9/24/2009

パター・グリップ (RedwoodのAVS)


交換しました。

今までは、winnのAVS ピストル・スタンダード・サイズっての使っていたんですが、グリップエンドのゴムのキャップになってる部分が擦り切れちゃってピロピロしちゃったので。



そうそう、穴だって開いてますしね。(笑)



今回は、PINGのRedwoodのグリップにしました。

と言っても、PINGにwinnが供給しているグリップでして、実は基本的には何も変わっていないんですが。
まぁ、変えたくなかったと申しますか。(^^;

110gのドロップイン・ウエイトは、今回はグリップを上から被せて埋め込んでしまいます。


PINGのHPのRedwoodのグリップをリンク貼りましたが、実はこのHPに出ているグリップはグリップエンドにKarstenって入っていて、形が違います。
ちょっと丸っこいです。

なぜかPINGのHPにはどこ探しても無いんですが、PINGのRedwoodのグリップには、もう1種類ありまして、それが今回のこちらです。↓

全体


グリップエンド


KarstenじゃなくってPINGって入ってますでしょ?
形は、winnのAVSにより近い、やや縦長の形状をしています。


masan72pt。さんに、「winnのパター・グリップは雨の日に滑りますよ。」って教えていただいたのですが、このRedwoodはどうでしょうかねぇ?

材質は同じっぽいですが、表面のテクスチャーがちょっと違うので、ちょっと滑りにくいかも?
・・・なんて思ったりしたんですが、どうだろか。


そういう意味では、レイン・グリップ・グローブとの相性もチェックしといた方が良さそうですね。
(今は雨の中でプレーするってことがなかなか無いんですが。(^^;)




***
追記です。

ひゃっぽさんへのリコメで書きましたけれど、これは確かに濡れると滑ります。


RedWood、表面に網目模様が付いてますけど、素材はwinnのAVSなんで、水に濡らしてみたら、ぬるんぬるんです。
AVSより気持ちマシ程度。役に立ちません。

レイングリップはめて滑らなければいいんですけど、こりゃ他のグリップも要検討かな。




***
さらに情報をアップデートします。

レイン・グリップ・グローブを使いますと、ぬるんぬるんのwinn AVSでも全然大丈夫です。

他のクラブの、ラムキン・パーマ・ラップ・グリップとの相性は確認済みでしたが、Redwoodのパターグリップもまったく大丈夫だと判りました。

なんというか、レイン・グリップ・グローブ恐るべし!っと言った印象です。


masan72pt。さんに教えていただきました、「ゼロフィットグローブ ウエットマスター」は日本で購入できるそうですので、お試しください。


6 comments:

Anonymous said...

だいぶ昔のことですが、winnグリップが出始めの頃、友人のwinn装着のアイアンを打たせてもらったらそのしっとりしたフィット感にびっくりしました。
更に雨で塗れた時のヌルヌル感にまたびっくり。
専用の雨用グローブが必要とは知りませんでした。

Posted by:hidedon at 2009年09月24日(木) 21:50

yspz said...

hidedonさん、こんにちは。

なんかそうとうぬるぬるするらしいですね。

私は、柔らかいフィット感があまり好みではないので、アイアンには使えません。


グローブの方は、(普段は素手ですので)雨専用です。
ラバーグリップとは相性ばっちりですが、winnとはどうでしょう?

ずぶ濡れに濡らすほどしっかりグリップできるグローブ、不思議な感覚です。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月25日(金) 00:53

Anonymous said...

私もパターだけはWinnのグリップ(AVS、ピストル)ですけど
+中にウェイト40g埋め込み
Redwoodみたいに表面に細かく模様がついてるタイプの方が
溝が入ったタイプ(これ)より滑りにくい気がします。
他社よりは滑るけど大雨の日は回らないからいいかな

Posted by:ひゃっぽ at 2009年09月25日(金) 01:39

yspz said...

おお、ひゃっぽさんもwinnのAVSピストルですか。

一緒ですね。

ドロップイン・ウエイトも感触良すぎて外せませんね。
ドライバーのスタビライザーは抜いちゃいましたが。


RedWood、表面に網目模様が付いてますけど、素材はwinnのAVSなんで、水に濡らしてみたら、ぬるんぬるんです。
AVSより気持ちマシ程度。役に立ちません。

レイングリップはめて滑らなければいいんですけど、こりゃ他のグリップも要検討かな。

でもねー、winnのAVSの形状がすごいしっくり来るんですよねー。 素材はあんなにソフトじゃなくっても構わないんですが。

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月25日(金) 11:27

Anonymous said...

ご無沙汰しております。
そうですね、オデッセイなんかもかなりこの素材を
使っていますが、雨の日はヌルヌルとして、ほとんど
使い物になりません。

ドライで使用する分には良い感触なのですが、
迷うところですね。雨は、トルク感さえ気にならなければ
やはりイオミックが一番でしょうか。

グローブでカバーするなら、コレが好さそうなんですが。
パッティングの時にグローブしなかったらダメですけど。

Posted by:masan72pt。 at 2009年09月26日(土) 18:29

yspz said...

masan72pt。さん、こんにちは。

今日、幼稚園の送り迎えに行ってその待ち時間に小2時間ほど21歩と14歩を中心にパッティング練習しましたが、乾いている分にはとても感触良かったです。

私はフットジョイのレイン・グリップっていう、記事にリンク付けたグローブを雨用にしているのですが、非常に良いんです。

日本でも似たようなもの無いのかなー?と思ってたんですよ!

「ゼロフィットグローブ ウェットマスター」って言うんですね。
教えていただいてありがとうございます!!

Posted by:やきそばパンZ at 2009年09月27日(日) 06:42