションを、カップの切ってある位置を中心に座標軸の原点に見立てて、

第1象限(I
第2象限(II
第3象限(III
第4象限(IV

として記入しています。

数学の授業を覚えていらっしゃいますでしょうか?
位置的には、以下の要領です。↓





青ティーのコースレート/スロープは56.1/87、パーは29・30=59です。

1 3 △ I 2B
2 3 △ I D5AL
3 3 - III U11B-①
4 4 △ IV U10S
5 4 - II 3A
6 3 - II D11S-①
7 3 - III D14S-②
8 3 - IV U②
9 3 - I D14AL-①

10 3 △ II 14A-①
11 4 - III 3S
12 3 - I D17B-①
13 3 ◯ IV
14 4 △ IV U13S
15 3 △ II D15S-1BL-①
16 3 - IV
17 4 - IV 11A
18 3 - IV

32(17)・32(16)= 64(33)


アップ&ダウン(寄せワン)が一番の課題の私としては、5オーバーの64はなかなか良い方のスコアかと思うんですが、コースレート/スロープでディファレンシャルを計算しますと、10.3となりますから、それほど良いスコアではないようです。(x_x;

毎ホールのティーショットがフェアウエーキープしたラウンド、という風に見ますと、・・・まぁそうかな、とも思います。

最初2ホールの連続ボギーなんか、125y、121yをグリーン外してボギーにしていますからね。(x_x)

パー4の4番ホールでのボギーは、フェアウエイバンカーに捕まり、あごに近くてレイアップせざるを得ませんでした。約50yのサードショットが寄せきれず。

見事にこの辺が、私の弱点になりますね。


パーオンが10ホールで20パット(3パットと1パットがひとつずつ)、
外した8ホール中、3ホールがアップ&ダウン(寄せワン)のパーです。



さて、結果的な分析になりますが、8番、13番、16番、18番のワンパット(いずれも2-3歩の距離)は、くしくも全部第4象限(IV )からのカップインになっていましたね。基本的には登りのフックラインです。

んー、確かに第4象限(IV )に残すという作戦は一つのカギになりそうです。


一方、2-3歩の距離(1m半-2m)なのにパットを外している1番、5番、11番、そして5歩(3m半)の2番ホールですが、それぞれ、IIIIIII となっています。

1番、2番のパーパットは下りのフック。
5番と11番のバーディートライは、下りのスライスと登りのスライス・ラインでした。

それに加えまして、このセオリーを頭に叩き込んでいれば防げたかもなぁと思うのが、15番での3パットです。
第2象限(II )から、下りのスライスのファーストパット15歩の距離(10m半)をショートして外したため、、残りは約1歩(80cmぐらいでした)の距離でしたが、下りのスライス・ラインを残していて、見事に外しました。
まさに人類にはカップイン出来ないライン!(大げさ)

基本的には、第2象限(II )からのファーストパットをALに外すと、返しが第4象限(IV )からのショートパットになりますから、2パットで行くには(よほど傾斜が急でない限り)悪くないルートになろうかと思います。
第2象限(II )からは、絶対にショートしては駄目なんですね。

実際、6番、10番もこの第2象限(II )からのケースでしたが、6番はショートしたもののオンラインでスライスしたため真っ直ぐの下りが残り、10番は山側に距離がぴったりで外しましたので、1歩のフックライン(ただし横の厳しいライン)が残りました。


これは、非常によい実験・勉強になりました。

あくまでも、あまりアンジュレーションの強くない、ほぼどれも受けグリーンの、比較的易しいコースでの検証でしたが、これを基本に応用しない手はないなぁ、と感じた次第です。(^^;


どうですかね?


***

追加記事アップしました。

第4象限(IV)を有効利用



8 comments:

Anonymous said...

2パットで行くか、1パットで行くかによって、グリーンの乗せどころが変わってくるということですよね。2パット狙いで、1パット目をカップオーバーさせる前提で考えると、Ⅱに乗せるべきですし、同じ2パット狙いでもⅢに乗せるとBLに、Ⅰに乗せるとBSに外すべきで、1パット前提ですとⅣに乗せるべき。

もしくは逆の考えで、どこに乗ったらALは許容されるミス、どこに乗ったらBSは許容されるミス、というように。

何だか戦略に使えそうですね。次のラウンドで僕もデータ取ってみます。

Posted by:Uすけ at 2009年07月28日(火) 22:18

yspz said...

Uすけさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。


私はむしろ、中長距離のパットを打つときに外れるならどこ、という観点で考えようと思っています。

それともうひとつ、グリーン周りの確実に2歩(1m半)以内に寄せたいアプローチを、IVに残るように攻めてみたいと思います。


いずれも、もっと上級な方は、カップインしに行く状況かなと思ったりもします。


100以上ある(180yぐらいまでの)アプローチは、やはり基本はグリーンセンターならびにIIIかIVだと思います。

もちろん、手前に池があるとか、2段グリーンになっているとかで状況は違うわけですが。


まずは、ホントに「ショートパットはIVからが入りやすい」ことが再認識できただけでも、かなりの収穫でした。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月29日(水) 00:30

Anonymous said...

おはようございます
どうですかね?って言われましても・・・・
コメントしましたように、「下りのラインを残さないように」って言う程度、それも漠然とですから、何をか況やです。
今日コンペがあるんで早速意識を持って試してみようと思います。
そう言えば、ノタビゲイでしたっけ?何時もフックラインで打つためにグリーンでは、左打ち、右打ちどっちでも・・・というのは。
今もそうやってるかどうか分かりませんが。強烈な印象がありました。

Posted by:ノリさん at 2009年07月29日(水) 05:17

yspz said...

ノリさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

セオリーは、「登りのパットを残せ」ですが、Uスケさんがコメント下さったように、パーオンして2パットで行くなら“下りのパットもアリ”だと思います。
入ることだってある訳ですし。

特に、距離のコントロールが抜群の「決め打ち」の出来るノリさんなら、なおさらです。


しかし一方、ボギーオンを前提にした場合、登りのフックを残すように第4象限(IV)に(もしくはOKの30cm以下に付けるように)攻めて、ノリさんがご同伴なさる5下の方々のようにパーを拾っていく、という算段になろうかと思うのです。


この件は、また続きを記事にしてみるつもりです。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月29日(水) 10:24

Anonymous said...

おはようございます
試してきました、グリーンのどこに乗せるかを。
宍戸ヒルズでした。
グリーンが結構面白かったですが、ちょっと重かったですね。7.5フィート?くらいかな~。
表示はされていないんですけど・・・。スリーパットを1回やりました。これはファーストパットが10メーターくらいだったのですが、TBはじめた時に「あと半歩分余分に打った方がいいかな~?」とここで考えてはいけないこが頭をよぎるんです。ダフってしまった大ショートで3パットしてしまいました。
で、パーオンは狙った所へはなかなか行ってくれませんです。自分の場合、乗ればパーは何となる偉そうに・・・。
パーオンショットが狙った辺りに行くのは、3下さんのレベルって感じです。
コントロールショットは100ヤードからになりますが、何年振りでしょうか・・シャンクなどやらかしました。ピンの右側とか・・・・
考えながらが身に付いてません
狙ってアドレスしたらその向きにスウィングすればいいのにね~。
で、パーオンは兎も角ボギーオンで今まで余り意識したことのない寄せ方をすると、興味が増えることは間違いありません。これからもやってみます。

Posted by:ノリさん at 2009年07月31日(金) 06:14

yspz said...

ノリさん、こんにちは。

ご報告ありがとうございます。


私もご覧の通りでして、パーオンの時は乗せる場所を選んでいる余裕はありませんです。

外してボギーオンのときと、ロングパットの外し場所ですね。

その辺を記事にしてありますので、今度アップしますね。


Posted by:やきそばパンZ at 2009年07月31日(金) 14:14

Anonymous said...

効果有りです!

タイガーのエイミングに、ミス幅も含めて安全な場所を狙うというのがありましたが、パットもあの感じで、冷静に狙いを付け、ミスしても次が楽だと思うとリラックスしてトライできます。

僕の場合は、2パット専門ですので、返しのパットをいかに簡単確実にするか、という部分が最優先で狙いを決めていますけれど。

それをやるには、カップ周辺がどちらに傾いているか、に注意しますので、カップ周辺とグリーン全体の2段階に分けてラインを読む手順が自然とできあがります。

効果は、15歩のULR(登りのスライスライン)をSして1歩をイン、15歩のDRL(下りのフックライン)をLして1歩をイン、7歩のRLをBしてタップイン、など。

Posted by:Uすけ at 2009年07月31日(金) 23:02

yspz said...

Uスケさんも、ご報告ありがとうございます!

おおー!
効果アリですか!

お役に立てて、何よりです。


記事書いといてナンですが、
私もより一層意識して、グリーン周りの転がしの寄せのとき、ロングパットのときなどに、第4象限(IV)頭に入れて攻めるようにしてみたいと思います。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年08月01日(土) 00:07